1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  愛媛・香川・徳島の四国よくばりセットツアー

シマリスさんの徳島県〜愛媛県の旅行記

愛媛・香川・徳島の四国よくばりセットツアー

  • 夫婦
  • 2人
  • 温泉
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • グルメ
  • 乗り物

日頃の疲れを癒しに関西から車で5時間、四国は愛媛・道後温泉へと向かいました。3日間で愛媛・香川・徳島を訪れた四国のよくばりセットツアーです。

シマリスさん 男性 / 20代

1日目2019年9月6日(金)
11:30-12:00

道後の温泉街

松山市

「道後の温泉街」を   >

関西から車で5時間、最初のスポットは道後温泉街です。 全体がアーケードとなっており、お土産屋や飲食店が立ち並びます。また、夜には浴衣を着た客で賑わっていました。 到着後すぐに先着順である坊ちゃん列車の整理券を購入。 とりあえず5時間飲まず食わずだった為、昼食を求め奥へと進んで行きます。

12:00-13:00

郷土料理 かどや 大街道店

松山市

「郷土料理 かどや 大街道店」を   >

アーケードを進んでいくと鯛めし店がズラリ。以前より決めていた『かどや 道後店』へと向かいます。スポットは大街道店ですが、行ったのは道後店です。 ご飯にぶっかけるスタイルの宇和島鯛めしを頂きました。非常に美味。また道後へ来た際は必ず寄りたいですね。

13:19-13:39

坊っちゃんカラクリ時計

松山市

「坊っちゃんカラクリ時計」を   >

鯛めしをほおばりアーケードを後にします。次に坊ちゃん列車の時間が迫って来たので、道後温泉駅へと向かいます。 坊ちゃんカラクリ時計の正面に道後温泉駅はあります。 坊ちゃん列車は本物の汽車みたいでこどもみたいにはしゃいでしまいました。車内は9月ということもあってかサウナ状態でした。列車は松山市内を走り、松山城を横目に終点の松山市駅まで乗りました。駅員さんの列車転回シーンも見どころです。

14:00-14:25

いよてつ 高島屋

松山市

「いよてつ 高島屋」を   >

松山市駅を降りると正面に『いよてつ 高島屋』があります。次の目的地である『下灘駅』を目指し、松山市駅からJR松山駅前へ、そして松山駅へと徒歩で向かいます。駅名が松山、松山、松山、で松山のゲシュタルト崩壊です。 JR松山駅前へはオレンジカラーが特徴的な伊予鉄で向かいます。

14:35-15:21

松山駅到着後、ブルーカラーが特徴的な予讃線へと乗り換えます。車窓から長閑な風景を見つつ、下灘駅へと向かいます。列車には意外と多くの人が乗車しており、整理券を取って後で精算するタイプの列車でした。

15:21-16:20

JR下灘駅

伊予市

「JR下灘駅」を   >

電車に揺られること1時間、下灘駅へと到着。胸を躍らせ降車すると、無人駅にも関わらず人でごった返していました。50人以上は確実にいました。 駅前には細い道路を挟んで『下灘珈琲』とかかれたキャンピングカーが止まっており、ジュースを購入しました。 幸いにも天候は良かったので、海と駅舎の綺麗な写真が撮れました。次は伊予灘ものがたりに乗ってみたいですね。

16:20-17:10

1時間ほど下灘駅から松山へ向かう電車を待ちます。本数が少なく1時間に1本ペースですが、下灘の風景を見ていると飽きません。列車が駅へと姿を見せると、駅周辺にいた人が鬼の如くダッシュでホームまで駆け寄りブルーカラーの列車が下灘駅に到着する瞬間をカメラに収めます。かくいう私もその中の1人でした。そして下灘駅に別れを告げ、松山へと戻ります。

17:44-18:00

道後温泉 茶玻瑠

「道後温泉 茶玻瑠」を   >

下灘駅から松山駅への帰りの電車で不覚にも爆睡。慌てて起床しねぼけまなこで松山から再び道後温泉へと戻り、本日の宿泊旅館『茶玻瑠』へチェックインします。車で旅館へと向かいましたが、お出迎えからの荷物預かり、そして車を駐車場へ運んで下さりスタッフの対応が素晴らしかったです。

18:30-19:00

道後温泉本館

松山市

「道後温泉本館」を   >

夕食の時間が19時だった為、30分の余裕。この間に道後温泉本館へと向かいます。到着後、小銭を200円しか持っておらず、バスタオルを買えずハンドタオルを購入。みかん石鹸なるものも売っていました。慌ただしく着替え、いざ入浴。15分くらいつかり、日頃の疲れを癒しました。 次はもう少しゆとりを持って入りたいと誓いました。

19:00-20:45

La Cuisine Japonaise ラ キュイジーヌ ジャポネーズ 玻璃

松山市

旅館へと戻り館内レストランで夕食をとりました。コースメニューだったので、かなりのボリュームで非常に満足しました。夕食を終えると21時前だったので、お土産を求め閉店する前に道後温泉商店街へと足早に向かいます。

20:55-21:00

10 FACTORY 松山本店

松山市

「10 FACTORY 松山本店」を   >

閉店前に10 FACTORY道後店へと向かいます。 オレンジジュースの飲み比べが出来てとても面白い店です。 お土産を購入後、21時からカラクリ時計がカラクリしていたので見ることに。芋屋金次郎にて湯あがりけんぴをたべたかったのですが、閉店しており断念。

2日目2019年9月7日(土)
08:45-11:00

サンポート高松

高松市

「サンポート高松」を   >

2日目は香川・小豆島を目指します。旅館を後にし、高松港まで2時間車を走らせます。天気の良さと前日の疲れで眠気と格闘しつつ高松港へ到着。浜風がすごかったです。 ここからフェリーか高速艇か選択出来ますが、時間優先で高速艇に乗り、小豆島に向かいます。

12:05-12:30

エンジェルレンタカー(エンジェルカート)

土庄町(小豆郡)

「エンジェルレンタカー(エンジェルカート)」を   >

小豆島は土庄港に到着後、レンタカーを予約していたのレンタカーを借りに行きます。小豆島は広いのでバスも出ていますが短時間でスポットを巡るにはレンタカーが最適でした。 4時間パックでしたのでまずは近場のエンジェルロードへと向かいます。

12:30-13:15

エンジェルロード

土庄町(小豆郡)

「エンジェルロード」を   >

最初に向かったのは土庄港から近いエンジェルロード。丁度干潮時刻だったので砂の道が出来ていました。 浜風が強く砂塵が舞い、半袖の肌に当たりとても痛く手荒い歓迎を受けました。入り口に高台へ登るルートがあり、歩くこと3分、その頂上から見下ろすエンジェルロードもまた壮観でした。

13:35-14:20

道の駅 小豆島オリーブ公園

小豆島町(小豆郡)

「道の駅 小豆島オリーブ公園」を   >

次に向かった先は小豆島オリーブ公園。ギリシャ風車が特徴的なこの公園はジブリ映画『魔女の宅急便』の舞台にもなったそうです。 たしかにホウキをもった人達をよく見かけました。 園内の所々にオリーブの木がありました。

14:45-15:30

二十四の瞳映画村

小豆島町(小豆郡)

「二十四の瞳映画村」を   >

そして最後に向かったのは二十四の瞳映画村。昔懐かしい感じの映画村です。ここで昼食に素麺を頂くことに。しっかりした歯ごたえでした。学校の給食を食べられるレストランもありました。学校の教室もあり、窓からはオーシャンビューです。

16:15-18:15

時間になったのでレンタカーを返却し、小豆島を後にします。次に向かうのは同じく香川県の西端、三豊市にある『父母ヶ浜』を目指し高松港から車を走らせます。

18:15-19:15

父母ヶ浜海水浴場

三豊市

「父母ヶ浜海水浴場」を   >

丁度夕暮れ時にやってきました。ここ父母ヶ浜では干潮時に水たまりができ、水面に景色が映るというスポットで有名なのですが、あいにくの満潮でした。 しかし、夕日が海に沈んでいく風景はとても素晴らしかったです。

3日目2019年9月8日(日)
10:30-12:30

大塚国際美術館

鳴門市

「大塚国際美術館」を   >

3日目は丸亀市内のホテルから徳島県は鳴門市へ。大塚国際美術館へと進みます。 駐車場よりバスが出ており、館内へ。めちゃくちゃ長いエスカレーターを上り、システィーナ礼拝堂へ向かいます。館内では360度絵画に囲まれ圧巻でした。ユニークなお土産もいろいろありました。

13:00-14:00

徳島県立渦の道

鳴門市

「徳島県立渦の道」を   >

大塚国際美術館の近くにあります。下がガラス張りになっており、海が見える箇所もありました。渦の道はかなり長く、片道15分くらいは掛かります。

14:00-15:00

鳴門公園千畳敷展望台

鳴門市

「鳴門公園千畳敷展望台」を   >

渦の道の入り口の先にお土産屋さんが並ぶ公園があります。 天気が良かったのでここでのんびりしました。 レストランで徳島ラーメンを頂きました。とてもおいしかったです。 そして景色を堪能した後、帰路へ着きます。

愛媛・香川・徳島の四国よくばりセットツアー

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!10

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

シマリスさんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co., Ltd.
リクルートグループサイトへ