自然の資源が豊富な鹿児島県は、その自然を利用した観光スポットがたくさん!

レンタカーでドライブしながら、海の中からそびえ立つ火山、桜島や指宿の温泉など、錦江湾を挟んで西と東に分けて回る2つのドライブコースをご紹介します。

記事配信:じゃらんレンタカー

鹿児島のエリア基本情報と見どころ

九州の南部にある鹿児島県。鹿児島市を中心とする薩摩地方、鹿屋市を中心とする大隅地方、西之表市を中心とする種子島・屋久島地方、奄美市を中心とする奄美地方の4つのエリアに分けられます。

本土と呼ばれる九州島の部分と離島と呼ばれる薩南諸島に分かれていて、総面積の約28%は種子島や屋久島などの離島で、26の有人離島があります。

世界遺産の屋久島や霧島山、桜島があり、自然の資源が豊かな鹿児島県は、その自然を利用した観光スポットや、種子島宇宙センター、知覧特攻平和会館などの歴史を語り継ぐ施設など、自然や文化、歴史に関する見どころたくさん!
そして、あまり知られていませんが温泉の源泉数が約2700本もあり、大分についで2番目に多いそう。砂むしで有名な指宿温泉をはじめ、約100箇所もの温泉地があるのだそうですよ。

また、さつまいもやさつまあげ、地鶏の刺身、キビナゴ、カツオ、かるかんなど、美味しいものもたくさん!中でも、鹿児島で特徴的なのが、かごしま黒豚、鹿児島黒牛、黒さつま鶏、クロマグロ、黒酢、黒糖といった「黒」の食材。全国的にも有名なブランド食材がいっぱいあります。

鹿児島のおすすめドライブコース 大隅半島編

大隅半島南下コース

西郷隆盛像に見守られながら鹿児島空港をスタートし、桜島の美味しいものを食べ、大隅半島の美しい景色を見ながら南下していくドライブコース。

■走行距離:146.9km
■走行時間:3時間57分
■有料道路料金:1120 円(ETC:1120円)

【スタート】鹿児島空港

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/21分
走行距離/10.2km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【1】鹿児島神宮

鮮やかな朱色が美しい拝殿

拝殿の天井は美しい絵で彩られている

鹿児島空港を出発したら、空港目の前の西郷公園にある西郷隆盛像に見守られながら、車を南に走らせて霧島市にある鹿児島神宮を目指します。

こちらは、天津日高彦火火出見尊(あまつひだかひこほほでみのみこと)と豊玉比売命(とよたまひめのみこと)を主祭神としています。

宝暦6年に島津重年公によって再建された漆塗りの神殿は、木造建築の本殿としては県内でも最大級の広さなのだそう!

また、鹿児島神宮に伝わる文書(もんじょ)は昭和62年3月16日に県の有形文化財(古文書)に指定され、本殿・拝殿・勅使殿は平成2年3月23日に県の有形文化財(建造物)に指定されています。

拝殿の格子状の天上に描かれている鮮やかな花や野菜は、一見の価値ありです。さらに、2018年に奉納された御神馬も不定期で公開されているそうなので、運がよければ拝観できるかも!

神聖な気持ちで鹿児島神宮を後にしたら、錦江湾に浮かぶ桜島を目指しましょう!

鹿児島神宮

郵便番号/899-5116
住所/鹿児島県霧島市隼人町内2496−1
電話番号/0995-42-0020
営業時間/8:30~17:00
駐車場/有り(250台/無料)
料金/8:30~17:00(参拝時間)
定休日/なし
「鹿児島神宮」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道・九州自動車道
走行時間/1時間8分
走行距離/53.3km
有料道路料金:1120円 (ETC:1120円 )

【2】湯之平展望所

桜島の火口に一番近い湯之平展望所

鹿児島のシンボルとしても知られている桜島。日本の火山の中では比較的新しい火山で、現在も活発な活動を続けている活火山です。

標高373m、北岳の4合目にある湯之平展望所は、桜島の中で一般の人が入れる最高地点の展望所。火口に最も近い場所で、くっきりとした山肌は圧巻の迫力です。

錦江湾越しに見える鹿児島市街の眺望も美しく、天気のいい日は北に霧島連山、南に開聞岳といった鹿児島の秀峰も見ることができます。

夕暮れ時に夕日が海の向こうに沈む姿や、日が暮れたあとの夜景もとても綺麗なので、その時間帯もおすすめです。

石垣などに7つのハートの岩が隠されているので、ぜひ探してみてください。見つけると幸せになれるかも♪

大地のパワーを肌で感じたところで、さらに桜島について学べる場所へ向かいましょう!

湯之平展望所

郵便番号/891-1418
住所/鹿児島県鹿児島市桜島小池町1025
電話番号/099-298-5111(観光交流センター)
営業時間/9:00~17:00(売店・展望施設)
駐車場/有り(30台/無料)
料金/無料
定休日/無休
「湯之平展望所」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/13分
走行距離/6.4km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【3】桜島ビジターセンター

桜島の情報収集はビジターセンターへ

火山の偉大な力を肌で感じた後は、せっかくなので桜島について少し学んでいきましょう!

次に訪れたのは、桜島フェリーターミナルからすぐ近くにある、桜島ビジターセンターです。

ここは、噴火の歴史やメカニズムなどの解説・展示がされていている桜島のミニ博物館♪桜島の噴火の歴史と地形の変化、植生などをパネルや模型で説明していて、火山についてはもちろん、桜島の観光案内まで、桜島の魅力をたっぷりと紹介してくれます。

桜島シアターでは、桜島のみどころを大型スクリーンで13分間の映像にまとめて紹介。リクエストに応じて上映してくれます。

併設しているミュージアムショップでは、「火山と人を結ぶ」をコンセプトに、桜島・鹿児島の「いいもの」を販売しているのだそう。火山と共に暮らしているこの地にしかないものや、桜島に関する資料・本も購入できます。

さあ、鹿児島のシンボルについて知識を得たところで、次は腹ごしらえといきましょう!

桜島ビジターセンター

郵便番号/891-1419
住所/鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722番地29
電話番号/099-293-2443
営業時間/9:00~17:00
駐車場/有り(10台/無料)
料金/入館無料
定休日/無休
「桜島ビジターセンター」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/2分
走行距離/576m
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【4】火の島めぐみ館レストラン おふくろの味・旬

火の島御膳 1050円(税込)

桜島ビジターセンターそばの道の駅「桜島」火の鳥めぐみ館に併設しているレストラン、おふくろの味・旬。

こちらでは、桜島のおふくろさんたちが手間ひまかけてつくった「おふくろの味」を楽しめます。

桜島小みかんや桜島大根、ネギ、カンパチなど多くの食材を、桜島産・鹿児島県産にこだわった料理を提供。

余計な調味料は使用せず、素材の味が最大限に活かされるように調理されていて、ホッとする優しい味わいのメニューが揃っています。

さて、桜島の魅力を身体でしっかり感じたあとは、鹿屋市のパワースポットへ向かいましょう♪

火の島めぐみ館レストラン おふくろの味・旬

郵便番号/891-1419
住所/鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-48
電話番号/099-293-3883
営業時間/9:00~16:00(オーダーストップ15:30)
駐車場/有り(道の駅桜島(火の島めぐみ館)/無料)
料金/火島御膳1050円(税込) など
定休日/第3月曜日
「火の島めぐみ館レストラン おふくろの味・旬」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/1時間27分
走行距離/43.4km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【5】荒平天神

神社を囲む海水も透明度が高く美しい

大隅半島を錦江湾沿いに南下して行くと、県道68号線沿いにあるのが大隅半島のパワースポットとしても知られる荒平天神。

鳥居は砂浜の上に建っていて、本殿は鳥居をくぐった先にある岩山の頂上に鎮座しています。正式名称は菅原神社といい、学問の神様・菅原道真公が祀られていて、合格祈願にたくさんの人が訪れるのだそう。

海岸には梅の形をした貝殻が流れ着き、夜になると白く光るという言い伝えもあるそうで、とっても神秘的ですよね。

一帯は桜島から開聞岳まで見渡せる壮大な景色が広がっています。夕暮れ時は鳥居の向こうに陽が沈み、一段とロマンティックで訪れる人を魅了しています。

また、キレイに整備されたトイレも設置されているので、ドライブで困りがちなトイレ休憩のお立ち寄りとしてもオススメですよ♪

美しい海の景色に出会った次は、さらに南へ向かって南大隅町へ。

荒平天神

郵便番号/891-2313
住所/鹿児島県鹿屋市天神町4041
電話番号/0994-31-1121(鹿屋市役所 ふるさとPR課)
駐車場/有り(7台/無料)
定休日/なし
その他/トイレ有り
「荒平天神」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/56分
走行距離/27.7km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【6】雄川の滝

滝壺のエメラルドグリーンが美しい『雄川の滝』

次に向かうのは、南大隅町の根占地区を流れる雄川上流にある迫力満点の滝『雄川の滝』です。

落差46m、幅60mの滝がエメラルドグリーンに輝く滝壺に流れ込む様子は、とっても神秘的でうっとりするほどの美しさです。
渓流の音を感じながら、体中で自然の偉大さを実感することができますよ♪

駐車場から滝壺までは、約1,200mの遊歩道を歩いて向かうので、滝にたどり着くまでにも緑豊かな自然に癒やされます♪

雄川の滝

郵便番号/893-2501
住所/鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北
※ナビで「鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北12222-2」と入力すると、駐車場の2km手前地点まで案内される場合があります。
電話番号/0994-24-3115(南大隅町観光課)
営業時間/8:00~日没
駐車場/有り(30台/無料)
定休日/年中無休
「雄川の滝」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/11分
走行距離/5.3km
有料道路料金: 0円 (ETC:0円 )

【7】ねじめ温泉ネッピー館

ねじめ温泉ネッピー館 外観

大隅半島をひたすら南下したところで、最後は温泉でゆっくりとリフレッシュしましょう!

南大隅町の東側、雄川の河口にある『ねじめ温泉 ネッピー館』は、温泉、レストラン、宿泊施設を備え、隣に『物産館なんたん市場』を併設しています。もちろん、立ち寄り湯としても利用可能!

こちらでは、全国でも珍しいというバイタル還元水(マイナスイオン)風呂をはじめ、源泉掛け流しの露天風呂、歩行浴槽、ジャグジー、遠赤外線サウナ、磁気サウナ、家族風呂など多彩なお風呂が楽しめます。

地下1203mから湧き出る、ネッピー館の湯は、ナトリウム塩化物強塩泉。夏は湯上がりさわやかに、冬は体の芯からポカポカと温まり、一年中楽しめますよ♪

大隅御前 1380円(税込)

また、『レストラン雄川』では、鹿児島(大隅地方)の食材にこだわったメニューが揃っています。

中でもオススメなのが、鹿児島黒豚のヒレカツ、桜島鶏、ねじめ黄金カンパチ、黒酢などを使用した「大隅御膳(おおすみごぜん)」。鹿児島の恵みが、この御膳で一度に堪能できてお得感満載!

ほかにも、鹿児島ブランド認定魚ねじめ黄金カンパチの刺し身や、切り身をフライにして特製南蛮ダレに漬け込んだ「ねじめ黄金カンパチ南蛮丼」もおすすめですよ♪

ねじめ温泉ネッピー館

郵便番号/893-2502
住所/鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南732
電話番号/0994-24-5300
営業時間/レストラン11:30~14:00、17:30~21:00
温泉7:00~22:00
駐車場/ 有(約200台/無料)
料金/入浴料金 大人330円・子ども150円、1日入浴 大人500円・子ども300円
家族風呂(要予約)1,500円
定休日/第2月曜(祝祭日の場合は翌日)※臨時休館の場合あり(事前にご確認ください)
「ねじめ温泉ネッピー館」の詳細はこちら

鹿児島のおすすめドライブコース 南薩摩編

南薩摩ドライブコース

JR鹿児島中央駅をスタートし、指宿名物の砂蒸しや郷土料理を堪能し、知覧の歴史などを見学しながら、錦江湾の西側を楽しむドライブコース。

■走行距離:166.9km
■走行時間:5時間35分
■有料道路料金:0 円(ETC:0 円)

【スタート】JR鹿児島中央駅

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/47.4km
走行距離/1時間35分
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【1】砂むし会館 砂楽

大潮の日の干潮時に利用できる波打ち際の砂蒸し

砂の温度は55℃程度。全天候対応

JR鹿児島中央駅を後にし、薩摩半島をひたすら南に車を走らせて、最初に向かう先は指宿市!

温泉地としても有名な指宿で外せないのが、暑い砂に身体を埋めて温まる「砂蒸し温泉」!

『砂むし会館 砂楽』では、海岸に自然湧出する豊富な温泉を利用した、天然砂蒸し温泉を備えています。錦江湾沿岸を目の前に望む場所にあり、海のさざ波の音を間近で聞きながら、楽しむ砂むし温泉は最高!

屋根がついているので、天気を気にせずに利用できるのも嬉しいですね♪そして、天候の良い大潮の干潮時には、波打ち際での砂蒸し体験もできるんですよ!

砂をかけて10分ほど経つと、体中からじわ~っと汗が!寝ながら入るので、血液が循環しやすく、美肌や発汗促進によるデトックス効果が期待できるとあり、特に女性から人気を集めるスポットなのです。

砂むし会館 砂楽

郵便番号/891-0406
住所/鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18
電話番号/0993-23-3900
営業時間/8:30~20:30(21:00閉館)
駐車場/有り(普通車90台/無料)
料金/大人(中学生以上) 1,080円、小人(小学生以下) 590円※浴衣料金含む
定休日/無休(7月と12月にメンテナンス休館あり)
「砂むし会館 砂楽」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/14.7km
走行距離/30分
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【2】かいもん山麓ふれあい公園

『かいもん山麓ふれあい公園』から望む開聞岳

指宿名物の砂蒸し温泉を満喫したあとは、薩摩藩半島の南端にそびえる火山、開聞岳を目指します。

開聞岳は、標高924mの高さを誇り、日本百名山の1つにも選ばれています。円錐形の山容から「薩摩富士」とも呼ばれているそう。

そんな開聞岳の山麓にあるのが、かいもん山麓ふれあい公園。広大な自然に囲まれ、目前に開聞岳がそびえ立ちます。

親子で楽しめるゴーカート

この公園には、開聞岳の登山口があるほか、ログハウスやキャンプ場を備えているのだそう。また、パターゴルフやゴーカートもあるので、ドライブの休憩&息抜きがてら利用してみてはいかがでしょう?

かいもん山麓ふれあい公園

郵便番号/891-0603
住所/鹿児島県指宿市開聞十町2626
電話番号/0993-32-5566
営業時間/9:00~17:00
駐車場/有り(90台/無料)
料金/入園料:無し
定休日/火曜
「かいもん山麓ふれあい公園」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/32分
走行距離/15.5km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【3】黒豚と郷土料理 青葉

さつま六白黒豚のしゃぶしゃぶ 一人前2,160円(税込)。2人前より注文可能

開聞岳の雄大さを間近で感じた後は、昼食でもいかがでしょう?せっかくなら、地元の美味しいものを楽しみたいですよね!そこでオススメなのが、JR指宿駅前に店を構える老舗のお食事処『黒豚と郷土料理 青葉』です。

地元の指宿市や鹿児島県産の新鮮な食材を使った郷土料理を堪能できる『黒豚と郷土料理 青葉』。県内でも絶品といわれている地元・谷門牧場産の黒豚をしゃぶしゃぶなどの様々な調理法で楽しめるほか、郷土料理の奄美鶏飯、本場・さつま黒鶏の刺身やステーキも味わえます。

温たまらん丼(さつま芋レモン煮・汁物付) 900円(税込)

TVでも紹介された指宿ご当地グルメ「温たまらん丼」は、秘伝の甘辛いタレを絡めて焼き上げた、谷門牧場の黒豚三枚肉の香ばしさと、温泉卵のまろやかさのコラボレーションが堪りません!

ご当地もののサイダーやアイス、ジュースなども豊富に揃っているので、家族みんなで楽しめますよ♪

黒豚と郷土料理 青葉

郵便番号/891-0405
住所/鹿児島県指宿市湊1-2-11
電話番号/0993-22-3356
営業時間/ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)ディナー17:30~22:00(L.O.21:30)
駐車場/あり 16台
料金/黒豚ロースカツ定食1,420円(税込)、黒さつま鶏の刺身850円(税込)、奄美けいはん定食1,000円(税込)、指宿温泉サイダー380円(税込)、そら豆アイスクリーム400円(税込)
定休日/毎水曜日
「黒豚と郷土料理 青葉」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/1時間9分
走行距離/34.4km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【4】知覧特攻平和会館

唯一現存するとされる陸軍四式戦闘機「疾風」

陸軍沖縄特攻作戦で亡くなった隊員の遺影

『知覧特攻平和会館』は、第二次世界大戦末期の沖縄戦で、人類史上類のない、爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をおこなった陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺品、記録等、貴重な資料を収集・保存・展示している資料館です。

館内は、中央展示室、疾風展示室、戦史資料展示室、企画展示室、震洋艇展示室、零戦展示室の6つの展示室で構成されています。

中央展示室には、一式戦闘機「隼」を中心に、若き特攻隊員1,036名の遺影が、出撃戦死した月日の順に掲示されています。また、立体ケースには家族・知人に残した遺書・手紙・辞世・絶筆などの展示も。

そのほかに、特攻の母と呼ばれた鳥浜トメさんをはじめとする、生き残った人たちの証言映像「残された者から」、当時の知覧飛行場を再現した模型「知覧の空」、当時の様子が記録された映像「出撃から突撃」といったものも観ることができます。

当時、陸軍飛行場のおかれた知覧の歴史から、平和や命について考えてみましょう。

知覧特攻平和会館

郵便番号/897-0302
住所/鹿児島県南九州市知覧町郡17881
電話番号/0993-83-2525
営業時間/9:00~17:00(最終入館16:30)
駐車場/有り(普通車500台/無料)
料金/大人500円、子ども300円
定休日/無休
「知覧特攻平和会館」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/54分
走行距離/26.9km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【5】くじらの眠る丘

1階は24時間見学可能

『知覧特攻平和会館』で知覧の悲しい歴史を学んだあとは、十数年前に座礁したクジラを見に南さつま市へ。

平成14年1月22日、旧大浦町小湊干拓海岸に座礁した14頭のマッコウクジラ。この時に座礁したマッコウクジラのうち1頭を、骨格標本として永久保存し、座礁の記録を継承するために『くじらの眠る丘』が建設されました。

1階にはマッコウクジラの骨格の標本が展示してあります。全長13mの大きさですが、当時座礁したクジラの中では、小さい方なんだとか。

「ほえるん」の愛称で呼ばれているクジラが、10時~17時の間、30分おきに潮を吹くように噴水があがる仕掛けもあります。風の向きによっては水がかかってしまうことがあるそうなのでご注意を!

