ライター紹介この記事を書いた人

春休み・GW・夏休みに行きたい、青森のおすすめドライブスポットをご紹介!定番から穴場まで。レンタカーで観光してみては?
お堀が桜の花びらで埋め尽くされる「花筏」でも話題の弘前公園の桜はまさに絶景!また、青森には夏に涼を求めて是非訪れて欲しい自然も満載です!

記事配信:じゃらんレンタカー

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

弘前公園の桜

弘前公園内には約50種・約2,600本の桜と城と岩木山が調和を見せる。

\口コミ ピックアップ/
憧れていた弘前城の桜。
満開を追いかけての旅で最後の日でした。花吹雪で歓迎されてる様で、素敵なお花見でした! またお城に岩木山と感激の眺め。
城山のお城全体の雰囲気ある空間に満足でした。
(行った時期:2018年4月29日)

昼は満開の桜が所狭しと咲き乱れ、どこを見てもキレイでした。風ではらはら散った桜が水面に集まり、ピンク色の川のようで素敵でした。夜はライトアップされた桜が水面に映り、桜がさらに咲いたように感じ、幻想的でした。
(行った時期:2018年4月)

弘前公園の桜

所在地 〒036-8356 青森県弘前市下白銀町1
交通アクセス (1)弘前駅からバスで15分
料金 大人:大人:310円 有料区域である弘前城(本丸・北の郭)及び弘前城植物園以外は無料
子供:子供:100円 有料区域である弘前城(本丸・北の郭)及び弘前城植物園以外は無料
その他 植物:サクラ
バリアフリー設備 車椅子貸出:○
車椅子対応トイレ:○
盲導犬の受け入れ:○
オムツ交換台:○
その他情報 時期 :4月下旬~5月上旬
お問い合わせ 0172-33-8739
ホームページ http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kanko/shisetsu/park/index.html
「弘前公園の桜」の詳細はこちら

最勝院五重塔

津軽藩4代藩主信政が、初代の為信以来、幾度かの戦で戦死した敵味方の将兵の供養のために建立したもので、江戸時代に建てられた五重塔では建築物にしては相輪が長く、全国で一番美しい形の五重塔として知られる。

\口コミ ピックアップ/
五重塔と満開の桜が見事にマッチし、絵に描いたような風景を堪能することができました。
「すばらしい」の一言です。
(行った時期:2017年4月)

弘前市の中心市街地からすぐ近いところに有るので、気軽に見に行く事が出来ます。桜の時期に行くと絶好の写真撮影スポットです。
(2016年4月)

最勝院五重塔

所在地 〒036-8196 青森県弘前市銅屋町63
交通アクセス (1)弘前駅からバスで15分
営業期間 公開:9:00~16:00 季節により変動あり
休業:無休
その他 文化財:国重要文化財
その他情報 建築年代1 :1667年
お問い合わせ 0172-34-1123
予約先 0172-34-1123
「最勝院五重塔」の詳細はこちら

猿賀神社

807年、蝦夷征伐のため北上した坂上田村麻呂が「神蛇宮」として建立したといわれ、藩政時代には津軽為信公により祈願所と定められた。一年を通して数々の祭事が行われるが、旧暦1月7日にはその年の豊凶を占う「柳からみ神事」などが行われ、旧暦の8月14~16日の秋の例大祭には民俗芸能の獅子踊りなどが奉納される。

\口コミ ピックアップ/
特に用事が無くても訪れたくなる神社です。
桜の時期は、隣接する公園と共に桜が満開で美しい景色を楽しめますよ。
(行った時期:2017年5月)

猿賀神社

所在地 〒036-0242 青森県平川市猿賀石林175
交通アクセス (1)弘南鉄道弘南線津軽尾上駅から徒歩で15分
その他情報 創建年代 :807年
お問い合わせ 0172-57-2016
ホームページ http://saruka.webcrow.jp/
「猿賀神社」の詳細はこちら

