close

【東北】泉質自慢の日帰り温泉13選!効能豊かな名湯でパワーチャージ<2020>

2020.11.30

高湯温泉 旅館玉子湯【福島県福島市】

10日で快癒すると伝わる源泉100%かけ流しの名湯。

高湯温泉 旅館玉子湯
開放的で直径2mの御影石の灯籠がある露天風呂天翔の湯
高湯温泉 旅館玉子湯
湯小屋内の仙気の湯
高湯温泉 旅館玉子湯
2本の自家源泉と高湯16番、26番の源泉を利用
高湯温泉 旅館玉子湯
築140余年の茅葺きの湯小屋

高湯温泉は古くから療養に利用された湯で、自然治癒力と免疫力を高めるといわれている。4種の源泉による湯を、3つの開放的な露天風呂を含む7種類の湯処で堪能できる。

日帰り入浴情報

[泉質]硫黄泉
[料金]中学生以上800円、3歳~小学生500円
[営業時間]11時~15時(最終受付14時)
[休業日]4月~11月は水、12月~3月は月・金
[予約について]不要
[シャンプー・リンス等]〇
[ドライヤー]〇
[フェイスタオル]販売240円
[バスタオル]貸出400円
[湯船の数]男2、女3、男女入れ替え制2(露天風呂)

■高湯温泉 旅館玉子湯
[TEL]024-591-1171
[住所]福島県福島市町庭坂高湯7
[料金]2名1室1泊2食1名1万1000円~
[アクセス]東北道福島西ICより25分
[駐車場]50台
「高湯温泉 旅館玉子湯」の詳細はこちら

早戸温泉 つるの湯【福島県三島町】

源泉100%かけ流しの柔らかい湯と渓谷美を。

早戸温泉 つるの湯
露天風呂からも内湯からも只見川の景色を望める
早戸温泉 つるの湯

開湯1200年の、薬湯といわれる温泉。鉄分と塩分を含む茶褐色のまろやかな湯は、浸かると途端に温まり汗が噴き出すほど。温泉入浴指導員と温泉保養士が常駐し入浴相談可。

日帰り入浴情報

[泉質]ナトリウム・塩化物泉
[料金]中学生以上3時間600円、1日1200円、小学生3時間400円、1日800円
[営業時間]10時~20時(最終受付19時30分)
[休業日]不定(メンテナンスのため)
[予約について]不要
[シャンプー・リンス等]〇
[ドライヤー]〇
[フェイスタオル]販売230円
[バスタオル]販売1070円
[湯船の数]男2、女2

■早戸温泉 つるの湯
[TEL]0241-52-3324
[住所]福島県大沼郡三島町大字早戸字湯ノ平888
[料金]宿泊湯治1名1泊4990円~(自炊のみ)
[アクセス]磐越道会津坂下ICより40分
[駐車場]30台
「早戸温泉 つるの湯」の詳細はこちら
「早戸温泉 つるの湯」のクチコミ・周辺情報はこちら

新玉川温泉【秋田県仙北市】

3~5分浸かれば効果あり?pH1.2の優れた殺菌力。

新玉川温泉
大浴場は源泉50%や弱酸性の湯船など14種がある
新玉川温泉
ブナの森を眺めて浸かれる爽快な露天風呂
新玉川温泉
箱蒸湯や蒸気湯で蒸気吸入ができる

玉川温泉と同じ源泉から湯を引いており、強酸性でラジウムを含有した湯は、自然治癒力を促進するといわれている。源泉100%の浴槽では数分で十分な殺菌効果が期待できる。

日帰り入浴情報

[泉質]強酸性泉
[料金]中学生以上800円、小学生400円
[営業時間]10時~15時(最終受付14時30分)
[休業日]なし
[予約について]不要
[シャンプー・リンス等]〇
[ドライヤー]〇
[フェイスタオル]販売200円
[バスタオル]販売200円
[湯船の数]男14、女14、貸切3(宿泊のみ、60分無料)、岩盤浴2

■新玉川温泉
[TEL]0187-58-3000(玉川温泉・新玉川温泉予約センター)
[住所]秋田県仙北市田沢湖玉川
[料金]2名1室1泊2食1名1万2800円~
[アクセス]東北道盛岡ICより1時間30分
[駐車場]120台
「新玉川温泉」の詳細はこちら

後生掛温泉【秋田県鹿角市】

浴槽の泥でパックを!箱蒸し風呂と併せてつるん。

後生掛温泉
木造の広い浴場で様々な入浴を堪能できる

名物の泥湯は、地下100mで熱した泥で全身の温湿布ができ、硫黄の作用で肌が白く滑らかになるといわれる。箱蒸し風呂や気泡が肌を包む火山風呂など7種の入浴ができる。

日帰り入浴情報

[泉質]単純硫黄泉
[料金]中学生以上600円、小学生300円
[営業時間]9時~15時
[休業日]不定(急なメンテナンス時)
[予約について]不要
[シャンプー・リンス等]〇
[ドライヤー]×
[フェイスタオル]販売260円
[バスタオル]販売1100円
[湯船の数]男4、女4

■後生掛温泉
[TEL]0186-31-2221
[住所]秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内
[料金]2名1室1泊2食1名1万1150円~
[アクセス]東北道鹿角八幡平ICより45分
[駐車場]30台
「後生掛温泉」の詳細はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

tag

この記事に関連するキーワード