ドライブの休憩にぴったり!和歌山にある、おすすめの道の駅をご紹介!レンタカーで観光しながら立ち寄ってみては?

和歌山特産の柑橘をはじめ、ほろほろ鳥や天然鮎、さらには伊勢海老に鰹、クジラや和歌山ラーメンまで…。いろいろな道の駅で多彩なご当地グルメを存分に味わえます!紀州備長炭を使ってバーベキューを楽しめる道の駅も!


記事配信:じゃらんレンタカー

【東牟婁郡太地町】道の駅 たいじ

SNS映え抜群のかわいいカレーなど珍しいクジラ料理がたくさん!

太地町の玄関口に位置する「道の駅 たいじ」。熊野灘に面するロケーションも自慢!

和歌山県東牟婁(むろ)郡太地町の国道42号線沿いにある「道の駅 たいじ」。2017年にオープンした比較的新しい道の駅です。

太地町は日本における「捕鯨発祥の地」とも言われており、かつてより町民の多くが捕鯨関連の仕事に従事していたそう。
現在はクジラを観光の中心としたまちづくりを進めており、クジラと一緒に泳げる海水浴場では間近で一緒に泳いだり、町内にある太地町立「くじらの博物館」では、クジラについて学んだり、実際に触れ合ったりすることができ、太地の町とクジラの切っても切れない歴史を感じることができます。

そしてこちらの「道の駅 たいじ」でも、捕鯨についてアニメーションやパネルで分かりやすく展示されていたり、美味しいクジラ料理を味わったりすることができます。

直売所は太地町漁業協同組合が運営する直営店。その日に水揚げされた鮮魚や、地元農家が丹精こめて作った新鮮な野菜を毎日販売しています(荒天の場合等は無し)。

レストランと直売所は、天井の梁塔などに紀州檜をふんだんに取り入れた贅沢な造りになっており、さらには直売所の陳列棚、レストランのテーブルや椅子も紀州檜を使った手造りのもの。
店内の檜のやわらかな雰囲気や、ほんのりと感じられる香りに癒されます。

海や川を望むレストランにはクジラを使ったものはもちろん、クジラにちなんだメニューがずらり。
「鯨の竜田揚げ定食」は、クジラ肉を秘伝のタレに漬けこみ、中はふんわり柔らかく、外はカリッと揚げられた竜田揚げが香ばしくご飯との相性もバッチリです。

鯨の竜田揚げ定食 980円

そして子どもにはもちろん、最近のSNSブームで女性に特に評判なのが「くじらカレー」。
ルーの海をゆったりと泳ぐような、クジラ型のライスがとってもかわいい、写真を撮らずにはいられない一品です。
見た目だけでなく、スパイスの効いた本格的な味わいですよ。
クジラカツをトッピングした「くじらカツカレー(880円)」もあります。

くじらカレー 580円

そして和歌山グルメといえばやっぱり「和歌山ラーメン」は外せないですよね。
2019年1月に登場した新メニュー「ラーメンセット」は、和歌山ラーメンに、クジラをサックリと揚げたものに焼き肉のタレを絡め、たっぷりの野菜と一緒にご飯に載せたボリューム&スタミナ満点の「クジラのスタミナ丼」のミニサイズがセットになった、満足度バッチリの一品です。

ラーメンセット 980円

デザートには2018年開催の「全国道の駅ソフトクリーム総選挙」にて和歌山県で1位を獲得した「コーヒーソフト」を是非!

お店のスタッフがブレンドした紀州備長炭を使って焙煎、ドリップしたコーヒーの深いコクとミルクのさっぱりとした甘さで、他では味わえない「道の駅 たいじ」オリジナルソフトクリームです。

コーヒーソフト 350円

そして「日本一きれいなトイレ」をコンセプトにしているトイレにも注目!
洗練されたデザインで清潔感あるトイレは、少し我慢してでも立ち寄りたいほど。こちらのトイレは24時間利用することができます。

高級感あるトイレ。女性用はパウダールームも完備しています。

クジラの文化や歴史を学んで、美味しくその恵みを味わうことができる、全国的にも珍しい道の駅です。

道の駅 たいじ

郵便番号/649-5172
住所/和歌山県東牟婁郡太地町大字森浦143番地の1
電話番号/0735-29-7690
営業時間/物産 9:00~17:00(7月~8月は18:00まで)
モーニング 7:00~10:00、喫茶&ソフトクリーム 7:00~16:30、お食事 10:00~14:30(ラストオーダー)
駐車場/大型5台・普通車50台・身体障がい者用2台・バイク9台・自転車8台 ※別途サイクルラック有り(無料)
料金/無料
定休日/年中無休(不定休)
「道の駅 たいじ」の詳細はこちら

【日高郡日高川町】道の駅 SanPin中津

高級食材「ほろほろ鳥」を味わえる道の駅。オリジナルの柑橘スイーツも!

県道26号線にある「道の駅 SanPin中津」。中津は市町村合併前の地名です。

和歌山県中部にある日高川町。中央部を流れる日高川沿いにあり、“さんぴん”の愛称で親しまれる「道の駅 SanPin中津」。“さんぴん”とは、「中津ふるさと“産品”展示販売所」に由来しています。

日高川町は、昔から林業が盛んで、全国でもトップクラスの紀州備長炭の生産地として知られています。
その紀州備長炭や木酢液はこちらの道の駅でも購入が可能です。その他、木材を使った工芸品なども取り扱っています。

また、日高川町では全国的にも珍しい「ほろほろ鳥」の飼育も盛んで、特産品の1つとして販売されています。
「ほろほろ鳥」とは、西アフリカ原産のキジ目ホロホロ鳥科の鳥で、フランス料理やイタリア料理では高級食材として利用されています。
締まった肉質で赤身がつよく、しっかりとした味わいが特徴。ホロホロという鳴き声から、その名が付いたとされています。こちらではその剥製も展示されていますよ。

ほろほろ鳥(半羽・骨なし・冷凍)2,150円

その他、日高川町で採れた新鮮な野菜や、温州みかんや甘夏などの柑橘類をはじめとする果物、地元の方手作りの加工品などが並びます。

地元で採れた八朔(はっさく)果汁をたっぷり使った「八朔ソフト」はSanPin中津のオリジナル商品。八朔のさわやかな風味とちょっぴりほろ苦いテイストがアクセントになっていて、サッパリとした味わいが評判です。

隣接したレストラン「お食事処 ほろほろ亭」では、日高川産の素材を使った美味しいグルメに舌鼓!
もちろん、名前にもなっているほろほろ鳥を使ったメニューもあり、焼き鳥や丼ぶりで味わうことができますよ。

ほろほろ焼き鳥(1本)200円

窓際の席からは日高川の景色を眺めることができ、のんびりと過ごすことができます。

道の駅 SanPin中津

郵便番号/644-1111
住所/和歌山県日高郡日高川町船津820番地
電話番号/0738-54-0541
営業時間/3月~6月・9月 8:00~18:00、7月・8月 8:00~18:30、10月~2月 8:00~17:00 ※1月2日のみ13:00~16:00
お食事処ほろほろ亭 9:30~16:30
駐車場/普通車32台(無料)
料金/無料
定休日/12月31日・1月1日
「道の駅 SanPin中津」の詳細はこちら

【田辺市】道の駅 奥熊野古道ほんぐう

豊かな自然に囲まれた歴史と温泉の町。熊野巡りの前に是非!

パワースポットとしても注目される熊野エリアにある「道の駅 奥熊野古道ほんぐう」。

和歌山県田辺市本宮町、国道168号線の近くにある「道の駅 ほんぐう」。目の前には熊野川が流れ、豊かな自然に囲まれています。
自然と調和した熊野杉を用いた重厚感ある建物は、木のぬくもりを感じられる造りです。

近くには「熊野本宮」や世界遺産にも登録されている「熊野古道」があり、古道巡りの拠点としての役割も担っています。

施設内にある「地元産品コーナー」は、地元で採れた新鮮な野菜や地元の人が心を込めて作った加工品などの他、市販品などの食品も並び、観光客のみならず多くの地元の人にも利用されています。

和歌山名物など、お土産も充実の品揃えです。

本宮町の特産品の1つとして有名なのが、およそ半世紀程前より本宮で栽培が始まった「音無茶」。
現在では寒暖差が大きい伏拝地区で生産されていて、毎年春に収穫された一番茶のみを使ったものだけが「音無茶」として販売されます。
ちなみに、「音無茶」という名前は近くを流れる「音無川」にちなんで命名されたそうです。

