観光MAP

岬十三里といわれる半島の先端。一帯は緑におおわれ白い灯台が鮮か。九州佐賀関が手にとるように見える。

日本一細長い佐田岬半島の最先端にそびえる白亜の灯台。2017年には点灯100周年を迎え、「恋する灯台」や「四国八十八景」に認定されています。晴れた日には豊予海峡を隔てて九州が遠望できます。点灯100周年を記念して椿山展望台や御籠島…

四国,九州,中国の山々が眺められる。

ウナギ,コイ,ボラ等が多く,海鳥も群れをなしてくる。

生育の北限といわれ,空中根といって根が無数にでて奇観を呈しており,またの名をたこの木とも呼ばれ,大正10年天然記念物に指定されている。

瀬戸内海国立公園内にある椿山展望台は、灯台と豊予海峡が一望できる絶景スポット

町の中心街にある室町末期開基の寺で、この樹令1000年の大クスがみごと。

三崎浦15ヶ浦(三崎13・瀬戸2)の総氏神として建立されたが現在は三崎地区の総氏神とされている。

入江を堰止めてつくった淡水湖。

伊方町の魅力を紹介するために、特産品売り場などが設けられており、伊方の地酒や民芸品、加工品などが揃い、伊方ならではのお土産を買うことができる。また、宇和海と瀬戸内海を一望できる半島ならではの展望デッキは特におすすめ。

伊予大洲藩6万石の城下町として賑わった昔日の面影を随所に残す。明治〜大正時代を思わせるしっとりした町並みへ、歴史探訪に出かけよう。史実に忠実に復元された大洲城が一般公開されており、NHKドラマの舞台にもなったおはなはん通…

肱川流域随一の景勝地臥龍淵に、明治の貿易商河内寅次郎氏が京都や神戸の名工を呼び寄せ構想10年・工期4年の歳月をかけ建てた別荘。肱川と冨士山を借景とした庭と茶室をもち、日本建築の伝統美が集約されている。

新鮮な農産物の勅販売を中心に、地元の食材にこだわるレストランやオリジナルハムやパンを製造、販売。その他各種イベントや自然に学ぶ遊び空間を整備。

標高80mの丘上に築かれた平山城で藤堂高虎の築城による。伊達氏2代宗利が大改修し現在の形となる。天守閣は国指定重要文化財。

城を中心として東南部に形成された城下町である。旧市街の3分の2は戦災を受けたが、今も旧町がいくつか残り、伊達家にまつわる史跡や文化財が数多く残され城下町の面影をとどめている。

大正5(1916)年、大正天皇の即位を祝い創建された本格的な歌舞伎劇場。木造2階建て瓦葺き入母屋造り、桟敷席、回り舞台、すっぽん、花道など本格的な舞台装置を備えている。見学はもちろん、演劇、コンサートに利用されている。

愛媛の歴史や民俗に関する資料の収集・展示・調査研究を主とし、南予の生涯学習推進拠点としている。

ジャンル
再検索ボタンを押すと、現在表示されている地図の範囲内にある
観光スポット・イベント・宿泊施設が表示されます。

※宿泊施設の検索条件を指定する場合は、下のパネルで指定してください。

■宿泊施設の検索条件を指定する
宿泊日
 年   月   日     泊 
人数等 1部屋あたり 大人  名  子供 0名   部屋
予算 1部屋1泊あたり    食事
部屋タイプ
 
宿タイプ
 
こだわり
 
 
検索条件とアイコンについて

※部屋毎の人数設定が変更されている場合がございますので、ご注意ください。

ページの先頭に戻る↑