1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  九州旅行2日目 〜韓国岳登山と柳川川下り〜

マイBOOさんの福岡県〜鹿児島県の旅行記

九州旅行2日目 〜韓国岳登山と柳川川下り〜

  • 一人
  • 1人
  • 芸術・文化
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • グルメ
  • 乗り物
  • ハイキング・登山
  • アクティビティ

霧島連山は、噴火警戒レベルが下がって登山できる場所もあるようになりました。 昨年は、緊急事態宣言があったので自粛して、今年登ることにしました。 御花という旅館では、柳川川下りの予約ができるので、それも合わせて楽しんだ1日でした。

神社ツウ マイBOOさん 男性 / 40代

1日目2021年5月2日(日)
05:00-06:00

大浪池登山口

大浪池登山口に、朝4時半に到着して、仮眠。 まだ5台だけしか駐車していなかったので、登山するなら早い時間ですね。 5時ごろ、明るくなってきたので、準備をして5時半に出発しました。 写真のは、お手洗いです。灯りはないので、自分で用意しましょう。

05:00-06:00

大浪池登山道

大浪池の登山道です。整備されていて歩きやすいですが、 普段登山に慣れていない方は、大浪池までの道中でも疲れるようなので、 水分など用意して登るようにしましょう。

05:00-06:00

大浪池

霧島市

「大浪池」を   >

残念ながら絶景を拝める天気では今日はなかったです。 韓国岳を正面に見られる絶景が見られる時もありますが、 ガスがかかると、こんな景色にしかならないのは残念ですね。 登山口から登ると、お手洗い付きの休憩所があります。

06:00-07:00

韓国岳避難小屋

大浪池を半周し、韓国岳避難小屋に到着しました。 大浪池から、ここまでの距離は西回りでも東回りでも変わりません。 多少のアップダウンを繰り返しながら、ここまで歩いていきます。

07:00-08:00

韓国岳

「韓国岳」を   >

韓国岳の登山の特徴は、ひたすら階段が続くことでしょう。 多少、岩のある所もありますが、全体的に階段が多いという印象です。 降水後は、滑りやすくなっていますので、注意して登山しましょう。

07:00-08:00

霧島高原

霧島市

「霧島高原」を   >

韓国岳から見た、大浪池です。霧島高原も一望できました。 あまり景観の良くない1日でしたが、 この景色が見られただけでも良かったと思います。

07:00-08:00

韓国岳

小林市

「韓国岳」を   >

まだまだ山頂付近は寒かったですね。 樹氷の状態になっていて、岩にも霜がおりていました。 山頂付近は、階段と直接登るルートと2つありますが、 階段を使わないの人が多かったです。

07:00-08:00

韓国岳

霧島市

「韓国岳」を   >

無事に登頂できました。岩についている白いものは霜です。 この時期の山頂は、風も強く、かなり大変な状態だったので、 すぐに下山することにしました。

09:00-10:00

えびの高原

えびの市

「えびの高原」を   >

大浪池を西回りで回ると、木々の切れ目から高原の様子が伺えます。 東回りからですと、霧島高原を見ることができるので、 大浪池の周回は楽しいものです。 大浪池を回るときは、ぜひ一周する方向で、回ってください。

09:00-10:00

大浪池

えびの市

「大浪池」を   >

大浪池から韓国岳を見ることができました。 早朝よりは天気が回復したようです。 それでも山頂は、ガスがかかっていましたね。 多くの登山者が訪れていて、路肩にも駐車してある車があるほどでした。

12:00-13:00

山川パーキングエリア(上り線)外売店

みやま市

「山川パーキングエリア(上り線)外売店」を   >

山川PA(パーキングエリア)で昼食をとりました。 山川ラーメンを中心とした定食・ラーメン単品のメニューが多いです。 焦がしニンニクがなんともいえない味わいです。 ご飯も大盛無料と、至れり尽くせりのサービスでした。

13:00-14:00

清水公園

みやま市

「清水公園」を   >

清水寺の下の方にある庭です。 庭のための駐車場もあるほど広々とした庭園です。 多くの人が訪れていて、お土産屋さんもあるほどでした。

13:00-14:00

清水寺三重塔

みやま市

「清水寺三重塔」を   >

清水寺の駐車場から本堂へ向かう途中にあります。 清水寺には、庭園から直接登って参拝する敬虔な方も多いので、 見逃してしまわないように注意してください。

13:00-14:00

清水寺

みやま市

「清水寺」を   >

九州(福岡)の清水寺で、古刹の寺院です。 ここまでの道中、道を間違えて大変な思いをしましたが、無事にたどり着けました。 御朱印を書いていただき、感謝しながら本堂をあとにしました。

14:00-15:00

三柱神社

柳川市

「三柱神社」を   >

戦国時代に活躍した立花公を祀る神社です。 となりには、ゆかりのある『太郎稲荷神社』もあり、 両方の御朱印をいただくことができます。 現在、広々とした臨時駐車場への案内がありますが、 本殿の近くにも停めることができます。

14:00-15:00

柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花

「柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花」を   >

こちらで柳川川下りを予約していたので、 早めのチェックインをさせていただきました。 こちらまで、川下りのお迎えがありますので、予約しておくと便利ですよ。

15:00-16:00

柳川観光開発(株)「松月乗船場」

柳川市

「柳川観光開発(株)「松月乗船場」」を   >

柳川川下りの出発の場所です。 そこの平たい独特の船に乗船して出発します。 約1時間の船旅になるので、先にお手洗いを済ませておくように勧められました。

15:00-16:00

柳川の柳

柳川市

「柳川の柳」を   >

柳川氏の木は、『柳』です。 車道の脇に、街路樹として植えられている場所もあります。 全国的にも有名な話でしたが、これだけたくさん見れる場所は少ないですね。

15:00-16:00

柳川古文書館

柳川市

「柳川古文書館」を   >

無料で見学できる古文書館です。 16時閉館と聞き、川下りの最終便の後に向かうのは厳しいと思います。 柳川市の歴史を知ることができる場所と聞きました。

15:00-16:00

柳川川下り

柳川市

「柳川川下り」を   >

竹一本で、操る技術を伝承続ける川下りです。 明治に始まったとのことで、歴史は浅いとのことでしたが、 十分に長く感じました。ゆったりと柳川の川を下っていきます。

15:00-16:00

柳川城堀

柳川市

「柳川城堀」を   >

柳川の外堀のところは、写真のとおり段差になっています。 当時は生活用水として利用され、その名残とのことでした。 結果、水質が一時期悪化したとのことですが、 今は、市民の努力で、悪臭などない、城の堀のかつての流れとなっています。

15:00-16:00

柳川の川下り

柳川市

「柳川の川下り」を   >

柳川の川下りは、時には日陰も通ります。 夏場は、さんさんと日当たりの良いところを進む川下りですが、 一時の清涼を運んでくれる場所もあるとのことでした。

15:00-16:00

水辺の散歩道

柳川市

「水辺の散歩道」を   >

この散歩道を歩いている家族などを見かけました。 川下りの船の速度が変わらないので、並行して進んでいました。 川下りの速度は、歩く速さと変わらず、ノンビリと進んでいきます。

15:00-16:00

椛島菖蒲園

柳川市

「椛島菖蒲園」を   >

椛島菖蒲園は、川下りでも目玉のスポットです。 さすがに時期が違うので、花々を見ることはできませんでした。 これを目当てに川下りに参加する人もいるとのことでした。

15:00-16:00

劉寒吉うなぎ供養碑

柳川市

「劉寒吉うなぎ供養碑」を   >

柳川川下りの途中にある『うなぎ』の供養塔です。 柳川は、どじょうのイメージでしたが、うなぎの方が名物のようですね。 ここでは、川下り中に、餅やソフトクリーム、飲み物などを買うことができます。

15:00-16:00

柳川城阯

柳川市

「柳川城阯」を   >

かつて柳川城があった跡地です。 なぜ城がなくなったかというと、不審火によるものだとのことでした。 現在は、高校になっていて、テニス部などは、全国区の強豪校とのことです。 元気よく挨拶してくれました。

15:00-16:00

檀一雄文学顕彰碑

柳川市

「檀一雄文学顕彰碑」を   >

檀一雄文学顕彰碑の脇も川下りは通ります。 中央の石だけが、濃く変色しているのに気づくでしょうか? 先生はワインが大好物だったらしく、今でも遺族の方が、 水ではなく、ワインをかけるので変色したとのことです。

16:00-17:00

水郷柳川観光

柳川市

「水郷柳川観光」を   >

御花に宿泊し、予約をした方は、13の橋を越える川下りの、 11番目を過ぎたところにある、御花の北門で終了です。 (そのまま下っても良いですが自力で帰ってください) 約1時間、話上手、歌上手の楽しい旅をありがとうございました。

17:00-19:00

御花

柳川市

「御花」を   >

旅館でいただく夕食の先付です。 どれもこれも郷土の料理が丁寧に作られていて美味しかったです。 九州独特の甘い醤油も美味しかったです。 珍味なのは、イソギンチャクでした。コリコリして美味しかったです。 他にも、ムツゴロウも出てきて、驚くなど。 驚きと、感動の体験でした。

17:00-19:00

御花

柳川市

「御花」を   >

ウナギのセイロ蒸しを最後にいただきました。 山椒をかけながら、香りと甘さを口いっぱいに広げながら堪能しました。 米にウナギのタレが染みわたり、熱々の美味しい料理でした。 肝吸いは、苦みがなく、こんなウナギの肝があるのかと驚きました。

18:00-19:00

松濤園

柳川市

「松濤園」を   >

松濤園は、御花にある立花公の庭園です。 歩いて散策するための庭園でなく、大広間から観賞するための庭園とのことでした。 18時以降は、灯りがともります。 美しい庭園に心が休まりました。

九州旅行2日目 〜韓国岳登山と柳川川下り〜

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!3

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

マイBOOさんの他の旅行記

(C) Recruit Co., Ltd.