close

【関西】美味しいカニが食べられる宿おすすめ25選!冬の味覚を満喫<2020>

2020.11.21

間人ガニの本場宿 海雲館【京都府京丹後市】

海に沈む真っ赤な夕陽を湯船の中から独り占め。

間人ガニの本場宿 海雲館
茹でガニで『間人ガニ』の豊かな風味を体感
間人ガニの本場宿 海雲館
湯は成分豊富なナトリウム・カルシウム-硫化塩泉
間人ガニの本場宿 海雲館
特別室「風光の間 海-umi-」の露天風呂は開放感満点

日本海を見下ろす高台にあり、すぐ近くの間人漁港で仕入れた新鮮カニをふんだんに使用する。広々とした大浴場に加え、全ての部屋に眺望抜群の専用風呂を備える。料理に使用されるカニは、『間人ガニ』の中でも主人自らが厳しく目利きして仕入れたものばかり。刺しや焼きなどで、素材本来の甘み&旨みを噛みしめよう。

■間人ガニの本場宿 海雲館
[TEL]0772-75-0111
[住所]京都府京丹後市丹後町間人1945
[アクセス]【電車】京都丹後鉄道網野駅より無料送迎車(要予約)で20分【車】山陰近畿道京丹後大宮ICより30分
[駐車場]15台(無料)
「間人ガニの本場宿 海雲館」の詳細はこちら 

窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平【京都府京丹後市】

絵画みたいな絶景を一望!老舗カニ宿の特等席風呂。

窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平
有料の「桜の湯」(写真)のほかに、丹後の海と山を一望できる5つの無料貸切風呂も備える
窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平
冷凍ガニは一切不使用。鮮度には徹底的なこだわりを持つ
窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平
焼きガニは白炭と飛騨コンロで絶妙な焼き加減に

海を一望できる貸切風呂「桜の湯」は予約制で45分3300円。絶景を十分に堪能したら、専用水槽で直前まで活の状態を保たれた『間人ガニ』フルコースで至福の時間を過ごそう。カニ刺しから雑炊までバラエティ豊かで大満足の内容に。

■窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平
[TEL]0772-75-0005
[住所]兵庫県京丹後市丹後町間人3718
[アクセス]【電車】京都丹後鉄道網野駅より無料送迎車(要予約)で20分【車】山陰近畿道京丹後大宮ICより30分
[駐車場]22台(無料)
「窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平」の詳細はこちら 

一晩泊まればトドになる 夕日ヶ浦温泉 海舟【京都府京丹後市】

豊富な魚介メニューにて冬の日本海を丸ごと味わう。

一晩泊まればトドになる 夕日ヶ浦温泉 海舟
濃厚な旨みのカニ刺し。花が咲いたような見た目もお見事!
一晩泊まればトドになる 夕日ヶ浦温泉 海舟
身がぎっしり詰まった大ぶりの津居山ガニを茹でガニなどで
一晩泊まればトドになる 夕日ヶ浦温泉 海舟
温泉は弱アルカリ性の美人の湯

今シーズンは、カニ漁の解禁期間しか味わえない貴重な「タグ付きブランド活ガニ」を堪能できるプランが勢ぞろい。近隣で水揚げされた旬の魚介類も豊富で、蚫、サザエ、ボタン海老などの海の幸をプランや別注料理で楽しみたい。

■一晩泊まればトドになる 夕日ヶ浦温泉 海舟
[TEL]0772-74-0825
[住所]京都府京丹後市網野町浜詰46-4
[アクセス]【電車】京都丹後鉄道夕日ヶ浦木津温泉駅より無料送迎車(要予約)で5分【車】山陰近畿道京丹後大宮ICより35分
[駐車場]40台(無料)
「一晩泊まればトドになる 夕日ヶ浦温泉 海舟」の詳細はこちら 

夕日ヶ浦温泉 大人専用の宿 佳松苑はなれ風香【京都府京丹後市】

専門スタッフが選び抜いた日本酒とカニのマリアージュ。

夕日ヶ浦温泉 大人専用の宿 佳松苑はなれ風香
蒸しガニは、高価な活地ガニをセイロで蒸しあげた贅沢な一品
夕日ヶ浦温泉 大人専用の宿 佳松苑はなれ風香
利酒付きの会席プランも。飲む銘柄によってカニの味が微妙に変わるから不思議!?
夕日ヶ浦温泉 大人専用の宿 佳松苑はなれ風香
セイコガニを使用した「キラキラ宝石箱」などの創作メニューも要チェック

日本酒ナビゲーターの資格を持つスタッフが常駐し、カニ料理に合う地酒を多数揃えた大人のはなれ宿。夕食時に地酒3種の利き酒が付いたプランも人気を集める。近隣漁港から仕入れるタグ付きカニと絶品地酒の相性を試してみて。

■夕日ヶ浦温泉 大人専用の宿 佳松苑はなれ風香
[TEL]0772-74-9009
[住所]京都府京丹後市網野町木津247
[アクセス]【電車】京都丹後鉄道夕日ヶ浦木津温泉駅より無料送迎車(要予約)で3分【車】山陰近畿道京丹後大宮ICより35分
[駐車場]40台(無料)
「夕日ヶ浦温泉 大人専用の宿 佳松苑はなれ風香」の詳細はこちら 

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。