生産量が少なく、あまり流通していないのですが、こちらの道の駅では5月頃になると店頭に並び、購入することができますよ。「熊野本宮大社」では毎年、新茶祭も開催されています。

その他、音無茶を使ったスイーツなどの加工品も開発されていて、熊野本宮大社の創建2050年を記念して作られた「音無茶まんじゅう」は、生地に音無茶を練り込み、茶葉をイメージさせるリーフ型にふんわりと焼き上げています。

お茶の爽やかな風味と、中に入ったこしあんの甘さでホッと心が落ち着くやさしい味に仕上がっています。お茶うけやお土産にもピッタリですね。

音無茶まんじゅう(6個入)540円

また、「ほうじ茶ソフト」は音無茶のほうじ茶粉末がたっぷりと練り込まれ、ほうじ茶の香ばしく上品なフレーバーとほろ苦さがアクセントになった大人の味わい。
目の前に広がる熊野川を眺めながら食べればまた格別ですよ。

ほうじ茶ソフト 350円

スイーツ以外にも、イートインコーナーでは蕎麦に音無茶を粉末状にしたものを練り込んだ「音無蕎麦」を味わうことができます。
お茶の風味とほろ苦さをしっかりと感じることができ、蕎麦とのバランスを考えて甘めに仕上げられたつゆと、トッピングに添えられた半熟玉子とも相性バッチリの一品です。

音無蕎麦 850円

また、こちらの道の駅では、熊野古道巡りにピッタリの「熊野詣弁当」も販売(竹かご入り、要予約)。
おにぎりを高菜の浅漬けで包んだ「めはり寿司」や、和歌山県特産の熊野牛などを使ったお弁当があれば、熊野を一層楽しめそうですね。
「音無茶」のペットボトルとのセットもあります。

館内には建仁元年に熊野詣に随行した都の文化人「藤原定家」を紹介するコーナーがあり、道中の出来事を記録した自筆の「熊野御幸記」を元に、当時の熊野詣での様子がパネルや音声で紹介されています。

熊野の歴史を学んでおけば、より一層趣深く散策を楽しむことができるでしょう。
是非、熊野巡りの前に立ち寄って、情報と美味しいお弁当を仕入れてからお出掛けください!

道の駅 奥熊野古道ほんぐう

郵便番号/647-1743
住所/和歌山県田辺市本宮町伏拝904-4
電話番号/0735-43-0911
営業時間/9:00~18:30、イートインコーナー 9:00~18:30、コーヒー・ソフトクリーム 9:00~17:00、軽食 10:00~17:00
駐車場/大型2台・普通車52台・身体障がい者用2台(無料)
料金/無料
定休日/不定休(年に数回休業します。公式HPにてご確認ください)、元日
「道の駅 奥熊野古道ほんぐう」の詳細はこちら

【田辺市】道の駅 紀州備長炭記念公園

紀州備長炭の歴史と文化を学べる道の駅。備長炭グルメにビックリ!

県道29号線沿いにある「道の駅 紀州備長炭記念公園」。

紀州備長炭発祥の地として知られる和歌山県田辺市秋津川にある「道の駅 紀州備長炭記念公園」。
その名の通り、備長炭について学んだり、体験することができるのが特徴です。

「備長炭発見館」では木炭の歴史と文化、科学や製法などについての資料などが分かりやすく展示されています。
施設内には5基の炭焼き窯があり、自由に見学できます。窯出しの見学も可能です。(窯出し見学の実施日は不定期開催なので、事前にお問い合わせください。)

また、その紀州備長炭を使った本格バーベキューを楽しむことも。「備長炭BBQ」は雨天でも楽しめる全天候型屋根付きのバーベキュー施設(要事前予約)。
高品質の備長炭を使ってのバーベキューは格別の味わい!備長炭は着火に時間がかかるのですが、こちらでは予約の時間に合わせて火をつけて用意してくれているのも嬉しいですね。

「備長炭風鈴づくりワークショップ」では、硬度と密度の高い特徴を活かし、紀州備長炭を使った風鈴を自分で作ることができます。透明感のある素敵な音色に心が癒されます。

そして備長炭を使った一風変わったグルメも。
看板メニューでもある「備長炭ラーメン」は、炭の粉末を麺に練りこんだ真っ黒な麺がインパクト大!醤油ベースのあっさりしたスープのツルっと喉ごしのよい麺との相性もバッチリで、美味しいと評判です。

