1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  西郡天神社(西郡廃寺跡)
ようこそ、ゲストさんログイン

Sakamoto119さんの旅行記

西郡天神社(西郡廃寺跡)

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • 格安旅行

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118 由緒;昔の由緒には、当社の創建は天文年間(1532〜1553の間)とされ、明治5年には村社に列社し、境内地996坪との事であるが古代国土形築の神道考古学的な観念から推察するには、この地域にはかなり古くより、御心鎮座の可能性もある。

大阪ツウ Sakamoto119さん 男性/ 50代

1日目2016年5月5日(木)

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

境内の手水鉢)は西郡寺の塔利柱礎石である。この地は錦織連の居住地で、その寺院の地といわれ、八間堂の字名がある。  塔心礎は、高さ60cm、縦120cm、横160cmの自然石の中央に直径67cm深さ37cmの柱穴があり、その中央に直径21cm、深さ18cmの舎利孔がある。白鳳時代に属し、昭和49年大阪府から考古資料として指定された。

境内の手水鉢)は西郡寺の塔利柱礎石である。この地は錦織連の居住地で、その寺院の地といわれ、八間堂の字名がある。  塔心礎は、高さ60cm、縦120cm、横160cmの自然石の中央に直径67cm深さ37cmの柱穴があり、その中央に直径21cm、深さ18cmの舎利孔がある。白鳳時代に属し、昭和49年大阪府から考古資料として指定された。

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

西郡天神社(にしこおりてんじんじゃ)  所在地:八尾市泉町2−118

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!6

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

Sakamoto119さんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