ドライブの休憩にぴったり!福島にある、おすすめの道の駅をご紹介!レンタカーで観光しながら立ち寄ってみては?

漁港内に位置し新鮮な海の幸を堪能できる道の駅から、地元野菜を使ったソフトクリームが評判の道の駅、ドッグランが完備された道の駅(冬季休業)まで…個性豊かな施設がいろいろ!はがき作り体験ができる道の駅も!


記事配信:じゃらんレンタカー

【二本松市】道の駅安達 智恵子の里

上り・下りで特色のある施設も。グルメに体験、ショッピングなど充実の道の駅

上り・下り共に、いつも多くの利用客で賑わっています

「道の駅安達 智恵子の里」は、国道4号線を挟んで上りと下りの施設を設けた道の駅。
詩人・高村光太郎の作品「智恵子抄」に登場する「安達太良山」を駐車場から一望することができます。

地域の情報発信やドライバーが快適に休憩できる施設、24時間開放のトイレなど、道の駅としての機能はもちろん、地元の朝採り野菜を販売する直売所、地元グルメを提供する飲食コーナー、地域の特産品を販売する物産コーナー、コンビニエンスストアを展開。
上りと下りでそれぞれ特色のある施設もあり、地域振興や交流の役割を担っています。

上り線の外観

上り線の道の駅には、千年の伝統を伝える「二本松市和紙伝承館」があります。
約20種類の和紙と約25種類の紙加工品(はがきや色紙など)、上川崎和紙で作られた約120種類の工芸品を揃えています。

和紙は伝承館で地元の製作者がすいたもので、素朴であたたかみがあります。便箋や封筒、和紙ランプまでさまざまな工芸品を購入することができます。

また、短時間でできるものから本格的なものまで体験できるコーナーも。
はがきを作る体験は予約なしでもOK。小さな子どもでも楽しめるカード作りもありますよ。この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

二本松市和紙伝承館

上り線で気軽に楽しめるグルメの注目は、道の駅オリジナルの「納豆バーガー(290円)」。
納豆パテに発酵食品仲間のキムチとチーズをトッピング。肉を一切使用していない、ヘルシーバーガーです。納豆が苦手でも「これはOK」という人もいるようですよ。

納豆バーガーは上り線の物産コーナー、やさい家駅菜都で購入することができます。

他にも、直売コーナー「やさい家駅菜都」内には、二本松市内有名ラーメン店「若武者」の姉妹店「みどり湯食堂」や、ビックリソースかつ丼で有名な「もめん亭」、会津柳津銘産あわまんじゅうの分店「岩井屋」があります。

そして、そばやうどん、丼物などの軽食が食べられる「のぼり食堂」では、二本松の名峰「安達太良山」が見える道の駅ならではの商品も。
「安達太良山の岩石(270円)」も上り線限定の名物商品としてよく売れています。ぜひ食べてみてくださいね!

上り線の「のぼり食堂」は食券購入で気軽に利用できます

安達太良山の岩石(270円)。手軽に味わえるおむすびです

上り線の「やさい家 駅菜都」。毎日新鮮な野菜や果物が並びます

続いて、下り線の道の駅を紹介します。

下り線の外観

下り線だけで楽しめる施設は「二本松ベーカリー」です。
毎日40~50種類の焼き立てのパンがズラリと並び、イートインコーナーでは焼き立てを味わいながらのんびりできます。

一番の売れ筋は、ソフトな生地にバニラビーンズ入りのカスタードホイップがたっぷり入った「幻のクリームパン(1個 155円)」。
広い芝生の休憩スペースもあるので、開放感を感じながらパンを味わうのもおすすめです。

二本松ベーカリー。旬の食材を使った新商品も毎月登場します

下り線のレストランで味わってみたいのが、二本松の郷土料理「ざくざく汁」。
地元産の大根、人参、里芋、しいたけ、ゴボウ、鶏肉、こんにゃくなどが入った料理で、角切りにした野菜を醤油味で煮た汁です。

