1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  東北旅行 5日間 3日目 青森編〜八甲田山、十和田湖〜

マイBOOさんの青森県〜秋田県の旅行記

東北旅行 5日間 3日目 青森編〜八甲田山、十和田湖〜

  • 一人
  • 1人
  • 温泉
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • ハイキング・登山
  • アクティビティ

いつかは登りたいと思っていた山の1つが八甲田山です。 今回の旅行の目玉の1つです。昨日の、釜臥山に続いて、2日連続の登山になります。 八甲田山と言えば、有名な酸ヶ湯温泉と毛無岱です。ワクワクが止まりません。

神社ツウ マイBOOさん 男性 / 40代

1日目2018年10月16日(火)
00:00-08:00

ホテルルートイン青森中央インター

「ホテルルートイン青森中央インター」を   >

今日は、この宿からスタートです。 八甲田山について聞くと、1時間程度で着くとのこと、 しかも駐車場も広々していると聞いたので、 しっかりとバイキングを食べることにしました。 朝風呂も入って、準備万端です。

08:00-09:00

八甲田・十和田ゴールドライン

青森市

「八甲田・十和田ゴールドライン」を   >

八甲田山に向かう途中も、十分にキレイです。 その道中『萱野駐車場』を見つけたので、車を停めました。 ちょうど紅葉の時期です。車を走らせるだけで、楽しくなってしまいます。

08:00-09:00

萱野高原

青森市

「萱野高原」を   >

萱野駐車場から、八甲田山を見ました。 まわりの木々が色づいていてキレイです。 やはり寒くなる地域でないと、美しい紅葉は見れないものです。 もっとも地元の人から言わせると、これでも薄いらしいですが。

08:00-09:00

酸ヶ湯薬師

酸ヶ湯温泉の建物から、1度道路をカーブすると、無料の公共駐車場があります。 広々とした駐車場で、酸ヶ湯温泉を楽しむ人、八甲田山の紅葉を眺める人、 私のように登山準備をする人、それぞれがいます。 私も登山準備と温泉に入る準備をして、酸ヶ湯温泉に向かいました。 その途中に、酸ヶ湯薬師の鳥居があります。 今日の旅の無事を祈願させていただきました。

08:00-09:00

八甲田山の紅葉

青森市

「八甲田山の紅葉」を   >

都会に住んでいると、この色は、もう見ることはできません。 元々、田舎生まれの私にとっては、懐かしい色です。 この鮮やかな赤色。言葉も出ません。これだけでも訪れたかいがあるというものです。

09:00-10:00

八甲田連峰の紅葉

青森市

「八甲田連峰の紅葉」を   >

彩り豊かな登山道を歩いていきます。 八甲田山の登山道は、よく整備されていて、また急な坂も少なく登りやすいです。 何より、この時期なので、落葉が登山道の良い絨毯になって、フカフカです。 木々に残された紅葉も見事で最高の気分でした。

09:00-11:00

八甲田山

青森市

「八甲田山」を   >

先に、登頂した方から、今日の頂上の天気はよろしくないと聞きました。 『登頂したけれど、真っ白でガッカリした』と、 八甲田山の最高峰『大岳』登頂をすました方に言われました。 登頂するまでの時間は、十分にありますが、 『この毛無岱の湿原の景色が、やっぱり最高だよ』との言葉を信じて、 休憩できる椅子に腰かけ、今日の登山は終了しました。 写真の通りで大岳は、真っ白です。

09:00-11:00

八甲田

青森市

「八甲田」を   >

大岳に向かう途中、毛無岱という湿地帯を歩くのですが、途中で急な坂があります。 登りきったら、ゼヒとも振り返ってみてください。 毛無岱の美しい湿原の光景が、目の中に飛び込んできます。 これを見たくて、八甲田山を登りに来ました。最高の光景でした。

11:00-12:00

酸ヶ湯温泉

青森市

「酸ヶ湯温泉」を   >

登山後には、やはり温泉です。 特に酸ヶ湯温泉は有名でしたので、ゼヒとも入りたいと思っていました。 チケットを先に買うのですが、『混浴』と『男女別もセット』の2つがあります。 ・・・混浴と言っても安心してください。中で敷居が、ちゃんとあります。 女性から、男性のほうへ行かない限り、混浴になることはありません。 白濁とした温泉は、芯から体を温めてくれます。