銚子大滝

幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる唯一の奥入瀬渓流最大の滝。この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。

\口コミ ピックアップ/
かなり気持ちがいい。爽快。
旅してる気分マックスで、マイナスイオンを浴びてる自分が洗礼されたように清々しくなります。また行きたいです♪
(行った時期:2013年8月30日)

渓流が多い奥入瀬の中で、これは迫力ある滝で流れだけでなく音も楽しめます。緩やかな流れを見てからのこの風景は印象的です。
(行った時期:2018年8月15日)

銚子大滝

所在地 〒034-0301 青森県十和田市大字奥瀬
交通アクセス (1)青森駅からバスで170分
(2)八戸駅からバスで120分
その他情報 規模 :落差7m
お問い合わせ 0176-74-1233
「銚子大滝」の詳細はこちら

青池

まるでブルーインキのような湖水で有名な池。周りの木々が映り込みホログラムの様でとても神秘的。なぜ青く見えるのかいまだ解明されてないという。十二湖駅で下車し、「蜃気楼ダイヤ」を使って散策を楽しめる。帰りは秋田行きのリゾートしらかみを利用するつもりになれば、さらに深いトレッキングも可能。

これぞ白神山地の神秘、青く光る不思議の池

\口コミ ピックアップ/
夏の天気が良い時を狙って行ってきました!
とても澄んだ青で初めて見た光景に感動してしばらく眺めていました!
(行った時期:2013年8月)

夏休みに行きました!
本当に青くてビックリしました。
白神山地を探検!と子供も大喜びで歩いてくれました。
(行った時期:2016年8月)

青池

所在地 〒038-2205 青森県西津軽郡深浦町森山
交通アクセス (1)JR五能線十二湖駅より弘南バス奥十二湖行15分、奥十二湖より徒歩10分
駐車場 あり(有料)1回300円
180台
「青池」の詳細はこちら

城ケ倉大橋

城ヶ倉渓谷に架かる日本一の上路式アーチ橋(全長360m・アーチ支間長225m)です。谷底からの高さは122mにも及び、十和田八幡平国立公園の豊かな森を眼下に、新緑から深緑そして紅葉と、季節の美しい表情を見ることができます。景観に配慮した耐候性鋼材による無塗装仕上げも特徴。

\口コミ ピックアップ/
空気が綺麗で良かったです。
お天気が良かったので、遠くまで見れました。
癒されました。またゆっくり行きたいです。
(行った時期:2017年6月)

城ケ倉大橋は青森市にあります。長い立派な橋です。素晴らしい景色を望むことができます。新緑が素晴らしかったです。
(行った時期:2018年5月)

城ケ倉大橋

所在地 〒030-0111 青森県青森市荒川字南荒川山
交通アクセス (1)JR青森駅から車で85分(青森駅からJRバス「十和田湖」行きへ乗車。「城ヶ倉温泉」下車、徒歩30分。)
バス停よりから徒歩で30分
お問い合わせ 017-723-4670
「城ケ倉大橋」の詳細はこちら

千畳敷海岸

凝灰質の泥岩で寛政4年の地震で地盤隆起し、千畳敷と呼ばれる奇観を呈す。日本の夕陽百選・日本の水浴場55選に認定された。

\口コミ ピックアップ/
昔、ドライブで行ったことがあります。すごい景色が綺麗でとてもストレス解消になりました。また行きたいです。
(行った時期:2012年7月16日)

遠くまで広がる千畳敷の景色が素晴らしかったです。自然の織り成す不思議な光景を見ることができて良かったです。
(行った時期:2015年6月)

千畳敷海岸

所在地 〒038-2504 青森県西津軽郡深浦町北金ケ沢榊原
交通アクセス (1)JR千畳敷駅から徒歩で1分
その他情報 規模 :延長1km
お問い合わせ 0173-74-4412
ホームページ http://www.town.fukaura.lg.jp/
「千畳敷海岸」の詳細はこちら

