1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  富士山と見延山と温泉の旅

纏さんの山梨県の旅行記

富士山と見延山と温泉の旅

  • 一人
  • 1人
  • 温泉
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • ハイキング・登山

<1日目>新大阪駅JR新幹線ひかり504号・東京行(6:08発)→静岡駅(※雪の為遅延D8:48着)ワイドビューふじかわ3号・甲府行(A9:41発)身延駅(11:08着)徒歩→身延山久遠寺→身延山ロープウェイ→身延山山頂、徒歩→身延駅、ワイドビューふじかわ7号・甲府行(15:06発)→甲府駅(16:03着)<買い物>→JR中央本線・立川行(16:53発)→石和温泉駅(17:00着)徒歩→上野屋(17:15着)<ホテル石庭泊>朝食付き<2日目>ホテル石庭(8:00出発)→石和温泉駅JR中央本線・塩山行(8:22発)→山梨市駅(8:29着)徒歩→笛吹川フルーツパーク(9:10到着)(9:20出発)徒歩→ほったらかし温泉(9:40到着)(10:30出発)徒歩→山梨駅(11:26発)JR中央本線松本行→甲府駅(11:49着)ワイドビューふじかわ8号・甲府行(12:37発)→静岡駅(14:58着)JR新幹線ひかり477号・岡山行(16:10発)→新大阪(18:00着)交通費内訳:JR乗車券(新大阪〜山梨市往復16,420円)新幹線(新大阪〜静岡往復8,100円)ふじかわ特急券(静岡〜身延〜甲府、甲府〜静岡5,100円)交通費計:29,620円経費内訳:久遠寺宝物館300円、ロープウェイ1,400円、宿泊費10,500円、石和温泉入湯税150円、ほったらかし温泉800円、タオル200円経費計:13,350円<合計:42,970円>

纏さん 男性 / 40代

1日目2018年12月29日(土)
09:00-10:00

のっけから雪の為新幹線が遅延して、予定のふじかわ1号に乗れず。次のふじかわ3号に指定席を振り替えたものの、静岡駅で一時間ほど待つ羽目に。

09:00-10:00

ふじかわ3号からの車窓の富士山。

11:00-12:00

身延駅に到着。今回は歩きましたが、別段途中に見るべきものもないので、駅前からバスに乗った方がいいでしょう。総門が見たいなら「総門」で下車、「総門」を入って左側に芭蕉らの句碑「御命講や油のような酒五升」もある。

11:00-12:00

身延山総門

身延町(南巨摩郡)

「身延山総門」を   >

日蓮上人が身延入山の折、南部実長公とお会いになられた「逢島」の遺蹟に立つ門。門に掲げられる「開会関」の扁額は、仏の世界に入ることが出来る関門であるという意味。じゃらんのスポット説明はこの先にある「三門」とこの「総門」をごっちゃにしてる気がする・・・。

11:00-12:00

身延山久遠寺の「三門」。関東三大門の一つと説明版には書いてあるが、他2つは不明。一六四二年建立だが焼失し、明治40年再建とそんなに古くはないが大きい。

11:00-12:00

「三門」と「本堂」の間にある「菩提悌」という二八七段の石段。南無妙法蓮華経の七段に分かれていて、石段の高さもあり一気に登るのは余程体力に自信がないと厳しい。無理して上ると悲惨な事になるので、体力に自信のない方は「三門」を左にぐるっと廻りこんだ先の駐車場に斜行エレベータがあるのでそれを利用すべし。

11:00-12:00

身延山久遠寺

身延町(南巨摩郡)

「身延山久遠寺」を   >

日蓮宗の総本山。諸堂が廊下で繋がっており、本堂から入れば客殿までぐるりと廻ることが出来る。明治八年の大火で諸堂は焼失しているので、建物は近年の再建。

12:00-13:00

身延山久遠寺宝物館

身延町(南巨摩郡)

「身延山久遠寺宝物館」を   >

本堂の地下にある。日蓮宗関係の宝物や、国宝・重文を所蔵。中でも「夏景山水図」は京都 金地院所蔵の秋冬山水図二幅とともに、もと足利義満の所蔵であった名品。

12:00-13:00

身延山ロープウエイ

身延町(南巨摩郡)

「身延山ロープウエイ」を   >

身延山久遠寺と身延山山頂の「奥之院思親閣」を結ぶロープウェイ。南側展望台からの富士山と「奥之院駅」からすこし歩いた先の北側展望台からの眺めが素晴らしい。

12:00-13:00

目の前は日本の地質構造を東西に二分する境界、「糸魚川静岡構造線」。耳鳴りがするぐらいの静寂。

12:00-13:00

山を下りて再び富士川沿いの身延駅から石和温泉へ。

17:00-18:00

石和温泉郷

笛吹市

「石和温泉郷」を   >

昭和30年代に湧いた比較的新しい温泉。2019年3月のダイヤ改正で特急あずさが停車しなくなるらしく、地元が見直しを要求しているらしい。

17:00-18:00

今夜の宿「ホテル石庭」。落ち着いた良い宿でした。

2日目2018年12月30日(日)
08:00-09:00

石和温泉からJRで山梨市駅へ。駅舎は現在工事中。

08:00-09:00

ぶどうとさくらんぼ型の街灯を目印に、まずは笛吹川フルーツ公園まで歩く。途中農道を通ればショートカットできる。(その分傾斜はきついが)

09:00-10:00

笛吹川フルーツ公園・フルーツセンター

山梨市

「笛吹川フルーツ公園・フルーツセンター」を   >

公園内から富士山が見える綺麗な公園。最寄りの山梨市駅からのバスは日に3本しかない。駅から徒歩だと約一時間、しかも坂。

09:00-10:00

ほったらかし温泉へ行く途中の道からの富士山。登れば上るほど富士山は大きく見える。

09:00-10:00

ほったらかし温泉

山梨市

「ほったらかし温泉」を   >

笛吹川フルーツパークから徒歩20〜30分登った所にある温泉。内湯は熱いが、露天風呂は温い。露天風呂では富士山を見ながら温泉を楽しめる。

11:00-12:00

JR山梨市駅から見た「笛吹川フルーツ公園・ほったらかし温泉」方面。さっきまであの辺にいたのか。

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!0

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

纏さんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