食後には備長炭でろ過した水で淹れた「備長炭コーヒー」を是非。沿えられたマドラーも備長炭で作られています。

備長炭ラーメン 650円

売店では、紀州備長炭を量り売りで販売。窯元直送ならではのお手頃価格で購入することができます。燃料としてはもちろん、様々な形状があるのでインテリアとしてもオススメ。

そしてお土産にオススメなのが、地元田辺市のお菓子屋さんが手掛ける「白炭COOKIE」。
食べるのをためらうほど見た目は備長炭そのもので、渡した際にきっと驚かれますよ!
たっぷりのバターと黒ゴマペースト、そして備長炭パウダーを練り込み、少し固めに焼き上げられた素朴な味わいのクッキーです。
その他、消臭炭や、木酢液などの備長炭グッズ、秋津川の特産品なども取り扱っています。

炭について見て、聞いて、味わって・・・まさにスミからスミまで楽しめる道の駅です。

道の駅 紀州備長炭記念公園

郵便番号/646-0102
住所/和歌山県田辺市秋津川1491-1
電話番号/0739-36-0226
営業時間/9:00~17:00(4~11月)・9:00~16:00(12~3月)
バーベキュー施設:4月1日~10月31日10:00~16:00(要予約)
駐車場/大型3台・普通車17台・身体障がい者用1台(無料)
料金/紀州備長炭発見館:大人210円・小人100円
定休日/水曜日(祝日の場合は翌日に振替)
「道の駅 紀州備長炭記念公園」の詳細はこちら

【紀の川市】道の駅 青洲の里

医学の歴史や健康について学ぶことができる道の駅。ヘルシーバイキングも魅力!

住居兼診療所であった「春林軒(しゅんりんけん)」。

和歌山県紀の川市、京奈和自動車道「紀の川東IC」を降りて県道127号線のそばにある「道の駅 青洲の里」は、医・食・自然・健康をテーマにした道の駅。

メイン施設でもある「フラワーヒルミュージアム」には、外科医師・華岡青洲の功績を後世に伝えるべく、数々の資料や標本などを展示しています。
有名建築家によって設計されたこの建物は、麻酔薬の主成分として使われた「蔓陀羅華(マンダラゲ)」の花をモチーフにデザインされており、その建築美にも注目です。

また、敷地内にある「春林軒(しゅんりんけん)」は、青洲が住宅兼診療所として造った施設で、ここで学んだ多くの門下生が優秀な医師として活躍したとされています。
こちらにも多くの資料などが展示されており、当時の手術や麻酔薬の実験の様子を人形や映像などで分かりやすく学ぶことができます。

その他にも、近くには青洲の墓やメスの形をした記念公園など、青洲ゆかりの遺物が多く残されているので、散策がてら回ってみるのもオススメです。

「フラワーヒルミュージアム」内にあるレストラン「レストラン華(HANA)」では、食育をテーマにした「健康おもてなしバイキング」を提供。地元で採れた新鮮な野菜を中心とした、季節ごとのおふくろの味が並びます。

明るく開放感のある空間で、窓からは緑豊かな景色を眺めることができます。また、テラス席もあるので天気の良い日には爽やかな風を感じながら、楽しい食事を楽しむことができますよ!

バイキング 大人1,380円・小学生840円・3歳以上500円・3歳未満無料(平日:90分・土日祝日・混雑時:60分)

お土産には、こちらの道の駅でしか販売していない青洲が考案した傷薬(漢方薬)「紫雲膏(1,350円)」はいかがでしょう。紫根・当帰(トウキ)・ミツロウ・ごま油というシンプルな原材料で作られています。家庭の常備薬としてもオススメです。

道の駅 青洲の里

郵便番号/649-6604
住所/和歌山県紀の川市西野山473
電話番号/0736-75-6008
営業時間/9:00~17:00
春林軒入館受付 10:00~16:30(11月~2月は16:00まで)
レストラン華 平日 11:00~15:30(バイキング入店は14:00まで)・土日祝 11:00~15:30(バイキング入店は14:30まで)
駐車場/大型4台・普通車46台・身体障がい者用2台(無料)
料金/無料、春林軒:大人600円・小人300円
定休日/毎週火曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)・年末年始
「道の駅 青洲の里」の詳細はこちら

【田辺市】道の駅 ふるさとセンター大塔

季節を通じて様々な山里の魅力が詰まった道の駅

文化庁指定の「かもしか」の棲息地でもある自然豊かな大塔にある道の駅。

国道311号線沿い、和歌山県田辺市鮎川にある「道の駅 ふるさとセンター大塔(おおとう)」。
すぐそばには富田川が流れ、対岸には世界遺産に登録されている「熊野古道」があり、のんびりとした景色に心落ち着く道の駅です。

春には駐車場の周りに植えられている桜が美しく咲き誇り、景色に彩りを添えます。

田辺市大塔地域の自慢はなんと言っても澄んだ空気と清流、そして豊かな自然。
「物産館」では、地元大塔産の梅を昔ながらの天日干しで仕上げた「昔ながらのすっぱい梅干し(250円~)」や、奥深い大塔の山で採れた「純粋。『山のはちみつ』(1,800円)」、手もみで丁寧に作られた「大塔の里山番茶(200g ・800円)」など、その自然の恵みを活かした特産品などが豊富に取り揃えられ、来場者を楽しませてくれます。

その他、地元で採れた季節ごとの新鮮な野菜のほか、山菜や山野草、しいたけなど里山ならではの食材も。季節になれば、富田川や日置川で獲れた鮎などの川魚も並びます。

また、緑が多い大塔地区では林産物も特産のひとつ。地元の方が村で切り出した木材を使って作った様々な木工品なども販売されています。

新鮮な採れたて野菜、加工品が並ぶ「物産館」

春には桜やツツジ狩り、夏は川遊びに魚釣り、秋は紅葉狩り、そして冬登山など…。季節ごとに様々な風景や体験ができる自然溢れる大塔へのドライブの際には「道の駅 ふるさとセンター大塔」にも立ち寄って、大塔の魅力を感じてみてくださいね。

道の駅 ふるさとセンター大塔

郵便番号/646-1101
住所/和歌山県田辺市鮎川997-1
電話番号/0739-49-0143
営業時間/9:00~17:45
駐車場/大型2台・普通車14台・身体障がい者用1台(無料)
料金/無料
定休日/火曜日(但し祝日の場合は営業)
「道の駅 ふるさとセンター大塔」の詳細はこちら

【西牟婁郡すさみ町】道の駅 すさみ

海と大地の恵みが豊富!太平洋を眺めながら絶品グルメに舌鼓。

広大な太平洋を望む展望も自慢!

和歌山県西牟婁郡すさみ町江住にある国道42号の「道の駅 すさみ」。
目の前には太平洋が広がり、背後には紀伊山地を望む、海と山に囲まれた道の駅です。

近隣の漁協と地元漁師が獲った新鮮な海の幸や、鰹節、ひじきなどの海産物加工品まで並ぶ鮮魚店「枯木灘鮮魚商会」は、「昔ながらの魚屋さん」をコンセプトに、大きな生簀やめずらしい種類の鮮魚なども揃う、見ているだけでも楽しくなる魚屋さん。入口横にある大きな鰹のオブジェクトが目印です。

こちらのお店で取り扱う鰹の削り節は近くにある工場で製造されており、鮮度抜群で香り高く、フワフワと口の中でとろける絶品と評判です。

鰹削り節 389円

お店の名前の「枯木灘(海岸)」とは、和歌山県南西部の太平洋に面した約40キロメートルも続くリアス式の美しい海岸。黒潮の影響を受けるこの海岸は美味しい海の幸が豊富!

すさみでは、昔から鰹の「ケンケン釣り」という曳縄釣一本釣漁法が行われており、春先に黒潮にのって北上する鰹を1本ずつ釣り上げ、直ぐに活け締めにした後、氷に漬けて丁寧に血抜きをするため鮮度抜群!
鰹といえば、タタキで味わうのが一般的ですが、こうやって揚がった「すさみケンケン鰹」は、お刺身で食べるのが一番美味しいのだそう。

すさみに春を告げる魚として、時期になると「すさみケンケン鰹味覚まつり」という町をあげてのイベントが開催されています。3月1日~5月31日の期間中は、その日の午後に水揚げされたばかりの新鮮な「すさみケンケン鰹」を地域の飲食店などで味わうことができますよ、

もちろん、こちらの道の駅でも取り扱っており、施設内のレストラン「南紀すさみの恵み食堂 蒼海」では、初鰹の造り、なめろう、鰹のあら焼潮仕立てなどがセットになった「すさみケンケン鰹御膳」を堪能することができますよ。

