1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  ぐるり北海道一周の旅 B (知床半島・阿寒湖)

ike55jpさんの北海道の旅行記

ぐるり北海道一周の旅 B (知床半島・阿寒湖)

  • 夫婦
  • 2人
  • 温泉
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然

人は、北の大地をめざす。九州から北海道一周旅行に出かけました。今まで訪問したことがない観光地を8日間かけて、レンタカーで回りました。partBは、知床半島〜美幌峠〜屈斜路湖〜川湯温泉〜摩周湖〜阿寒湖のコースです。大空と大地とそよ風が吹く中で、雄大な北海道を満喫することができました。ご覧ください。

自然ツウ ike55jpさん 男性 / 60代

1日目2019年7月31日(水)
08:00-09:00

オシンコシンの滝

斜里町(斜里郡)

「オシンコシンの滝」を   >

ウトロに行く途中にあります。オシンコシンとは、アイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」を意味すると掲示板にありました。駐車場から近く、5分ぐらいで行くことが出来ます。滝は、とうとうと水をたたえていました。

08:00-09:00

知床世界遺産センター

知床世界遺産センターは、登山や自然観察に役立つ、一昨日に出たヒグマ情報の掲示がありました。パネルやDVDで知床の自然を紹介するコーナーもあり、わかりやかかったです。

09:00-12:00

知床観光船おーろら

斜里町(斜里郡)

「知床観光船おーろら」を   >

知床観光船おーろらは、大型船で、ゆったりと知床半島を遊覧できました。知床連山は視界が悪く、見えなかったが、海岸線はよく見えていました。残念、ヒグマに遭わず。

10:00-11:00

カムイワッカの滝

羅臼町(目梨郡)

「カムイワッカの滝」を   >

知床観光船おーろらは、ハーフコースのためここでUターンして、ウトロ港に戻ります。カムイワッカの滝は、硫黄分を含んでいるので、滝壁が黄色になっていました。

12:00-13:00

知床自然センター

斜里町(斜里郡)

「知床自然センター」を   >

知床のビジターセンターです。大型スクリーンがあり、知床の自然を空から見ることが出来る映像「四季知床」を見ました。

13:00-14:00

知床五湖

斜里町(斜里郡)

「知床五湖」を   >

高架木道を歩き、一湖まで約40分ぐらいで往復することができました。知床連山やオホーツク海や一湖の絶景を体験することができました。今度来るときは、すべての湖を回りたいと考えます。

13:00-14:00

知床五湖散策の後、パークサービスセンターで人気のコケモモのソフトクリームをいただきました。おいしかった。

14:00-15:00

カムイワッカの滝

羅臼町(目梨郡)

「カムイワッカの滝」を   >

知床五湖から細い砂利道を20分ぐらい走ります。自家用車で乗り入れできる最終日に訪問でしたので幸運でした。カムイワッカの滝の上流は、手を入れるとぬるい温泉の川です。

15:00-16:00

知床峠

羅臼町(目梨郡)

「知床峠」を   >

知床峠には、外国人のバスツワーが大勢やってきて、モニュメントを20分くらい独占しました。やっと撮影することが出来ました。

18:00-19:00

知床天然温泉 ルートイングランティア知床 -斜里駅前-

「知床天然温泉 ルートイングランティア知床 -斜里駅前-」を   >

JR知床斜里駅の目の前にあり交通の便が良く、きれいなホテルで部屋がよかったです。

2日目2019年8月1日(木)
07:00-08:00

JR知床斜里駅

JR知床斜里駅は、モダンな建物です。人も電車もいません。

12:00-13:00

美幌峠

美幌町(網走郡)

「美幌峠」を   >

レストハウスから坂を少し登ると、展望が開けます。素晴らしい眺めです。皆さんにお勧めします。美幌峠からは、眼下に絶景の屈斜路湖が見えました。

12:00-13:00

美幌峠に美空ひばりの石碑があります。側を通ると美空ひばりの歌が流れていました。

12:00-13:00

屈斜路湖

弟子屈町(川上郡)

「屈斜路湖」を   >

屈斜路とは、沼の水が流れ出る口を意味するアイヌ語「クッチャラ」に由来するそうです。阿寒国立公園中最大の湖。この湖は日本国内最大カルデラ湖と知りました。

13:00-14:00

屈斜路湖 砂湯

弟子屈町(川上郡)

「屈斜路湖 砂湯」を   >

砂遊びをしながら、穴を掘って、お湯が出ると喜んでいる子供たちです。近くにキャンプ場もあり、家族ずれで賑わっていました。人気スポットですね。

13:00-14:00

川湯温泉公衆浴場

弟子屈町(川上郡)

「川湯温泉公衆浴場」を   >

真夏の川湯温泉公衆浴場に入りました。熱めの湯とぬるめ湯がありました。源泉温度が高く、冬でも冷めにくいと地元の方に聞きました。湯上がりの冷たい牛乳は、格別でした。

13:00-14:00

大鵬相撲記念館

弟子屈町(川上郡)

「大鵬相撲記念館」を   >

「巨人・大鵬・卵焼き」と人気があった横綱大鵬の記念館に立ち寄りました。川湯温泉で少年時代を過ごし、大きな夢を育てたところです。横綱大鵬のビデオも見ることが出来ました。

14:00-15:00

硫黄山

弟子屈町(川上郡)

「硫黄山」を   >

硫黄山は、黄色の単体のイオウが、噴気孔の周りに蓄積していました。二酸化イオウの匂いが強いです。二酸化イオウ等のガスのために、周りの木が育ちません。はげ山ですね。こういう所は、各地で地獄と呼ばれることが多いと思います。

14:00-15:00

摩周湖第三展望台

弟子屈町(川上郡)

「摩周湖第三展望台」を   >

道路脇のパーキングから少し登ると、摩周第三展望台があります。摩周湖の絶景が見られます。この日は、天気が良く全景が見られて良かった。

15:00-16:00

摩周湖

弟子屈町(川上郡)

「摩周湖」を   >

「霧の摩周湖」と言われるように、前に訪れたときは、霧に隠れて全く見えませんでしたが、今回は幸運に全体が見えました。人気スポットで観光客が多いです。

15:00-16:00

摩周湖

弟子屈町(川上郡)

「摩周湖」を   >

展望台売店のベランダに、エゾリスがひょっこりと現れました。餌付けしているのかな。餌は、ヒマワリの種です。

17:00-18:00

阿寒湖温泉

釧路市

「阿寒湖温泉」を   >

阿寒湖の遊覧船に乗ろうと考えていましたが、時間外で乗船できず残念です。阿寒湖は、特別天然記念物のマリモが有名ですが、養殖したマリモが販売してあり買い求めました。

17:00-18:00

あかん鶴雅別荘 鄙の座

「あかん鶴雅別荘 鄙の座」を   >

あかん鶴雅別荘 鄙の座は、今回の旅行で楽しみにしていたホテルです。息子夫婦が親孝行をするとプレゼントしてくれました。

17:00-18:00

部屋の温泉から阿寒湖が見えます。partCに続きます。

ぐるり北海道一周の旅 B (知床半島・阿寒湖)

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!9

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

ike55jpさんの他の旅行記

(C) Recruit Co., Ltd.