ざくざく汁をベースにした「ざくざく風カレー」もおいしいですよ。
二本松ならではの味は下り線の「道ナカ食堂」、上り線の「のぼり食堂」でも250円で味わえます。

ざくざく汁はおみやげとしても購入できます。1箱399円

また、上り線・下り線の両方で味わえるおすすめメニューは「コロッキュー定食(500円)」。
甘辛い地元産のキュウリの佃煮を使った、ソースなしでも味わえる逸品。コロッキューは単品1個150円で持ち帰りもできますよ。

コロッキュー定食(500円)。食べごたえのある「コロッキュー」が2個付きます

道の駅安達 智恵子の里(上り)

郵便番号/969-1511
住所/福島県二本松市下川崎字上平33-1
電話番号/0243-61-3100
営業時間/野菜直売・物産 9:00~18:00、和紙伝承館 9:00~17:00、のぼり食堂 7:00~ラストオーダー18:45、もめん亭 11:00~16:00、みどり湯食堂 11:00~19:00(スープがなくなり次第終了)、岩井屋 9:00~17:00、アイス工房・ツースリー 10:00~18:00(12月~2月は17:00まで)
駐車場/上り・下り合計 大型:74台、普通車:247台、身障者用:10台
料金/無料
定休日/無休(各店舗により異なる)
「道の駅安達 智恵子の里(上り)」の詳細はこちら

道の駅安達 智恵子の里(下り)

郵便番号/969-1402
住所/福島県二本松市米沢字下川原田105-2
電話番号/0243-24-9200
営業時間/野菜産直・物産 8:30~19:00(12月~2月は18:00まで)、道ナカ食堂 7:00~19:00(12月~2月は18:00まで)、二本松ベーカリー 8:00~19:00(12月~2月は18:00まで)、花咲喫茶 10:00~18:00
駐車場/上り・下り合計 大型:74台、普通車:247台、身体障がい者用:10台
料金/無料
定休日/無休(各店舗により異なる)
「道の駅安達 智恵子の里(下り)」の詳細はこちら

【いわき市】道の駅 よつくら港

漁港内の立地を活かした魚介グルメを堪能。海の絶景に癒やされる道の駅

夏は海水浴場を楽しみがてら、「道の駅 よつくら港」に立ち寄るのもいいですね

いわき市四倉町の国道6号線に面した、四倉漁港内にある「道の駅 よつくら港」。
穏やかな太平洋の絶景を一望できるロケーション抜群のスポットで、すぐ横には四倉海岸、建物裏にはふれあい広場もあり、潮風を感じながらのんびり過ごすことができます。

道の駅は2階建てで、1階には直売コーナーや「大川魚店」があり、お買い物が楽しめます。
2階は自慢の眺望を活かしたオーシャンビューのフードコート。
「魚処 和」、「生そば 松の月」、「釜めし亭 心」、「ラーメン 喜一」の4店が入っており、寿司職人が握るお寿司や炊きたての釜飯、そば、ラーメンなど豊富なメニューが味わえます。

どのお店も地元の特色あるメニューばかりで、何を食べるか目移りしそう

窓の向こうには海が広がります

フードコートにはテラス席も。絶景を眺めながら味わう地元グルメは格別

四倉漁港内という立地ならではのメニューに注目を。
「大漁にぎり寿司(15貫・1,200円)」は、寿司職人が握る本格寿司。新鮮な海の幸を使ったボリュームたっぷりのお寿司が、こんなにリーズナブルに味わえるのは嬉しいですね!

大漁にぎり寿司(1,200円)。ネタは季節によって旬の魚を使います

また、「うに釜めし(1,000円)」は、ウニがたっぷり乗ったビジュアルだけでも思わず感動してしまう逸品。
いわきの郷土料理「うにの貝焼き」を丸ごと1個のせ、生米から炊き上げる本格釜めし。ほくほくのウニとご飯のハーモニーが口の中に広がりますよ。

うに釜めし(1,000円)。思わず写真におさめたくなるほどおいしそう!

道の駅の海側は芝生の「ふれあい広場」になっていて、ヤシの木や美しい緑、青い海と空とのコントラストが美しい景色が広がります。
ドライブで疲れた体をリフレッシュするには絶好のスポット。海を眺めながらのんびり散策するのもいいですね。

ヤシの木と海の景色がリゾートムードを演出

道の駅 よつくら港

郵便番号/979-0201
住所/福島県いわき市四倉町5-218-1
電話番号/0246-32-8075
営業時間/1階 農産物直売所 9:00~18:00(11月~2月は17:00まで)、2階 フードコート 10:00~18:00 ※ラストオーダー17:30(11月~2月は17:00 ※ラストオーダー16:30まで)、チャイルドハウス「ふくまる」 10:00~16:00
駐車場/大型:15台、普通車:62台、身体障がい者用:2台
料金/無料
定休日/情報館:無休、交流館:毎週火曜日・1月1日、チャイルドハウス「ふくまる」:毎月第3火曜日・12月30日~1月3日
「道の駅 よつくら港」の詳細はこちら

【耶麻郡猪苗代町】道の駅 猪苗代

福島のブランド豚を使った大ボリュームのソースかつ丼を堪能!絶景自慢の道の駅

雄大な磐梯山の景色がお出迎え

「道の駅 猪苗代」は、北に磐梯山、南に猪苗代湖を望む風光明媚な道の駅。磐越自動車道猪苗代磐梯高原インターチェンジ出口のすぐ目の前とアクセスも抜群。
ダークトーンでまとめられた建物が美しい風景を損なわず、周囲の山々などの自然に溶け込んでいます。

道の駅内には猪苗代の農産物や加工品、おみやげ、伝統工芸品など、猪苗代を意識して取り揃えた品々がズラリと並びます。
年間8万個超を販売するヒット商品「納豆パン(216円)」のほか、猪苗代産のアスパラガス、ブルーベリーなどを使ったお菓子も。

工芸品コーナーでは、猪苗代独自の伝統的な縞模様「猪苗代縞」を取り入れた赤べこ「猪苗代縞ベコ」が売れ筋で、職人の絵付けが間に合わないほど!
出会うことができたら、ぜひ連れて帰って厄除けのお守りとして大事にしてくださいね。

また、猪苗代産の食材を使ったメニューが味わえるレストランや軽食コーナーもあります。
なかでもおすすめなのが、「麓山高原豚ソースかつ丼(1,080円)」。
福島のブランド豚「麓山高原豚」を、会津名物ソースかつ丼として提供。町内の精肉店から毎日仕入れる新鮮な豚肉が美味しいと評判です。

麓山高原豚ソースかつ丼(1,080円)。レストランで提供しています

また、軽食コーナーでは「喜一ラーメン(540円)」もよく売れているそう。
喜多方ラーメンの有名店「喜一」の指導を受けて作られた特製麺と、「喜一」のスープを使用。透き通ったスープとやわらかいチャーシュー、コリコリのメンマが特徴。味は醤油・塩があります。
本場の味を手軽に味わえるのは嬉しいですね。

また、道の駅といえばご当地ソフトクリームも見逃せません。猪苗代の酪農家の牛乳を使った「猪苗代の牛乳ソフト(300円)」を、ぜひ味わってみて。
猪苗代ブルーベリーソフトもありますよ。

喜一ラーメン(540円)は麺がなくなり次第終了となります ※写真は塩

道の駅 猪苗代

郵便番号/969-3132
住所/福島県耶麻郡猪苗代町大字堅田字五百苅1番地
電話番号/0242-36-7676
営業時間/物販施設 9:00~18:00、軽食 9:00~ラストオーダー17:30、レストラン 11:00~16:00(平日ランチ 11:00~14:00、カフェタイム 14:00~ラストオーダー15:30、休日ランチ 11:00~ラストオーダー15:30 ※カフェタイムはなし)
駐車場/大型:16台、普通車:164台、身体障がい者用:2台
料金/無料
定休日/無休
「道の駅 猪苗代」の詳細はこちら

【福島市】道の駅つちゆ つちゆロードパーク

「おやき」や記念コロッケ、贅沢ソフトなどグルメがいっぱい!温泉ドライブで立ち寄りたい道の駅

高原のさわやかな空気と豊かな自然に包まれる道の駅

吾妻山と安達太良山から流れる荒川沿いの渓谷に湧く、千数百年の歴史ある土湯温泉。
その温泉郷の入口にある、標高約800mの素晴らしい眺望が楽しめる高原に「道の駅つちゆ つちゆロードパーク」があります。

道の駅には「きぼっこの森」が隣接し、四季折々の山野草を楽しみ、自然を身近に感じることができます。早春は水芭蕉、春は山さくら、夏はやまゆり、秋はモミジなど、季節の美しい景色が広がります。施設内には木道が整備されているので、森林浴をしながら散策もできますよ。

道の駅には地元産の食材を活かしたグルメが満載!ドライブの途中に立ち寄って気軽に楽しめるメニューをご紹介します。

「峠のおやき たべらんしょ」は、福島県産伊達鶏を使用したオリジナルの「おやき」です。
伊達鶏と国産野菜を甘じょっぱく煮込んだ具とモチモチの生地がベストマッチした、食べごたえがある一品です。
白河豚とピーマンなどの国産野菜を、チンジャオロースー風に味付けした「おやき」もあります。

峠のおやき たべらんしょ(1個280円、2個500円)

また、土湯温泉のキュートなキャラクター「きぼっこちゃん」をプリントした、思わず写真に撮りたくなる「まんまるコロッケ きぼっこちゃん」も。

福島県第1号である道の駅の開設25週年を記念して作った自慢の商品。鶏そぼろと野菜を入れてしっかり味付けをしているので、ソースがなくてもおいしく味わえます。きぼっこちゃんの絵柄もいろいろあるので楽しいですね。

まんまるコロッケ きぼっこちゃん(1個200円)

甘いものが食べたくなったら「つちゆソフト」はいかが?
道の駅オリジナルのソフトクリームを贅沢に3種類「全部のせ」した欲張りソフト!高原ミルク、山ぶどう、熊笹の3つの味で、どの味も食べてみたいという声に応えて生まれました。
食べごたえがあるのに400円とリーズナブルなのもうれしいですね。

つちゆソフト(400円)。家族でシェアして食べてみても

他にもおみやげとして、「こんにゃく工房 金蒟館のちぎりこんにゃく(1本150円)」もおすすめ。
土湯温泉街にあるお店で作っている手作りこんにゃくは、しょうゆ味と田楽味噌味の2種類で、串に刺さっているのでその場で味わえますよ。おみやげ用に袋入り(540円)も購入できます。

道の駅には食堂コーナーもあり、地元の野菜や山菜、こんにゃくなどを使ったメニューが揃います。
オリジナルの定食やうどん、そば、丼物など、高原の眺めを楽しみながら気軽に食べることができます。
テラス席もあるので、春から秋は外のおいしい空気を吸いながら味わうのもまた格別です。

食堂のテラス席。自然に包まれて地元グルメに舌鼓

道の駅には土湯温泉のキャラクター「きぼっこちゃん」が登場することもあります

「道の駅つちゆ つちゆロードパーク」の周囲には、土湯温泉をはじめ、土湯峠温泉、岳温泉、横向温泉など複数の温泉が点在しています。
温泉めぐりの拠点としても便利なスポットにあるので、温泉ドライブを楽しむ際はぜひ立ち寄ってくださいね。

道の駅つちゆ つちゆロードパーク

郵便番号/960-1243
住所/福島県福島市松川町水原字南沢41-2
電話番号/0243-24-2148
営業時間/9:00~18:00(4月~11月)、9:00~18:00(4月~11月)
駐車場/大型:8台、普通車:56台、身体障がい者用:2台
料金/無料
定休日/無休
「道の駅つちゆ つちゆロードパーク」の詳細はこちら

【南会津郡南会津町】道の駅 会津西街道たじま

南会津産のトマトとアスパラガスの特産加工品に注目!ベジソフトクリームは必食です

季節の景色を楽しむことができる、自然あふれる道の駅

「道の駅 会津西街道たじま」は、福島県と栃木県の県境、会津若松と日光を結ぶ国道121号沿いにあります。
南会津町の南玄関となる山王峠の頂上付近に位置し、大自然に包まれた奥会津観光の拠点としての役割を担っています。

館内には観光案内所や無料の休憩スペースを備えているほか、地元産の食材を使った食品・飲料、伝統工芸品など農産・特産物を取り扱うコーナーもあります。
春は山菜、夏はアスパラやトマト、秋はきのこやリンゴ、紅葉、冬は雪景色と四季折々の名産や景色を楽しめますよ。

