1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  花巻・遠野 ふたたび

かずとさんの岩手県の旅行記

花巻・遠野 ふたたび

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然

昨年、旅行記にした『花巻・遠野・平泉』で行けなかった所をメインに訪ねてみました。 平泉は雨で断念、花巻で宮沢賢治の足跡を辿り、遠野ではちょっと不思議な写真が撮れました。

かずとさん 男性 / 60代

1日目2017年8月12日(土)
10:00-11:00

宮沢賢治詩碑

一関市

「宮沢賢治詩碑」を   >

『まづもろともにかがやく宇宙の微塵となりて無方の空にちらばらう』  何て宮沢賢治らしい言葉だろうか。  あまり訪れる人もないのか、小雨の中夏草の生い茂る道を登っていきました。

11:00-12:00

石と賢治のミュージアム

一関市

「石と賢治のミュージアム」を   >

あの『雨ニモマケズ』の詩は、ここ旧東北砕石工場時代の手帳に書いてあったものが、没後に発表されたものです。 私も“デクノボー”と呼ばれたい一人なのですが、なかなか現実はそうさせてはくれません。

11:00-12:00

石と賢治のミュージアム

一関市

「石と賢治のミュージアム」を   >

砕石工場時代の宮沢賢治を知るには良い資料館だと思います。 天気が良ければ”デクノボーの道”も歩いてみたかった。

13:00-14:00

羅須地人協会

花巻市

「羅須地人協会」を   >

『下ノ畑ニ居リマス 賢治』で有名な建物。高校の敷地に移築され、大切に保存されています。 この学校と生徒の皆さんに感謝です。 ここで宮沢賢治は、農民芸術概論の講義や音楽会をおこないました。

13:00-14:00

羅須地人協会の中、農業指導や音楽会をおこなった部屋。とても質素な部屋だからこそ、ノスタルジーを感じるのだと思う。

13:00-14:00

下の畑を訪ねて行きたくなります。

14:00-15:00

宮沢賢治詩碑(「雨ニモマケズ」詩碑)

花巻市

「宮沢賢治詩碑(「雨ニモマケズ」詩碑)」を   >

『雨ニモマケズ』の詩を高村光太郎が碑に書いたものだということです。  『下ノ畑ニ居リマス 賢治』の下の畑はここから見えます。

14:00-15:00

詩碑から見た 下の畑

14:00-15:00

案内板も洒落ていました。

14:00-15:00

桜地人館

花巻市

「桜地人館」を   >

もともと羅須地人協会があった場所。 

14:00-15:00

“賢治文学散歩道”は、宮沢賢治が追い求めた田園風景の中を通っています。

14:00-15:00

物語が蘇ってきます。

15:00-16:00

レストラン山猫軒

花巻市

「レストラン山猫軒」を   >

折角近くまで来たので、お土産を買いに寄りました。

16:00-17:00

賢治の学校(宮沢賢治童話村)

花巻市

「賢治の学校(宮沢賢治童話村)」を   >

傘をさすほどでもない小雨の中、”イーハトーブの森”を散策しました。

16:00-17:00

電信柱の行進ですね。3本ではちょっと少ない気がします。

2日目2017年8月13日(日)
08:00-09:00

道の駅遠野風の丘

遠野市

「道の駅遠野風の丘」を   >

朝8時で、しかも小雨でしたが、お客さんも多く賑わっていました。 ここの観光案内で早池峰神社へ30分で行けるという情報を得て、早速向かいました。

09:00-10:00

早池峰神社

花巻市

「早池峰神社」を   >

瀬織津姫を祀る神社。遠野物語でも有名な神様、早池峰神社は静かな佇まいの中にありました。

09:00-10:00

もっとずっと山奥にあると勝手に思っていたので、来ることができて良かったです。

10:00-11:00

早池峰古参道跡

遠野市

「早池峰古参道跡」を   >

伝承園の駐車場に止めて、駐車整理の方に聞いても、売店の方に聞いても、『早池峰古参道跡って何処だっけ?』てな具合で、私も伝承園の裏手にあるとばかり思ってウロウロしていたら、何と駐車場と駐車場の間の道路脇に何気なくあるのを発見。もう少し風情がある風景と思っていたので残念。

10:00-12:00

伝承園

遠野市

「伝承園」を   >

伝承園の中にある佐々木喜善記念館は、“遠野物語”の成り立ちに欠かせない人物の資料館です。なかなか興味深い内容です。

10:00-12:00

御蚕神堂(オシラ堂)オシラ様を祀ったお堂で、たくさんの願い事が色とりどりの布に書かれて四面の壁いっぱいに掛けられていました。一種独特の雰囲気があります。

10:00-12:00

ちょっと不思議な写真その一  曲り家の中で何気なく撮った写真に写っていたのは、走っていく少年のような影。これは誰? 座敷童?

10:00-12:00

カッパ淵

遠野市

「カッパ淵」を   >

ちょっと不思議な写真その二  小雨の中、たくさんの観光客が記念撮影に夢中になっていた時!こんな写真が撮れました。私も帰ってきてから写真を見て気が付いたのですが、川の中で手を伸ばしているように見えませんか?

12:00-13:00

遠野郷八幡宮

遠野市

「遠野郷八幡宮」を   >

次回は遠野の秋のお祭りに合わせて来てみたいな。今日は小雨降る静かな日で観光客も居らず、ちょっと寂しい八幡宮でした。

13:00-14:00

遠野市観光案内所

遠野市

「遠野市観光案内所」を   >

この駅舎、駅前の風景がとても好きです。帰って来たという気持ちになります。 今日はSLが止まっていました。写真も撮りましたが、観光客ばかりであまり良い写真になりませんでした。(私も観光客ですが。)

13:00-15:00

とおの物語の館

遠野市

「とおの物語の館」を   >

私にとってここは遠野では外せないスポット。今回は遠野座で念願の昔話を聞きました。 目を瞑り方言の語りに耳を傾ければ、曲り家の炉端に居るような雰囲気になります。

14:00-15:00

あんべ

遠野市

「あんべ」を   >

ジンギスカンの有名店 30分位待ちで食べることができました。美味しかった。 店内は昭和中期の東京のお好み焼き屋さんという感じでした。(判り辛いかな…。)

15:00-16:00

遠野市立博物館

遠野市

「遠野市立博物館」を   >

閉館30分前に滑り込みました。 ざっとしか見ることができず残念。映像の展示が良いと聞いていたのですが、見ることはできませんでした。また今度時間を取って来たいと思います。

17:00-18:00

めがね橋

遠野市

「めがね橋」を   >

遠野で最後に立ち寄ったのが、めがね橋です。やっと少し青空が見えたのですが、もう夕刻で、写真を数枚撮ってホテルに帰りました。

3日目2017年8月14日(月)
09:00-13:00

歴史公園えさし藤原の郷

奥州市

「歴史公園えさし藤原の郷」を   >

三日目も小雨。 えさし藤原の郷では、じっくり体験コースを2時間かけて見て回ることにしました。入場ゲートを入ると朱塗りの政庁が現れます。南側に回ると律令時代の政庁が再現されていて、なかなか見応えがありました。

09:00-13:00

伽羅御所 三代、藤原秀衡の居館を再現したもの。平安時代の寝殿造の様式がよく分かるように見学できます。回廊を巡り、蓮池などを眺め、平安貴顕の雰囲気を楽しめます。

09:00-13:00

藤原の郷から共通入場券で郷土文化館へも行きました。この旅行記では割愛しましたが、他にも幽玄洞(鍾乳洞)や展勝地、サトウハチロー記念館、みちのく民俗村、遠野の福泉寺にも寄りました。 最後に悔しい思いをしたのが、帰ろうと決めて高速道路を走り始めたら、雨は止み、雲が割れて、青空が出てきたことです。何だか岩手に嫌われてしまったのかな。でも、また必ず来ます。

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!6

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

かずとさんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