ケンケン鰹御膳 2,000円(3月1日~5月31日の期間限定)

また、和歌山県の伊勢海老漁獲量は全国的にも有名ですが、その多くが紀南地方で獲れているそう。
漁の解禁期間である10月15日から2月28日までの伊勢海老の捕獲シーズンになると、「いせえび味覚祭り」を開催。

伊勢海老を贅沢にも天丼とみそ汁で味わえる「伊勢海老の天丼定食」は、季節になるとこれを目当てに訪れるお客さんも多い評判メニューです。

伊勢海老の天丼定食 時価(10月15日~2月28日の期間限定)

海の幸だけでなく、大地の恵みも豊富なすさみ。
「イノブタ」は猪と豚を交配させたハイブリッド種。すさみ町ではその「イノブタ」を長年の研究の上、「イブの恵み」という品種を開発。猪肉の風味を持ちつつもクセが無く、やわらなか肉質とあっさりとした味わいが特徴です。
「イノブタ焼肉丼」は、自家製の甘ダレで味付けされたイノブタと、ご飯との相性抜群!

イノブタ焼肉丼 880円

更に、すさみ町はレタス栽培発祥の地と言われているのをご存じですか?
温暖な気候を活かし、冬に収穫されるすさみ町のレタスは大ぶりで寒さに耐えるため甘みも強いのが特徴。鍋などの具材に使っても、そのシャキシャキとした歯ごたえが残ります。

すさみのレタスを美味しく味わうために開発された「レタスの美味たれ」は、「道の駅すさみ」のオリジナル商品。
和歌山の醤油製造元「湯浅醤油」に焼きあご出汁と梅酢をあわせた、コク深い味わいながらもサッパリとした味わいの万能調味料です。

サラダなどレタス以外にも、ローストチキンやポーク、パスタなど何にでも使えると評判。お土産にもおすすめの一品ですよ。

レタスの美味たれ 430円

枯木灘を一望できるテラスでは、南紀の海の幸と山の幸を味わえるバーベキューを楽しむことも。
「枯木灘鮮魚商会」自慢の海の幸をふんだんに盛り込んだ「海の幸コース」と、「イノブタ」をはじめ、お肉をたっぷり味わえる「山の幸コース」、そして海の幸・山の幸両方を味わいたい!という方向けの「南紀の恵みミックスコース」の3種類が用意されています。(いずれも2~3人前 6,500円、3日前までの要予約)

美しい景色とたくさんの海と大地の恵みが詰まった道の駅。是非お腹を空かしてお立ち寄りくださいね。

道の駅 すさみ

郵便番号/649-3142
住所/和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1
電話番号/0739-58-8888
営業時間/施設全体 9:00~18:00(12月~2月の間は17:00閉館)
おみやげ・産直コーナー 9:00~18:00
ふるさと体験コーナー「すさみカフェ」9:00~17:30(ラストオーダー17:00)
レストラン「南紀すさみの恵み食堂 蒼海」11:00~17:30(ラストオーダー17:00)※12月~2月の間は16:30閉店・16:00ラストオーダー
駐車場/大型9台・普通車55台・身体障がい者用5台(無料)
料金/無料
定休日/年中無休(不定休)
「道の駅 すさみ」の詳細はこちら

【西牟婁郡白浜町】日置川町商工会アンテナショップ 道の駅 志原海岸 海来館(みらいかん)

日置川と太平洋の恵みを満喫!美味しいグルメが魅力の道の駅

国道42号線沿いにある「道の駅 志原海岸 海来館(みらいかん)」は、雄大な太平洋を一望することができる絶好のロケーションが自慢。
近くには熊野山岳地帯を水源とする日置川(ひきがわ)が流れ、海、山、川と自然をたっぷりと感じることができる道の駅です。

1階にある売店は「日置川町商工会アンテナショップ」も兼ねていて、地元で獲れた日置川産天然鮎(冷凍)をはじめとする魚介類や、旬の野菜や果物、お土産などを販売しています。

日置川では、鮎釣りの全国大会が実施されているほど、質の良い天然鮎が獲れることで有名。この川で育った鮎は、運動量が多いため身が締まり、脂がのっていて格別の味わいだと評判です。

