1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  興福寺の【南円堂】(なんえんどう)奈良市
ようこそ、ゲストさんログイン

Sakamoto119さんの旅行記

興福寺の【南円堂】(なんえんどう)奈良市

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • その他

興福寺の【南円堂】(なんえんどう)は、813年(弘仁4年)、藤原北家の藤原冬嗣が父内麻呂の冥福を祈って創建した八角堂。発掘調査では、基壇築造の際に地神を鎮めるために、和同開珎(わどうかいちん)や隆平永宝(りゅうへいえいほう)といった銭貨がまかれたことが明らかとなっており、弘法大師(空海)が関わっていたと伝えられている。現在の堂は創建後4度目の建物で、1789年(寛政元年)に再建された(重要文化財)。堂内には、不空羂索観音像と四天王像が安置されている(いずれも国宝)。 南円堂は西国三十三箇所の第九番札所。所在地:奈良県奈良市 登大路町48

大阪ツウ Sakamoto119さん 男性 / 50代

1日目2016年9月9日(金)

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう) 所在地:奈良県奈良市 登大路町48

興福寺の【南円堂】(なんえんどう)奈良市

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!6

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

Sakamoto119さんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