1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  最果ての地へのドライブです

花ちゃんさんの福岡県〜長崎県の旅行記

最果ての地へのドライブです

  • 一人
  • 1人
  • 温泉
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • グルメ

この道を行けばどうなるものか。ってことで、我が国の道の終着点を目指すドライブです。本土から自家用車で自走して行ける、道の最果てです。

福岡ツウ 花ちゃんさん 男性 / 40代

1日目2021年3月3日(水)

伊万里湾

伊万里市

「伊万里湾」を   >

今回の冒険は、往復の移動時間が9時間程かかるようです。なので、早朝出発、観光地は少な目です。伊万里まできてようやく明るくなってきました。まぁここまではほぼ高速道路なので、旅行記もここから始める事にしましょう。

電源開発(株)松浦火力発電所

松浦市

「電源開発(株)松浦火力発電所」を   >

ところで、伊万里市ではガソリンが145円/Lでした。お隣の松浦市では、132円/Lでした。隣町なのにっ!松浦市まで我慢して良かった!ガソリンスタンドを出ると、火力発電所が見えて来ました。

電源開発(株)松浦火力発電所

松浦市

「電源開発(株)松浦火力発電所」を   >

電源開発といえば、道なき山奥にダムを作ってまわった会社ですね。獣道すらなさそうな峻険な山中に、ダムを作るために道路を作ってまわった超人的な会社です。この会社のダム建設用道路を基礎として、いくつもの道路が開発されました。

九州電力(株)松浦発電所

松浦市

「九州電力(株)松浦発電所」を   >

すぐお隣には、九電さんの発電所もあります。九州人にとっては、九電さんのほうが馴染みがありますね。発電所の規模は、九電さんのほうが大きいようです。良い写真を撮る位置は、電源開発さんのほうが恵まれています。

田平公園

平戸市

「田平公園」を   >

さて、いよいよ本土を離れます。その前に、離島へ渡る橋の袂の公園から、平戸大橋と平戸島を眺めてみましょう。派手派手しい色彩の吊橋ですが、結構カッコ良いです。

平戸ツツジ

平戸市

「平戸ツツジ」を   >

本土や、平戸島、生月島等、今回の旅先で良く見かけたツツジです。これ、平戸市の市の花だったか市の木だったかに指定されているそうです。私には、他のツツジとの違いはわかりませんが。とにかく良く見かけました。

平戸大橋

平戸市

「平戸大橋」を   >

先ほど公園から眺めた吊橋を渡り、離島その1へ。

川内峠

平戸市

「川内峠」を   >

国立公園に指定されている峠からの眺望も楽しんでみましょう。

川内峠

平戸市

「川内峠」を   >

瀬戸内海の多島美は有名ですが、九州も負けていません。ここの景色もなかなかの物です。近くの佐世保の九十九島もそうですね。この付近は、狭い海域に沢山の小島があって、見ごたえのある景色を眺めることができます。

生月島

平戸市

「生月島」を   >

本土から繋がる我が国道路の最西端は、平戸島にあります。しかし、お隣の離島へも、橋が架かっています。冒険心をくすぐられますね。ちょっと寄り道してみましょう。

生月大橋

平戸市

「生月大橋」を   >

これ道路橋です。トラス橋です。鉄道の橋や、距離の短い橋では良く見かける構造です。しかしこの距離でアーチ構造も併用せずに、トラス構造だけで架けている橋は珍しい気がします。しかも橋脚の部分が、高くなっていますね。まぁあまり詳しいことはわかりませんが、とにかく変わった橋です。

生月島

平戸市

「生月島」を   >

良く見ると、漁港のようですが、港も結構規模が大きいです。橋が架かる前までは、この港が島の生命線だったのでしょう。

生月大橋

平戸市

「生月大橋」を   >

どうせ行けばわかります。島の観察はこの程度にして、離島その2へ。

生月大橋公園

平戸市

「生月大橋公園」を   >

橋の袂には、道の駅もあります。ここから見上げる橋もカッコ良いです。

生月大橋公園

平戸市

「生月大橋公園」を   >

この上なく偉い人の歌碑もあります。

生月大漁籃観音

平戸市

「生月大漁籃観音」を   >

先ほど平戸島から眺めた港を、大きな仏さんも見下ろしています。

塩俵の断崖(御崎柱状節理)

平戸市

「塩俵の断崖(御崎柱状節理)」を   >

非常に大きな柱状節理もあります。長崎県の代表的な柱状節理だそうです。海岸を見ると、節理の根元だけがあります。ふむ、かなり古い地形のようですね。

生月島

平戸市

「生月島」を   >

平戸島ではそれ程でもなかったのですが、生月島に渡ってきてからは、随分と風が強いです。今回訪問時がたまたま強風なのかと思ったのですが、風力発電の風車が結構建っています。普段から、ある程度風が強い場所なのでしょう。

大バエ灯台

平戸市

「大バエ灯台」を   >

離島その2の端っこです。良く見ると、ランプのレンズがかなり大きいです。

大婆鼻断崖と灯台

平戸市

「大婆鼻断崖と灯台」を   >

で、その灯台の近くの断崖です。断崖も見事ですが、海岸際に注目です。千畳敷の成り損ないのようですね。先ほどの柱状節理も然りですが、どうやら火山性の地形のようですね。

