じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ奈良県【奈良】2018夏の観光スポットおすすめ49選!定番から穴場まで

【奈良】2018夏の観光スポットおすすめ49選!定番から穴場まで

2018.06.27

暑さ和らぐ涼感スポットから、のんびり過ごせる観光地まで、奈良の夏のお出かけスポットをご紹介。

鹿がいる若草山&奈良公園、雰囲気漂う洞川温泉、マイナスイオンたっぷりのみたらい渓谷…
カップルや家族での夏休みレジャーにおすすめのスポット満載です!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

東大寺

東大寺
出典:じゃらん 観光ガイド 東大寺

若草山の麓に広大な寺域を占める巨刹。奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏始め国宝,重文級の文化財が多い。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/
東大寺の大仏で有名な東大寺です。
金剛力士像で有名な南大門を過ぎると大仏殿が見えてきます。
ちょうど訪問した時は「なら燈花会」のライトアップ中でした。
ライトアップ時などは「観相窓」と言われる窓が開かれ、
遠くからでも大仏様の尊顔を拝むことができます。
(行った時期:2017年8月14日)

東大寺
住所/奈良県奈良市雑司町406-1
「東大寺」の詳細はこちら

奈良公園

奈良公園
出典:じゃらん 観光ガイド 奈良公園

「奈良公園」は、奈良県奈良市にある、総面積約502.38ヘクタール、東西約4km、南北2kmという都市公園です。
公園内には、春日山や若草山をはじめ、興福寺、東大寺、春日大社なども含まれ、多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、
日本を代表する観光地としても有名で、年間を通じて日本のみならず海外からの観光客も多く訪れます。
また、園内の大部分が芝生に覆われていることから、園内には約1,200頭の鹿が生息していて、奈良公園のマスコット的存在として観光客からの人気も。
その他、春には桜の名所として花見を楽しめたり、入園料が不要のため、いつでも散策できるのは嬉しいポイントです。

\口コミ ピックアップ/
どこを見回しても鹿がいます!
子供も喜びますが、予想以上に近くに寄ってくるのでびっくりもします(笑)
餌もあげられますのでオススメです!
フンも沢山転がってるので、足下気をつけてくださいね!
スニーカーなどがオススメ!
(行った時期:2016年8月)

奈良公園
住所/奈良県奈良市芝辻町543
「奈良公園」の詳細はこちら

法隆寺

法隆寺
出典:じゃらん 観光ガイド 法隆寺

法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の一つ。木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録された。推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在している。

\口コミ ピックアップ/
電車旅だったので、バスなど乗り継ぎながら行きました。
アクセスしにくいですが、訪れる価値ありです。
ボランティアのガイドさんが丁寧に案内してくれるので、時間がある方はぜひガイドをオススメです。
疲れたら中に休憩所もあり、ゆっくりできました。
(行った時期:2017年8月)

法隆寺
住所/奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
「法隆寺」の詳細はこちら

興福寺国宝館

興福寺国宝館
出典:じゃらん 観光ガイド 興福寺国宝館

昭和34年に天平様式に建築されたもの。各堂にあった奈良時代から江戸時代に至る各時代の仏像・絵画が集められ,1250年にわたる興福寺の歴史と伝統を伝えている。そのほとんどが国宝,重文に指定されている。

\口コミ ピックアップ/
2018年からリニューアルオープンしたミュージアムです。
興福寺の名だたる国宝が展示されていて圧巻の一言に尽きます。
有名なのは阿修羅立像ですが、それ以外の八部衆、金剛力士像、天燈鬼・龍燈鬼立像、巨大な千手観音像など、どれも有名な作品ばかりです。
展示されている作品を簡単にまとめたミニパンフレットが100円で購入できます。
(行った時期:2018年4月)

興福寺国宝館
住所/奈良県奈良市登大路町48
「興福寺国宝館」の詳細はこちら

ならまち

ならまち
出典:じゃらん 観光ガイド ならまち

ならまちは千二百余年前の都「平城京」の道筋をもとにしており,中世には東大寺・興福寺・春日大社などの門前町として栄え,「南都七郷」などともよばれていた。江戸時代になると,晒や酒造,墨,甲冑,一刀彫などの色々な産業が興り産業の町としても栄えた。中でも,元興寺界隈は奈良時代に平城京の七大寺の一つとして大きな伽藍を有していた元興寺が中世以降衰退したため,その境内地へ民家が建ち並び,新しい町並みが形成されたのがその起こりといわれる。そのため極楽坊,塔跡,小塔院などに元興寺の往時の姿をわずかにとどめるのみとなり,今日では,この界隈は町家の建ち並ぶ一角となっている。

\口コミ ピックアップ/
昔ながらの建物と小道があり、風情があります。
最近はその建物の中におしゃれなお店が入っていて散策するのがとても楽しいです。
(行った時期:2017年8月)