12:00-13:00

地獄沼

青森市

「地獄沼」を   >

酸ヶ湯温泉の無料公共駐車場の側にある沼(池)です。 紅葉とのコントラストでキレイな景色ですね。 少々硫黄臭かったのは、温泉のためでしょうか? 八甲田山の麓にある池です。

12:00-13:00

奥入瀬湧水館

十和田市

「奥入瀬湧水館」を   >

今日は、残念ながら喫茶店は営業していなかったです。 美味しいお水の販売と、それらをペットボトルに詰める工場の過程が、 見やすいようになっています。 お手洗いは利用できるので、奥入瀬渓流を観光する前に立ち寄ると良いでしょう。

12:00-13:00

奥入瀬渓流館

十和田市

「奥入瀬渓流館」を   >

この地域一帯を『焼山』と言います。 八甲田山から向かうと、ここから先が奥入瀬渓流になります。 正直、駐車場に停車中の車は良いのですが、車に乗りながら観光気分で、 ノンビリ運転する人が、かなりいて、ウンザリでした。 こちらでは、レンタサイクルがあります。 奥入瀬渓流を良く知っている人は、歩いたりして、のんびり散策したり、 絵を描いたりして、ゆっくりと時間を使います。 レンタサイクルはオススメと思いました。

12:00-13:00

奥入瀬渓流館

十和田市

「奥入瀬渓流館」を   >

ここ奥入瀬渓流の自然が養うのか、多くのこけ玉が売られています。 これは、ほんの一部で建物の中に入り、奥に大量に販売されています。 どれもこれも可愛らしかったです。 また、瓢箪ランプも売っていて、興味が湧きました。

13:00-14:00

「奥入瀬」の歌碑

十和田市

「「奥入瀬」の歌碑」を   >

奥入瀬渓流館・湧水館の駐車場にあります。 奥入瀬渓流側の出入り口の脇にありますので、気になる方は足をとめると良いでしょう。 『奥入瀬』という歌があり、その歌が石に刻まれて、置かれています。

13:00-14:00

奥入瀬渓流

十和田市

「奥入瀬渓流」を   >

息を飲む自然とはこのことでしょうね。 正直、この場所は訪れるまでは、ここにあることは知りませんでした。 八甲田山から、十和田湖に向かう間に奥入瀬渓流があります。 多くの人が、この自然を楽しんでいました。

13:00-14:00

奥入瀬渓流の紅葉

十和田市

「奥入瀬渓流の紅葉」を   >

奥入瀬渓流の紅葉を観察しに訪れる方は、非常に多かったです。 散策路もしっかりと整備されています。 ところどころ、駐車場がありますが、基本的には満車の場合が多いです。 いずこかに停めて、ゆっくりと散策する人や、絵を描いていらっしゃる方が多かったです。

13:00-14:00

奥入瀬渓流の紅葉

十和田市

「奥入瀬渓流の紅葉」を   >

水の流れが、川底の岩に当たり、波を打ちます。 その光景だけでも美しいのですが、紅葉の美しさと合わさって、 その美しさには、圧倒されてしまいます。 平日ですが、とても多くの方が訪れていました。 ですが、それも納得です。

13:00-14:00

十和田湖総合案内所

十和田市

「十和田湖総合案内所」を   >

今日の目的地の十和田湖に着きました。 早速、十和田神社を参拝しよう。と思ったのですが、場所が分かりません。 困ったと思ったところ、総合案内所を見つけました。 とても詳しく丁寧に案内していただき、助けられました。 ただ、駐車場が少ないのが残念でした。でも、困ったときは案内所ですね。

13:00-14:00

十和田湖の紅葉

十和田市

「十和田湖の紅葉」を   >

十和田湖に沿って歩いていく、遊歩道が、十和田神社まで続いています。 その散策路を歩きながら、紅葉を眺めました。 寒いと思うかもしれませんが、この寒さがないと、 なかなかこの美しい色が出ないので、難しい所です。

13:00-14:00

十和田神社

十和田市

「十和田神社」を   >

十和田湖の側にあります。階段を上った先にあるのが、十和田神社です。 水神信仰の一つの霊場です。 まわりの木々の美しさもあり、とても神聖な気分になります。 ここにたどり着くまでの間の散策路の木々と、末社の数々だけでも、 気分が徐々に落ち着いていきます。

