1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  四国88カ所霊場と別格20カ所霊場の車遍路 1日目

マイBOOさんの兵庫県〜徳島県の旅行記

四国88カ所霊場と別格20カ所霊場の車遍路 1日目

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • アクティビティ
  • その他

四国のお遍路は、今回が2回目です。 前回は、精神疾患で不眠症や鬱症状、パニック障害などに悩まされ、生きるか死ぬかをかけての遍路でした。 まだ精神疾患が癒えたわけではないですが、眠れるようになったこと、少しずつ回復していることの感謝をこめての遍路となりました。 前回と違い、心に余裕が少しできたので、写真を撮りつつ、各寺院での思い出をつづっていきたいです。 ちなみに別格は順打ちしていますが、88カ所はしていません。参考程度にしてください。

神社ツウ マイBOOさん 男性 / 40代

1日目2017年9月11日(月)
09:00-10:00

道の駅 あわじ

淡路市

「道の駅 あわじ」を   >

ここに訪れたのは、1年ぶりです。 1年前、この大観覧車に乗った時に、係りの人に「運が良いですね」と言われ、 何のことかと思ったら、スケルトンの席でした。(たしか4つあります) 高所恐怖症の私には、全然嬉しくなかったのですが、 確かに運が良いと思い、乗ったことを思い出しました。 結果は、案の定、後悔しましたね。今回は乗りませんでした。

09:00-10:00

明石海峡大橋

神戸市垂水区

「明石海峡大橋」を   >

この橋を渡ると、いよいよ四国に来たな。と実感します。 (正確には、まだ兵庫県ですが) トンネルを抜けて、いきなりこの橋をみると、その美しさに息をのみます。 何度、ここを通っても、その感動はたまりません!夜も良いですよ!

09:00-10:00

道の駅 あわじ

淡路市

「道の駅 あわじ」を   >

某番組で、雪面の飛び魚が大活躍したところです。 スターバックスがあるなど、休憩所としても最高です。 明石海峡大橋を見ることができる絶景ポイントですよ。

10:00-11:00

第1番札所霊山寺

鳴門市

「第1番札所霊山寺」を   >

1年ぶりの四国です。 前回、遍路を終わったとき、あまりに大変だったので、2度と行かないと思ったのですが、 呼ぶんですね。四国は・・・。 霊山寺には、総合案内所があるので、色々と分からない人は、ここで聞くと良いと思います。 (10時55分)

10:00-11:00

第1番札所霊山寺

鳴門市

「第1番札所霊山寺」を   >

正直、くぐりたくない門です。ここをくぐると、いよいよ遍路が始まるのを実感します。 某番組で、ずいぶんとぼやいている大河ドラマの準主役がいましたが、 2周目になると、何が待っているか分かるので、全然楽しくありません。 いよいよ遍路が始まります。

10:00-11:00

第1番札所霊山寺

鳴門市

「第1番札所霊山寺」を   >

広々とした境内の奥に、木々に囲まれた本堂があります。 本堂で掃除をされていた女性は何度も遍路を繰り返しているとのことです。 今回の遍路のことを伝えると、「四国が呼ぶ」と言う人は多いらしいです。 私にも呼びましたね。

11:00-12:00

第1番札所霊山寺

鳴門市

「第1番札所霊山寺」を   >

境内には、鯉の泳ぐ大きな池などもあり、広々とした空間があります。 遍路の旅では、先に本堂を参拝し、そのあと、大師堂を参拝します。 旅行記では、門、本堂、大師堂の順で、写真を掲載しようと思います。

11:00-12:00

第2番札所極楽寺

鳴門市

「第2番札所極楽寺」を   >

四国88カ所のお遍路の第2番札所です。 1番霊山寺からは、とても近い場所にあります。 門で出会った若者たちは、この日に20番札所を目指すと言っていましたが、 某番組ではないので、やめたほうが・・・。 彼らは深夜もまわっているので、無理はしないでくださいね。 (11時11分)

11:00-12:00

第2番札所極楽寺

鳴門市

「第2番札所極楽寺」を   >

1番札所に比べると参拝者の少ない寺院でしたが、 駐車場も広いので、参拝することは、容易にできると思います。 霊山寺からも近いですし、境内も広々しているので、 落ち着いた気持ちで参拝することができます。

11:00-12:00

第2番札所極楽寺

鳴門市

「第2番札所極楽寺」を   >

写真は大師堂ですが、他にも多くの御堂があります。 1つ1つ見てまわっても、ゆっくりとした時間が流れると思います。

11:00-12:00

第2番札所極楽寺

鳴門市

「第2番札所極楽寺」を   >

弘法大師お手植えとされる「長命杉」は、樹齢1200年あまりと伝えられています。 高さが約31メートル、周囲約6メートルもある霊木です。 触れれば家内安全ばかりか、病気平癒、長寿も授かるといわれています。 鳴門市の天然記念物に指定されています。

11:00-12:00

金泉寺

板野町(板野郡)

「金泉寺」を   >

四国88カ所のお遍路、第3番札所です。 極楽寺からの距離は近く、参拝しやすい寺院です。 1、2番札所と比べると、駐車場は若干狭いかなと思うかと思いますが、 この寺院くらいの駐車場のほうが多いと思ったほうが良いと思います。 (11時33分)

11:00-12:00

金泉寺

板野町(板野郡)

「金泉寺」を   >

写真は、金泉寺の本堂になります。 義経が弁慶の力試しに持ち上げさせたと伝えられている弁慶石もあります。

11:00-12:00

金泉寺

板野町(板野郡)

「金泉寺」を   >

大師堂にお参りし、御朱印をいただきました。 まだ第3番札所をまわっているときは、なんでまわっているんだろう? という気持ちが強かったです。 昨年、逆うちをして、この後、待ち受けているものを知っているだけに、 なぜまた挑戦しているのか疑問を抱えながらの遍路を続けます。

11:00-12:00

大日寺(徳島県板野町)

板野町(板野郡)

「大日寺(徳島県板野町)」を   >

四国88カ所霊場の第4番札所です。 車遍路をすると、道の突き当りにある寺院です。 有志による植樹がされているので、車は前向き駐車を呼びかけられています。 (11時53分)

11:00-12:00

大日寺(徳島県板野町)

板野町(板野郡)

「大日寺(徳島県板野町)」を   >

ここまで遍路をすると、参拝者が少なくなりました。 駐車場も広く、多くの方が参拝することができるようになっています。 金泉寺からも近い、大日寺の本堂を写真に撮っておきます。

11:00-12:00

大日寺(徳島県板野町)

板野町(板野郡)

「大日寺(徳島県板野町)」を   >

先にも書いた通り、道の突き当りに当寺院がありますので、 自然にあふれた場所に寺院があります。 本堂を参拝した後、大師堂に参拝させていただき、御朱印をいただきました。

12:00-13:00

第5番札所 地蔵寺

板野町(板野郡)

「第5番札所 地蔵寺」を   >

四国88カ所霊場の第5番札所です。 駐車場の近くに仁王門はあります。 大日寺と地蔵寺はとても近い場所にあります。 大羅漢像を見ることができるので、心と時間に余裕がある人は、 本堂、大師堂を参拝がてら、そちらにも訪れると良いと思います。 (12時11分)

12:00-13:00

第5番札所 地蔵寺

板野町(板野郡)

「第5番札所 地蔵寺」を   >

本堂の左側から、先に進むと大羅漢像が並んでいます。 本堂に参拝をした後は、大師堂を参拝します。

12:00-13:00

第5番札所 地蔵寺

板野町(板野郡)

「第5番札所 地蔵寺」を   >

大師堂の前には、樹齢800余年の大銀杏の木が植わっています。 大師堂をお参りがてら、写真のベンチに座り、休憩しても良いと思います。 大師堂への参拝を終えて、御朱印をいただき、次の寺院を目指します。

12:00-13:00

第5番札所 地蔵寺

板野町(板野郡)

「第5番札所 地蔵寺」を   >

大師堂の前にある大銀杏の全景をほぼほぼ写した写真です。 大きいでしょう。仁王門を抜けると、目の前にすぐに飛び込んできますよ。

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

昨年に続き、四国別格霊場も遍路することにしました。 四国88カ所の遍路も大変ですが、別格は名前の通り、とんでもない所にあります。 ここは四国88カ所の4番札所と5番札所の間の道をひたすら進むとあります。 案内板があるので、分かりやすいかもしれません。 写真は仁王門です。ちなみにとなりに見える道は、両側1車線道路です。 昨年は観光バスとすれ違いました。(冗談みたいでしょ。) (12時45分)

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

大山寺の仁王門をくぐると、この石段が待っています。 はるか先に鐘楼のある門が見えます? 車で、この階段の先にある納経所の側まで行けますが、やはり階段を登ってこそでしょう。 この階段を見ると、別格も遍路するんだという決意を固められます。

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

木々の間から見え始めたのが、大山寺の鐘楼がある門です。 階段の段数ですか?分かりません。 四国88カ所の遍路だと、長い階段は10番札所である切幡寺で始まると思いますが、 別格を入れると、その前から、階段を歩く経験を得られます。

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

石段を上りきると、美しい鐘楼が見えます。 ここで鐘を突き、その音色に心が澄みとおっていきました。 御近所迷惑?そんなことを言うのは、やめましょうよ。せっかくの日本の文化です。 まあ、そもそも民家なんて周辺にありませんが。

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

大山寺の本堂に無事に到着しました。 本堂の脇には、大銀杏が茂っていました。 地蔵寺の大銀杏も見事でしたが、ここの銀杏も見事です。 まわりは、大自然のみの秘境ですし、より自然の美しさを感じます。 (12時52分)

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

本堂への参拝が終わったら、次に大師堂を参拝します。 大師堂の前に並んでいる像は、西国33観音霊場のそれぞれの観音様です。 本当に自然しかない場所ですので、自然の音色を聴きながら参拝することができます。

12:00-13:00

大山寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「大山寺(徳島県上板町)」を   >

写真の場所は大山寺の本堂、大銀杏のとなりにある『薄雪の墓』です。 境内にあるので、参拝したら、簡単に訪れることができます。 『薄雪』とは、源義経公が平家討伐を祈願して大山寺に献納した馬です。 今は馬小屋を残すのみとなり、自然の中で時が過ぎています。

13:00-14:00

安楽寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「安楽寺(徳島県上板町)」を   >

四国88カ所の遍路では第6番札所にあたります。 別格の1番大山寺に寄ることがなければ、地蔵寺からも近い場所にあります。 引野村には古くから温泉があり、安楽寺は弘法大師によって 温泉湯治の利益が伝えられた旧跡です。 (13時37分)

13:00-14:00

安楽寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「安楽寺(徳島県上板町)」を   >

安楽寺の境内には、美しい庭園があります。 仁王門をくぐると、まず、この池と木々に彩られた境内を見ることができます。

13:00-14:00

安楽寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「安楽寺(徳島県上板町)」を   >

本堂の前には、とても長い屋根がありました。 昨年のことは、よく覚えていないのですが、改築したのかな?と思います。 温泉が湧いていたことから温泉山 安楽寺となっています。 現在も大師堂の前に湧いているところがあるらしいですが、 注意深く見ていなかったので、分かりません。

13:00-14:00

安楽寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「安楽寺(徳島県上板町)」を   >

本堂の脇に進み、大師堂を拝み、御朱印をいただきました。 御朱印がいただける場所は、当寺院では本堂の中です。 今日は、事前に予約して、当寺院で宿坊に御泊め頂けることになっていましたが、 まだまだ遍路の旅を続けます。