その天然鮎を、太平洋の天然塩とスペイン産のオリーブオイルで漬けこんだ”アンチョビ”ならぬ「あゆチョビ」は、一般的にはあまり流通していない日置川の鮎を商品化したもの。
その美味しさが評判を呼び、売り切れになることもしばしばなんだとか。見つけたら迷わずゲットですね。

2018年10月からは紀州産養殖鮎を使った「あゆチョビ(小・540円)」が販売されています。こちらもこの道の駅でしか購入することができない商品です。

あゆチョビ(小・756円)

また、日置川流域ではお茶の栽培も盛ん。
日照時間が短く、昼夜の気温差が大きいという、美味しいお茶が育つのに最適な環境が整う日置川の上流地域で作られる「川添茶」は、まろやかな風味と甘みがあり、高級茶葉として知られています。

焼き菓子「紀州熊野 南紀ひきがわ 川添茶ふぃなんしぇ BearS(ベアーズ)」は、その「川添茶」の煎茶、濃茶、ほうじ茶、紅茶(べにちゃ)、の4種のお茶とプレーンの5つの味が揃う、しっとり食感の焼き菓子。
甘さ控えめで上品なお茶の風味を味わうことができます。

個包装で配りやすく、職場へのお土産としてもオススメです。スティックタイプで食べやすいのも嬉しいですね。
ちなみに、「BearS」という名前は、道の駅 志原海岸 海来館前にある、熊の横顔にみえると言われる景勝地「ベアーズ・ロック」が由来だそうですよ。

紀州熊野 南紀ひきがわ 川添茶ふぃなんしぇ BearS(3本入 540円・6本入 1,080円・10本入 1,750円)

そして自然豊かな日置川の食材を使ったグルメも豊富!
1階のイタリアンレストラン「ラ・バンビーナ」では、先ほど紹介した「あゆチョビ」を使ったパスタを味わうことができます。アンチョビとは一味違う「あゆチョビ」を使ったこだわりの一品を是非味わってみて。
その他にも海の幸をたっぷり使ったパスタも評判です。

海の幸トマトソーススパゲティ 1,300円

また、こちらで販売されている手作りケーキ、パンは、県外などの遠方からもお客さんが訪れるほど、その美味しさが評判。店内ではケーキセット(630円~)もあるので、ちょっとしたドライブ休憩や、カフェタイムに利用することもできますよ。

手作りケーキ各種 330円~

そして2階にある「海来館食堂」では、新鮮な海の幸を中心としたメニューがずらり。

「海来館定食(1,700円)」は、季節の旬の魚介や野菜を使った揚げたての天ぷらとお刺身の両方を楽しめる嬉しい一品。
その日に揚がった新鮮な海の幸の中から厳選した5種のお刺身が味わえる「刺身定食(1,700円)」もお店自慢のメニューです。

その他、海鮮丼やしらす丼などの丼物や、ハンバーグなどの洋食メニューまで幅広いラインナップ。
平日限定の「日替わりランチ」は800円というお手頃価格で味・ボリューム共に満足できると評判です。

お持ち帰りにもオススメの「さんま寿司(400円)」もお店の自信作。売り切れることもあるのでお早めに。

ボリュームも大満足の刺身定食。その日によって内容が変わります。

日置川と太平洋、海と川の恵みが詰まった「道の駅 志原海岸 海来館」。近くには有名な観光スポットも多く、和歌山南西部のドライブコースには外せないスポットの1つですね。

日置川町商工会アンテナショップ 道の駅 志原海岸 海来館(みらいかん)

郵便番号/649-2511
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町日置2039-73
電話番号/0739-52-4100
営業時間/9:00~17:00、テラスでのBBQ(夏季期間中のみ)10:00~20:00 ※ラストオーダー19:00
駐車場/大型7台・普通車30台・身体障がい者用2台(無料)
定休日/館内・2階 海来館食堂:無休(但し1/1は除外日)、1階 イタリアンレストラン ラ・バンビーナ 定休日:木曜
「日置川町商工会アンテナショップ 道の駅 志原海岸 海来館(みらいかん)」の詳細はこちら

※この記事は2019年1月時点での情報です
※掲載の価格は全て税込価格です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※掲載している情報が実際と異なる場合があります。実際の交通規制標識・表示等に従ってください

ライター紹介
この記事を書いた人
ITP47

日本を楽しもう!
47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