1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  富士山登山2016年

琴ちゃんさんの山梨県の旅行記

富士山登山2016年

  • 友人
  • 6人〜9人
  • 自然
  • ハイキング・登山

自身3回目の富士山登山。 去年の2回目は8合目の山小屋まで行きながら悪天候の為、本8合目で登山道が閉鎖され登頂断念した苦い思いをしたので、今回は『絶対に山頂まで登頂してリベンジするぞ!!』を合言葉に!! 第二の目標として1回目では出来なかった『山頂からの御来光』を目標に登山してきました。

琴ちゃんさん 男性 / 40代

1日目2016年8月20日(土)
22:00-22:00

自身3回目の富士山登山・・・の前日の夜から富士吉田にあるビジネスホテルに前泊。 都心部を出発した時点で既に雨になっていたので不安なスタート・・・ ホテルに着いてコンビニの夕飯を食べて翌日に備える事に。

07:00-07:00

ビジネスホテル富士見

富士山登山1日目。 我々が宿泊した『ビジネスホテル富士見』さんを出発。 前回もお世話になったホテルで、特に秀でた設備はありませんが前泊するだけなら充分のホテルです。 しかし昨日の夜からの相変わらず雨模様・・・ 1回目の富士山登山の時に当日の朝、高速道路の大渋滞に巻き込まれて大失敗した経験があるので、出来れば我々の様に麓の宿泊施設に前泊した方が時間も体力も楽ですよ。

09:00-09:00

富士急 富士山駅

朝食を河口湖IC近くのファミレスで済ましていた所、メンバーの一人が急に具合が悪くなるアクシデントが! 本人も不安がっていたし、無理して登ってもっと体調が悪くなり、戻るに戻れない状況にもなりかねないので、他のメンバーの勧めも有り登頂を断念し、最寄りの『富士急富士山駅』まで車で送り電車で帰宅されました(悲)。 本人もとても残念がってましたが、富士山みたいな高所登山では《引く勇気》も、とても大切になります!!

09:00-10:00

富士スバルライン

富士河口湖町(南都留郡)

「富士スバルライン」を   >

アクシデントも有りスタートが1時間程遅れてしまいましたが改めて出発! 富士山は登山シーズンになるとマイカー規制をするので、我々も東富士五湖道路の富士吉田IC近くにある『山梨県立北麓駐車場』に駐車。 シャトルバスに乗り換えて富士スバルラインを登り五合目まで行きます。 雨の為、スタート時からすでにレインウェアーを着てる我々の様な登山者ばかりなので(中には普通の観光客もいますが)座席が濡れないようにビニールシートが被せられてます。

10:00-11:00

富士スバルライン五合目

北麓駐車場から50分程かかって『富士スバルライン五合目』に到着。 ここに来るのもドライブも含めると五回目なのに、ほとんど良い天気に恵まれた事がないなぁー(汗) しかも今回が今までで一番天気が悪い・・・

11:00-12:00

天気が悪くても『高度順応』の為に1時間程五合目に滞在。 この高度順応の時間を惜しんで直ぐに出発すると、高山病のリスクが高まり後で大変な事態になる事があるので、富士山登山する方は必ず1時間程は高度順応してから登り始めて下さい! しかし周りの山々も真っ白けっけで何も見えないー(泣)

11:00-12:00

お約束の記念撮影のボード

11:00-12:00

五合目到着から1時間程たったので、いよいよ登山を開始!

12:00-13:00

五合目から最初は緩やかな『下り坂!』が続きます。 登山しているはずなのに下り坂を進むのは違和感が有りますが、この先の本格的な登山道の前ウォーミングアップには丁度良いです。 ここで調子に乗って早く進むと後が辛くなるので、身体を慣らしながら進みましょう!

12:00-13:00

泉ヶ滝

吉田口への分岐になる泉ヶ滝まで来ました。 ココで山頂に向かう樹林方向に向かいます。 富士スバルライン五合目〜泉ヶ滝まで約20分

12:00-13:00

天気が良ければ5合目〜6合目までは足慣らしに丁度良い工程なのですが、この日は前日からの雨で登山道が川の様になってしまい歩きずらい・・・ 雨筋を避けながら登っていたので結構体力を消費してしまいました。

12:00-13:00

途中に雨で登山道がえぐられてしまった箇所も! 勘弁して下さい・・・(泣)

12:00-13:00

六合目

六合目の『富士山安全指導センター』に到着。 五合目から六合目まで約50分程。 雨の中での登山ではマズマズのペース。

13:00-13:00

六合目で吉田口登山道と合流します。 しかし登山道が川の様になってしまってる(汗)

13:00-14:00

六合目からは本格的に山登りに。 ここから急に坂の勾配がキツクなります。 坂と階段状になってる所と不規則に続くので地味に足に負担が。この辺りでも下界と比べて空気が薄くなってきるので息苦しくなる頃。先ずは自分のペースを掴みながら登りましょう。 ココで無理すると後で響いてきますよ。

13:00-14:00

仲間の写真を撮ろうとしても、雨の為レンズに付いた水滴を気にする余裕も無い(汗) しかし三度目の登山って事も有りペースが分かっている分、体力的には余裕がまだありました。

14:00-14:00

七合目

雨の中黙々と登り続けて七合目を通過。七合目の最初の山小屋を過ぎた辺りから下界の視野が見え始めきた〜! 六合目〜七合目まで約70分。

14:00-14:00

七合目を過ぎるとイヨイヨ岩場の登山道になります。 ここから暫くキツイ岩場の登山が続きますが、足元が結構悪いです。 自分は今まで使用していたトレッキンポールはしまい、両手で岩場を『ガシガシ』と登る方が楽でした。 そのままトレッキンポールを使用している方も多いので、自分にあった登り方をしましょう。

14:00-15:00

七合目を過ぎると山小屋が点在するようになります。 山小屋毎に休憩してると、いつも間にか雨は止んでました! 視界もだいぶクッキリ見えるようになって来たぞ!!

14:00-15:00

山中湖も観てきて、空には青空も出始めてきた! 良いぞ〜!!

15:00-16:00

おっ!薄日が差してきたぞ!

15:00-16:00

よっしゃ〜!! 晴れたぜ〜!!! スタート前から雨だったので、ここまでの疲れも忘れてテンションアップ♪

15:00-16:00

下界もスッキリと見渡せる様に♪

15:00-16:00

上を見上げるとまだまだ先は長いけど、ヤッパ晴れていると気持ちが違いますね♪

16:00-17:00

途中で大きな虹も観れました!

17:00-17:00

八合目

八合目に到着。 ここで山頂までの半分を来ました。 七合目〜八合目まで約140分。 岩場に登山者が集中していて渋滞になってしまったので、平均よりだいぶ時間がかかってしまった(汗) 前回は八合目の山小屋で宿泊しましたが今回はもう少し上まで登ります。

18:00-19:00

本八合目

本八合目の本日宿泊する山小屋に到着! 八合目を出発してから急に天候が悪化し、雨風に加えて気温も急に下がり、八合目~本八合目までが今回の登山で一番の悪条件・・・。 八合目〜本八合目まで約100分。悪天候と疲れで平均より遅くなってしまいましたが、無事に山小屋まで到着出来ました。 予定よりも山小屋到着時間が遅くなってしまったので、到着して有無を言わさず直ぐ夕食になってしまい、落ち着かない状態での食事でしたが疲れもあって定番のカレーが凄く美味しかったです♪ 食事後は真夜中の出発に備えて直ぐに就寝! 本日の移動は五合目〜本八合目まで約6時間30分! 天候を差し引いても夏の富士山登山シーズンで土日だと、どうしても登山渋滞でこれ位のペースになってしまいますね・・・

2日目2016年8月21日(日)
01:00-01:00

本八合目

登山2日目。 夜中の1時に山小屋を出発!! これから最大目標の山頂よりの御来光を目指します。 この日の富士山山頂からの御来光時間は丁度5時頃。 距離だけで言えば残り山頂までの工程は2時間程ですが、如何せん人が多すぎて山頂まで何時間かかるかは山小屋のスタッフも読めないとの事(汗)。 しかし山小屋到着時の悪天候が山小屋出発時には全くの無風で遠く関東平野の夜景まで見れる絶好のコンディション♪

02:00-03:00

山小屋を出発して直ぐに御来光渋滞にハマる・・・ まぁ〜予想通りではあるので、とにかく流れに任せて黙々と登るしかないですね・・・

03:00-04:00

九合目

本八合目からは静岡県側からの須走ルートと合流するので、少し登っては止まり、また少し登ってまた止まるの繰り返し・・・ そんな状態なので体力的には楽ですが、既にかなり空気が薄くなってきているので息は上がるし、ノロノロ状態でイライラするし色々とストレスが溜まる状態・・・ 九合目の鳥居をくぐった時点で振り返ると空がだいぶ明るくなって来た(汗)。 本八合目から九合目まで、なんと2時間30分!!

04:00-05:00

九合目を過ぎて登山道もさらに狭くなり、なかなか進まないのでイライラしながら登り、ヤット山頂の鳥居が見えた!! しかし最後の山頂までの階段でも大渋滞!!

04:00-05:00

振り返ると既にかなり明るい(焦) この時点で既に日の出時刻5分前でしたが、水平線上の雲のお陰で今で御来光には少しロスタイムが出そうだぞ! 急げ〜!!!

04:00-05:00

山頂の鳥居直前!! しかし御来光が気になって、焦りまくりカメラも凄いブレまくり(汗) そして遂に・・・

05:00-05:00

富士山山頂

富士山山頂に登頂!! 九合目から山頂まで1時間30分。 本八合目から山頂まで4時間でした! そして肝心の御来光は・・・

05:00-06:00

雲が出てきて御来光が隠れてる・・・ 頼むよ〜・・・

05:00-06:00

久須志神社

山頂に鎮座する『久須志神社』。 富士山を御神体とする浅間神社の山頂奥宮の分社です。

05:00-06:00

おっ!雲の隙間が明るくなって来たぞ!

05:00-06:00

来た〜〜〜御来光〜〜〜!!! 日の出時間より20分程遅れましたが前回出来なかった登頂&御来光を拝め、ここまで登ってきた苦労が全て報われた感じでした♪♪

05:00-06:00

御来光に興奮していたらいつの間にか飛行機雲も横切ってました♪

05:00-06:00

御来光の余韻も済んで山頂界隈は大混雑で、皆さん富士山山頂の碑の前で記念撮影してました。

05:00-06:00

山頂にも山小屋が有ります。 宿泊する事は出来ませんが、食事は出来るので結構賑わってました。 手前にあるのはブルドーザー車。このブルドーザー車が各山小屋に荷物を運んでくれているお陰で山頂や登山道でも食事や休憩が出来るって事です。

05:00-06:00

この日の山頂の気温は10℃程。 この時期の山頂での気温としては高い方です。 平地と富士山山頂とは高度の差で約20度違うので、それだけ下界は暑いって事かしら・・・

05:00-06:00

火口付近を散策。 火口の反対側には昔使われていた富士山レーダーが有った気象台の建物が見えます。 その先には本当の日本最高峰3776メートルの剣が峰が。

05:00-06:00

富士山の火口! 今年の冬は冠雪が少なかったので、雪渓はほとんどありませんでした。

05:00-06:00

さらに富士山の火口をグルっと一廻りする『お鉢巡り』する方達も。 個人的には是非お鉢巡りもしたかったのですが、メンバーの体力や時間を考えて断念しました。 いつかお鉢巡りをしに富士山に登らないとね!

05:00-06:00

この日の山頂はほとんど無風状態で気温も高く、何時間でも滞在したくなる程気持ち良かったです♪ 去年のリベンジも果たせ本当に良かった♪♪

06:00-07:00

去年の分も山頂を堪能して下山を始める事に。 あれだけ天候が良かった山頂から数十分降りただけで雲の中に入ってしまった・・・(汗)

08:00-09:00

下山中は終始こんな感じでガスってしまい、周りの景色は一切見えなかったです・・・ まぁ~雨に振られなかった分まだマシですかねぇ~

08:00-09:00

因みに下山道はこんな感じの急勾配の砂利道を永延と降りていきます。 疲れている所に下り坂は膝に負担が掛る上に小石が絶えずあるので、油断すると何回も小石で滑って転びそうになります。 トレッキンポールはこういう坂道にこそ本領発揮するので、富士山登山される方は持参された方が良いですよ!

08:00-09:00

登山道では溶岩の岩肌ばかりでしたが下山道では山肌が赤土が目立ちました。ヤハリ富士山が火山だってのが確認出来ますね。

10:00-11:00

富士スバルライン五合目

そしてスタート地点の富士スバルライン五合目まで戻って来ました! 我々が出発した時は山頂方面から戻ってくる人達は雨で疲弊して疲れ切ってた表情でしたが、この日は我々も含め皆さん笑顔でゴールしてました♪♪ 山頂〜五合目まで3時間40分。 下山道は山小屋が一切ないのでポイントとなる場所も少なく、一気に降りてきたので平均よりかは少し早いペースでした。

12:00-13:00

露天風呂の宿  開運の湯ロイヤルホテル河口湖 

「露天風呂の宿  開運の湯ロイヤルホテル河口湖 」を   >

五合目のお店でお土産を購入後シャトルバスで下山。 シャトルバスでは乗客のほとんどが疲れて寝てましたzzz。 駐車場で車に乗り換え、登山仕様の服装の着替えも含め、河口湖湖畔のホテル『ロイヤルホテル河口湖』さんの立寄り温泉に入浴してサッパリしました。 自分は今回運転しないので、ドライバーには申し訳と思いつつ購入したビールが美味い!! これで自身3回目の富士山登山は無事終了。 スタート地点での悪天候から良くここまで持ち直したと天候に感謝な登山でした♪ 過去3回とも山梨県側からの登山でしたので、次回に富士山登山する機会があれば今度は静岡県側から登山してみたいですね。 あと今回は断念したお鉢巡りにも挑戦したいですな! 以上!!

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!5

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

琴ちゃんさんの他の旅行記

(C) Recruit Co., Ltd.