たくさんのおみやげの中でも道の駅限定の商品に注目を。
「キーマカレー(540円)」は、南会津町の特産品であるトマトを使用。トマトの酸味を活かしたサッパリとした味わいがおいしいと評判ですよ。

キーマカレー(540円)

また、「南会津カレー焼きそば(1,080円)」もおすすめ。会津のB級グルメとして知られるカレー焼きそばと、南会津町のトマトが出会ったコラボ商品。
ここでしか購入できない商品なので見逃せないですね!

南会津カレー焼きそば(1,080円)

また、道の駅といえばソフトクリーム。こちらにも、趣向をこらしたオリジナルの商品がありますよ。
南会津町の特産品「南郷トマトジュース」を使ったトマトソフトクリームと、南会津町特産のアスパラガスを粉末状にして作ったアスパラソフトクリームを同時に楽しめるソフトクリーム「ベジタブルミックス(300円)」は、他にはないような独特の逸品。
どんな味がするのか、ぜひ食べてみてくださいね!

ソフトクリーム ベジタブルミックス(300円)。軽食コーナーで販売

南会津町の特産品がいっぱい。ここだけにしかないおいしいものを探そう

春は花々、夏は豊かな緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の表情も楽しめる「道の駅 会津西街道たじま」。とくに、目の前にある貝鳴山の紅葉は見事ですよ。

この山には一定の条件を満たしたときにだけ出現する「幻の滝」が存在します。そのために、悪天候の日でも来る価値があるとのこと。素敵な景色に出会いに、ぜひ訪れてみてください。

道の駅 会津西街道たじま

郵便番号/967-0014
住所/福島県南会津郡南会津町糸沢字男鹿沼原3242-6
電話番号/0241-66-3333
営業時間/物産館 7:00~19:00(冬期は18:00まで)、テント販売 8:00~17:00(営業期間 4月~11月)、軽食販売 9:00~16:00(営業期間 4月~11月)
駐車場/大型:10台、普通車:40台、身体障がい者用:3台
料金/無料
定休日/無休
「道の駅 会津西街道たじま」の詳細はこちら

【伊達郡国見町】道の駅国見 あつかしの郷

特産の桃を使ったおみやげに注目!グルメ、子ども向け広場、宿泊と充実の施設

2017年オープン。福島県初の宿泊型道の駅です

「道の駅国見 あつかしの郷」は、伊達郡国見町の国道4号沿いにある道の駅。
2017年オープンと道の駅の中でも新しく、福島県内で初めて登場した宿泊型のスポットでもあります。

こちらの道の駅では、出荷量全国トップクラスの桃に注目。桃の価格・品質・品揃えにこだわっており、桃を活かした商品も多彩に揃います。
ここでしか購入できないおすすめのオリジナル商品をいくつかご紹介します。

「もも大福(180円)」は、ゴロッと大きく角切りにした桃をクリームと餡で包んだ大福です。
桃とクリーム、餡の甘いハーモニーを味わってくださいね。

「桃のチョコクッキー(20個入り・1,080円)」は、地元産のあかつき桃の果汁を使用したクッキー。ふわりと香る桃がさわやか。1箱にたっぷり入っているので、職場などへのおみやげとしてもぴったりです。

「もも湯の日(1袋・216円、1箱[10袋入り]・2,000円)」は入浴剤。
こちらも地元産あかつき桃の果汁を使っており、スイートな桃の香りに包まれて、贅沢なバスタイムを楽しめます。

直売所では新鮮な地元の野菜や果物のほか、銘菓、おみやげ品が揃います

「もも大福」は、桃そのものの味を楽しめます

「桃のチョコクッキー」は、どこで購入したかひと目でわかるパッケージも好評

もったいなくて特別な日に使いたくなる入浴剤「もも湯の日」

「道の駅国見 あつかしの郷」には、レストランやファストフード店も充実。
地元産の野菜を主役にした、惣菜ビュッフェが味わえる「桃花亭」は、国見のお母さんの食の知恵を活かし、若い料理人によって丁寧に作られるメニューが並びます。

ほかにも、手作りスイーツなどが食べられるカフェテリア「ももたんカフェ」、ご当地グルメの国見バーガーとジェラートを提供する「国見バーガー&ジェラテリア」もあります。

桃花亭の惣菜ビュッフェ。60分食べ放題(中学生以上:1,180円、3才~小学生:640円)

また、ファミリーで訪れた時は、木の温もりあふれる子ども達の遊び場「こども木育広場」もおすすめ。やさしい手ざわりの木のおもちゃや遊具でのびのびと遊ぶことができますよ。
屋内なのでお天気を気にしなくていいのもうれしいですね。

こども木育広場。無料で遊ぶことができます

道の駅国見 あつかしの郷

郵便番号/969-1761
住所/福島県伊達郡国見町大字藤田字日渡二18-1
電話番号/024-585-2132
営業時間/桃花亭 11:00~ラストオーダー14:30、ももたんカフェ 10:00~ラストオーダー16:30、国見バーガー&ジェラテリア 9:00~ラストオーダー17:00、くにみ市場 9:00~17:30、こども木育広場 9:00~12:00・13:00~16:30
駐車場/大型:38台、普通車:138台、身体障がい者用:4台
料金/無料
定休日/年2回メンテナンス休業あり
「道の駅国見 あつかしの郷」の詳細はこちら

【河沼郡湯川村】道の駅 あいづ 湯川・会津坂下

会津盆地の「へそ」にある道の駅。農家コラボのオリジナルアップルパイに注目

木のぬくもりあふれる建物。レストランから会津磐梯山のロケーションも満喫できます

「古事記」によると、四道将軍大毘古命と建沼河別命という親子がこの地で合流したことに由来して名付けられた地名「会津」。
「道の駅 あいづ 湯川・会津坂下」は、会津盆地の真ん中「あいづのへそ」に位置し、湯川村と会津坂下町という2つの村と町で共同整備された、全国で唯一の道の駅です。

「人と人が出会う場所」をコンセプトに、地元の農産物やお土産、自慢のグルメを通してさまざまな人が出会い、触れ合う場所になるように…との願いが込められています。
また、会津観光の拠点として、観光情報の発信も行っています。

農産物マーケットでは、会津盆地の農家が愛情を込めて育てた新鮮な野菜と果物を販売しています。
太陽・土・水・空気…会津の自然を活かした有機農法で作ったおいしい農産物がズラリ。
福島県産のうちのおよそ9割が会津で作られているというアスパラガスのほか、盆地の寒暖の差で甘みと酸味がバランスよく仕上がるトマト、会津のお米、品種もさまざまなリンゴなど、バラエティ豊かに揃っています。

農産物マーケット。木箱に揃えられた野菜や果物は、どれもおいしそう

農産物加工品や地元のお菓子、醤油なども揃います

「あいづ物産館」では、湯川村と会津坂下町の物産をメインに、会津地域のお土産を各種取り揃えています。
会津の伝統を受け継ぐ「会津本郷焼」や「会津塗」の器、会津木綿、赤べこなどの会津らしい民芸品など多彩。
何代にもわたって伝承されている会津の麹や、会津坂下ならではの馬刺し、会津産フルーツをふんだんに使ったジャムなどの食品も豊富です。

なかでもイチオシの商品は会津坂下町産のリンゴを使った「あっぷるパイ(1個160円、4個入り600円)」。
会津坂下町の農家と道の駅がコラボしたオリジナルの商品で、中身は甘酸っぱいリンゴ餡がたっぷり詰まり、パイの上にはリンゴ煮を乗せ、口の中いっぱいにリンゴの甘酸っぱさが広がります。

地元のリンゴを100%使用した「あっぷるパイ」

旬の野菜をふんだんに使った農家レストラン「くうべぇる」も、多くの利用客で賑わいます。
フレンチのシェフが地元素材にこだわって作るメニューの数々が大好評。

特製ソースでことこと煮込んだ「くうべぇるのビーフシチュー(1,350円・冬季限定)」といった季節のメニューや、通年食べられる定番の「会津坂下産本格手打ちそば(900円)」、「ソースかつ丼(850円)」など子どもから大人まで楽しめるメニューが満載です。
大きなガラス窓から一望する磐梯山の景色を見ながら、おいしいひと時を満喫しましょう。