14:00-15:00

7番札所十楽寺

阿波市

「7番札所十楽寺」を   >

四国88カ所の第7番札所です。 ここも安楽寺同様、宿坊を設けているはずです。 歩きで遍路されている方は、ここ7番札所か8番札所までを1日目にしているらしいです。 安楽寺から近い場所にある寺院です。 (14時15分)

14:00-15:00

7番札所十楽寺

阿波市

「7番札所十楽寺」を   >

宿坊で泊まっている他の方に聞いたのですが、 初日、霊山寺から歩いてここまでで終わる方が多かったです。 次の札所までいかれた方もいましたが、 安楽寺も近いので、どちらかの宿坊を利用されている方が多いように感じます。

14:00-15:00

7番札所十楽寺

阿波市

「7番札所十楽寺」を   >

大師堂も参拝し、納経をしていただいて、次の寺院に向かいます。 私は車遍路ですので、歩き遍路の方と違い、 今日の目標は12番焼山寺に行けるかどうか、というところまで目指します。

14:00-15:00

8番札所熊谷寺

阿波市

「8番札所熊谷寺」を   >

駐車場につくと、多宝塔が出迎えてくれます。 写真をとってこなかったですが、ここの仁王門は四国霊場の中で最大級の大きさをほこります。 駐車場から、坂を多宝塔や本堂のほうへ向かわず、逆方向に坂を下ったところに仁王門があります。 時間や、体力に余裕があれば、立ち寄ってみてはどうでしょうか。 (14時38分)

14:00-15:00

8番札所熊谷寺

阿波市

「8番札所熊谷寺」を   >

四国88カ所霊場の第8番札所が熊谷寺です。 この写真は中門の写真です。 仁王門は駐車場から、坂を下ったところにあります。 大きな多宝塔が出迎える熊谷寺は、まわりの自然も多い場所です。

14:00-15:00

8番札所熊谷寺

阿波市

「8番札所熊谷寺」を   >

まずは、中門をくぐったところにある本堂を参拝します。 大師堂は、写真にあるとおり、少し階段を登ったところにあります。

14:00-15:00

8番札所熊谷寺

阿波市

「8番札所熊谷寺」を   >

大師堂は、本堂の脇にある坂を上ったところにあります。 大師堂のまわりには、敷地は広くないので、 互いに譲り合って参拝するようにすると良いと思います。 今年は、お遍路の方が少ないなあと思いました。

14:00-16:00

9番札所法輪寺

阿波市

「9番札所法輪寺」を   >

四国88カ所巡礼の第9番札所です。 ここまでは、多少のアップダウンはありますが、ほぼ平坦な道のりです。 次の第10番札所切幡寺に行く前に息を整える気分になります。 (14時59分)

14:00-16:00

9番札所法輪寺

阿波市

「9番札所法輪寺」を   >

静かな環境の中で、本堂を参拝しました。 次に控えている切幡寺の前に、ここで心を整えます。 お経を読んでいる間は、そういった緊張・心配を忘れて、集中できるので、 良い時間だと思います。

14:00-16:00

9番札所法輪寺

阿波市

「9番札所法輪寺」を   >

大師堂を参拝し、納経をお願いします。 次はいよいよ切幡寺です。

15:00-16:00

10番札所切幡寺

阿波市

「10番札所切幡寺」を   >

四国88カ所のお遍路、第10番札所切幡寺です。 昨年は逆うちをしたので、最終日に、この坂を見たときに心が折れかけました。 それ以降、様々な場所へ巡礼に出かけ、心身の治療、成長をし続けました。 今回は、この坂を上ってもわずかな呼吸の乱れしかなかったので、 心身の成長を自分自身で実感しました。 (15時22分)

15:00-16:00

10番札所切幡寺

阿波市

「10番札所切幡寺」を   >

333段の長い石段の間には、女やくよけ坂、男やくよけ坂があります。 それらを登りきり、ようやく本堂にたどり着きました。 苦しい坂でしたが、休憩することもなく、わずかな息切れで登りきり、 自分の成長ができたことを実感できたことに感謝をしました。

