1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  抜塚(大窪・山畑7号) 
ようこそ、ゲストさんログイン

Sakamoto119さんの旅行記

抜塚(大窪・山畑7号) 

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • ハイキング・登山
  • その他

大窪・山畑7号墳(抜塚):浄土宗来迎寺の墓地内の南側、現在地から右手に見える横穴式石室墳(ゆこあなしきせきしつ)です。トンネルのように、通りぬけることができることから、抜塚ともよばれています。現在、残っている部分は、羨道(せんどう)といわれる石室の通路部分です。羨道の長さは8m、高さは2.2mあります。本来はこの部分の北側、本堂寄りに、玄室といわれる棺(ひつぎ)を納めた部屋がありました。玄室は、長さ5〜6m、幅3m前後と推定され、石室の本来の長さは、13〜14m前後になると想定でき、高安古墳群中で最大級の石室の1つであったと考えられます。石室には、巨大な石材が使用されており、奈良県明日香村の石舞台古墳(いしぶたいこふん)と同じ時期、7世紀前半頃に造られた古墳と考えられます。 場所:八尾市大字大窪35 (来迎寺墓地)

大阪ツウ Sakamoto119さん 男性 / 50代

1日目2016年2月28日(日)

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

最も古墳が集中する「高安千塚」地域の北側、来迎寺の墓地にあります。 7世紀初め頃の円墳と考えられ、横穴式石室の玄室の石材が失われ、羨道のみがトンネル状に残っていることから、「抜塚」と呼ばれています。 高安古墳群最大の横穴式石室である郡川地区の市史跡開山塚古墳と同等規模であったと考えられ、高安古墳群の中でも最有力者層の墓の一つです。 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約20分

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!12

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

Sakamoto119さんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