道の駅 あいづ 湯川・会津坂下

郵便番号/969-3555
住所/福島県河沼郡湯川村大字佐野目字五丁ノ目78-1
電話番号/0241-27-8853
営業時間/9:00~19:00(冬期は18:00まで)、農家レストラン「くうべぇる」11:00~ラストオーダー16:00 ※施設により異なる
駐車場/大型:11台、普通車:100台、身体障がい者用:3台
定休日/2月の第3水曜日
「道の駅 あいづ 湯川・会津坂下」の詳細はこちら

【耶麻郡磐梯町】道の駅ばんだい 徳一の里きらり

磐梯山を眺めながら、山と同じ形のコロッケを食べよう!愛犬家に嬉しいドッグランも整備

屋内外から雄大な磐梯山の景色を堪能できる道の駅です

「道の駅ばんだい 徳一の里きらり」は、磐越自動車道磐梯河東インターチェンジから車ですぐ、県道7号猪苗代塩川線沿いにある道の駅です。
青空や周囲の自然と調和する、雄大な磐梯山を背景に建つ木目調の建物が目印です。

1棟におみやげコーナーやレストラン、無料休憩ラウンジ、農産直売所、コンビニエンスストアなどが入っていてとても便利。
天井の高い広々としたエントランスには多数のベンチが並ぶほか、きれいで広い多目的トイレも備えており、ちょっとした休憩でも心地よく過ごせる施設となっています。

おみやげコーナーは8:00~20:00(冬季は19:00まで)と営業時間が長いので、めいっぱい遊んだ帰りにおみやげを買いに立ち寄れるのも大きなポイント。
お菓子や民芸品、焼き物などバラエティ豊かな会津のおみやげを取り揃えています。

各地の海産物が集合するコーナーも、大間のマグロやむつのホタテ、昆布、アジの干物、海産加工品など多彩。
地元で採れた新鮮な野菜・果物・米などを販売する「ふるさと新鮮農場」も多くの人で賑わいますよ。

会津の銘菓などおみやげにぴったりの商品がズラリと並びます

こちらの道の駅に来たらぜひ食べてほしいのが、「磐梯山ころっけ(150円)」。磐梯町産のほうれん草をたっぷり使って手作り味噌で味付けした、ソースがいらないコロッケです。
会津磐梯山をモチーフにした形は、1個ずつ手作業で作られたもの。「磐梯山ころっけ」を持って、磐梯山を背に写真を撮るのもおもしろいですね!

磐梯山ころっけ(150円)。1つずつ丁寧に手作りしています

道の駅内には、ガラス張りの開放的な店内で、地元の厳選食材を使ったメニューが味わえる「お食事処 会津嶺(あいづね)」もあります。
軽食コーナーでは、磐梯町産有機玄そばを手作業で丹念に練り込んだ「そばソフトクリーム」も。
どんな味がするか、一度は食べてみたいですね。

また、愛犬連れのドライブに嬉しいドッグランも整備されています(冬季はお休み)。足洗いスペースもあるので、さわやかな自然の中で愛犬と思いきり走り回ることができますよ。

道の駅ばんだい 徳一の里きらり

郵便番号/969-3301
住所/福島県耶麻郡磐梯町大字磐梯字十王堂38
電話番号/0242-74-1091
営業時間/お土産・海産物コーナー 夏季8:00~20:00・冬季8:00~19:00、ふるさと新鮮農場 夏季9:30~18:00・冬季9:30~17:00、軽食コーナー 9:30~17:00、レストラン 11:00~18:00、ドッグラン 8:30~17:00
駐車場/大型:9台、普通車82台、身体障がい者用:2台
料金/無料
定休日/無休
「道の駅ばんだい 徳一の里きらり」の詳細はこちら

※この記事は2019年1月時点での情報です
※掲載の価格は全て税込価格です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※掲載している情報が実際と異なる場合があります。実際の交通規制標識・表示等に従ってください

ライター紹介
この記事を書いた人
ITP47

日本を楽しもう!
47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