十三湖

津軽半島の中ほど、岩木川が日本海に注ぐ地に十三湖はあります。淡水と海水の混ざり合った汽水湖で、特産品であるしじみは全国的に有名です。

\口コミ ピックアップ/
家族連れにおすすめのスポットです。天気が良いととても素晴らしい景色を眺めることができます。散策したり色々楽しめます。
(行った時期:2017年6月)

広々とした湖が眼前に広がります。海水と淡水が交わった海沿いの静かな湖で、ゆったりとした気分を味わうのには最適です。
(行った時期:2017年5月)

十三湖

所在地 〒037-0403 青森県五所川原市十三
お問い合わせ 0173-38-1515
「十三湖」の詳細はこちら

仏ヶ浦

白緑色の奇岩が仏のように群立し極楽浄土の観がある。岩の名前も仏に因む。大町桂月の歌碑がある。

\口コミ ピックアップ/
仏ヶ浦は迫力ある自然が広がっているので観光にもオススメです。天気のいい日は海もすんでいてとてもキレイです。
(行った時期:2017年8月)

まさに景勝地です。海のところにあるので、潮風を感じることもでき、気持ちがよかったです。気分転換になりました。
(行った時期:2016年4月)

仏ヶ浦

所在地 〒039-4701 青森県下北郡佐井村
交通アクセス (1)下北交通バスターミナルからバスで120分
船で30分
その他情報 規模 :延長2km
お問い合わせ 0175-38-4515(佐井村役場)
ホームページ http://saikanko.sakura.ne.jp/
「仏ヶ浦」の詳細はこちら

城山公園

戦国時代には本丸を始め、武家屋敷が並んでいた歴史を感じられる小高い丘で、青森県立公園でもあり、春はソメイヨシノや八重桜が咲き、散策して静けさにとけこめます。園内の歴史民俗資料館・温故館では、南部氏にまつわる資料も展示されています。

\口コミ ピックアップ/
城山公園にきました。桜にお城、神社、公園など、ゆっくり過ごせますよ、桜が綺麗でした。いい季節ですね。
(行った時期:2017年4月23日)

城山公園

所在地 〒039-0112 青森県三戸郡三戸町大字梅内字城ノ下
交通アクセス (1)三戸駅からバスで10分
徒歩で20分
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ:○
盲導犬の受け入れ:○
車椅子対応スロープ:○
その他情報 面積 :4ha
お問い合わせ 0179-20-1117
「城山公園」の詳細はこちら

暗門の滝

\口コミ ピックアップ/
ドライブで行きました。自然がいっぱいでとてもストレス解消になります。猛暑の夏に行くと滝のおかげで涼しいのでおすすめです。
(行った時期:2014年8月)

滝までは遊歩道を歩きながら向かいました。散歩しながら森林の中をゆっくり歩いていくと、滝が見えてきて、水しぶきが上がっていてとても涼しく感じられました。迫力もあるので見ごたえありました。
(行った時期:2016年5月)

暗門の滝

所在地 〒036-1400 青森県中津軽郡西目屋村
交通アクセス (1)弘前市から車で70分(県道岩崎西目屋弘前線経由)
駐車場から徒歩で60分(片道60分)
その他情報 規模 :第1の滝落差42m・第2の滝37m・第3の滝26m
お問い合わせ 0172-85-2111
ホームページ http://www.nishimeya.jp/
「暗門の滝」の詳細はこちら

黒滝

高さ11mの雄大な滝で、その迫力はまさに絶景。

\口コミ ピックアップ/
水量が多くて、迫力がある滝です。周囲はとても緑が豊富なので、神秘的な光景でした。マイナスイオンもたっぷりで、とても良い場所でした。
(行った時期:2017年5月)

今の季節は暑かったですが、マイナスイオンがあって街中よりも涼しく感じました。
滝は迫力たっぷりなので良かったです。また行きたい。
(行った時期:2018年7月)

黒滝

所在地  青森県東津軽郡蓬田村
お問い合わせ 0174-27-2111
ホームページ http://www.vill.yomogita.lg.jp/kankou/kankou_2_2.html#taki
「黒滝」の詳細はこちら

みろくの滝

熊原川源流の深い原生林の中にある。幾条もの細い糸を引いて岩肌を滑り落ちるので別名“ソーメンの滝”とも呼ばれます。涼を求めて夏場は多くの観光客で賑わいます。新緑の時期や、紅葉の時期の散策にもお薦めです。

\口コミ ピックアップ/
涼しくて気持ちが良かったです。
マイナスイオンタップリで、良いと思いました。
自然が沢山ありました。
(行った時期:2017年6月)

晴れてる日に行くととても綺麗に見えます!またブナの原生林に囲まれていて幻想的な雰囲気があります。家族で行き、記念に写真撮ると良いと思います。ぜひ一度は訪れてみてください。
(行った時期:2017年8月)

みろくの滝

所在地 〒039-0315 青森県三戸郡田子町夏坂
交通アクセス (1)三戸駅から車で50分
その他情報 規模 :落差30m・幅20m
お問い合わせ 0179-20-7114
「みろくの滝」の詳細はこちら

小川原湖千本桜

面積62.16平方キロ、周囲67.4キロの海水と淡水の入り混じる汽水湖で県内最大の湖、小川原湖。この湖に注ぐ花切川は、全国的なヘラ鮒釣りのメッカで、春には千本もの桜がほとりに沿って咲き乱れる。桜の花が満開となり、桜まつりが始まると、宴会のにぎわいに加え、花切川釣り大会が毎年5月4日に行われ、全国の釣り自慢が竿さばきを競う。

\口コミ ピックアップ/
桜が有名な場所です。ドライブしながらでも楽しめます。ダイナミックな桜が満喫できるのでぜひ皆さんにも桜の時期をオススメします。
(行った時期:2016年4月)

湖沿いに、桜が植えてあり、
ドライブしながらそれを見るのが通勤途中の楽しみでした!!
なかなかいい絵になります♪
(行った時期:2012年4月)

小川原湖千本桜

所在地 〒039-2401 青森県上北郡東北町上野字南谷地
交通アクセス (1)上北町駅から徒歩で20分
その他 植物:サクラ
その他情報 時期 :4月下旬~5月上旬
お問い合わせ 0176-56-4148
「小川原湖千本桜」の詳細はこちら

芦野公園の桜

五所川原市金木町の中心部から北へ約1kmにある自然公園。80万平方mほどの広大な園地には約2,200本の桜と数千本の松があり、特に桜は津軽半島でも屈指のもので毎年4月29~5月6日に行われる金木桜まつりは多くの人出で賑わう。またここ芦野公園は太宰治ゆかりの地で、誕生日である6月19日には太宰治生誕祭が行われる。

\口コミ ピックアップ/
とても美しくて綺麗な桜を見ることが出来ました。心の奥底から深く感動しました。桜を見ていると、とてもリラックスすることが出来ました。
(行った時期:2016年4月)

とても有名な公園です。公園内を電車のレールが敷いてあり、電車も通ります。桜をくぐる電車を見に全国から人が集まります。
(行った時期:2017年2月1日)

芦野公園の桜

所在地 〒037-0202 青森県五所川原市金木町芦野
交通アクセス (1)津軽鉄道芦野公園駅から徒歩で
その他 植物:サクラ
その他情報 時期 :4月下旬~5月上旬
「芦野公園の桜」の詳細はこちら

※この記事は2018年12月時点での情報です
※掲載している情報が実際と異なる場合があります。実際の交通規制標識・表示等に従ってください

ITP47

日本を楽しもう!
47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