新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国【7月22日開始】Go To トラベルキャンペーンの割引の仕組みや開始時期を解説

【7月22日開始】Go To トラベルキャンペーンの割引の仕組みや開始時期を解説

2020.07.14

日本の国内観光需要喚起を促すための「Go To キャンペーン」。中でも、旅行に最大“半額”で行くことができる「Go To トラベルキャンペーン」に注目して、その割引の仕組みや開始時期、どんな旅行商品が対象になるのかなど、現時点(2020年7月21日)で決まっていることをわかりやすく解説します。

7月10日国土交通省観光庁より7月22日から旅行代金の割引を先行して開始すると発表がありました。旅行先で使える地域共通クーポンの発行は、9月1日以降で改めて発表するとのことです。
また、続けて7月16日に東京発着を対象外とする方針を発表しました。これにより発生したキャンセル料の補償は検討中とのことです。

まだ未確定の部分も多く、対象や実施時期など変更されることも考えられますが、まずはキャンペーンの基本的な情報を押さえておきましょう!

※この記事は2020年7月21日に更新しました。掲載されている情報については最新の情報とは限りません。特にGo To トラベルキャンペーンは、必ずご自身で事前に観光庁のHPをご確認の上、ご利用ください。

GOTO
じゃらんのGoToトラベルキャンペーン

Go To キャンペーンとは?

Go Toキャンペーン

Go Toキャンペーンとは、一定の期間で割引やクーポン券の発行によって、地域を再活性化するために需要を喚起するキャンペーンです。
大きく、以下4つのキャンペーンに分かれています。

1、Go To トラベルキャンペーン

「最大半額で」旅行できるようになるキャンペーン。(宿泊・日帰りどちらもOK。国内旅行限定)
宿泊などの旅行代金の1/2相当分、割引・クーポンを支援(最大1人1泊あたり2万円分、日帰りは1万円分)してくれます。

GOTO
じゃらんのGoToトラベルキャンペーン

2、Go To Eatキャンペーン

飲食店で使えるポイントや食事券がもらえるキャンペーン。
オンライン予約サイト経由で飲食店の予約・来店をすると、飲食店で利用できるポイント等(最大1人あたり1000円分)を支援。
また、地域の登録飲食店で使える25%割引をしてもらえる食事券の発行も。
※事前に農林水産省のHPをご確認の上、ご利用ください。

3、Go To Eventキャンペーン

イベントに参加すると割引・クーポンがもらえるキャンペーン。
チケット会社経由でイベント・エンターテイメントのチケットを購入すると、2割相当分の割引・クーポン等が支援される。

4、Go To 商店街キャンペーン

商店街等によるイベント開催やプロモーション、観光商品開発等の実施。

この記事では、旅行に関わる「Go To トラベルキャンペーン」について詳しく解説していきます。

Go To トラベルキャンペーン割引の仕組み

Go To トラベルキャンペーン

Go To トラベルキャンペーンは、一言でいうと「いつもの半額で旅行ができる」キャンペーンです。
具体的な利用イメージと一緒に、割引の仕組みについて上の図を用いて解説します。

図は、以下の条件をイメージした割引例です。
・カップルで2泊3日の旅行
・宿・交通機関のセットプランを利用
・セットプランは1人あたり8万円(2泊分の宿泊料と往復の移動費が含まれる)

まず、この例だと1人1泊あたりいくら分が支援されるでしょうか?
セットプラン8万円を1泊分で計算すると、4万円です。この1/2が支援額なので、ちょうど1人あたりの上限額である2万円になることがわかると思います。

1人1泊あたりの支援額が2万円なら、2人2泊だと4倍の8万円が支援されることになります。
この8万円のうち純粋な割引が5万6000円(70%)、食事やお土産購入に使える地域共通のクーポン2万4000円(30%)分が利用できることになります。

