1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  東北縦断 巡礼・浄化のドライブ旅

だるまさんの青森県〜栃木県の旅行記

東北縦断 巡礼・浄化のドライブ旅

  • 一人
  • 1人
  • 温泉
  • 史跡・歴史
  • 自然

自分自身の浄化と両親の供養を目的として、東北縦断のドライブ旅をしました。期間は大体1週間を目安として、原則、@有料道路を使用しない。A宿は基本温泉旅館で前当日に予約し朝食付きで1万円以内とする。B喜多方ラーメン・中尊寺・松島は必須。C贅沢なグルメはしない。と4つの原則を基にしたのんびり旅です。 ※オープニング写真は日本三景松島の風景です。

お宿ツウ だるまさん 男性 / 50代

1日目2017年5月17日(水)
14:00-16:00

日光東照宮

日光市

「日光東照宮」を   >

旅のスタートは東照大権現様へご参拝。小学校の修学旅行以来ですが歴史の背景知識を携えての参拝は格別です。

14:00-16:00

日光東照宮

日光市

「日光東照宮」を   >

ちょうど神輿三基が二荒山神社に渡御される「宵成祭」が行われていました。ラッキー!

17:00-18:00

華厳滝

日光市

「華厳滝」を   >

残念ながら霧で視界がほとんど無く滝の音だけで何も見えませんでした・・

20:00-

塩原温泉

那須塩原市

「塩原温泉」を   >

宿泊した宿は源泉かけ流しではありませんでしたが、弱アルカリ性の温泉は肌に優しく気持ちが良かったです。

2日目2017年5月18日(木)
06:00-07:00

箒川渓谷

那須塩原市

「箒川渓谷」を   >

澄んだ空気と綺麗な渓流が緩やかに目を覚ましてくれました。近くに「源氏の隠れ岩屋」がありました。

11:00-13:00

あべ食堂

喜多方市

「あべ食堂」を   >

全国で一番好きな喜多方ラーメンを久々に食べるためだけに立ち寄りました。家庭的な雰囲気が良く、やっぱり喜多方は美味い!

14:00-17:00

山寺

山形市

「山寺」を   >

喜多方から山形路を北上すると山寺の案内があり童謡の山寺の和尚さんを思い出し急遽立ち寄りました。(山寺の和尚さんとは無関係のようです)予想以上の階段でしたが、眺望の素晴らしさと慈覚大師円仁の修行場に相応しい荒々しい岩々のコントラストが良かった。

14:00-17:00

山寺

山形市

「山寺」を   >

山寺を苦労して登ると、こんな景色が見れます。

19:00-

鳴子温泉

大崎市

「鳴子温泉」を   >

奥の細道湯けむりラインで鹿に遭遇後、二日目は鳴子温泉泊に決めました。宿泊した亀屋さんは源泉かけ流しの黒湯(食塩重曹泉)温泉が売りで、とても気持ちよかった。

3日目2017年5月19日(金)
06:00-07:00

鳴子温泉

大崎市

「鳴子温泉」を   >

鳴子温泉郷周辺を朝食前に散策しました。山の向こうは鳴子ダムです。川の流れは速いです。天候にも恵まれ今日はいよいよ中尊寺へGO

10:00-12:00

中尊寺

平泉町(西磐井郡)

「中尊寺」を   >

念願の中尊寺に来ました。予想以上に広く参道も雰囲気があります。本坊・17ケ院すべてを参拝し、新たな数珠を購入しました。

11:00-12:00

中尊寺金色堂

平泉町(西磐井郡)

「中尊寺金色堂」を   >

11体の仏像の荘厳さに圧倒されました。これぞ国宝!

11:00-12:00

中尊寺

平泉町(西磐井郡)

「中尊寺」を   >

中尊寺参道の小道を挟んだお茶屋さんからの旧北上川を臨む眺望が素晴らしかった。

14:00-15:00

松島湾

松島町(宮城郡)

「松島湾」を   >

天気が快晴だったので中尊寺から南下し一気に松島へ行きました。本当に美しい松島湾を見ることができました。この松島湾が震災の被害を最小限に食い止めてくれたと聞き、感動しました。

15:00-16:00

松島島巡り観光船

松島町(宮城郡)

「松島島巡り観光船」を   >

松島湾に点々と浮かぶ島々と原生する松の木の光景に感動!これぞ日本三景! ※遊覧船からウミネコへの餌付けは、松への糞害があるため現在禁止です。

16:00-17:00

瑞巌寺

松島町(宮城郡)

「瑞巌寺」を   >

遊覧船乗り場のすぐ向かいにあります。伊達政宗公ゆかりの寺ですが、ここも元は慈覚大師円仁開創。山寺・中尊寺に続き円仁開創地3つ目制覇。

16:00-17:00

瑞巌寺宝物館

松島町(宮城郡)

「瑞巌寺宝物館」を   >

寺や伊達家にまつわる様々な文化財を拝観できます。寺のチケットで入れます。

17:00-18:00

五大堂

松島町(宮城郡)

「五大堂」を   >

ここも円仁創建で伊達政宗が再建したとのことです。赤い綺麗な橋を渡ります。

17:00-18:00

五大堂

松島町(宮城郡)

「五大堂」を   >

五大堂からの眺めも素晴らしいです。

19:00-23:00

ホテル 絶景の館

「ホテル 絶景の館」を   >

宿は松島温泉の惚れる絶景の館が取れました。部屋・露店風呂からの福浦島・福浦橋を臨む眺望はまさに絶景の館でした!写真は部屋からの眺望。

4日目2017年5月20日(土)
04:00-06:00

福浦島

松島町(宮城郡)

「福浦島」を   >

福浦島へ渡る赤く綺麗な福浦橋。震災で倒壊しましたが台湾からの義援金で修復できたそうです。入口に感謝の看板があります。

04:00-06:00

福浦島

松島町(宮城郡)

「福浦島」を   >

福浦橋から松島湾越しの日の出は生涯忘れることができません。その後福浦島を一周散策。その後の露天温泉と朝食が格別でした。

05:00-06:00

福浦島

松島町(宮城郡)

「福浦島」を   >

福浦島からの松嶋湾眺望

06:00-07:00

ホテル 絶景の館

「ホテル 絶景の館」を   >

ホテルの部屋の窓越しにウミネコが朝の挨拶に来ました。(餌をねだりが正解ですが)

10:00-11:00

日和山公園

石巻市

「日和山公園」を   >

松島を後にし陸前高田町を通り石巻へ。復興に向けてダンプやトラックが盛んに行き交っています。石巻復興まちづくり情報交流館で復興途上の石巻が一望できると勧められて来ました。日和山神社を参拝後、着実に復興している石巻を眺めました。頑張れ!

14:00-16:00

気仙沼湾

気仙沼市

「気仙沼湾」を   >

さらに北上し気仙沼まで来ました。

15:00-16:00

大島

気仙沼市

「大島」を   >

せっかくなので気仙沼湾に浮かぶ大島を船で往復しました。船からのウミネコ餌付けは本当に楽しく童心に却ってしまいました。

17:00-18:00

道の駅 みやもり

遠野市

「道の駅 みやもり」を   >

遠野経由で宿泊地の花巻温泉へ向かいました。山深い遠野はのどかなところです。せっかくなんで河童のお菓子をお土産に買いました。

18:00-19:00

観光釣堀・お食事処孝和園

花巻市

「観光釣堀・お食事処孝和園」を   >

花巻温泉周辺は何も食事処が無いと思い立ち寄りましたが、白金豚の生姜焼きが最高に美味しかった!釣堀が併設され岩魚や鯉も調理してくれるらしいです。(写真を撮り忘れました)

20:00-23:00

花巻温泉 ホテル花巻

花巻市

「花巻温泉 ホテル花巻」を   >

宿泊した紅葉館はバラ風呂、檜風呂、岩風呂と3つの風呂が楽しめました。自分的には岩露天はが一番良かったです。泉質は弱アルカリ性の単純温泉で、源泉かけ流し・循環の併用でした。当初、北へ行くのはここまでかなと思ってましたが、ここでまた鋭気が養われたため、せっかくここまで来たので恐山まで行こうと決意しました。

5日目2017年5月21日(日)
06:00-07:00

釜淵の滝

花巻市

「釜淵の滝」を   >

早朝、釜淵の滝まで散策しました。至る所に熊注意の鐘があり少しビビりながらの散策です。写真は散策路の風景

06:00-07:00

釜淵の滝

花巻市

「釜淵の滝」を   >

予想以上に滝は迫力があり素晴らしかった。マイナスイオン吸収しまくりです。

08:00-09:00

花巻温泉 バラ園

花巻市

「花巻温泉 バラ園」を   >

花巻温泉郷内にあるバラ園に立ち寄りました。殆ど咲いていませんでしたが、宮沢賢治設計の日時計が印象的でした。

15:00-17:00

恐山

むつ市

「恐山」を   >

花巻からひたすら北上し、とうとう恐山まで来てしまいました。独特の雰囲気がある本当の意味でのパワースポットですね。円仁開山地4つ目の制覇です。

15:00-17:00

恐山菩提寺

むつ市

「恐山菩提寺」を   >

旅の行程で各地の神社仏閣に参拝してきましたがこの地で参拝して、20年前に父、一昨年に他界した母に会えたような気がしました。良い供養ができたと心から思いました。

16:00-17:00

恐山賽の河原

むつ市

「恐山賽の河原」を   >

映像や写真でしか見たことが無かった光景が目の前に。

16:00-17:00

恐山賽の河原

むつ市

「恐山賽の河原」を   >

硫黄交じりの賽の河原。

16:00-17:00

恐山賽の河原

むつ市

「恐山賽の河原」を   >

硫黄が立ち込める賽の河原と、エメラルドグリーンの宇曽利湖・白い砂浜のコントラストが、まさに地獄と天国(極楽)を表しているようです。ここは単なる観光地では無く、死者への弔いに来る場であることをあらためて感じざるを得ませんでした。本当に来てよかった。

16:00-17:00

恐山温泉

むつ市

「恐山温泉」を   >

お守りの売り子のおばちゃんに勧められ恐山温泉に入れました。自由に入れます。レトロな雰囲気盛り沢山のバリバリの酸性温泉(ph2)です。 心身共に浄化されたため、津軽半島先端の竜飛崎まで行くことを決意し、途中の浅虫温泉に宿を取りました。

18:00-19:00

浅虫海岸

青森市

「浅虫海岸」を   >

浅虫海岸付近で陸奥湾の夕日を鑑賞しました。美しいです。

19:00-23:00

浅虫温泉

青森市

「浅虫温泉」を   >

海岸沿いのホテルで陸奥湾を見ながら露天温泉を楽しもうと思ったらまさかの露天風呂故障・・(苦笑)恐山温泉の硫黄が効いているので良しとしよう。

6日目2017年5月22日(月)
06:00-07:00

青森市浅虫海づり公園

青森市

「青森市浅虫海づり公園」を   >

朝食前に浅虫海岸を散策。陸奥湾に浮かぶ湯ノ島を見ることができます。

09:00-10:00

道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」

今別町(東津軽郡)

「道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」」を   >

竜飛崎への道中立ち寄りました。北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅の隣です。リンゴのお菓子のお土産を買いました。

10:00-11:00

津軽海峡冬景色歌謡碑

外ヶ浜町(東津軽郡)

「津軽海峡冬景色歌謡碑」を   >

まさかの歌謡碑。ボタンを押すと大音量石川さゆり節が聞けます。当日あまり天気が良くなかった分、石川さゆりの声が妙に胸に響きました。。

11:00-12:00

龍飛崎

外ヶ浜町(東津軽郡)

「龍飛崎」を   >

とうとう津軽半島の先端まで来ました。残念ながら天候が曇りで北海道は見えませんでしたが、ここまで来た自分を誉めてあげました(笑)感無量。

12:00-13:00

竜泊ライン

外ヶ浜町(東津軽郡)

「竜泊ライン」を   >

南下は竜泊ラインを外回りに車を走らせ弘前城を目指しました。晴れていれば爽快だろうなと思いつつも今度は日本海の眺望に感動!

13:00-14:00

岩木山(津軽富士)

弘前市

「岩木山(津軽富士)」を   >

ひたすら続くリンゴ園越しに美しい山が登場。思わず車を停めて見入ってしまいました。津軽富士の異名は伊達ではありません。

14:00-15:00

弘前城

弘前市

「弘前城」を   >

弘前城へ到着。何か小さいと思ったら土台の石垣改修のため天守を切り離していました。すごい技術だ。乗っけるところを見てみたい。

16:00-17:00

東北自動車道花輪SA上り線ハイウェイショップ

鹿角市

「東北自動車道花輪SA上り線ハイウェイショップ」を   >

竜飛崎制覇で満足してしまったことと日程の都合により、とうとう弘前から東北自動車道に乗ってしまいました。途中、また美しい山が見えたためSAに寄ったところ岩手山でした。東北にも美しい山々がありますね。ここは秋田県、これで東北全県制覇!(無理やりですが・・)

21:00-23:00

岳温泉

二本松市

「岳温泉」を   >

最後の宿泊地は福島県二本松市にある岳温泉。雰囲気の良い旅館が立ち並ぶこじんまりとした温泉街です。

21:00-23:00

あだたらの宿 扇や

「あだたらの宿 扇や」を   >

じゃらんの評価が極めて高く朝食付きで1万円以内だったので決めました。サービスも温泉も素晴らしいです!

7日目2017年5月23日(火)

岳温泉

二本松市

「岳温泉」を   >

岳温泉周辺を散策し、岳温泉神社で参拝。

09:00-11:00

あだたら山ロープウェイ

二本松市

「あだたら山ロープウェイ」を   >

ロープウェイで薬師岳山頂まで来ました。安達太良山の景色が素晴らしいです。快晴で智恵子抄の「本当の空」を見ることができて感無量です。

11:00-12:00

智恵子の生家

二本松市

「智恵子の生家」を   >

智恵子の生家にも行きました。有料で記念館と共に中を観ることができます。

11:00-12:00

二本松市智恵子記念館

二本松市

「二本松市智恵子記念館」を   >

智恵子が入院中に多数作成した紙絵の現物が特別に展示されていました。その繊細な描写が胸に響きました。

12:00-14:00

五色沼湖沼群

北塩原村(耶麻郡)

「五色沼湖沼群」を   >

快晴なので10年ぶりに五色沼にも来ました。蚊にたくさんたかられましたが、美さは健在です。

12:00-14:00

五色沼湖沼群

北塩原村(耶麻郡)

「五色沼湖沼群」を   >

磐梯山の噴火によりできた自然の神秘です。 一週間に及んだ東北縦断の旅はここで終了し、帰路に向かいました。 本当に充実した楽しい走行距離2,400kmの旅でした。

東北縦断 巡礼・浄化のドライブ旅

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!18

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう
(C) Recruit Lifestyle Co., Ltd.
リクルートグループサイトへ