宿・ホテル予約 > 茨城県 > 大洗・ひたちなか > 大洗・ひたちなか > 

大洗ホテル〜太平洋を望む絶景ロケーション〜のよくあるお問合せ詳細

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

エリア:  茨城県 >  大洗・ひたちなか >  大洗・ひたちなか

宿番号:328561

【只今じゃらんバザール参加中!】★海の幸バイキングが人気の宿★

水戸大洗I.Cよりお車で10分。水戸駅⇒16分⇒大洗駅よりお車で5分 大洗駅まで送迎可(要連絡)。

空室検索・予約

この宿をクリップする

チャットで問い合わせる こちらの宿への質問にAIがチャット形式で答えてくれます。

宿メルマガ メールする

大洗ホテル〜太平洋を望む絶景ロケーション〜のよくあるお問合せ

本ページ内の記事内容は宿泊施設が更新しています。
記事内容について(必ずお読みください)

よくあるお問合せ一覧

Q.あんこう鍋・どぶ汁の違いってなんですか?

[その他]

A.どぶ汁とアンコウ鍋の違い(ルーツ)

実は現在のアンコウ鍋の方が新しく生まれたお料理です。
どちらも同じアンコウ鍋ですが、少し調理方が異なります。

ルーツはその昔、冬場に漁師達が食したのが始まりと言われております。

もともとアンコウは水分が非常に多い魚で、ほとんどの部位が食べられます。
寒い冬、船上の漁師達は温かく栄養満点の鍋は大切な食料でした。

そこで目をつけたのがアンコウ。
貴重な水を使わずに、大根や白菜、葱などの野菜と一緒に
ぶつ切りにしたアンコウを煮込んで、味噌を加えれば
栄養満点で温かいスープが作れました。

その際、あん肝を鍋で空煎りし、肝から出た肝油(かんゆ)で
酒の濁酒のようにオレンジ色に濁っていた事から、どぶ汁と呼ばれました。


そして鍋ブームに合わせ、あんこうどぶ汁を商品化しようと考えました。
しかしその調理法では手間がかかり、多くのお客様にご提供できません。

そこで考えたのが、肝煎りや水分を出す時間を省く為に
オリジナルスープ(割り下)を加えて煮立てるだけにしたのが今のアンコウ鍋です。

スープの味付けによってお店それぞれの個性を出せるようになり、
これが大変なヒットとなり、県内各地であんこう鍋が広まります。

一方で話題になると、本物趣向のお客様も増えてきます。
希少価値の高い元来の調理法は「どぶ汁」として改めてスポットを浴びるようになりました。

そこで生まれたのがどぶ汁にアレンジしたあんこう鍋。
肝を空煎りする作業をくわえてからスープを加えたのが、一般的に食べられるどぶ汁です。

当館では水を加えない漁師鍋のどぶ汁を海鮮ダイニング風和にて、
お部屋食で仲居係が調理するどぶ汁風のあんこう鍋、
そして食べやすい通常のあんこう鍋はホールや一般のお客様にご提供しております。

まずは通常のアンコウ鍋を食べていただき、次はお好みでより濃厚などぶ汁へと、
順にお試しいただければと幸いです。

更新 : 2016/04/30 11:39

 
宿泊のご予約はこちらから
料金・宿泊プラン一覧
お電話でご予約される場合は、宿泊プランをお選びください。
ページの先頭に戻る↑
 
[旅館]大洗ホテル〜太平洋を望む絶景ロケーション〜 じゃらんnet

他のホテルを探す場合はこちら

エリアからホテルを探す

茨城県 > 大洗・ひたちなか > 大洗・ひたちなか

この宿に問い合わせる