close

絶対喜ばれる!長崎県のお土産22選!地元民「人気ランキング」&編集部おすすめ

2022.06.30


●編集部おすすめお土産情報

【みろくや】長崎ちゃんぽん

本場・長崎の味が手軽に味わえる麺とスープのセット

(画像提供:みろくや)
長崎ちゃんぽん 4食入り 1400円

1964年に誕生し、伝統を守りながら長崎のおいしいものを作り続けている「みろくや」。その看板商品が、長崎県民のソウルフードともいえる長崎ちゃんぽんです。半生麺とスープが一緒になっているので、本場の味を手軽に楽しめます。

スープは、豚骨から丁寧に旨味を取り出し、魚介のエキスをプラス。上品で深みがあり、最後の一滴まで美味しく飲めるように工夫されています。

複数の小麦粉をブレンドしたコシのある麺は、じっくり煮込んでも歯応えが残るよう調整した独自製法!

(画像提供:みろくや)

写真入りのレシピが付いているので、麺の硬さやスープの濃さを調整しながら、美味しくいただけます。

駅や空港でも販売しており、旅行の帰りにさっと立ち寄って購入できるのも◎。

■長崎ちゃんぽん
[取扱い店舗]みろくや長崎駅店・みろくや空港店・みろくや浜町店・みろくや夢彩都店、他
「長崎ちゃんぽん」の詳細はこちら

(画像提供:みろくや)

【小浜食糧株式会社】長崎銘菓しあわせクルス

長崎県産のイチゴ風味が豊かな銘菓

(画像提供:小浜食糧株式会社)
長崎銘菓しあわせクルス 6枚入り 383円

クルスとはポルトガル語で十字架を意味する言葉。長崎銘菓しあわせクルスは、長崎の偉人・天草四郎の刀鍔(つば)に描かれた「花十字」と呼ばれる十字架をモチーフにしたお菓子です。

パリッと軽い食感のオリジナル生地に、長崎県産のイチゴ“さちのか”を練り込んだホワイトチョコがサンドされています。イチゴそのものの美味しさをフリーズドライ製法で閉じ込めているのだとか。

(画像提供:小浜食糧株式会社)

しあわせクルスという名前の通り、「届いた方にしあわせが訪れますように」という願いを込めて製造しているそう。

個包装で配りやすく、常温保存ができるので職場へのお土産にぴったりです。

■長崎銘菓しあわせクルス
[取扱い店舗]ボンパティ長崎駅店(かもめ市場)、長崎銘菓クルス浜町店、長崎空港売店、他
「長崎銘菓しあわせクルス」の詳細はこちら

(画像提供:小浜食糧株式会社)

【平戸物産館】湖月堂老舗カスドース

カステラ生地とグラニュー糖の上品な甘さが魅力

(画像提供:平戸物産館)
湖月堂老舗カスドース 12個入り 2300円

今から約470年前にポルトガルから伝わったといわれるお菓子「カスドース」。カステラの「カス」に、ポルトガル語で甘いを意味する「ドース」を組み合わせたのが名前の由来です。

少し粗めに焼き上げたカステラ生地を卵黄にひたし、煮立てた糖蜜で揚げて作ります。仕上げにグラニュー糖をまぶすため、生地は甘さが控えめ。しっとり感のある口当たりと共に、卵の香りが口の中いっぱいに広がります♪

上品な味わいなので、贈答や進物としてもよく利用されています。抹茶や緑茶と合うので、家族や友人との集まりに手土産として持っていくのもおすすめです。

■平戸物産館
[住所]長崎県平戸市岩の上町1247
[営業時間]8時~18時
[定休日]なし
[アクセス]【車】西九州自動車道佐々IC・松浦ICより30分
[駐車場]あり
「平戸物産館」の詳細はこちら

(画像提供:平戸物産館)

【藤田チェリー豆総本店】かす巻

しっとりしたカステラ生地とつぶ餡の相性抜群!

