close

【関西近郊】日帰りドライブスポット78選!デートやGWのお出かけにもおすすめ<2021>

2021.03.26

福井県のドライブスポット

レインボーライン山頂公園~三方五湖に浮かぶ天空のテラス~【福井県若狭町】

レインボーライン山頂公園~三方五湖に浮かぶ天空のテラス~
五湖テラス。五湖の絶景を大きな丸いソファーベッドに寝そべって見渡せる
レインボーライン山頂公園~三方五湖に浮かぶ天空のテラス~
中央テラスは隣接カフェ「なないろ」でドリンクなどの注文OK
レインボーライン山頂公園~三方五湖に浮かぶ天空のテラス~
美浜テラスの「絶景 天空の足湯」からは三方五湖と日本海を一望できる

山頂のテラス席から見渡す三方五湖のパノラマビュー!
リフト・ケーブルカーで上がる山頂公園は三方五湖と日本海を360度パノラマで眺められる絶好の立地。足湯や大きなソファーベッドなどを備える5つのテラスから絶景を楽しめる。

■レインボーライン山頂公園~三方五湖に浮かぶ天空のテラス~
[TEL]0770-45-2678
[住所]福井県三方上中郡若狭町気山18-2-2
[営業時間]9時~17時(最終受付16時30分)、季節・天候により変動あり
[定休日]なし
[料金]普通車通行料1060円、山頂公園入園料(リフト・ケーブルカー乗車料込)中学生以上900円・小学生500円
[アクセス]【車】北陸道敦賀ICより第1駐車場まで40分、または舞鶴若狭道若狭三方ICより20分
[駐車場]200台(無料)
「レインボーライン山頂公園~三方五湖に浮かぶ天空のテラス~」の詳細はこちら

cafe縞【福井県若狭町】

cafe縞
三方五湖を一望するテラス席
cafe縞
福井梅カレー 980円。梅酢の酸味が効いた個性的な味
cafe縞
年縞SAND 850円。18層の年縞SANDは水月湖の湖底の層をイメージ

山と湖の自然美と名物サンドを満喫。
福井県年縞博物館に併設。テラス席から三方五湖を眺めながら、特産の梅を使ったご当地カレーや写真映え抜群のサンドを味わって。

■cafe縞
[TEL]0770-45-3039
[住所]福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12 縄文ロマンパーク内
[営業時間]10時~17時(変動がある場合はSNSで告知)
[定休日]火(祝日の場合は営業)
[駐車場]30台(無料)
「cafe縞」の詳細はこちら

越前温泉露天風呂「漁火」【福井県越前町】

越前温泉露天風呂「漁火」
土日祝の日の入り以外は比較的ゆったり(半月ごとに男女入れ替え)

ダイナミックな波音で、何もかも洗える日本海。
水平線に沈む胸アツの夕陽で人気の海露天は、日本海らしいザッパーン音が響き渡る朝や昼間の爽快感も格別。波音を全身で受け止め、モヤモヤを洗い流して。

<日帰り入浴DATA>
[料金]中学生以上520円、小学生310円、3歳以上200円
[時間]11時~21時(変動・入場制限の場合あり)
[シャンプー]○
[ボディーソープ]○
[ドライヤー]○
[フェイスタオル]販売150円
[バスタオル]貸出150円

■越前温泉露天風呂「漁火」
[TEL]0778-37-2360
[住所]福井県丹生郡越前町厨71-355-1 道の駅「越前」
[定休日]火、~3月は第2・4火(いずれも祝日の場合は翌日)
[アクセス]【車】北陸道鯖江ICより45分
[駐車場]157台
「越前温泉露天風呂「漁火」」の詳細はこちら

ヨコガワ分店【福井県越前市】

ヨコガワ分店
ボルガライス 980円

1980年代に越前市武生地区に根付いたソウルフード。ルーツは謎。
幅広い世代に人気のカウンター席をメインにした老舗洋食店。地元養鶏場の卵を使ったオムライスにサクサクのふくいポークのローストンカツをオン。洋食屋さんならではの手間暇をかけた爽やかな特製ソースを纏う一品。

■ヨコガワ分店
[TEL]0778-22-7172
[住所]福井県越前市京町1-4-35
[営業時間]11時30分~23時(LO22時30分)
[定休日]火
[アクセス]【車】北陸道武生ICより10分
[駐車場]2台
「ヨコガワ分店」の詳細はこちら

馬忠呉服店【福井県あわら市】

馬忠呉服店
キャラクターの特大パネルの前で記念撮影もできちゃう!
馬忠呉服店
着物と袴は自由にコーディネート。推しのキャラクター風に?