14:00-15:00

十和田神社

十和田市

「十和田神社」を   >

十和田神社には、熊野三山で修行された方が入水された『占場』という場所があります。 奥宮である青龍が祀ってある場所のさらに奥です。 鎖場を伝って占場に行くのですが、現在はルートが崩落していて通行止めです。 しかし、青龍が祀っている奥宮までは行けますので、時間があればゼヒとも。

14:00-15:00

乙女の像

十和田市

「乙女の像」を   >

十和田湖のモニュメントとして、建っています。 ここが集合場所であったり、何らかに使われていると思います。 ここへの案内板がいくつかありました。 ここより奥には道がないので、十和田湖散策は、ここまでです。

14:00-15:00

十和田湖の紅葉

十和田市

「十和田湖の紅葉」を   >

乙女の像から、十和田湖の湖畔にでました。そこから見た光景です。 ちょうど、東北一帯が紅葉のシーズンだったので、ここからも紅葉が見られました。 赤や黄色に色づいた、多くの木々が湖畔の側にありました。

14:00-15:00

発荷峠展望台・発荷峠第2展望台

小坂町(鹿角郡)

「発荷峠展望台・発荷峠第2展望台」を   >

十和田湖から秋田へと向かう途中に、展望台を見つけ、立ち寄りました。 期待以上でした。寄ったほうが良いです。 紅葉も、近くで見ると、散っている部分などが目に着いてしまいますが、 全体像として見ると、雄大なこと、この上なしです。

14:00-15:00

十和田湖の紅葉

十和田市

「十和田湖の紅葉」を   >

発荷峠展望台からの景色です。 十和田湖畔の紅葉の景色です。これには息を飲みました。 正直、十和田湖の近くでも、その美しさには感動していましたが、 こうして写真で見ると・・・。伝わりにくいと思いましたが、 ここからの景色は、写真で見ても美しいです。

14:00-15:00

十和田湖

小坂町(鹿角郡)

「十和田湖」を   >

発荷峠展望台から、十和田湖の全体像を見ました。美しさに息を飲みました。 近くで見ると、宿などの多くの建物が視界を遮る場合もあり、 十和田湖の全体像を、なかなか見ることは出来ませんでした。 上から見ると、こんなに美しい湖なんですね。感動です。

14:00-15:00

止滝

鹿角市

「止滝」を   >

大湯滝めぐりというものがあります。 そのうち、止滝は道のすぐ近くにあり、容易に見ることができます。 また、止滝神社が滝の隣にあります。(しかも発電所もあります) 駐車場もありますので、運転疲れを癒すのに、とても良かったです。

14:00-15:00

止滝

鹿角市

「止滝」を   >

ちゃんと沢に降りる場所もあります。 高さもさほどではなく、容易に降りることができます。 大雨の影響でしょうか?他の大滝めぐりをしたくても、道が塞がっていました。 ほかの滝は見れませんでしたが、この川の流れと紅葉、良い穴場です。

15:00-23:00

5つの源泉掛け流し 和風宿 岡部荘

「5つの源泉掛け流し 和風宿 岡部荘」を   >

正直言うと、秋田で有名な乳頭温泉に入りたいと思いましたが、 御一人様だと、宿に泊まれないんですよね。 ちょうど、青森を抜けたところに『大湯』という温泉を見つけ、 宿泊させていただくことにしました。 ここは、複数の湯船があり、露天風呂では、紅葉を楽しめました。 朝は、露天風呂で紅葉を愛でながらノンビリ、良い中休みです。

15:00-16:00

大湯温泉

鹿角市

「大湯温泉」を   >

岡部壮に宿泊した時に、浸からせていただいた、『元湯 大正風呂』です。 以前の旅館だった時から、構造を変えず残してあるとのことで、 当旅館の名物らしいです。温泉をひく場所が木製で特徴的です。 他の湯船は、紅葉を愛でる露店などで最高でしたが、 こういった伝統を感じられるものも大好きです。

17:00-18:00

5つの源泉掛け流し 和風宿 岡部荘

「5つの源泉掛け流し 和風宿 岡部荘」を   >

この一帯が、『きりたんぽ』発祥の地ということを知りました。 乳頭温泉には行けませんでしたが、そのことを知った時、『ヤッター』と、 内心思っていました。やはり本場のものを食べたいですからね。 ・・・ちなみに、この日、今年初の暖房を使いました。 やっぱり寒いですね。さすが東北でした。

東北旅行 5日間 3日目 青森編〜八甲田山、十和田湖〜

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!3

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

マイBOOさんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