1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。
ようこそ、ゲストさんログイン

Sakamoto119さんの旅行記

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • アクティビティ
  • 格安旅行
  • その他

樟本神社 「延喜式」神名帳には「志紀郡樟本神社3座」とあり、現在の木の本町、北木の本町、南木の本町に鎮座する樟本神社に比定される。  樟本神社創建の年代は詳かではないが用明天皇の御代(在位:585〜7年)物部守屋が本拠地である稲城の守護神として崇めていた布都大神を奉祀されたものと伝えられる。 この神は 記・紀古伝によると悪疫邪霊を祓い病気平癒又鍬靱を司る農耕・武の神として広く村民の崇敬を受け現在に至っているという。  各々の境内に建てられてある説明碑はほぼ同じ内容であるが、木の本にある樟本神社のそれには、「南木の本、北木の本に分祀」と記されており、木の本の樟本神社が最も古い神社と思われる。 所在地:八尾市 最寄駅:J大和路線「八尾」下車、近鉄バス「藤井寺駅」OR「八尾南駅前」行きで、各々「北木の本」、「南木の本」で下車。

大阪ツウ Sakamoto119さん 男性 / 50代

1日目2016年4月22日(金)

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

樟本神社境内にある「日羅寺」。 本堂に掲げてあった説明板によると、「日羅寺は583年 (備達天皇12年)日羅聖人が百済より帰朝して、天皇より阿都の桑市(南木の本村の旧地名)に土地を与えられ、一寺を建立し薬師如来を安置したのが始まり」としている。 本尊の薬師氏如来は聖徳太子の作と伝わり、厨子は 1860年(延宝8年)平野の豪族末吉勘兵衛の寄進による。

樟本神社境内にある「日羅寺」。 本堂に掲げてあった説明板によると、「日羅寺は583年 (備達天皇12年)日羅聖人が百済より帰朝して、天皇より阿都の桑市(南木の本村の旧地名)に土地を与えられ、一寺を建立し薬師如来を安置したのが始まり」としている。 本尊の薬師氏如来は聖徳太子の作と伝わり、厨子は 1860年(延宝8年)平野の豪族末吉勘兵衛の寄進による。

樟本神社境内にある「日羅寺」。 本堂に掲げてあった説明板によると、「日羅寺は583年 (備達天皇12年)日羅聖人が百済より帰朝して、天皇より阿都の桑市(南木の本村の旧地名)に土地を与えられ、一寺を建立し薬師如来を安置したのが始まり」としている。 本尊の薬師氏如来は聖徳太子の作と伝わり、厨子は 1860年(延宝8年)平野の豪族末吉勘兵衛の寄進による。

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

「守屋首洗池」です。 587年の丁未の乱で討たれた物部守屋の首を洗った場所と伝えます。

「守屋首洗池」です。 587年の丁未の乱で討たれた物部守屋の首を洗った場所と伝えます。

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!7

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

Sakamoto119さんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