ライター紹介この記事を書いた人

ドライブの休憩にぴったり!山梨県にある、おすすめの道の駅をご紹介!レンタカーで観光しながら立ち寄ってみては?

富士山がきれいにみえる道の駅や、地元産ブランド豚グルメを楽しめる道の駅、アクティビティが豊富で大人も子どもも一日中楽しめる道の駅など、個性豊かなスポットがそろいます!

記事配信:じゃらんレンタカー

【南都留郡鳴沢村】道の駅なるさわ

富士山がきれいにみえる道の駅。富士桜ソフトクリームや名水も

秀峰富士を南に望む「道の駅 なるさわ」

「道の駅 なるさわ」は、富士山麓をおよそ三分の一周する富士パノラマライン(国道139号線)沿いの道の駅です。
鳴沢村は「富士山にある村」。村の全域が富士箱根伊豆国立公園に指定されており、天然記念物として名高い「鳴沢氷穴」もこの道の駅のすぐ近くにあります。

「道の駅 なるさわ」のイチオシは、やはり眺望。また、敷地内にある「なるさわ富士博物館」では、CGを駆使した映像や巨大模型など、子どもから大人まで楽しめる展示内容で富士山について学ぶこともできます。

一周約1.5kmの自然探索路(入場料100円)にも足を運びたいところ。活火山・富士山から流出した溶岩によって作られた溶岩樹型を見ながら歩くと、道中の展望台からは雄大な富士山北面を望むことができます。
また4月下旬になると群生したミツバツツジが一斉に紫色の花をつけます。

散策を終えたら、「富士桜ソフトクリーム(350円)」をどうぞ!富士山麓に自生するフジザクラから住民が採取したサクラの実で作られた「ふじざくらシロップ」を使ったソフトクリームで、ほのかなピンク色とさくらんぼのようなさわやかな味が好評のようです。

「富士桜ソフトクリーム」。ほのかな桜色に染まるクリームが美しい

富士山の伏流水を地下約300mから汲み上げた「不尽の名水」は、自由に汲むことができます。ペットボトルや瓶に詰めて帰る人で行列ができることも。

■周辺の観光情報

「道の駅 なるさわ」は、富士五湖のひとつ西湖近くにあります。
北側の「紅葉台」からは富士山と青木が原を一望する、360度の大パノラマが堪能できます!さらに青木が原方面に足を伸ばせば、鳴沢氷穴や富岳洞穴、竜宮洞穴など、近年パワースポットとして注目を浴びる洞穴群があります。

道の駅なるさわ

郵便番号/401-0320
住所/山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532番地63
電話番号/0555-85-3900
営業時間/休憩室・インフォメーションコーナー8:30~17:00
物産館9:00~18:00(時季により変動あり)
駐車場/普通車193台、大型車17台、二輪車15台、身体障害者用6台
料金/無料
定休日/年中無休
「道の駅なるさわ」の詳細はこちら

【南都留郡道志村】道の駅 どうし

新鮮なクレソンや、地元産ブランド豚「道志ポーク」のグルメが楽しめる!山深い街道沿いの道の駅

「道志みち」の道しるべ、「道の駅 どうし」

山中湖から丹沢山の北を通って神奈川県相模原市に至る道を、「道志みち」といいます。
「道の駅 どうし」は、道志みちを行き交うドライバーの休憩スポットとして、また道志村の情報発信拠点として活用されている道の駅。観光、特産品、イベントなどの情報に気軽にゲットできます。

特産品直売所では、道志川の源となる沢の水を利用して栽培されたクレソンが販売されています。
新鮮なクレソンに加え、クレソンを使ったケーキやうどん・そば、クレソン入り調理味噌などの加工品も並びます。

村の名産クレソン関連商品をはじめとした商品が並ぶ、特産品直売所

道志村産のブランド豚「道志ポーク」の商品も!道志村の生産者は、肉質への強いこだわりを実現するために飼料の改良から取り組み、豚特有の匂いを和らげて脂身にあっさり感を出す、独特の風味を実現しました。