(画像提供:藤田チェリー豆総本店)
かす巻 1本 540円

長崎県・島原半島の郷土菓子であるかす巻。カステラ生地で餡を巻いたことからその名が付いたといわれています。

「藤田チェリー豆総本店」のかす巻は、毎日直送される長崎のブランド卵・太陽卵を使用。熟練の職人が丁寧に手焼きした生地に、じっくり炊き上げたつぶ餡を一枚一枚巻き上げています。表面にまぶされたザラメ糖の食感も良いアクセントに♪

(画像提供:藤田チェリー豆総本店)

1本(約250g)を一口サイズに切って食べるのが一般的。ボリュームがあるので、ファミリーへのお土産におすすめです。

■かす巻
[取扱い店舗]藤田チェリー豆総本店売店・長崎空港・ハウステンボス、他
「かす巻」の詳細はこちら

(画像提供:藤田チェリー豆総本店)

【松尾珈琲店】ビーンズしょくらあと

珈琲店が作る、本気のコーヒー豆チョコレート

(画像提供:松尾珈琲店)
ビーンズしょくらあと 540円

焙煎したての香り高いコーヒー豆をチョコレートでコーティングしたお菓子です。珈琲店ならではのこだわりで、豆を選び、焙煎して作っています。

このお菓子に使っているのは、江戸時代、長崎の出島に伝来したといわれるインドネシア産アラビカ種のコーヒー豆。ほろ苦い風味が、ほどよい甘さのチョコレートとよくマッチしていると評判です。

(画像提供:松尾珈琲店)

コーヒーのお供にも良いし、洋酒との相性もぴったりだそうです。コーヒー好き、お酒好きの方へのお土産にぜひ。

■ビーンズしょくらあと
[取扱い店舗]松尾珈琲店、長崎土産すみや、かもめ市場支店、長崎県物産館、石丸文行堂、他
「ビーンズしょくらあと」の詳細はこちら

(画像提供:松尾珈琲店)

【菓舗 唐草】出島蘭館

長崎・出島をかたどったチーズタルト

(画像提供:菓舗 唐草)
出島蘭館 10個入り 1728円

江戸時代、日本国内で西欧に開かれた唯一の港として栄えた出島には“蘭館”と呼ばれるオランダの商館が立ち並び、そこにチョコレートやチーズなどが伝えられたそうです。

そんな、出島の蘭館をモチーフにしたオランダ風チーズタルトがこちら。タルト生地の上に、チョコチップとアーモンドベースの生地をのせて焼き上げた洋菓子です。

扇形の出島をかたどったフォルムが特徴的で、長崎らしさを感じられるお土産。個包装で配りやすいのも嬉しいですね。

■出島蘭館
[取扱い店舗]菓舗 唐草 直営店、長崎空港、他
「出島蘭館」の詳細はこちら

(画像提供:菓舗 唐草)

【グランビィラジュおおむら菓子舗】カッツァ

全国的にも珍しい、じゃがいもを使った絶品スイーツ!

(画像提供:グランビィラジュおおむら菓子舗)
カッツァ 1個172円

長崎は、全国でも有数のじゃがいもの産地です。カッツァは、そんな長崎県産のじゃがいもを使ったお菓子。ちなみにカッツァとは長崎県・島原の方言で、こちらのお店がある加津佐町(かずさまち)のことだそう。

じゃがいもを使ったタネをしっとりと焼き上げ、真ん中にクリームをサンドしたスティックケーキに仕上げています。チーズとチョコレートの2種類あり、どちらもふわふわの食感が魅力です。

珍しい長崎のお土産を探している方におすすめ!

■グランビィラジュおおむら菓子舗
[住所]長崎県南島原市加津佐町92-1
[営業時間]9時~20時
[定休日]不定休
[アクセス] 【車】長崎自動車道諫早ICより1時間
[駐車場]あり
「グランビィラジュおおむら菓子舗」の詳細はこちら

(画像提供:グランビィラジュおおむら菓子舗)

【ぽると総本舗】ぽると

柚子の風味広がる餡が魅力の南蛮菓子

(画像提供:ぽると総本舗)
ぽると 6個入り 950円

長崎県・佐世保の人々が長年愛する銘菓。港町の佐世保発のお菓子ということで、長崎と縁の深い国・ポルトガルの港町「ポルト」から名付けられました。

ザクザク感があるのにしっとり食感のクッキーに、長崎県・壱岐産の柚子を皮ごとペーストした白餡をサンド。和洋折衷で、独自の食感と味わいが楽しめます。

個包装で配りやすく、単品でもボリュームたっぷりなので甘いもの好きな方に喜ばれそう!

■ぽると
[取扱い店舗]佐世保市内直営売店・佐世保、長崎駅売店・長崎空港売店、他
「ぽると」の詳細はこちら

(画像提供:ぽると総本舗)

【茂木一まる香本家】一口香(いっこっこう)

中身がない!?不思議な焼き菓子

(画像提供:茂木一まる香本家)
一口香 5個袋入り 540円

江戸時代から伝わる長崎の伝統菓子、一口香。その特徴は、見た目と一口目のギャップです。普通のおまんじゅうに見えるのですが、焼き菓子のため硬く、割ってみると実はその中が空洞になっているので、初めての方はびっくりするのだとか。

焼き上げるタイミングでは餡を入れるのですが、餡に含まれる水あめや黒糖が熱で溶けて皮に付着し、出来上がりの際には中が空洞になる…という訳です。一見何も無いように見えても、しっかりと甘さを感じられます。

(画像提供:茂木一まる香本家)

一口食べると香ばしさが口いっぱいに広がることから、一口香と名付けられたのだそう。

食べたときのインパクトがあるので、手土産として持ち込んでみんなを驚かせてみては?

■一口香
[取扱い店舗]長崎空港、長崎浜屋、長崎駅かもめ市場内お土産すみや、夢彩都長崎店、他
「一口香」の詳細はこちら

(画像提供:茂木一まる香本家)

【長崎南山手プリン】南山手ステンドグラスプリン

色鮮やかで写真映えもするプリン!

(画像提供:長崎南山手プリン)
南山手ステンドグラスプリン 1個420円

長崎を代表する観光スポット・大浦天主堂は、幻想的な美しさのステンドグラスが見所です。そんな大浦天主堂の色鮮やかなステンドグラスをプリンで表現!

赤や緑、青といった様々な色のジュレが、バニラビーンズ香るなめらかなプリンの上に乗っています。ジュレの色は天然素材由来で、着色料は不使用。毎日一つひとつ、お店の工房で手作りしています。

(画像提供:長崎南山手プリン)

色鮮やかで見た目も楽しめるので、若い方へのお土産に喜ばれそう。自分用に買って、長崎の観光名所で一緒に写真を撮るのもおすすめです。

■長崎南山手プリン
[住所]長崎県長崎市南山手町2-11
[営業時間]10時~18時
[定休日]なし
[アクセス]【電車】長崎電気軌道大浦天主堂駅より徒歩4分 【車】ながさき出島道路新地ICより3分
[駐車場]なし
「長崎南山手プリン」の詳細はこちら

(画像提供:長崎南山手プリン)

【チョコレートハウス】長崎和ちょこ 丸缶(黄粉)

きなこの風味を感じる和のチョコレート!

(画像提供:チョコレートハウス)
長崎和ちょこ 丸缶(黄粉)60g/1缶 750円

長崎県諫早産の大豆・フクユタカで作られた黄粉(きなこ)を使った和風チョコレート。こだわりの焙煎で仕上げたきなこと、ショコラティエ特製のホワイトチョコレートがマッチし、甘味と香りを強く感じられるのが特徴です。

ちょっとレトロで可愛い缶のパッケージも魅力で、「長崎デザインアワード2020」で金賞を受賞しました。

おしゃれな見た目のパッケージと、こだわり素材で作られたチョコレート。多くの方に喜ばれそうな逸品なので、親しい人へのお土産におすすめです。

■長崎和ちょこ 丸缶(黄粉)
[取扱い店舗]チョコレートハウス ハウステンボス店、加加阿伝来所、長崎空港ウイング店、JR長崎トレイン店、他
「長崎和ちょこ 丸缶(黄粉)」の詳細はこちら

(画像提供:チョコレートハウス)

【くまごろう】つばきねこのジャム

五島列島の季節の果実を味わう、手作りジャム

(画像提供:くまごろう)
つばきねこのジャム 155g~180g 864円

長崎県・五島市のイメージキャラクター「つばきねこ」がモチーフのジャム。瓶に描かれた猫の顔がなんとも可愛らしい見た目です。

五島列島へIターンした店主が作るジャムは、地元産の果物と砂糖だけで作る無添加!豊かな土壌で育ったいちごや甘夏、いくり(すもも)など、旬の果実が一つひとつ丁寧に瓶詰めされています。

家族や友人などへのお土産としてはもちろん、自分用にもひとつ買って食卓を彩ってみては?

■つばきねこのジャム
[取扱い店舗]五島市観光協会、福江空港、長崎県物産館、石丸文行堂、他
「つばきねこのジャム」の詳細はこちら

(画像提供:くまごろう)

\こちらの記事もチェック!/
【長崎】観光のおすすめスポット!モデルコースとマップで温泉や絶景を紹介

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード