close

観光にも便利!鳥取県「皆生温泉」のおすすめ露天風呂4選

2016.06.27

鳥取県米子市にある「皆生(かいけ)温泉」は、新緑が美しい名峰「大山」にほど近く、鳥取砂丘や出雲大社などの観光にも便利な山陰ど真ん中。
日本海に緩やかな弧を描く「弓ヶ浜」に面し、循環する地下水と海水が混じりあったミネラルたっぷりの湯は「肌がつるつるになって健康にも良さそう」と評判なんだとか。
今回はそんな皆生温泉で日帰り利用できるおすすめの露天風呂をご紹介します。
温泉街にある2か所の無料の足湯とセットで、山陰旅をまるごと楽しんじゃいましょう♪

1.ベイサイドスクエア 皆生ホテル 汐の湯【鳥取県米子市】

木を基調とした和の空間がくつろぎの時間を演出

汐の湯
目隠しはマジックミラーを採用。座ったまま絶景を堪能(写真は男湯)

和風モダンなデザインが魅力の露天風呂からは、日本海や弓ヶ浜が遮るものなく一望できる。女湯のマイクロミストサウナも人気♪

温泉DATA

●日帰り入浴料:中学生以上700円
●利用可能なお風呂:露天風呂、内風呂、サウナ

ベイサイドスクエア 皆生ホテル 汐の湯
TEL/0859-35-0001
住所/鳥取県米子市皆生温泉4-21-1
営業時間/日帰り入浴11時~23時(最終受付22時)
定休日/なし
アクセス/車:米子道米子ICより10分
駐車場/140台(無料)
◎アメニティ
シャンプー&ボディソープ無料、ドライヤー無料、ハンドタオル レンタル100円、バスタオル レンタル200円
「ベイサイドスクエア 皆生ホテル 汐の湯」の詳細はこちら

2.皆生グランドホテル 天水【鳥取米子市】

湯船の外はもう日本海!爽やかな潮風を感じて。

皆生グランドホテル 天水
白い砂浜と青い海のコントラストが美しい露天風呂(写真は男湯)

皆生温泉では珍しく自家源泉から湧く湯を使用。ミネラルたっぷりの温泉でタラソテラピー体験ができる。開放的な露天風呂は眺望も抜群。

温泉DATA

●日帰り入浴料:中学生以上1200円、3歳~小学生600円
※繁忙日は利用不可の場合があるため、要事前問合せ
●利用可能なお風呂:露天風呂、内風呂、サウナ

皆生グランドホテル 天水(てんすい)
TEL/0859-33-3531
住所/鳥取県米子市皆生温泉4-18-45
営業時間/日帰り入浴15時~21時(最終受付20時)
定休日/なし
アクセス/車:米子道米子ICより10分
駐車場/100台(無料)
◎アメニティ
シャンプー&ボディソープ無料、ドライヤー無料、ハンドタオル 販売300円、バスタオル レンタル300円
「皆生グランドホテル 天水」の詳細はこちら

3.海潮園【鳥取県米子市】

多くの文人も訪れた大正時代からの岩露天風呂。

海潮園
歴史ある露天岩風呂は、日帰り入浴時は女性のみ利用できる

「皆生最古」ともいわれる露天風呂は、なんと大正時代に造られたものだとか。当時の面影を色濃く残す岩露天風呂でリラックスしたい。

温泉DATA

●日帰り入浴料:中学生以上500円
●利用可能なお風呂:露天風呂(女湯のみ)、内風呂

海潮園(かいちょうえん)
TEL/0859-22-2263
住所/鳥取県米子市皆生温泉3-3-3
営業時間/日帰り入浴15時~21時(最終受付20時30分)
定休日/なし
アクセス/車:米子道米子ICより10分
駐車場/20台(無料)
◎アメニティ
シャンプー&ボディソープ無料、ドライヤー無料、ハンドタオルなし、バスタオルなし
「海潮園」の詳細はこちら

4.華水亭【鳥取県米子市】

岩組みの露天が情緒満点!波の音が心地よいBGMに♪

華水亭
男性浴場「松風の湯」。湯上がり処には冷たい大山の水も用意

大浴場と露天風呂からは、日本海や大山を望む大パノラマを楽しめる。男湯の「寝湯」、女湯の「トルマリン風呂」など多彩な浴槽も楽しい。

温泉DATA

●日帰り入浴料:中学生以上1500円、3歳~小学生750円
※繁忙日は利用不可の場合があるため、要事前問合せ
●利用可能なお風呂:露天風呂、内風呂、サウナ

華水亭(かすいてい)
TEL/0859-33-0001
住所/鳥取県米子市皆生温泉4-19-10
営業時間/日帰り入浴15時~21時(最終受付20時)
定休日/なし
アクセス/車:米子道米子ICより10分
駐車場/50台(無料)
◎アメニティ
シャンプー&ボディソープ無料、ドライヤー無料、ハンドタオル・バスタオル 300円(セットレンタル)
「華水亭」の詳細はこちら

※この記事は2016年5月時点での情報です

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード