1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  フェリーで行く宮崎、鹿児島の続・日本100名城登城&絶景観光5泊ドライブ

mrミヤビさんの旅行記

フェリーで行く宮崎、鹿児島の続・日本100名城登城&絶景観光5泊ドライブ

  • 夫婦
  • 2人
  • 温泉
  • 史跡・歴史
  • 自然

神戸から宮崎へカーフェリーで宮崎、鹿児島の続・日本100名城登城と観光・絶景を楽しみ、満喫しながら途中、道の駅に立寄り名産物を見て、ちょっと美味しいものをいただく5泊のドライブです。

お宿ツウ mrミヤビさん 男性 / 60代

1日目2020年7月28日(火)
19:00-20:00

19:00に神戸港を出港するときの夕暮れ風景。2等室での宿泊でしたがコロナの影響でかなり空いており、寝具も間隔をあけて設けられておりゆったり、楽に過ごせました。

2日目2020年7月29日(水)
06:00-07:00

カーフェリーの展望デッキからの朝日。霞空のなか、やさしい朝日の日差しを感じた。

10:00-11:00

宮崎港から北上して、佐土原城(続・日本100名城No196)の登城を目指す。残念ながら2年前の台風での崩壊、倒木で途中から通行止めで本丸跡まで行けず、引返した。写真は切通しで、狭い急な登城路。古代の歴史を感じる。

12:00-13:00

宮崎の観光スポット「青島神社」を参拝し、広大な自然の現象「鬼の洗濯板」を驚き見る。

14:00-14:00

青島神社から堀切峠(立寄りちょっと観光)を経由して、道の駅「フェニックス」に立寄り名物の「マンゴソフトクリーム」を食べながら展望台から見る壮大に広がる「鬼の洗濯板」に感動!

15:00-16:00

道の駅からサンメッセ日南に向かったが、休館日でモアイ像にあえなかった。入口部に1体だけあったモアイ像と記念写真後、「鵜戸神宮」を訪れる。大岩壁の岩穴に設けられた本殿が神秘的でした。また、周囲の奇岩群も絶景で、そのなかの亀岩に祈願して「運玉」(5個200円)を投げ入れも楽しめた。ちなみに第7投目で入りました。

宿泊は「ホテルジェイズ日南リゾート」です。プランは朝食付(チェックインが遅いと考えて)、ゴルフ場を隣接しており温泉設備も整っている。

3日目2020年7月30日(木)

志布志城へ行く途中に映画「男はつらいよ」のロケ地、油津の堀川橋に立寄りました。人口運河に架けられた単アーチ橋と赤レンガの建物が昭和の雰囲気が残っている感がいい!

宮崎県から鹿児島県に入り志布志城に到着。築城年代は不明確ですが、深い空堀跡や土塁跡が残っている。登城路(散策道)の要所要所には散策コースマップが設置されていますが、今年の雨の影響で足元が悪く、崩れている部分もあり気を付けて歩く必要がある。やっと本丸跡に辿り着いたが、雑草で看板だけでした。

志布志城から鹿児島県県内の道の駅「松山」「おおすみ弥五郎伝説の里」「たからべ」。そして、宮崎県に戻り道の駅「都城」を経由して「日本の滝100選 関之尾滝」を見にきました。梅雨時期の雨で増水によって滝の迫力が大増し、ダイナミックな滝を見ることができた。落下した滝水のしぶきが全身に降りかかり気持ちいい〜。

3日目の宿泊はビジネスホテルでかけ流し温泉に入浴できる「シティホテルイン国分」です。

4日目2020年7月31日(金)

九州自動車道から指宿スカイラインを走行して知覧城へ目指しました。指宿スカイラインの途中、須々原展望台からの桜島を見る絶景。

知覧城の情報とスタンプを求めて、訪れたミュージアム知覧の側に設置されていた知覧茶のレプリカが面白かったので撮りました。

知覧城は本丸の周囲に独立した曲輪群(今城、弓場城、蔵之城)が空堀で隔てられて存在。その曲輪に登城しながら本丸を目指し、知覧城碑(本丸にある)まで到着。

曽木の滝は、滝幅210m、高さ12mの壮大な滝。やはり増水により、さらに迫力も増して見ていると引き込まれるようだ。また、新曽木大橋からの全景は絶景に値すると思います。この滝が「日本の滝100選」に選定されてないのが残念です。

宿泊先の「離れのある囲炉裏温泉旅館早水荘」に17時に到着。

5日目2020年8月1日(土)

宿泊先から宮崎県の延岡城を目指し、出発して「霧島神宮」に到着。参拝と御朱印獲得で観光しました。参拝石段を登り、鳥居をくぐって進むと綺羅びかな、そして、優美な本殿が目に飛び込んできた。神殿そのものという感じで神秘を感じた。

延岡城は宮崎県を代表する近世城郭で二の丸にある高さ22mを誇る高石垣は「千人殺し」(写真)と呼ばれており、ひとつの石を外すと石垣全部が崩れて、千人を殺せることができる仕掛けの石垣伝説があります。

6日目2020年8月2日(日)

このドライブ旅行の最終日は宮崎県から大分県へ各道の駅を訪れて土産物を購入したり、スタンプを獲得する予定のなか、道の駅「原尻の滝」では日本の滝100選の原尻の滝を観光しました。その後、立寄り温泉「ながゆ温泉」(大分)で入浴して、大阪に向かって高速を激走し帰路につき、無事自宅に…。

フェリーで行く宮崎、鹿児島の続・日本100名城登城&絶景観光5泊ドライブ

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!1

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

mrミヤビさんの他の旅行記

(C) Recruit Co., Ltd.