人気競技かるたマンガの舞台で憧れの袴姿に変身。
享保年間から続く老舗呉服店で、競技かるたの正装「袴姿」に着替えて漫画の世界に浸ろう。着付け後は記念撮影や2019年に命名された新名所「あらた坂」などへ周辺散策も。

<袴着付け体験>
[営業時間]10時~18時(体験時間1時間)
[定休日]火・水
[料金]1650円
※予約優先・身長140㎝以上

■馬忠呉服店
[TEL]0776-73-0023
[住所]福井県あわら市花乃杜1-1-19
[アクセス]【車】北陸道金津ICより10分
[駐車場]8台
「馬忠呉服店」の詳細はこちら

越前そば処 福乃家【福井県あわら市】

越前そば処 福乃家
名物おろしそば 600円

大根おろしと味わう福井県嶺北地方の郷土料理「越前おろしそば」。
常連客に愛されるあわら温泉街にある3代続く蕎麦店。先々代から受け継ぐ大根の搾り汁の出汁に、県内大野産の蕎麦粉で打つコシのある麺をつけて味わうのがこちらのスタイル。辛味大根の程よい刺激と蕎麦の香りが鼻腔をくすぐる。ひね鶏の旨みが広がるつけ汁で味わう「ひねざる」もおすすめ。

■越前そば処 福乃家
[TEL]0776-77-2075
[住所]福井県あわら市温泉5-303
[営業時間]11時~19時30分(LO19時)
[定休日]水
[アクセス]【車】北陸道金津ICより15分
[駐車場]4台
「越前そば処 福乃家」の詳細はこちら

セントピアあわら【福井県あわら市】

セントピアあわら
温泉卵 1個60円。茹で時間は約40分。卵の殻にペイントも楽しい
セントピアあわら
夜はロマンチックな星見露天も(男女週替わり)

恋の行方も占える?半熟で食べたい温泉卵。
ミュージアムのようなスタイリッシュ温泉。入浴している間に作れる温泉卵は、ちょっぴり塩気があってゆるとろ。幸せを願って44分茹で、殻の割れ方を見る恋占いも女子に人気。

<日帰り入浴DATA>
[料金]高校生以上500円、小中学生300円、3歳以上200円
[時間]10時~22時
[シャンプー]○
[ボディーソープ]○
[ドライヤー]○
[フェイスタオル]販売210円
[バスタオル]貸出210円

■セントピアあわら
[TEL]0776-78-4126
[住所]福井県あわら市温泉4-305
[定休日]火
[アクセス]【電車】えちぜん鉄道三国芦原線あわら湯のまち駅より徒歩3分【車】北陸道金津ICより15分
[駐車場]80台
「セントピアあわら」の詳細はこちら

めがねミュージアム【福井県鯖江市】

めがねミュージアム
めがねと同じアセテート生地のパーツを自由に組み合わせて作ろう
めがねミュージアム
約70種類のフレームデザインと約500種類の素材から選ぶオリジナル
めがねミュージアム
ショップでは3000本以上を展示販売

日本一のめがねの産地でオリジナル作品を作ろう。
国内生産フレームのシェア90%以上の福井県でモノづくりのワザを体験。めがね作りの技術を用いてオリジナルフェイスキーホルダーを作る「めがね de コラージュ」なら、気軽にその技術にふれられる。

<めがね de コラージュ>
[営業時間]4月1日~:体験10時~、13時~、15時~(体験時間40分~1時間)
[定休日]3月31日まで休止中 ※要予約(WEB3日前まで、電話前日まで)・3名まで・小学4年生以上
[料金]1800円
<めがね手作り教室(時短コース)>
[営業時間]体験10時~15時(12時~13時は休憩・体験時間4時間)
[定休日]なし ※要予約(WEB6日前まで)・2名~4名・中学生以上
[料金]2万2000円

■めがねミュージアム
[TEL]0778-42-8311
[住所]福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
[アクセス]【車】北陸道鯖江ICより2分
[駐車場]50台
「めがねミュージアム」の詳細はこちら

道の駅 恐竜渓谷かつやま【福井県勝山市】

道の駅 恐竜渓谷かつやま
フクイラプトルの全長5mのモニュメントは実は滑り台が付いている!
道の駅 恐竜渓谷かつやま
道の駅内のいろいろな場所にある恐竜デザインを探すのも楽しい

2020年OPEN!恐竜な道の駅
恐竜をモチーフにした道の駅が昨年オープン。勝山市内外の農産物やおみやげのほか、恐竜グルメや福井スイーツが楽しめるカフェや恐竜グッズなども揃う。

■道の駅 恐竜渓谷かつやま
[TEL]0779-89-2234
[住所]福井県勝山市荒土町松ヶ崎1-17
[営業時間]9時~17時※季節変動あり
[定休日]火
[アクセス]【車】中部縦貫道勝山ICより3分
[駐車場]88台
「道の駅 恐竜渓谷かつやま」の詳細はこちら

※花の見頃は例年のデータに基づくものです。今年の開花状況については、おでかけ前に各スポットへお問い合わせください。
※バーベキュースポットの営業時間はバーベキューの体験が可能な時間です。
※遊園地・テーマパークの年齢・身長制限は事前にご確認ください。

※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

※掲載の価格は全て税込み価格です。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。