宿・ホテル予約 > 長野県 > 松本市(上高地・乗鞍・白骨・野麦峠) > 上高地 > 上高地 朝焼けの宿 明神館のブログ詳細

宿番号:311799

聖地明神。穂高岳の朝焼け。花畑。大自然の1軒宿。税込\11500〜

上高地までおいで下さい。上高地バス停から河童橋渡らず、40分の森林浴道の終点。上高地は送迎禁止地域

上高地 朝焼けの宿 明神館のお知らせ・ブログ

宿泊施設ブログ

  • 施設のおすすめ

    2022年4月23日、ニリンソウ開花

    更新 : 2022/4/29 11:15

    ニリンソウ開花、2022年は、春が約10日位早いので、
    5月第1週終わりから、5月20日頃までには、
    平地の各群生地は、終わりそうな雰囲気です。
    期待している方は、日程調整願います。
    明神館周辺の明神地区と、明神から徒歩20分古池の開花が最も早いです。

    2022年5月20日頃は、
    徳沢キャンプ場周囲、
    次に、最後の集落の明神から徳本峠方面へ20分歩いた大集落

    その後、
    小梨平キャンプ場から、明神へのニリンソウ街道が出来て、
    終わります。

    花の咲いている期間は、それぞれの場所で、2週間が目安です。

    4月28日快晴、最高気温16度位です。

    普通の観光でも現在、通常に歩ける上高地内は、
    河童橋から徒歩45分の明神。
    明神から1時間の徳沢、
    明神から2時間15分の横尾。
    明神登山口から、徳本峠方面までの平地。
    明神から、明神岳、正式名穂高岳を見ながら、梓川対岸の明神池まで、徒歩5分。
    明神池から、河童橋まで、徒歩70分から、90分。

    明神では、現在、多数の野鳥の繁殖期に入ってます。

    新緑は、従来通り、6月。

    季節営業開始は、官庁の指示により、毎年4月27日。


    明神地区の群落。
    最初は、1輪の花、その後2本目の花等が、同じ株で、地上から生えてきます。


    白い花びら、と思ってるのは、花のガクです。

    天気の良い、午前10時から、午後4時までしか、花は、開きません。

    個々の花は、咲き始めの、ピンク。稀に先祖帰りしている、グリーンの花を、
    探すのも、イイですね。

    関連する周辺観光情報

    関連する宿泊プラン

    【じゃらん夏SALE】上高地始まりの地。平地ハイキングで楽々自然体験♪ 上高地の中の聖地、明神 一般客室

宿泊のご予約はこちらから

料金・宿泊プラン一覧

お電話でご予約される場合は、宿泊プランをお選びください。