1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  文明開化の町 御厨 【御厨会館】と【 御厨行者堂】東大阪市
ようこそ、ゲストさんログイン

Sakamoto119さんの旅行記

文明開化の町 御厨 【御厨会館】と【 御厨行者堂】東大阪市

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • その他

文明開化の町 御厨 【御厨会館】 東大阪市 住所:大阪府東大阪市御厨4丁目6−3 暗越奈良街道沿いに発展した御厨は、明治時代になると、この付近の中心的存在になります。 チョンマゲはザンギリ頭になり、和服から洋服になり、暦も月を中心とする太陰暦(旧暦)から太陽歴に変わりました。 また、街道沿いには、乗合自動車や人力車などが走るようになります。 明治7年2月には、この御厨村に屯所が置かれ、番人が配置されました。同10年になると御厨分署と改名し、同14年4月1日御厨村1082番地の民家を借り、『八尾警察署御厨分署』が設置されました。当時の区分でいくと若江郡・渋川郡・茨田郡にまたがる地域を管轄していました。また、明治9年3月16日河内国御厨郵便局が、御厨村1033番地に開設されました。 このように先進国的な役所や施設が、いち早くこの地に開かれたことは、御厨が河内地方の文明開化発生の地であったといえるでしょう。この地は、御厨分署があったところです。 屯所と言うのは、巡査が時々交番張りする所とされていますが、 同年8月12日までは、巡査は避卒(ちそつ)と呼ばれていました。

大阪ツウ Sakamoto119さん 男性 / 50代

1日目2016年7月20日(水)

文明開化の町 御厨 【御厨会館】 東大阪市 住所:大阪府東大阪市御厨4丁目6−3

文明開化の町 御厨 【御厨会館】 東大阪市 住所:大阪府東大阪市御厨4丁目6−3

文明開化の町 御厨 【御厨会館】 東大阪市 住所:大阪府東大阪市御厨4丁目6−3

文明開化の町 御厨 【御厨会館】 東大阪市 住所:大阪府東大阪市御厨4丁目6−3

文明開化の町 御厨 【御厨会館】 東大阪市 住所:大阪府東大阪市御厨4丁目6−3

【御厨行者堂】 堂の横には昭和九年(1934)に建てられた【大峯登山三十三度供養碑】があります。御厨では男子が15歳から18歳になると、その8月に白地の浴衣を着て珠数を持ち、先達に引率されて大峰登山をしたそうです。

【御厨行者堂】 堂の横には昭和九年(1934)に建てられた【大峯登山三十三度供養碑】があります。御厨では男子が15歳から18歳になると、その8月に白地の浴衣を着て珠数を持ち、先達に引率されて大峰登山をしたそうです。

【御厨行者堂】 堂の横には昭和九年(1934)に建てられた「大峯登山三十三度供養碑」があります。御厨では男子が15歳から18歳になると、その8月に白地の浴衣を着て珠数を持ち、先達に引率されて大峰登山をしたそうです。

文明開化の町 御厨 【御厨会館】と【 御厨行者堂】東大阪市

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!3

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

Sakamoto119さんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートへ