ドライブの休憩にぴったり!大分にある、おすすめの道の駅をご紹介!レンタカーで観光するなら立ち寄ってみては?

奥日田ジビエや色とりどりの「緋扇貝」、中津名物「からあげ」など…いろいろな名産グルメを味わえる道の駅が、多彩にそろいます!せせらぎの水辺に心がなごむ道の駅や、温泉でのんびりできる道の駅も!


記事配信:じゃらんレンタカー

【日田市】道の駅 水辺の郷おおやま

せせらぎの水辺でリラックス。地元日田市で捕れた「奥日田ジビエセット」も!

水と緑とスローフードにあふれた道の駅

敷地内に芝生・親水公園があり、広い芝生で遊んだり、木陰でお弁当を開いたりなど、せせらぎの水辺でリラックスでき、いつも多くの人で賑わう「道の駅 水辺の郷おおやま」。

レストラン「焼肉グリルおおやまの小うめひびき」で味わえる「奥日田ジビエセット」は、地元日田市で捕れた猪肉の焼肉セットです。猪肉は新鮮で臭みも無く、また高たんぱく低脂質でヘルシーなお肉です。

そして道の駅が立地する大山町の名産である梅をふんだんに使った、珍しい焼肉のたれでさっぱりと味わうことができます。
新鮮な野菜、カレーやデザート等が食べ放題のビュッフェ付きなのも嬉しいポイント!

地元の魅力をまるごと詰め込んだ豊富なメニューと空間で、いつもとは違うちょっぴり贅沢なランチ&ディナーを楽しむことができますよ。

奥日田ジビエセット 1,700円

セットメニュー一例。きれいな赤身が食欲をそそります

大山・日田地域を中心に地元産にこだわった野菜やフルーツ、大山の産品である梅を使用した商品などを多数取り揃える「ファーマーズマーケット」。

ファーマーズマーケットにはたくさんの商品がそろっています

こちらの直売所でイチオシの商品は「樹上完熟 ビブラート(500ml・1,000円)」。
樹上で完熟させた南高梅を梅園で摘果し、すぐに工場へ。自然の香り、味わい、色を生かした高級梅のジュースです。

口に含むとはじめはリンゴのような味、次に梅の優しい酸味、そして桃のようなフルーティな香りが次々と広がり、さらにはマンゴーのようなとろみも感じられる逸品。

おいしそうな南高梅!

そして地元日田でよく食べられている「鶏足(もみじ)(278円~)」は、醤油味の鶏の足の煮込みです。
市外の人にはあまり一般的ではありませんが、唐辛子のきいたピリ辛風味でご飯のおかずなどに最適です。脂っこくなく、しかもコラーゲンたっぷりで女性にもおすすめとのこと。

大山川の流れを楽しみながら、ゆっくりとした時間が過ごせるくつろぎの道の駅。ドライブ中に休憩したいとき、ぜひ立ち寄ってみて。

道の駅 水辺の郷おおやま

郵便番号/877-0201
住所/大分県日田市大山町西大山4106
電話番号/0973-52-3630
営業時間/直売所 平日(月~金曜日)9:00~17:00、土・日・祝日 9:00~17:30
レストラン(ランチタイム)11:30~14:30 ※オーダーストップ14:00(ディナータイム)17:30~20:30 ※オーダーストップ20:00
駐車場/大型:4台・普通車:103台(内、身体障がい者用2台)
料金/無料
定休日/12月31日、1月1日、レストランは水曜定休日
「道の駅 水辺の郷おおやま」の詳細はこちら

【佐伯市】道の駅 かまえ

自然に恵まれた蒲江。色とりどりの「緋扇貝」や豪華な「かき揚げえび天海鮮丼」など海の幸が豊富!