15:00-16:00

10番札所切幡寺

阿波市

「10番札所切幡寺」を   >

本堂を参拝した後は、大師堂を参拝します。 この後、今までなら、納経をしていただくのですが、 当寺院には、はたきり観音と奥の院があることを知ったので、 そちらを参拝してから、納経させていただくことにしました。

15:00-16:00

10番札所切幡寺

阿波市

「10番札所切幡寺」を   >

第10番札所である切幡寺には『はたきり観音』様があります。 詳しくは四国88カ所霊場公式のHPから読んでいただければと思いますが、 乙女が即身成仏して観音さんに化身した銅像です。 右手にハサミ、左手に長い布をもっておられます。 右手には、弁財天などの社もあります。

15:00-16:00

10番札所切幡寺

阿波市

「10番札所切幡寺」を   >

切幡寺の奥の院は、本堂の左わきにさらに登る階段があり、 そこを登りきると、見ることができます。(333段には含まれません!) 途中には不動堂もあります。奥の院のまわりの雑草はキレイに刈り取られていました。 奥の院は『切幡寺大塔』と呼ばれ、国指定の重要文化財になっています。 初重と二重の間が方形で、日本唯一の構造様式をしています。 豊臣秀頼が秀吉の菩提を弔うため建立、明治6年に移築し、完成に10年を要した塔です。

16:00-17:00

藤井寺

吉野川市

「藤井寺」を   >

四国88カ所霊場の第11番札所です。 車遍路、初日はここまでとしました。 この寺院は駐車場がかかるので、気をつけてください。 たまに駐車場代のかかる寺院があります。 (16時13分)

16:00-17:00

藤井寺

吉野川市

「藤井寺」を   >

まずは本堂を参拝いたします。 今年はここで初めて、バスを利用しての団体での遍路の方にお会いしました。 昨年は、申年のうるう年だったので参拝者が多かったらしいです。 その反動か、今年は遍路をされる方は少ないらしいです。 私は、そんなことも知らずに、昨年度巡礼をしたので、関係ないのですが。

16:00-17:00

藤井寺

吉野川市

「藤井寺」を   >

今日は、ここ藤井寺で遍路を終了します。 次の12番札所である焼山寺までの道は『遍路ころがし』の異名を持っています。 たしかに車遍路なので、歩き遍路よりも、はるかに楽ですが、 それでも大変なので、今日はここまでとします。

17:00-23:00

安楽寺(徳島県上板町)

上板町(板野郡)

「安楽寺(徳島県上板町)」を   >

今日は、ここの宿坊を利用させていただきました。 改築されたのか、とてもキレイな宿坊となっています。 6時から当寺院独自の『くす供養』というのをしていただけ、 そのあと、夕食をいただけました。貴重な経験になりました。 先祖も喜んでいただけたら嬉しいのですが。

四国88カ所霊場と別格20カ所霊場の車遍路 1日目

1日目の旅ルート

みんなのコメント(1件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!9

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

マイBOOさんの他の旅行記

  • 三徳山と大山を登る旅

    2022/5/8(日) 〜 2022/5/9(月)
    • 一人
    • 1人

    旅行の最後に三徳山のお堂と、大山に登りたくて向かいました。 ただ、四国遍路の疲れを取らずに行ったの...

    8 1 0
  • 倉敷旅行 美観地区とジーンズ

    2022/5/7(土) 〜 2022/5/8(日)
    • 一人
    • 1人

    四国の遍路を終えて、少し旅行に足を延ばしました。 倉敷に美観地区があるのと、国産ジーンズがあるのを...

    10 1 0
    • 一人
    • 1人

    前日は、四国別格の遍路を行っていました。 いよいよ、新四国曼荼羅の遍路も最終日を迎えました。 事務...

    7 1 0
    • 一人
    • 1人

    新四国曼荼羅の遍路も佳境に近づいてきました。 今日は新居浜・今治を遍路します。愛媛県です。松山方面...

    6 2 0
(C) Recruit Co., Ltd.