宿・ホテル予約TOP > 国内ツアー > 北陸ツアー > 石川(金沢・加賀・能登)ツアー

石川(金沢・加賀・能登)旅行ツアー

石川(金沢・加賀・能登)行きツアーの出発地を選ぶ

北陸のオススメ旅行特集

北陸旅行・北陸ツアーにピッタリなおすすめ情報

石川(金沢・加賀・能登)エリアの観光ガイド

石川(金沢・加賀・能登)へ旅行するなら周辺の観光・イベント情報も同時にチェック!

加賀百万石・前田家の城下町として栄えてきた石川県・金沢エリア。金沢は、藩政時代には、江戸・京都・大阪に次ぐ大きな街だったといわれます。往事をしのばせる代表的な観光スポットが、前田利家の居城跡である「金沢城公園」。藩政時代の建物である石川門や三十間長屋、美しい石垣を見ながら散策できます。これと並ぶ、金沢エリアの観光スポットが日本三名園のひとつである「兼六園」。自然そのものが持つ美しさを、庭職人の技で引き出した素晴らしい庭園です。この他、金沢エリアには、三代藩主・利常が、妻である珠姫のために創建された「天徳院」、初代藩主・利家と正室のおまつの方を祀る神社「尾山神社」などの名跡があります。また、金沢は伝統工芸が今でも盛んな地として知られ、九谷焼や加賀友禅をはじめ、金沢漆器、加賀繍、金沢仏壇、金沢箔などにふれることができます。金沢エリアの食といえば、四季折々の季節を美しく投影する和菓子。この地は、茶の湯文化が盛んだったことから、和菓子の技術が発展しました。同じ石川県の加賀エリアには、3つの温泉からなる加賀温泉郷があります。「山代温泉」は、明智光秀が傷を癒しに湯治に訪れたという古くから全国に名高い温泉。「山中温泉」は、松尾芭蕉が八泊九日の長逗留をしたことで知られます。「片山津温泉」は、開放感あふれるロケーションの明治期以降に栄えた温泉地です。半島にノスタルジックな漁村が点在する能登エリアでは、活気あふれる輪島の朝市、美しい波の花が見られる垂水の滝、国の重要文化財に指定されている妙成寺などが旅行者の人気を集めます。

石川(金沢・加賀・能登)のおすすめ観光スポットをpickup

平成16年10月開館。円いガラスに囲まれた明るい美術館。気軽に立ち寄れ、無料ゾーンにコミッションワークもあり、建物そのものも一見の価値あり。

北陸エリアおすすめ観光スポット

兼六園

兼六園

江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。池や滝、曲水があり、日本海や医王山方面の眺望もすばらしい。

黒部ダム

黒部ダム

昭和38年に完成した日本最大、世界でも最高クラスに入るアーチ式ダム。毎秒10万立方メートル以上の放水は大迫力だ。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街

浅野川大橋近くに広がる茶屋街。江戸時代の雰囲気を残し「街並みの文化財」として重要伝統的建造物群保存地区に指定された。

東尋坊

東尋坊

海に突き出した柱状の断崖が1キロ余も続く奇観で、国の名勝・天然記念物に指定されている。断崖上に遊歩道が通っている。


↑石川(金沢・加賀・能登)旅行ツアーページ先頭に戻る

エリアを変更する(北陸)

目的地を変更する

石川(金沢・加賀・能登)ツアーを探すならじゃらんnet