緋扇貝(1枚 120円)

大分県の最南端、宮崎との県境に位置する蒲江は、 黒潮の流れ込むリアス式海岸の豊かな漁場で獲れた新鮮な魚介類と、さんさんと降り注ぐ太陽に育まれた豊富な農作物の産地です。

「道の駅 かまえ」は、レンタサイクルで蒲江湾岸を探索できる道の駅。また、土・日・祝日の天気の良い日に、ヤギがいる時もあるのだとか。

直売所「きらりかまえ館」では、緋扇貝、伊勢えび(9月~5月のみ)、サザエ等をはじめ、干物やすりみの加工品など、数多くの海の幸を販売しています。

イチオシは、オレンジや黄色、紫など色とりどりの天然の色彩が美しい、蒲江の名産「緋扇貝」。
肉厚で濃厚な味わいの緋扇貝は、炭火焼バーベキューにも最適です。レンジで加熱して、簡単に食べることもできますよ。

貝殻のその美しさから、身をはずした後の貝殻は、きれいに磨いて工芸品などに利用されています。

また、高級魚えそを使った蒲江の名物すりみは、毎日近くの業者が運んでくる揚げたてが店頭に並びます。うまみたっぷりで、リピーターも多く好評なんだとか。

すりみあげ(3枚入 389円)

「海鳴り亭」は、目の前の漁港から仕入れる新鮮な海鮮が味わえると評判のレストラン。
蒲江の海の幸を豪華に盛り合わせた「海鮮丼」は、開店当初より多くのお客さんがこれを目当てに訪れるというイチオシメニュー。

また、「かき揚げえび天海鮮丼」は、新鮮な刺身と揚げものが一緒に味わえる、満足度たっぷりの海鮮丼です。

新鮮な刺身に舌鼓!海鮮丼 1,350円

豪華なかき揚げえび天海鮮丼(1,500円)

自然に恵まれた蒲江の味を、ぜひ味わってみて。

道の駅 かまえ

郵便番号/876-2401
住所/大分県佐伯市蒲江大字蒲江浦5104-1
電話番号/0972-42-0050
営業時間/店舗・売店(直売所)9:00~17:30(12~3月9:00~17:00)
レストラン(平日)11:00~15:00 ※オーダーストップ14:30(土・日・祝日)10:30~15:30 ※オーダーストップ15:00
駐車場/大型:5台・普通車:96台(内、身体障がい者用2台)
料金/無料
定休日/12月31日~1月2日
「道の駅 かまえ」の詳細はこちら

【日田市】道の駅 せせらぎ郷かみつえ

水のきれいな「上津江」。ご飯にぴったりの「ヂビミソ」も!

水のきれいな「川原川」が流れる道の駅

「道の駅 せせらぎの郷かみつえ」は、日田(大分)・小国(熊本)と菊池(熊本)をつなぐ国道387号線沿いにあり、平成6年に閉校となった川原(かわばる)小学校の跡地を利用しています。

「川原川」は筑後川の源流の一つで、九州最大級の河川「川原川」が施設に沿って流れています。
周りには都会にはない美しい渓谷と山並みが広がります。

歩道橋や吊り橋を介して眺める景色に豊かな自然を満喫することができます。水のきれいなところでしか成長しない「わさび」は、上津江の特産品としても有名。

「物産館」には地元で採れた野菜や山菜、加工品、手作り木工品や工芸品などが並びます。
春はわさびや竹の子・きのこ・山菜、夏はナスやトマト・きゅうりなどの夏野菜やスイカ。秋には新米や白菜・根菜、そして冬になると干し柿やごぼうなど、春夏秋冬それぞれの農産品が豊富です。

物産館イチオシの商品「ヂビミソ」は、手作り味噌と奥日田の猪肉を使った手作り肉味噌です。ご飯のお供にぴったりの逸品ですよ!

ヂビミソ(680円)。猪のイラストがかわいい!

水のきれいな「上津江」の特産品をぜひ堪能してみてくださいね!

道の駅 せせらぎ郷かみつえ

郵便番号/877-0311
住所/大分県日田市上津江町川原3848-1
電話番号/0973-54-3514
営業時間/9:00~17:00
駐車場/大型:4台・普通車:65台(内、身体障がい者用2台)
料金/なし
定休日/元日
「道の駅 せせらぎ郷かみつえ」の詳細はこちら

【中津市】道の駅 なかつ

夜景がきれいなスポット。秋にはコスモスが一面に広がる自然いっぱいの道の駅!