もしキャンペーンが無ければ、(宿泊・移動だけで)2人分で16万円の支払い。
これに食事代やお土産代もかかるので、支払総額は20万円を超えることもありそうです。

でも、Go To トラベルキャンペーンを上手に利用して、2万4000円分のクーポン内で食事・お土産をまかなうことができれば、支払総額を2人分で10万4000円まで抑えることができるのです。

この割引・クーポンは、Go To トラベルキャンペーンの期間中であれば何度でも支援されます。
そして、2泊でも3泊でも、何泊しても同じ支援が得られるとあって、お得なキャンペーンとなっています。

Go To トラベルキャンペーンの対象者と参加条件

東京都内での宿泊や観光を目的とする旅行や東京都居住者の旅行など、当面は東京発着の旅行を対象外とすることが決まりました。

同様に感染拡大防止に当たっての参加条件も公表されています。

<参加事業者>
・旅行者全員に検温と本人確認の実施
・検温等の体調チェックの実施、発熱や風邪の症状がみられる場合は、保健所の指示を仰ぎ、適切な対応をとること
・ビュッフェ形式において、三密対策を徹底すること
・共用スペース等の消毒・喚起を徹底すること
・旅行者が順守すべき事項や若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は、控えることが望ましい旨を周知徹底すること
 ※修学旅行は教育的観点から推進
・「参加条件」を徹底・実施している旨をホームページやフロントでの掲示等で対外的に公表すること

<旅行者>
・旅行前に検温等の体調チェックを実施し、発熱や風邪の症状がある場合は旅行を控える
・接触確認アプリを積極的に利用する
・3密が発生する場所や施設等には行かない、利用しない。大声を出すような行為も控える
・感染予防に関する従業員の指示に協力する
・若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は控える
 ※修学旅行は教育的観点から推進

<移動中の対策>
・鉄道、バス、タクシー、航空等における換気・消毒の実施
・業種別の感染拡大防止対策ガイドラインの徹底
・空港におけるサーモグラフィーによる体温確認の実施

(参照:https://www.mlit.go.jp/kankocho/page01_000637.html

新型コロナウイルスの状況次第では変更になる可能性もあるので、最新の情報は観光庁の公式サイトをチェックするようにしましょう。

Go To トラベルキャンペーンの開始時期と申込方法

Go To トラベルキャンペーン
出典:「第36回 新型コロナウイルス感染症対策本部」配布資料(首相官邸ホームページ)を加工して作成

政府が発表した「外出自粛の段階的緩和」資料によると、7月いっぱいは「外出自粛の移行期間」とされています。この間、旅行や観光は完全にNGではないものの、人との間隔は空けながら徐々に緩和していく、という方針です。この方針と連動して、Go To トラベルキャンペーンの開始時期も早ければ8月のはじめからとする予定でしたが、海の日を含む7月の4連休に合わせて、2020年7月22日以降に開始する旅行の割引を先行して開始することになりました。

Go To トラベルキャンペーンの申込方法は、2020年7月27日以降に準備が整った旅行業者、予約サイト、宿の直販予約システムなどの事業者から割引価格での旅行の申込ができるようになります。
※地域共通クーポンは9月以降に発行が始まるため旅行代金の割引のみ

また、2020年7月22日以降の旅行を既に予約している場合も、旅行後に申請することで割引分が還付されます(領収書や宿泊証明書が必要)。

宿泊を伴う旅行の場合と、日帰り旅行の場合で異なりますので、それぞれ確認していきましょう。

【宿泊旅行の場合】

◇申し込み先
・予約サイト
・旅行代理店
・宿泊施設に直接
※準備が整った事業者から販売予定

◇キャンペーンの対象商品
・宿泊+交通機関のセットプラン
・宿泊のみ
・クルーズ・夜行フェリー・寝台列車など宿泊に準ずるもの(座席のみとみなされるものを除く)
※航空会社や鉄道会社から個人で手配した交通チケットは対象外

【日帰り旅行の場合】

◇申し込み先
・予約サイト
・旅行代理店
※準備が整った事業者から販売予定

◇キャンペーンの対象商品
往復の乗車券+旅行先での消費となる食事・体験等とのセットプラン
(例えば、新幹線の往復チケット+日帰り温泉券、高速バスの往復チケット+フルーツ狩り、など)

航空会社や宿泊施設が実施している新型コロナウイルスへの対策

航空会社

外出自粛の規制が緩和されるタイミングとはいえ、新型コロナウイルスが完全に収束するわけではないので、旅行における移動や観光で感染してしまうのではないか…と心配の方も多いと思います。

もちろん、100%感染を防げる保証はありませんが、航空会社やホテルなどの宿泊施設は、極力感染リスクを減らすためのさまざまな対策を実行しています。

航空会社の新型コロナウイルス対策

各航空会社では、カウンター・保安検査場・ラウンジ・搭乗口・機内と各所での対策を行っています。
従業員のマスク(一部フェイスシールド・ゴーグルなども)着用や、消毒液の設置、ソーシャルディスタンス確保のための案内、清掃・消毒などは、機内を含む各所で対策されています。

さらに、チェックインカウンターではビニールカーテンを設置、ラウンジの受付にはアクリル板を設置するなど、従業員と乗客がコミュニケーションを取るシーンでは念入りな対策をしているケースもあります。
また、飛行中の機内でも、上空の空気を取り込むシステムを使うことで換気を徹底している会社もあります。

宿泊施設の新型コロナウイルス対策

宿泊施設は、業界全体を通してのガイドラインを作成しています。
これには「従業員と宿泊者、宿泊者同士のソーシャルディスタンス確保」「3密を避ける」「換気・消毒」「マスク着用」「従業員の毎日の健康チェック」などを心掛けるために、各場面で施設が対策すべき具体的な行動が記されています。

例えば、対人距離はできるだけ2m、最低1mを保つことや、複数の人の手が触れるドアノブやエレベーターのボタンなどを定期的に消毒すること。

他にも、客室や風呂、お手洗いにアルコール液を設置すること、大浴場の入場人数の制限、宿泊客には食事開始までマスク着用をお願いすること、などさまざまな場面で、細かくガイドラインが定められています。

特に、食事関係の対策は事細かに対応内容がまとめられています。
宴会場や食事処の参加人数制限や席の間隔の確保、換気の強化、入場時の手洗い・手指消毒の徹底、料理提供に関わる従業員の衛生管理など。

宿泊客に対しても、チェックイン~チェックアウトまで消毒などのお願いをすることが多くなりそうですので、施設側の指示にはきちんと従って、新型コロナウイルス対策に協力するようにしましょう。

Go To トラベルキャンペーンの概要まとめ

Go To トラベルキャンペーン

最後に、ここまで紹介してきた「Go To トラベルキャンペーン」の基本情報をまとめて紹介するので、復習の意味も込めて確認してくださいね。

実施期間

2020年7月22日から旅行代金の割引を先行して開始
地域共通クーポンの発行は9月以降
終了時期に関しては未定。

対象商品

宿泊旅行の場合は、「宿泊+交通機関のセットプラン」「宿泊のみ」「クルーズ・夜行フェリー・寝台列車など宿泊に準ずるもの(座席のみとみなされるものを除く)」の3つ。

日帰り旅行の場合は、「往復の乗車券+旅行先での消費となる食事・体験等とのセットプラン」。

補助金額

旅行代金の1/2相当額を補助。
補助額の内、7割は割引、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして支援されます。

割引上限

宿泊の場合は上限1人1泊あたり2万円、日帰りの場合は上限1人1万円。

対象者

宿泊・日帰り問わず国内旅行者が対象。
連泊の制限や、利用回数の制限はなく、期間中であれば何回でも同じ支援額を得ることができます。
※当面は東京都が目的地となっている、若しくは東京都内の旅行、東京に居住する方の旅行は対象外

■Go To Tトラベルキャンペーン
「Go To トラベルキャンペーン」の詳細はこちら

※掲載されている情報については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前に観光庁公式HPをご確認の上、ご利用ください
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
全国
この記事に関連するキーワード
読み物