道の駅内のレストラン「手づくりキッチン」で味わえる「道志ポークカレー(750円)」は、道志ポークの旨みを引き出したちょっぴりスパイシーな一品なので、ぜひ味わってみてください。

さわやかな辛さが特徴の「道志ポークカレー」

「豆乳ソフト(320円)」もおすすめ。自社加工場で挽いた新鮮な豆乳を使った、甘さ控えめでヘルシーなソフトクリームです。

■周辺の観光情報

「道の駅 どうし」の近郊は、「道志の森キャンプ場」「花の森オートキャンピア」「山伏オートキャンプ場」「スカイバレーキャンプ場」「道志渓谷キャンプ場」などなど、数多くのキャンプ場がある「キャンプの聖地」。首都圏からも比較的近く、また道志川の清流という大きなメリットがあるため、上級者からファミリーまで多くのキャンパーが訪れます。
初心者やファミリーなら便利なバンガロー、ベテランキャンパーならフリーサイトでお好みのテント設営と、スキルに応じた楽しみ方ができるのも特徴です。

道の駅 どうし

郵便番号/402-0219
住所/山梨県南都留郡道志村9745
電話番号/0554-52-1811
営業時間/9:00~18:00(夏季19:00まで、冬季17:00まで)
駐車場/普通車100台、大型車5台、身体障害者用3台
料金/無料
定休日/年末年始(詳しくはお問い合わせください)
「道の駅 どうし」の詳細はこちら

【北都留郡小菅村】道の駅 こすげ

清流が育てたグルメ、フォレストアドベンチャー、温泉で1日中楽しめる!

2015年に開業した「道の駅 こすげ」

多摩川の上流をたどると、山梨県小菅(こすげ)村に至ります。「道の駅 こすげ」では、「多摩川源流の村」小菅村が持つ清流と深山の魅力を存分に楽しめます。

「物産館」では、清流が育てた特産品がいっぱい!
きれいな川の流れが育んだ各種の「わさび漬け(380円)」は、古くから小菅村で食べられてきた伝統のお漬物。香りと辛さが絶妙にマッチし、ついついとまらなくなる逸品です。

バリエーション豊かな「手づくりこんにゃく(170円~)」も、小菅村で昔から手づくりされてきたもの。刺身こんにゃくにしても、煮炊きしてもおいしいものです。

他にも、清流に住むヤマメを加工した「山女魚のアンチョビ」に、「多摩川源流」のブランドを生かした「多摩川源流水」などの飲料、美容・健康関連製品まで。

小腹が空いたら小菅村名物「チャーちゃんまんじゅう(130円)」がおすすめ!手作りにこだわったあんこ、ネギみそ、よもぎ、高菜など生地も餡も種類は豊富です。

「源流レストラン」では、本格的な石窯で焼き上げたピッツァを堪能できます。小菅村産のトマトやフレッシュバジル、伝統品種の富士種ジャガイモや山女魚のアンチョビをトッピングした香ばしいピッツァや本格的なパスタをどうぞ。

さらに敷地内には、アウトドアアクティビティを楽しめる「フォレストアドベンチャー・こすげ」や温浴施設「小菅の湯」もあり、大人も子どもも一日中楽しめます。

■周辺の観光情報

小菅村といえば、実は釣りの名所としても知られています。小菅川は全国でもいち早くヤマメの養殖に成功したことで知られ、地元で育ったヤマメをフィッシング用に放流しているため、自然に近い状態でのフィッシングを楽しむことができます。
小菅川は流域によって可能な釣りが指定されており、「キャッチ&リリース区間」で餌釣りをすると罰金の対象になります。体長15cm以下のマス類は必ず再放流するなど他にも規則がありますから要確認。ルールを守ってフィッシングを楽しみましょう。