ならまち
住所/奈良県奈良市中院町
「ならまち」の詳細はこちら

若草山

出典:じゃらん 観光ガイド 若草山

一面芝におおわれたなだらかな山で,丸い丘が3つ重なった形から三笠山とも呼ばれる。山頂からは大仏殿や五重塔、さらに奈良市街が一望でき、素晴らしい眺めが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
天気が良ければ、日向ぼっこには最適です。鹿が至る所にいて安らげる雰囲気がいい感じです。山というか広場的な丘って感じです。
(行った時期:2014年8月)

若草山
住所/奈良県奈良市雑司町
「若草山」の詳細はこちら

谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋
出典:じゃらん 観光ガイド 谷瀬の吊り橋

熊野川(十津川)に架る、長さ297m、川面からの高さ54mの日本屈指の長さの鉄線橋で、昭和29年に地元(谷瀬)地区の住民が出資して建設された、生活用吊り橋としては日本一の長い吊り橋です。周囲の山々が織りなす眺望や、渡る時に味わえるスリル感が話題を呼び、村の観光名所の一つとなっています。
ゴールデンウィークとお盆期間中は、一方通行規制が行われます。また、平成20年8月4日に日本記念日協会より、8月4日が「吊り橋の日」として登録を受けました。

\口コミ ピックアップ/
20人以上一緒に乗らないで下さい!と書いてありましたが、日本一長い長い吊り橋、先が遠く、揺れるたび、心臓が飛び出してしまいそうに!でも渡り終わり、お茶屋さんで絶品のシソジュースを頂き、ホッと一息ついたら、帰りの吊り橋はキレイな川と山と青空まで見て、美味しい空気まで感じて渡れました。
絶対おすすめ
(行った時期:2017年8月10日)

谷瀬の吊り橋
住所/奈良県吉野郡十津川村谷瀬・上野地
「谷瀬の吊り橋」の詳細はこちら

石舞台古墳

石舞台古墳
出典:じゃらん 観光ガイド 石舞台古墳

蘇我馬子の墓とも伝えられるこれこそ飛鳥のシンボル,日本でも最大級という横穴式石室をもつ古墳である。すでに盛土は失われて巨大な石室が露出しているが,基壇の1辺51mの方形墳。玄室は長さ7.6m,幅3.9m,高さ4.7mの豪壮なスケールで70t級の花崗岩30数個を使用,床面周囲に排水溝をめぐらすなど上代土木事業の素晴らしさに驚かされる。
この辺りは島庄と呼ばれ,島宮のあったところでこの地の豪族蘇我馬子の墓とする説が有力だが,その確証はない。

\口コミ ピックアップ/
これは、昔々豪族の墓だったらしいです。今の時代でもとても作れないような技術です。しかも土に埋もれていたのが今になって出てくるなんてロマンを感じます。
(行った時期:2014年8月1日)

石舞台古墳
住所/奈良県高市郡明日香村島庄
「石舞台古墳」の詳細はこちら

明日香村

明日香村
出典:じゃらん 観光ガイド 明日香村

村内を流れる飛鳥川流域に飛鳥時代の史跡・古墳・古社寺を数多く残し,万葉の世界の雰囲気を今にとどめる。

\口コミ ピックアップ/
日本の原風景を知りたいと思ったら明日香村散策をオススメします。懐かしい農村風景の中にミステリアスな歴史遺物があり、時空を超えて楽しめます。
(行った時期:2017年8月)

明日香村
住所/奈良県高市郡明日香村岡55
「明日香村」の詳細はこちら

洞川温泉

洞川温泉
出典:じゃらん 観光ガイド 洞川温泉

修験者(大峯信仰)や龍泉寺の隆盛と共に登山基地として栄え、二十数軒の旅館や各種土産物店やお食事処が軒をつらね、温泉街を形づくっています。歴史を感じる、なつかしい雰囲気のただよう街で、役行者の高弟「後鬼」の子孫の里とも伝えられています。
また、一帯は代表的なカルスト地形(石灰岩台地)で、ごろごろ水に代表されるミネラル分を適度に含むおいしくて体に良い水も湧き、標高820mの名水の山里はいつも賑わいを見せています。

\口コミ ピックアップ/
山の中ですが、温泉街が開けていて驚きです。派手さや煩さはなく、静かで落ち着いた温泉街です。 ノンビリ静かに過ごせました。
(行った時期:2014年8月)

洞川温泉
住所/奈良県吉野郡天川村洞川
「洞川温泉」の詳細はこちら

くろんど池

くろんど池
出典:じゃらん 観光ガイド くろんど池

古くは黒溝池とも呼ばれ、江戸時代寛永元年(1624)に開掘され農場用水のため池として、地域の米づくりを支えてきました。その一帯にはハイキングコースや、バーベキュー広場、キャンプ場などがあり、身近に自然を感じることのできる格好の遊びのゾーンです。池の畔には「くろんど荘」「松美荘」といった商店があり、宿泊・料理・バーベキュー等が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
ここへは、京阪電鉄 交野線 私市駅から歩いて行けます。
江戸時代にかんがい用に造られた人工池であるくろんど池。