八面山が望める眺望の良さが自慢

国道10号線沿い、八面山入口交差点脇にある道の駅です。道の駅の特徴である大きな駐車場と24時間利用できるトイレ施設を備え、長距離移動をするドライバーの休息の場になっています。

眺望の良さも魅力で、法垣遺跡を背後に控え、その先に八面山を望むロケーション。
八面山の山頂展望所までもほど近く、山頂からの夜景は『日本夜景遺産』に認定されている有名なスポットです。

また、1年中ウォーキングが楽しめるところでもあり、さらに、10月には西日本最大級の広さを誇る「三光コスモス園」で「三光コスモス祭り」が開催され、多くの方が訪れる賑わいの道の駅です。

コスモスのじゅうたんが見る人の心をつかみます

さらに、大規模の農産物直売所があり、中津市産を中心とした地元の新鮮な野菜・果物・花卉から畜産品・海産品まで幅広く取り揃えています。

中でもサツマイモ「甘太くんの焼き芋」は、紅はるかという品種で、収穫後40日以上貯蔵して通常の約1.5倍の糖度になるまで寝かせた、その甘さがとても好評の一品。

甘太くんの焼き芋(M:200円、L:250円)

「道の駅なかつレストラン」は、中津の食をPRすることをテーマとしたレストラン。
「定食コーナー」、「からあげコーナー」、「スイーツ&カフェコーナー」の3つのコーナーを展開しています。

定食コーナーでは、中津特産のハモを盛り込んだ「中津御膳」、「団子汁」といった和食から「カレー」などの洋食メニューまで幅広く提供。

そしてやっぱり中津といえば「からあげ」!
「からあげ定食」のからあげは、数種類の果汁や醤油をベースに作られた下味に一晩漬け込み、さらに揚げる前にニンニクやしょうがなどで作った二番だれに通され、丁寧に粉をまぶすことで、中はジューシーで表面はカリッカリに仕上がった自慢の一品です。

からあげ定食 780円

また、スイーツ&カフェコーナーは、”女性がゆっくりくつろげる空間”をテーマに、ちょっとした休憩はもちろん、美味しいスイーツを味わいながら、ゆったりとした時間を過ごすことができますよ。

道の駅 なかつ

郵便番号/871-0152
住所/大分県中津市加来814
電話番号/0979-64-8830
営業時間/直売所(3月~10月)9:00~19:00(11月~2月)9:00~18:00
レストラン(平日)10:00~17:00(土・日・祝日)10:00~18:00
駐車場/大型:17台・普通車:233台(内、身体障がい者用4台)
料金/無料
定休日/なし
「道の駅 なかつ」の詳細はこちら

【佐伯市】道の駅 やよい

豊かな自然と、淡水魚水族館や入浴施設などで心も体もリフレッシュ

自然と触れ合える水辺の道の駅

佐伯ICからすぐ近く、清流・番匠川のほとりにある「道の駅 やよい」。

特産物販売所だけでなく、フードコーナーや淡水魚水族館「番匠おさかな館」、入浴施設「やよいの湯」の他、遊具やコイへの餌やりも楽しめる親水広場なども備えた充実の施設が揃う道の駅です。

施設の裏手には清流・番匠川の支流が流れており、水面近くにかかる橋から見ることができる透明度の高い川の水に癒されること間違いなし。

「番匠おさかな館」は、佐伯市を流れる九州屈指の清流・番匠川をテーマに、そこに棲む生きものたちを展示。身近な自然の大切さを伝える淡水魚水族館です。

まるで川をそのまま切り取ってきたかのような屋外生態水槽は、自然に近い環境の中、野性味と躍動感あふれる魚たちが様々な行動で楽しませてくれます。

個性豊かな熱帯淡水魚も展示しているので、魚たちを見に家族みんなで立ち寄ってみては。

天候や季節により姿を変える屋外生態水槽。晴天の日は日光が降り注ぎ水中がきらめく

大分県南部の特産品が何でも揃う特産物販売所「弥生ぴかいち」では、新鮮な野菜はもちろん、様々な加工品が揃っています。

また、”ショウガある町やよい”をテーマに生姜商品にも力を入れているのが特徴。
「蒸生姜パウダー」は、1瓶に弥生産の生姜を1.3kgも使った贅沢な一品。色々な食品に混ぜて使うことが出来ます。寝る前に紅茶などに入れて飲むと、生姜パワーで心も体もポカポカで快眠できそう!

蒸生姜パウダー 1,500円

そして生姜を使った珍しい「生姜ポン酢(500円)」も好評。生姜風味の和風白だしのポン酢は、特に寒い冬の時期などに、お鍋のお供としてオススメ!また、魚料理や野菜料理の隠し味に使ってみてはいかがでしょうか。

「生姜ドレッシング(500円)」は、地元産の生姜を使った「道の駅 やよい」のオリジナル商品。
生姜のちょっぴりピリッとした辛みがサラダとの相性バツグンでリピータ続出!他にもお肉・お魚・豆腐にも合う万能ドレッシングで、お土産にもオススメですよ。

特産物販売所「弥生ぴかいち」内にあるフードコーナーでは、地元の食材を使った郷土料理などが味わえます。

「ごまだしうどん(460円)」は、佐伯市の食卓には欠かせない万能調味料「ごまだし」を乗せた郷土料理。こちらの道の駅では「エソ」と呼ばれる魚を使って手作りしており、魚のうま味とゴマの風味が食欲をそそります。ごまだしのみの販売もありますよ。

そして「釜揚げしらす丼」は、佐伯市米水津産のシラスを使っており、そのまま食べて素材の味を楽しむもよし、特製タレで味の変化を楽しむもよし。1度で2度おいしいどんぶりを堪能してみてくださいね!

釜揚げしらす丼 700円

ドライブの疲れを癒やす入浴施設「やよいの湯」には、和風・洋風と造りが異なる露天風呂付大浴場があり、男女日替わりで楽しむことができます。
洋風風呂にはカルシウム石の人工温泉と遠赤外線サウナを、和風風呂には光明石の人工温泉と塩サウナがあります。

また、和室付き貸切風呂(要予約・90分)もあり、家族や大切な人と水入らずでゆっくりとくつろぐことができますよ。

やよいの湯 大浴場(和風)

多彩な施設が楽しめる「道の駅やよい」にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

道の駅 やよい

郵便番号/876-0112
住所/大分県佐伯市弥生大字上小倉898-1
電話番号/0972-46-5951
営業時間/弥生ぴかいち 8:30~17:30
やよいの湯 10:30~22:30(入浴受付時刻22:00・最終入浴時刻22:20)
番匠おさかな館 10:00~17:00(最終入館時刻16:45)
駐車場/ 大型:8台・普通車:200台(内、身体障がい者用3台)
料金/やよいの湯:中学生以上500円・小学生300円・小学生未満無料
番匠おさかな館:中学生以上300円・4才~小学生200円・3才以下無料
やよいの湯と番匠おさかな館のセット入館券:中学生以上600円・小学生400円・小学生未満は販売なし
定休日/弥生ぴかいち:年末年始は休業の可能性有り
やよいの湯: 毎月第2火曜日・年末年始は休業の可能性有り
番匠おさかな館: 毎月第2火曜日・年末年始は休業の可能性有り

「道の駅 やよい 」の詳細はこちら

【豊後大野市】道の駅 原尻の滝

東洋のナイアガラ「原尻の滝」!きれいな水がつくりだす「緒方米」も

自然豊かで心和む田園風景が広がります

「道の駅 原尻の滝」では、新鮮な農産物を始めとする地元の特産品や個性豊かなオリジナル料理の数々、「道の駅 原尻の滝」限定のカボスソフトなどが楽しめます。

施設周辺では、春のチューリップ祭り、夏の小松明火祭り、冬の川越し祭りなども開催され、季節ごとに様々なイベントで賑わいます。

イチオシは、やはり日本の滝百選に選定されている「原尻の滝」。
施設のすぐそばにあり、幅約120メートル、高さ約20メートルの迫力満点のスケールで「東洋のナイアガラ」とも呼ばれています。のどかな田園風景と共に、雄大な大自然を満喫することができますよ。

おもわず圧倒される大迫力の「原尻の滝」!心癒されるマイナスイオンの力

東洋のナイアガラの滝!空の青が透明な川面に映ります

「おみやげ 滝の館」では、手作りのお菓子や加工品、特産品のかぼす製品・緒方米(ひのひかり)などの地元の産品をはじめ、県内の観光地菓子やオリジナル製品・小物・置物などたくさんの商品が並びます。

緒方米(価格2kg:1,180円~)は、米どころ緒方のお米。特A品質のおいしいお米です。
また、「乾し椎茸(400円~)」も大好評。緒方町は椎茸の産地としても有名で、家庭用から贈答品用まで幅広く取扱いがあります。

道の駅 原尻の滝

郵便番号/879-6631
住所/大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
電話番号/0974-42-4140(代表)
営業時間/物産館 9:00~17:30(12月~2月は9:00~16:30)

レストラン(平日)10:00~17:00ラストオーダー・17:30閉店(土・日・祝日)11:00~17:00ラストオーダー・17:30閉店、(12月~2月 16:00ラストオーダー・16:30閉店)
駐車場/第一:大型5台普通車:32台・身障者及びゆずりあい区画:3台、第二:大型5台・

普通車:140台・身体障がい者:1台、EV車急速充電器:1基
料金/無料

定休日/12月31日・1月1日

「道の駅 原尻の滝」の詳細はこちら

【豊後大野市】道の駅 きよかわ

清川町特産の桃・クリーンピーチ果汁を使用した「桃果汁入り焼き肉のたれ」をお土産にいかが?

「道の駅きよかわ」は、大分県臼杵市から竹田市へ伸びる国道502号線沿い、大分県南西部の豊後大野市、中央部に位置する清川町(旧清川村)にあります。

豊後大野市は、無形民俗文化財に指定されている「御嶽神楽」や現存数が国内トップクラスの石橋などが見どころです。

施設内にあるメインの直売所「清川ふるさと物産館夢市場」のほか、個性豊かな店舗が7店舗あり、様々なシーンで楽しむことができる道の駅です。

「清川ふるさと物産館夢市場」では特産品でもあるクリーンピーチという桃(6月末から8月中旬の期間のみ)をはじめ、金ごま、マムシ加工品、清川で採れる”旬”の野菜、手づくり農産加工品などを取扱い、朝7:30の開店に合わせて生産者によって次々と持ち込まれます。

ここの商品の特徴はほとんどが”清川生まれ”ということ。「品質が良くて安い」、「減農薬なので身体にもやさしい」とお客さんに大好評。

中でも、「桃果汁入り焼き肉のたれ」はリピーターの多いヒット商品。
大分県豊後大野市清川町特産の桃・クリーンピーチ果汁を使用したコクと旨味のある焼肉のたれです。焼き肉のたれとしてだけではなく、野菜炒めや焼き飯など様々な用途で使うことができるのでオススメ!

桃果汁入り焼き肉のたれ(360ml 580円)

「清川ふるさと物産館夢市場」は、豊後大野市清川町の大切な情報発信施設としての役割も担っており、新しい田舎の魅力を届ける道の駅です。きよかわにぜひ立ち寄ってみて。

道の駅 きよかわ

郵便番号/879-6903
住所/大分県豊後大野市清川町砂田1574-1
電話番号/0974-35-2117
営業時間/店舗・売店 7:30~18:00(12月30日~16:00・1月1日~1月3日 9:00~15:00・1月4日 7:30~18:00)、レストラン 10:00~21:00、喫茶・軽食 10:00~17:00
駐車場/大型:8台・普通車:73台(内、身体障がい者用3台)
料金/無料
定休日/12月31日
「道の駅 きよかわ」の詳細はこちら

【玖珠郡玖珠町】道の駅 童話の里くす

不思議な形の山々に囲まれた大自然。赤おにさんと青おにさんに会えるかも!?

桃太郎一行が出迎えてくれる可愛らしい雰囲気の道の駅

大分県玖珠郡玖珠町にある道の駅「童話の里くす」は、平成21年5月29日にオープンした、九州で100番目、大分で21番目の道の駅です。

大分自動車道の玖珠ICを下りてすぐのところにあり、桃太郎一行が出迎えてくれます。

周辺は、切り株の形をした「伐株山」や「万年山」、「日本の滝百選」に選ばれた「西椎屋の滝」、「日本棚田百選」に選ばれている「山浦早水の棚田」、「平成の名水百選」にも選出された「下園妙見様湧水」などの美しい豊かな自然に恵まれているほか、毎年5月5日には「日本童話祭」が開催され、多くの人で賑わいます。

そしてパンコーナーには、”童話の里くす”にちなんだ、かわいらしいパンが!
オリジナルパン「赤おにさん(170円)」は、ふじりんごの果肉入りクリームとピューレジャム入り。一方の「青おにさん(170円)」は王林りんごジャムが入った菓子パン。
どちらも愛くるしいお顔で大好評。お土産やおやつにいかがですか。

愛くるしいお顔の赤おにさんと青おにさん!思わず笑顔がこぼれます

直売所では、「乾しいたけ(250円~)」が販売されておりこちらもイチオシ商品です。
乾しいたけは玖珠の特産品で、乾燥によって栄養を凝縮しているので、旨みたっぷり。出汁にはもちろん、様々な料理に大活躍の「乾しいたけ」は、お土産にも喜ばれますよ!

ほかにも、ファストフードやレストランも備わっています。
玖珠産の牛乳を使用した後味スッキリのソフトクリーム「牛乳ソフト(300円)」は、リピーター多数!

地元の特産品を使ったメニューが豊富なレストランも。高い天井と広い窓の明るくオープンなスペースの中で、ドライブの疲れを美味しい食事で癒しませんか。

レストランのオススメメニューは「豊後牛焼肉定食(1,500円)」。大分特産の豊後牛を使った贅沢で満足度バッチリの一品です。

豊後牛焼肉定食 1,500円

道の駅 童話の里くす

郵便番号/879-4403
住所/大分県玖珠郡玖珠町大字帆足2121
電話番号/0973-72-5535
営業時間/直売所 9:00~18:00(12月~2月は9:00~17:00)、レストラン 9:00~17:00(オーダーストップ16:30)
駐車場/大型:6台・普通車:115台(内、身体障がい者用3台)
料金/無料
定休日/12月31日~1月2日
「道の駅 童話の里くす」の詳細はこちら

【由布市】道の駅 ゆふいん

湯布院観光の玄関口。壮大な由布岳と美味しい「柚子ごしょう」に感動!

道の駅ゆふいんは、国道210号線、大分自動車道湯布院IC、県道別府一の宮線の合流地点にあり、 悠然とそびえる由布岳を望む、観光地湯布院の玄関口です。

施設には地域の品々を扱う物産館やお食事処「岳庵」があり、情報ステーションには、道の駅周辺の道路や観光案内の専属案内人も常駐。

大分県発祥の調味料とも言われている「柚子ごしょう」。
物産館には様々な「柚子ごしょう」や、それを使った商品がずらりと並びます。

中でもイチオシは、由布製麺の「柚子ごしょうマヨ(500円)」。爽やかな柚子の香りと、コクのあるマヨネーズがおいしさを引き立てあっている逸品です。
いろんなものに合うので、色々と試してみるのも楽しいですよ。

パッケージも可愛らしい「柚子ごしょうマヨ(500円)」

その他にもたくさんの柚子ごしょうを使った商品を取り扱っており、自宅用、お土産用どちらにも大好評。たくさんある柚子ごしょうの中から自分だけのお気に入りを見つけてみて。

また、「ゆふコロ」も大好評!地元の由布高校と道の駅ゆふいんのコラボ商品で、大分県産のにら豚を使ったオリジナル商品です。ついつい何個も食べたくなるゆふコロを是非!

やみつきになる美味しさ!ゆふコロ(180円)

たくさんの美味しい特産品に出会え、壮大な由布岳を一望できる道の駅ゆふいん。
湯布院観光の際にはぜひ立ち寄ってみて。

道の駅 ゆふいん

郵便番号/879-5114
住所/大分県由布市湯布院町川北899-76
電話番号/0977-84-5551
営業時間/9:00~18:00(11/1~3/31 ~17:30)
駐車場/大型:13台 普通車:90台(内、身体障がい者用3台)
料金/無料
定休日/年中無休、喫茶:年末年始
「道の駅 ゆふいん」の詳細はこちら

※この記事は2019年1月時点での情報です
※掲載の価格は全て税込価格です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※掲載している情報が実際と異なる場合があります。実際の交通規制標識・表示等に従ってください

ライター紹介
この記事を書いた人
ITP47

日本を楽しもう!
47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