道の駅 こすげ

郵便番号/409-0211
住所/山梨県北都留郡小菅村3445番地
電話番号/0428-87-0765
営業時間/【4~11月】物産館・ふれあい館・テイクアウト9:00~18:00レストラン11:00~17:00(土日祝は18:00まで)
【12~3月】物産館・ふれあい館10:00~17:00 レストラン11:00~16:00(土日祝は17:00まで)・テイクアウト10:00~17:00
フォレストアドベンチャー・こすげ 受付時間9:00~17:00
温浴施設「小菅の湯」【4月~10月】10:00~19:00【11月~3月】10:00~18:00
駐車場/普通車93台、大型車4台、身体障害者用4台
料金/無料、フォレストアドベンチャー・こすげ:料金 大人3,600円、子供2,600円、温浴施設「小菅の湯」大人3時間620円~・子供310円~
定休日/年中無休 レストランは水曜日定休、フォレストアドベンチャー・こすげ:毎週水、木曜日(12月~2月は休業)、温浴施設「小菅の湯」:毎週金曜日(8月・11月は第4金曜日のみ休館)
「道の駅 こすげ」の詳細はこちら

【富士吉田市】道の駅 富士吉田

富士山・富士五湖を観光するなら立ち寄りたい!無料で汲める天然水に、吉田うどん、お土産まで

富士の麓にある道の駅。好アクセスが特徴

「道の駅 富士吉田」は、富士山の北東に位置する富士吉田市にあります。
この道の駅の特徴は、まずは「富士山天然水」!「富士山の恵み」ともいえる天然水は、無料で汲むことができます。空のペットボトルも販売されているので、手ぶらで訪れても大丈夫。

周辺ではトップクラスの品揃えを誇る物産館もあります。
定番のおみやげから道の駅オリジナル商品、さらには季節ごとに出品される地元野菜も好評とのこと。

また、農林水産省選定の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた「吉田のうどん」を食べられる軽食コーナーもあります。「吉田のうどん」は力強く練られた腰のあるうどんを味噌・しょうゆベースのつゆに合わせ、キャベツと馬肉などの具で食べる伝統の一品。

富士吉田市では、「道の駅 富士吉田」を含め50軒のうどん店が「吉田のうどん」を提供しています。全店制覇して道の駅に申請すると、「吉田のうどんマイスター」に認定されます。2018年10月末現在144人が達成しているとか!

敷地内には、かつて日本の気象観測を支えた「富士山レーダー(1999年に運用終了)」を移設した「富士山レーダードーム館」があります。
同館では、標高3,776mの富士山頂に気象観測レーダーを建設するにあたっての苦労や気象観測の意義を、体験を通じて学習することができます。

富士山型のシフォンケーキ「ふじフォン(864円)」。写真映え間違いなし!

山梨県産シャインマスカット果汁をふんだんに使った「シャインマスカットゼリー(999円)」

国道138号線沿い、東富士五湖道路の山中湖ICと富士吉田IC・中央自動車道の河口湖ICのほぼ中間にあり、どちらからも好アクセスの道の駅となります。

■周辺の観光情報

「道の駅 富士吉田」から東、忍野村・忍野温泉方面に足を伸ばしてみてはどうでしょうか。
忍野一帯はかつて富士五湖のような大きな湖でしたが、長い年月を経て水は涸れて平地になりました。しかし、富士山の伏流水が湧き出す水源が残り、「忍野八海」と呼ばれる8つの湧水池になりました。
忍野村は、少し地面を掘れば湧き水が溢れるといわれ、専用の井戸を持っている家庭も少なくないとのこと。
忍野村のウェブサイトから「忍野八海巡礼ガイド」がダウンロードできるので、ぜひお出かけください。

道の駅 富士吉田

郵便番号/403-0006
住所/山梨県富士吉田市新屋1936-6
電話番号/0555-21-1225
営業時間/観光案内所・物産館9:00~19:00(4~6、10・11月)、8:30~19:00(7~9月)、9:00~18:00(12~3月)
軽食コーナー10:00~17:00(7~9月は9:00~18:00)
駐車場/普通車218台、大型車10台、身体障害者用6台
料金/無料
定休日/年中無休
「道の駅 富士吉田」の詳細はこちら

【中央市】道の駅 とよとみ

自慢のスイートコーン・ハム・ソーセージなど、こだわりグルメを味わおう

駐車場からは、富士の外輪山を一望

山梨県は甲府盆地を中心に多くの高山に囲まれた地形で、果樹や野菜栽培など農業が盛ん。
その農産物や畜産物を堪能できるのが、「道の駅 とよとみ」です!
山梨県を代表する笛吹川に沿って走る国道140号線(笛吹ライン)沿いにある、緑色のドーム屋根が目印です。

農産物直売所では、バリエーション豊かに野菜を販売。全国有数の生産量を誇るトマト、モモやブドウなどの果物に加え、やはり一押しは「スイートコーン(時価)」。土作りからこだわった一品で、噛むほどに口の中に甘みが広がります。

輝くような黄色が目を引くスイートコーン

農畜産物加工施設「与一味工房」では、豊富地区の畜産農家が丹精こめて育てた豚肉を加工して「とよとみハム・ソーセージ・ベーコン」を作っています。一味違う手作りの味をお楽しみください。また、「ハムの手作り体験」(有料)も行っています。
その他、手作りの味噌や漬物も生産しています。自然の持ち味を生かした伝統の味です。

生産者自慢のスイートコーンを丁寧に茹であげた「とよとみコーン(期間限定)」は、お土産におすすめです。

休憩するなら、かつて地域の特産だった「絹糸」から店名をとった「ふるさとカフェシルク」でどうぞ。市内の農産物を生かしたオリジナルメニューを提供しています。

■周辺の観光情報

かつて養蚕が主要産業だった、中央市豊富地区。「道の駅 とよとみ」から南下すると、繭玉を使った手芸やシルクの機織などを体験できる「中央市シルク工芸館ふれあい館」があります。
併設されている「豊富郷土資料館」では、当時の生活文化や養蚕・シルク技術の進歩などを学ぶこともできます。

道の駅とよとみ

郵便番号/400-1514
住所/山梨県中央市浅利1010-1
電話番号/055-269-3424
営業時間/9:00~18:00
駐車場/普通車73台、大型車8台、身体障害者用2台
料金/無料
定休日/毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日休)、12月31日~1月1日(変更あり)
「道の駅とよとみ」の詳細はこちら

【北杜市】道の駅こぶちさわ

2019年春リニューアルオープン!八ヶ岳の卵を使ったスイートポテトはお土産におすすめ

リニューアル後の「道の駅 こぶちさわ」。より利便性の高い道の駅に生まれ変わる

「道の駅 こぶちさわ」は、隣接する宿泊交流施設「スパティオ小淵沢」、体験実習館「スパティオ体験工房」とともに、「食と健康」をテーマとした総合施設です。
リニューアルを計画中で、2019年4月には、ひとつの建物内に農産物直売所・蕎麦店・パン店・ジャム工房・レストランなどが入る、一体型の施設として生まれ変わります。

2018年12月現在、道の駅には観光案内所、ジャム工房、パン店があります。農産物直売所では、新鮮な高原野菜を販売しています。
お土産としては、「八ヶ岳ポテト(6個入り1,260円)」が好評とのこと!八ヶ岳の卵を使用したスイートポテトです。

八ヶ岳の卵を使ったスイートポテト「八ヶ岳ポテト」

隣接する「スパティオ小淵沢」には宿泊施設のほかに、温泉施設「延命の湯」、ふるさと旬菜レストラン「森樹」など、ゆったりした時間を過ごすための設備が充実!
「スパティオ体験工房」ではフラワーアレンジ、アクセサリー作りなど、手工芸を中心とした14種のメニューを体験できます(そば打ち体験は施設改装のため2019年4月中旬まで休講中)。

またこの道の駅は、八ヶ岳から南へと下る「八ヶ岳高原ライン」近くに位置します。中央自動車道小淵沢インターチェンジからもほど近く、首都圏や長野県中信地方へのアクセスにたいへん便利なロケーションです。

■周辺の観光情報

清涼な高原地帯が広がり、ハイキングや登山などのフィールドアクティビティが楽しめるポイントがたくさん。八ヶ岳高原ラインを東に走れば、標高約1,200メートルの高原リゾート・清里高原があります。

道の駅 こぶちさわ

郵便番号/408-0044
住所/山梨県北杜市小淵沢町2968-1
電話番号/0551-36-3280
営業時間/9:00~18:00(5~9月は19:00まで)
駐車場/普通車138台、大型8台、身体障害者用4台 ※車中泊はご遠慮ください。
料金/無料
定休日/年中無休 6月第1木曜日・2月第1火~水曜日(設備点検日)
「道の駅 こぶちさわ」の詳細はこちら

【南巨摩郡身延町】道の駅 みのぶ富士川観光センター

大きな公園の中にある、クラフト体験などアクティビティを楽しめる道の駅

白壁が美しい建物が特徴の「道の駅みのぶ 富士川観光センター」

「道の駅みのぶ 富士川観光センター」は、53ヘクタールの広大な敷地を誇る大規模公園「富士川クラフトパーク」の中にある道の駅です。
「富士川クラフトパーク」は、広大な芝生広場や、植栽で作られた巨大迷路、四季折々の花が咲き誇る大花壇、バーベキュー場やカヌー場など自然と触れ合いながら楽しめるアクティビティが満載!家族で一日中楽しめます。

その公園内にある「道の駅みのぶ 富士川観光センター」は、峡南地域の観光情報や物産が集まるスポットとして多くの人が訪れます。
周辺には、約1,500平方メートルの広さを誇る「バラ園(香りのガーデン)」も!

道の駅には、「切り絵の森美術館・道の駅ギャラリー」「西島和紙工房てすき屋」「おみやげ館」「ものづくり館」「情報発信館」「ふれあい交流館」の6つの施設があります。

「切り絵の森美術館・道の駅ギャラリー」は、クラフトパーク内にある日本では数少ない切り絵専門美術館「富士川・切り絵の森美術館」の作品を展示しています。

「西島和紙工房てすき屋」は、地元・身延町の伝統文化「西嶋和紙」に触れられる貴重な場。
手漉き和紙のオリジナルデザインはがきを作る体験や、貼り絵などを楽しむことができます。作ったハガキは30分ほどの乾燥時間を経て、持ち帰ることが可能。よい旅の思い出になることでしょう!

手漉き和紙体験。完全オリジナルの和紙ハガキを、紙を漉くところから体験できる

「ものづくり館」では、紙の元となる繊維を採るところからスタートする「手漉き和紙体験」、ろう石を小刀で彫って印鑑を作る「篆刻体験」、自然の籐(ラタン)のつるを使ってペン立てなどを作る「ラタンクラフト体験」、さまざまな下絵にあわせて実際に切り絵を作る「切り絵体験」など、さまざまなクラフト製作を体験することができます。
自分の手を動かして作ったクラフト品は一生もの。挑戦してみてはどうでしょうか?

「情報発信館」には、地域のさまざまな観光情報が集まる。ドライブの目的地探しに最適

■周辺の観光情報

オススメは「身延山ロープウェイ」。頂上からは富士山から南アルプスに八ヶ岳連峰、遠くは駿河湾まで遠望できる一大パノラマが広がります。
3月中旬と9月下旬~10月初旬のそれぞれわずか数日間、富士山頂から昇る朝日がダイヤモンドリングのように輝く「ダイヤモンド富士」を観ることができます。

道の駅みのぶ 富士川観光センター

郵便番号/409-2522
住所/山梨県南巨摩郡身延町下山1597
電話番号/0556-62-5600
営業時間/9:00~17:00
駐車場/普通車19台(富士川クラフトパークの駐車場567台も使用可能)
料金/無料
定休日/水曜日(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月1日 ※GW、7・8月は休まず営業
「道の駅みのぶ 富士川観光センター」の詳細はこちら

※この記事は2018年12月時点での情報です
※掲載の価格は全て税込価格です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※掲載している情報が実際と異なる場合があります。実際の交通規制標識・表示等に従ってください

ITP47

日本を楽しもう!
47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