1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  『鉄』な私と『非鉄』な妻、新潟弥彦ジョイフルトレインの旅

オオバさんの新潟県の旅行記

『鉄』な私と『非鉄』な妻、新潟弥彦ジョイフルトレインの旅

  • 夫婦
  • 2人
  • 芸術・文化
  • グルメ
  • 乗り物

私:乗り鉄。特殊な切符をつかいこなす。 妻:非鉄。ゆったりとした旅行が好き。紅葉狩りに新潟県の弥彦を訪れました。経路に「現美新幹線」「NO.DO.KA」「きらきらうえつ」「とれいゆつばさ」らのジョイフルトレインを詰め込みました。使った切符は、JR東日本の「週末パス」です。

お宿ツウ オオバさん 男性 / 40代

1日目2017年11月3日(金)
08:00-10:00

現美新幹線

朝8時過ぎ、越後湯沢駅で『現美新幹線』に乗車。れっきとした美術館で、車内アナウンスは「ご来場ありがとうございます」。 ただ、「美術館」としては圧倒的にボリューム不足で、新潟までの時間の大半を持て余すことに。 新潟到着後は『弥彦菊祭り号』で弥彦まで70分。まずは温泉で移動の疲れを癒しました。

12:00-14:00

吉田屋

弥彦村(西蒲原郡)

「吉田屋」を   >

有名店らしく、菊祭り期間中という事もあり、たいへん混雑しておりました。わっぱ飯は美味です。ただ、少々待ち時間が長いです。店員さんが大変気を使ってくださいました。

14:00-17:00

弥彦山頂公園

弥彦村(西蒲原郡)

「弥彦山頂公園」を   >

午後からロープウェーで弥彦山へ。「登り1時間待ち」と聞いて躊躇しましたが、「下りは20分待ち」の案内を信じて登ったら、やっぱり下りも1時間待ち。結局、山頂の観光時間を削らざるを得ませんでした。紅葉の景色は綺麗だったんですけどね。

17:00-18:00

弥彦公園

弥彦村(西蒲原郡)

「弥彦公園」を   >

弥彦山の下山に時間がかかってしまい、弥彦公園に到着した時には、すっかり辺りは真っ暗。ライトアップされている木の紅葉は綺麗でしたが、そもそもライトアップされている木が少なく、全体像が見られなかったのが残念です。

18:00-20:00

NO.DO.KA

2018年1月で引退が決まっている、宴会場な雰囲気のお座敷列車『NO.DO.KA』で、新潟に戻ります。今回はずっと満席で、ぎりぎりで切符が取れたのですが、実際の乗車率は3割程度で、転売屋の餌食になっているらしいとの声が。悲しい事ですね・・・

2日目2017年11月4日(土)
10:00-13:00

きらきらうえつ

新潟から酒田までは、『きらきらうえつ』で移動します。景色の良い海側(AB席)は満席でしたが、こういう時は「茶屋」で弁当やお茶セットを買えば、茶屋の席で海側の景色を堪能できます!・・・茶屋の席が空いていれば、ですが。 終点の酒田で、土産物を購入。その後、快速『最上川』で新庄駅まで約50分です。

とれいゆつばさ

新幹線なのに、お座敷と足湯がある『とれいゆつばさ』で福島へ、そこから東北新幹線で戻ります。足湯を頂いた後は、売店で買った日本酒を頂きました。良い列車だと思うんですが、2割程度の乗車率。穴場の新幹線です。ただ、切符を正しく買うのが本当に難しい。倍近い特急代を請求された事もあります。切符購入時には気をつけましょう

『鉄』な私と『非鉄』な妻、新潟弥彦ジョイフルトレインの旅

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!0

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

オオバさんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