安満岳

平戸市

「安満岳」を   >

離島その2へも寄り道したので、そろそろ離島その1平戸島へ戻りましょう。世界遺産にも登録された、春日集落と棚田を眺めながら、1時間程ドライブです。今回の目的地、我が国の最果てへ向かいましょう。

本土と繋がった最西端の道

迷わず行けよ行けばわかるさ。ってことで、ここが本土から繋がる道の最果てです。目の前にあるのは、また別の離島です。この旅行記のTOP写真も、この道の最果てで撮影した物です。

本土と繋がった最西端の道

道中は山道です。そして山道を抜けた終着点で、いきなり景色が開けます。素晴らしい!この写真は北側、次の写真は南側です。

本土と繋がった最西端の道

道中の路肩のうち、大半は落ちています。良い道ではないですが、まぁ九州の林道を走る人ならば問題は無いでしょう。通行止めゲートも設置されていましたが、本日は開放されていました。

冨春園

平戸市

「冨春園」を   >

少し遅めになりましたが、平戸の市街地で平戸牛を食べてみましょう。道中に、我が国最古の茶畑と、我が国最初の禅寺があります。茶畑には、座禅石がありました。

イギリス商館遺跡碑

平戸市

「イギリス商館遺跡碑」を   >

平戸の市街地は、観光客が利用できるような無料駐車場が見当たりません。ちょっと見るだけや、ちょっとお土産を買うだけだと、利用しにくい街です。

幸橋

平戸市

「幸橋」を   >

この橋は工事中で渡れませんでした。普段がどうなのかは知りません。

平戸和牛 焼肉市山

平戸市

「平戸和牛 焼肉市山」を   >

平戸和牛のレモンステーキ定食、2,600円です。それなりに旨いです。が、最後のほうはレモンのえぐ味が肉に移っていました。レモンステーキは佐世保の名物のようです。肉自体は結構美味しかったので、レモンステーキの美味しい食べ方を研究してみることにしましょう。

亀岡公園

平戸市

「亀岡公園」を   >

お肉屋さんお薦めの、平戸の桜の名所だそうです。ここの駐車場は無料でした。まぁ花の時期にはまだ早いようです。1本だけ、まだ咲いている梅の木がありました。

亀岡神社

平戸市

「亀岡神社」を   >

公園内にある神社です。歴代平戸城主を祀った神社だそうです。

平戸城

平戸市

「平戸城」を   >

公園の中心はこのお城です。が、改修工事中だとかで、天守閣に登る事はできませんでした。綺麗なお城なので、工事が終わるまでは、眺めて楽しみましょう。

平戸大橋

平戸市

「平戸大橋」を   >

そろそろ本土に戻ることにします。生月大橋でトラスが云々と触れたのですが、この吊橋も主塔間はトラス構造になっています。距離が長い橋の場合、トラス構造はこのように、何か別の構造と組み合わせる事が多いように思います。

道の駅 松浦海のふるさと館

松浦市

「道の駅 松浦海のふるさと館」を   >

復路ではカッコ良い写真が撮れた九電さんの発電所です。この近くに道の駅があります。駐車場無料で、平戸銘菓を購入することができます。平戸の街中だと、お土産代金に加え、駐車場料金が必要になります。欲しい銘菓が見当たらない時は、店員さんに尋ねてみましょう。

浜野浦の棚田

玄海町(東松浦郡)

「浜野浦の棚田」を   >

ここに寄り道するために、移動時間が2時間近く余計に必要だった場所です。西向きの小さな谷の棚田です。何やら恋人の聖地だとか。独身のオッサンが荒らしてすみませんねぇ。

仮屋湾

玄海町(東松浦郡)

「仮屋湾」を   >

件の恋人の聖地付近にある海です。ここには温泉施設のある公園があるのです。

三島公園

玄海町(東松浦郡)

「三島公園」を   >

無色無臭ですが、粘度の強い温泉です。そして、お湯がどうのこうのよりも、ここの露天が素晴らしいのです。西側の海に向かって開けている露天風呂です。海側の壁は、透明のアクリル板になっています。景色の良い海を見ながら温泉が楽しめるのです。夕暮れ時は絶景だと思うのですが、暗くなる前に帰ることにします。夕陽は楽しみたいのですが、帰宅時間帯の福岡の渋滞に捕まるのは嫌です。人混みと渋滞は大嫌いです。

福岡タワー

福岡市早良区

「福岡タワー」を   >

何とか明るいうちに戻ってきました。この調子だと、渋滞が始まる前に福岡を抜けられそうです。最後まで計画通り!我が国の最果てまで、日帰りで行ってくる事ができました。

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!4

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

花ちゃんさんの他の旅行記

    • 一人
    • 1人

    福岡でもまた、緊急事態宣言が出そうな雰囲気になってきました。その前にお出かけすることにします。お...

    218 3 0
    • 一人
    • 1人

    桜見ドライブです。今回は、八代海沿岸を訪問しました。そろそろ桜の葉も茂ってきています。九州北部の...

    97 3 0
  • 高千穂の旅です

    2021/3/22(月) 〜 2021/3/24(水)
    • 一人
    • 1人

    去年高千穂へ遊びに行きました。その際は時間の都合で、天安河原へは行き損ねました。杉花粉飛散のピー...

    98 6 0
    • 一人
    • 1人

    我が福岡県では、首都圏よりも早目に緊急事態宣言が解除されました。しかし、お天気の良い日が続きませ...

    105 4 2
(C) Recruit Co., Ltd.