山の上まで行くと、名物『星のブランコ』があり、そこから見る紅葉の景色はまさに絶景!!!
高所恐怖症の方であれば、足がすくむ位の橋の上を歩くので、覚悟が必要ですね!
(行った時期:2015年8月)

くろんど池
住所/奈良県生駒市高山町
「くろんど池」の詳細はこちら

葛城山麓公園

葛城山麓公園
出典:じゃらん 観光ガイド 葛城山麓公園

自然的・歴史的土地柄を生かした公園で、大和平野の眺望が楽しめる美しい緑と水のレクリエーションの場であり、また四季折々の自然のすばらしさに親しむ憩いの場です。

\口コミ ピックアップ/
毎年、孫が帰省した時に、親が連れて行ってます。アスレチックもあり、自然に触れることができるので、喜んでいるようです。
(行った時期:2014年8月)

葛城山麓公園
住所/奈良県葛城市寺口1563番地
「葛城山麓公園」の詳細はこちら

曽爾高原

曽爾高原
出典:じゃらん 観光ガイド 曽爾高原

ニホンボソ,亀山とその麓にひろがる丘陵地帯。ススキが一帯を覆っています。春から夏にかけて新緑の世界を創り出し、秋にはススキが一斉に穂を出します。夕暮れ時には辺り一面金色に輝き、限りなく優しい表情を見せます。

\口コミ ピックアップ/
秋のススキの季節もいいですが、夏の一面緑のシーズンも最高です。今回は道の駅曽爾高原ファームガーデンからハイキングをしました。ハイキングもおすすめです。
(行った時期:2017年8月)

曽爾高原
住所/奈良県宇陀郡曽爾村太良路
「曽爾高原」の詳細はこちら

竹取公園

竹取公園
出典:じゃらん 観光ガイド 竹取公園

自由に遊べる「芝生広場」やローラー滑り台。その他、古墳時代の住居を復元した「古代住居広場」などがあります。子供たちに一番人気の「ちびっこゲレンデ」はスリルとスピード感いっぱいです。

\口コミ ピックアップ/
遊具が豊富で楽しい。アスレチック要素が高い大型遊具から、小さな子供でも遊べる小型遊具まで、かなり豊富に配置されており、結構長時間でも飽きずに遊べます。
駐車場も併設されておりアクセスも比較的よいので、気軽に遊びに行ってほしいですね。
(行った時期:2014年8月2日)

竹取公園
住所/奈良県北葛城郡広陵町三吉391-1
「竹取公園」の詳細はこちら

生駒山

生駒山
出典:じゃらん 観光ガイド 生駒山

\口コミ ピックアップ/
膨大な自然に囲まれた生駒山。歩いて登るもよし、(私が小学生低学年の頃歩いて登りました)犬やネコ、スイーツのかわいいデザインのケーブルカーに乗っても、お子さん達は大喜び間違いなし。
生駒山からみる景色は格別です。夜景もいいですが夕方、日が落ちるときにひろがる夕焼けはすごくきれいでおすすめです。
(行った時期:2016年8月)

生駒山
住所/奈良県生駒市菜畑町
「生駒山」の詳細はこちら

めえめえ牧場

めえめえ牧場
出典:じゃらん 観光ガイド めえめえ牧場

愛らしい羊たちがお出迎えしてくれる「めえめえ牧場」。モコモコと全身が毛で覆われた姿は愛嬌たっぷりです。牧場内では羊せんべいを販売しており、自由にあげることもできます。また、牧場の周りには芝生広場が広がっており、羊を見ながらお弁当を食べることもできます。

\口コミ ピックアップ/
羊に癒されます。羊は大人しい部類の動物で、よほど何か攻撃でもしない限りは人が近づいても無頓着で見てて接してなかなか楽しいです。
毛皮は思ったよりゴワゴワしていますよ。
(行った時期:2015年8月)

めえめえ牧場
住所/奈良県山辺郡山添村北野
「めえめえ牧場」の詳細はこちら

みたらい渓谷

みたらい渓谷
出典:じゃらん 観光ガイド みたらい渓谷

エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵。大小様々な滝と巨岩を縫い底まで透けて見える清流が流れるみたらい渓谷には、川沿いに遊歩道が整備され、つり橋からは滝を上から眺めることもでき、まさに絶景。

新緑がきらきら輝く春、水しぶきに川サツキが美しい夏、まさに天から降ってくるように山頂から色付き全山紅葉の錦秋、山水画の冬と、四季折々の景観は、近畿地方随一の美しさとたたえられています。

\口コミ ピックアップ/
青々とした緑が綺麗で映画に出てきそうな神秘的な滝や岩を清流が流れる渓谷。遊歩道の散策も楽しい。夏の暑さも吹っ飛ぶくらいひんやりしている。
(行った時期:2017年8月)

みたらい渓谷
住所/奈良県吉野郡天川村北角
「みたらい渓谷」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関西
奈良県
この記事に関連するキーワード
渓谷
絶景
高原
キャンプ
パワースポット