宿・ホテル予約 > 岐阜県 > 奥飛騨 > 奥飛騨 > 松宝苑(しょうほうえん)のブログ詳細

エリア:  岐阜県 >  奥飛騨 >  奥飛騨

宿番号:356605

静かな山間に佇む飛騨造りの一軒宿。湯屋や囲炉裏で温まる

新平湯温泉
長野道松本ICより車で70分。中部縦貫道高山ICより60分

空室検索・予約

この宿をクリップする

チャットで問い合わせる こちらの宿への質問にAIがチャット形式で答えてくれます。

宿メルマガ メールする

松宝苑(しょうほうえん)のお知らせ・ブログ

太平山 安国寺

更新 : 2009/03/25 23:39


飛騨地方では唯一の国宝の紹介です、
近くに住みながらこれまで観た事が無かったので、
天気に誘われて見学に行ってまいりました、

松宝苑の近所に建つ「禅通寺」と同じ宗派でもあり、
住職もよく拝見する方なので、気軽に拝観させて頂きました。
広い駐車場から山門をくぐり、しばらく「コンニチワ〜 コンニチワ〜」
と呼んでも不在のようでしたが、オッサンはそこであきらめず、
カッテにカッテ口から和尚を捜し、
忙しい中にもかかわらず 拝観をお願い致しました。

また、仏像好きなワタシは撮影をお願いしたのですが
像・国宝ともにNGでした、が、ナイショで一枚だけ… 

おおらかな顔のご本尊様でした。

安国寺は,足利尊氏が後醍醐天皇をはじめ”元弘の乱”以降に
戦死した方の供養のため全国66国2島に建てた安国寺の,
現存する内の一つだそうです、
”すきすきすきすきすきっすき”でおなじみの一休さんが修行した
あの安国寺と同系列です、

国宝に指定されている経蔵はお経を収める蔵で。
経蔵内部の八角輪蔵が素晴らしく、
ここに納めてある一切経5397巻は650年余り経った今でも、
中は綺麗でしっかり読めるそうです。

また住職の寒い中でのユーモアたっぷりの説明は、
歴史・宗教にうといワタシにも十分理解出来る楽しい時間でした。

場所:岐阜県高山市国府町西門前474

山号 :太平山
宗派 :臨済宗妙心寺派
本尊 :釈迦牟尼仏
創建年:正平2年(1347年)

 
宿泊のご予約はこちらから
料金・宿泊プラン一覧
お電話でご予約される場合は、宿泊プランをお選びください。
ページの先頭に戻る↑
 
←松宝苑(しょうほうえん) 基本情報へ戻る
 
[旅館]松宝苑(しょうほうえん) じゃらんnet

他のホテルを探す場合はこちら

ビジネスホテルを探す

岐阜県 > 奥飛騨

エリアからホテルを探す

岐阜県 > 奥飛騨

この宿に問い合わせる