1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  カメラ必携!福山・尾道エリアの週末日帰りプチトリップおすすめスポット

naoさんの広島県の旅行記

カメラ必携!福山・尾道エリアの週末日帰りプチトリップおすすめスポット

  • その他
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • グルメ
  • ハイキング・登山
  • 女子旅

風光明媚なスポットが点在する、福山・尾道エリア。時間を忘れてのんびり過ごしたいスポットが多いのも特徴です。この記事では週末の日帰り旅行におすすめしたいスポットを5カ所ご紹介します。

naoさん 女性 / 30代

1日目2015年3月23日(月)

鞆の浦

福山市

「鞆の浦」を   >

福山を代表する観光スポットがここ「鞆の浦(とものうら)」。坂本龍馬が伊予大洲藩から借り受け、運用した「いろは丸」が宇治島沖で沈没した際に、その賠償交渉が行われた地として知られています。現在は、江戸時代の蔵を利用した「いろは丸展示館」内にその関連資料が展示され、龍馬が当時隠れ潜んだ部屋も再現されています。また、鞆の浦は「崖の上のポニョ」のロケ地としても有名で、街の中で可愛らしいポニョの姿を見ることもできます。

仙酔島

福山市

「仙酔島」を   >

先にご紹介した鞆の浦から船で5分の場所に位置するのが、日本で最初の国立公園に指定された「仙酔島」。「仙人も酔うほど美しい島」という名の通り、美しい海と豊かな自然が魅力の島です。宿泊施設もあり、新鮮な海鮮料理、仙酔島で採れた野草を使ったてんぷらなど、美味しい食事が人気です。日帰りで訪問するなら、島での食事に加えて「江戸風呂」がおすすめ。「洞窟蒸し風呂」、「胎内風呂」、「よもぎ蒸し座浴」などユニークなお風呂が充実しています。時間が止まったようなこの島は、日頃忙しく過ごしている方にこそおすすめしたいスポットです。

尾道

尾道市

「尾道」を   >

温暖な港町で、年間を通して多くの観光客が訪れるのが広島の「尾道」。尾道は南北35キロの細長い街で、尾道市街地がある北部地域が「おのみちエリア」、しまなみ海道沿線が「しまなみエリア」となります。このおのみちエリアの中腹には数多くの仏閣、細い路地、階段、坂道があり、それぞれが尾道独特の風光明媚な街並を作り上げています。街を徒歩で散策したり、ロープウェイを使って尾道のシンボル「千光寺公園」からの眺望を楽しんだり、尾道ラーメンを堪能したり・・と一日中のんびりと楽しめる街です。尾道は魚が美味しいことも関係しているのか、ネコが多いことでも有名です。

しまなみ海道

尾道市

「しまなみ海道」を   >

愛媛県今治市と広島県尾道市を繋ぐ西瀬戸自動車道の総称が「しまなみ海道」です。本州と向島の間に架かるのが「新尾道大橋・尾道大橋」、向島と因島の間に架かるのが「因島大橋」、因島と生口島の間に架かるのが「生口大橋」、生口島と大三島の間に架かるのが「多々羅大橋」、大三島と鼻栗瀬戸の間に架かるのが「大三島橋」、伯方島と宮窪瀬戸の間に架かる橋が「伯方・大島大橋」、大島と来島海峡に架かるのが「来島海峡大橋」です。ここを訪れるならよく晴れた日がおすすめです。美しいアーチを描く橋の姿はもちろん、橋の上から眺める瀬戸内海は本当に素晴らしいです。ドライブだけでなく、レンタサイクルを使ってのサイクリングもおすすめです。

福山城

福山市

「福山城」を   >

JR福山駅の目の前に建つ「福山城」。国の重要文化財に指定されている伏見櫓と筋鉄御門、昭和41年に復元された月見櫓、天守閣、鏡櫓(文書館)など、見どころが多いお城です。天守閣内には「福山城博物館」として、福山城関連の甲冑や武具、歴代藩主の書画など収蔵品が展示されています。桜の季節は人出が多くなるものの、年間を通してそれほど混み合わないため、落ち着いて史跡めぐりをしたい方にもおすすめのスポットです。

カメラ必携!福山・尾道エリアの週末日帰りプチトリップおすすめスポット

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!2

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

naoさんの他の旅行記

(C) Recruit Co., Ltd.