夜にははライトアップされて、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気になるのだそうですよ♪

また、敷地内には、大浦特産品直売所「ふるさとくじら館」を併設しており、鹿児島の郷土菓子のふくれ菓子「ふくれかか」など、地元の名産品を販売しています。

くじらの眠る丘

郵便番号/897-1201
住所/鹿児島県南さつま市大浦町29451
電話番号/0993-53-2111(南さつま市役所)、0993-62-2120(ふるさとくじら館)
営業時間/1階:いつでも自由に観覧可  2階:9:00~17:00 ふるさと館:8:30~17:30
駐車場/有り(約20台/無料)
料金/無料
定休日/無し(ふるさとくじら館は年末年始休み)
「くじらの眠る丘」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/一般道
走行時間/48分
走行距離/23.9km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【6】火之神公園

薩摩半島随一の景観を誇る『火之神公園』

クジラの大きな標本を見た後は、南にある枕崎市の絶景スポットへ向かいます。

東シナ海に突き出た岬の先端に広がる『火之神公園』は、薩摩半島随一と称される絶景が望めるスポットです。沖にそびえ立つ標高42mの「立神岩」や、薩摩富士とも呼ばれる「開聞岳」はとても神秘的!

古事記や日本書紀に登場する「海幸彦と山幸彦」にゆかりのある地としても有名なんだそうですよ!園内には、山幸彦の銅像が建っているので、探してみてくださいね♪

キャンプやピクニックにも人気のスポットで、付近一帯は、絶好の磯釣りポイントとしても有名な場所です。

また、夕暮れ時には野間半島方面に沈む美しい夕日を見ることもできますよ。

枕崎まで来たので、次は有名なカツオを食べに行きましょう♪

火之神公園

郵便番号/898-0049
住所/鹿児島県枕崎市火之神岬町1-1
電話番号/0993-72-1111(枕崎市役所水産商工課観光交流係)
営業時間/常に開放しています
駐車場/有り(100台/無料)
定休日/なし
「火之神公園」の詳細はこちら

次のスポットへ→
ルート/
走行時間/9分
走行距離/4.1km
有料道路料金:0円 (ETC:0円 )

【7】枕崎名物料理 だいとく

国道226号線沿いにある『枕崎名物料理 だいとく』

朝に出発して南薩摩の名所を1日かけて回ったら、最後は、地元の美味しいもので一日を締めくくりましょう♪

『枕崎名物料理 だいとく』では、枕崎産鰹や鰹節,枕崎産六白黒豚「鹿籠豚」を使った枕崎の名物料理をはじめ、鹿児島の商店街グルメNo.1を決める「Show-1グルメGP」で2度にわたり優勝した、ご当地グルメ「鰹船人めし」が味わえます。

「枕崎鰹船人めし SP」 880円(税込)

「鰹船人めし」とは、カツオ船の漁師さんが船の上で食べていた料理を現代風にアレンジしたもので、市内の9店舗で提供されています。こちらの「枕崎鰹船人めしSP」はGP受賞時に近い味を楽しめるのだそう。

鰹の切り身と生産量日本一の枕崎鰹節がたっぷり乗り、枯れ本節のダシがきいたカツオづくしのだし茶漬け風丼。最初はダシをかけずにそのままで、次はダシをかけて、最後はパリパリのカツオせんべいをトッピングして…と、2度も3度も楽しめますよ♪

疲労回復効果も期待できる美味しいかつお料理で、ドライブの疲れを癒やしつつ一日の旅を振り返ってみて下さい。

枕崎名物料理 だいとく

郵便番号/898-0003
住所/鹿児島県枕崎市折口町17番地
電話番号/0993-72-0357
営業時間/11:00〜16:00(L.O.15:30)、18:00〜21:00(L.O.20:30)
駐車場/有り(9台/無料)
料金/枕崎ぶえん鰹の刺身定食1200円(税込)、鹿籠豚めが豚丼1050円(税込)
定休日/不定休(要問合せ)
「枕崎名物料理 だいとく」の詳細はこちら

※この記事は2018年3月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください