close

【東海】おすすめ日帰り温泉25選!源泉100%掛け流しや成分濃厚な湯も<2020>

2020.09.19

新穂高温泉 深山荘【岐阜県高山市】

かけ流しの湯を楽しみ絶景と開放感に魅了される

新穂高温泉 深山荘
地球に浸かるようなダイナミックさ
新穂高温泉 深山荘
夜は満天の星を眺められ、とってもロマンチック
新穂高温泉 深山荘
「かじかばし」を渡って温泉へ。川沿いには露天風呂が点在します

熱交換器を利用。水と温泉を挟んで熱を取り、お湯の温度を適温の40℃まで下げています。
湯の花が舞う温泉は肌にやさしい天然温泉。男女別の露天風呂に加え、専用湯浴み着(500円)で入れる混浴の湯船も揃っています。目の前には標高2813mの抜戸岳(ぬけどだけ)が眺められ、清々しい気分でゆったり名湯ざんまいが叶います。

日帰り入浴DATA
[料金]中学生以上500円、小学生300円
[営業時間]露天風呂9時~21時
[休業日]不定
[フェイスタオル]売100円
[シャンプー・リンス]○[ボディーソープ・石鹸]○
[ドライヤー]○

温泉プロフィール
[泉質]単純温泉
[湯船泉温]40℃前後
[pH値]6.9
[飲泉]不可
[成分総計]601.5mg/kg
[湯ざわり]やわらか

■新穂高温泉 深山荘
[TEL]0578-89-2031
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂720-1
[アクセス]【車】中部縦貫道高山ICより1時間20分
[駐車場]30台
「新穂高温泉 深山荘」のクチコミ・周辺情報はこちら

奥飛騨ガーデンホテル焼岳【岐阜県高山市】

ビタミンやミネラル豊富なエメラルドグリーンの温泉

奥飛騨ガーデンホテル焼岳
貸出無料の湯浴みを着て入浴する混浴露天「うぐいすの湯」
奥飛騨ガーデンホテル焼岳
深さ1m20cmの「立ち湯」。ほか、「寝湯」も楽しめます
奥飛騨ガーデンホテル焼岳
湯の良さが伝わる大量の湯の花が付着した温泉成分の固まり

藍藻類(らんそうるい)という藻類が多量に含まれ、光合成により酸素を生み出すため青っぽい緑色になります。
自家源泉を3本所有し、毎分約1.5トンもの湯量を誇る温泉宿。お湯は稀少な超深層水温泉で、ビタミン、ミネラル等を含む。洞窟風呂や寝湯、立ち湯など、趣向をこらしたお風呂が揃い、湯めぐりも楽しみです!

日帰り入浴DATA
[料金]小学生以上700円(小学生未満無料)※湯浴み着貸出無料
[営業時間]12時~22時(最終受付21時)
[休業日]不定
[フェイスタオル]売200円[バスタオル]貸200円
[シャンプー・リンス]○[ボディーソープ・石鹸]○
[ドライヤー]○

温泉プロフィール
[泉質]ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
[湯船泉温]37℃~42℃
[pH値]7.1
[飲泉]可
[成分総計]2834mg/kg
[湯ざわり]やわらか

■奥飛騨ガーデンホテル焼岳
[TEL]0578-89-2811
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2498-1
[アクセス]【車】中部縦貫道高山ICより50分
[駐車場]50台
「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」のクチコミ・周辺情報はこちら

平瀬温泉 藤助の湯 ふじや【岐阜県白川村】

霊峰白山から湧き出る上質湯で肌と心を整えよう

平瀬温泉 藤助の湯 ふじや
源泉かけ流しの温泉は緑いっぱいの岩露天と内湯の檜風呂で堪能
平瀬温泉 藤助の湯 ふじや
館内へ一歩入れば薪ストーブがお出迎え
平瀬温泉 藤助の湯 ふじや
緑に囲まれた古民家棟は100年前の飛騨の建物を移築

65℃の湯をパイプごと井戸水で冷却しタンクへ。各浴槽へは湯を流す量で温度調整します。
静かな山里にある古民家の宿。日帰り入浴は確認が必要ですが、硫黄を含んだ源泉100%の上質湯が楽しめます。塩分が高いため温まるのはもちろん、保湿やクレンジング作用も期待できる泉質も嬉しいですね。

日帰り入浴DATA
[料金]日帰り入浴1名1000円 ※日帰り入浴は事前に要確認
[営業時間]日帰り入浴14時~17時
[休業日]不定
[フェイスタオル]売200円
[シャンプー・リンス]○[ボディーソープ・石鹸]○
[ドライヤー]○

温泉プロフィール
[泉質]含硫黄-ナトリウム-塩化物泉
[湯船泉温]41.2℃~41.8℃
[pH値]8.9
[飲泉]可
[成分総計]1891mg/kg
[湯ざわり]さっぱり

■平瀬温泉 藤助の湯 ふじや
[TEL]05769-5-2611
[住所]岐阜県大野郡白川村平瀬325-1
[アクセス]【車】東海北陸道白川郷ICより20分
[駐車場]20台
「平瀬温泉 藤助の湯 ふじや」の詳細はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するキーワード