宿・ホテル予約 > 兵庫県 > 神鍋・鉢伏・養父・和田山 > ハチ高原・養父・和田山 > 竹田城 城下町 ホテル EN(えん)のブログ詳細

エリア:  兵庫県 >  神鍋・鉢伏・養父・和田山 >  ハチ高原・養父・和田山

宿番号:374235

\竹田城跡のすぐ麓/但馬の美食・美酒、まちを愉しむ分散型ホテル

ハイクラス

【電車】大阪より3時間/東京より5時間【お車】大阪神戸京都市内より90分〜150分/名古屋より3時間半

竹田城 城下町 ホテル EN(えん)のお知らせ・ブログ

【1-2月限定】 フレンチと日本酒に酔いしれて

更新 : 2019/01/18 17:05


2013年12月、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」とともに、「日本酒」が今注目を集めています。

フランスでは、2017年から日本酒コンクール「Kura Master」が開催され、パリの一流レストランが日本酒を扱うようになり、市場が急速に拡大しています。

元々フランスでは「マリアージュ」といわれる伝統的な考え方があり、肉には赤ワイン、魚には白ワインというように、料理と飲み物をペアリングして提供されます。相性の良い組み合わせは、料理の味を引き立て、お酒の風味も一層引き立たせます。

昨今フランスでも健康志向が広まり、料理もあっさりしたテイストに変化。素材を活かした味付けにも合う日本酒は、大変評判になっているというわけです。


「酒は百薬の長」といわれ、適量なら健康や美容に良いといわれています。造りのいい「日本酒」は味も良く、身体を温め、美肌や癒しにも効果があるのだとか。個人差はありますが、1日1合〜2合を目安に、高タンパク・高ビタミンの食材と合わせていただくと良いそうです。

日本酒は悪酔いすると言う人もよく聞きますが、それは「飲み方」。香りや味をじっくり堪能しながらゆっくりと時間をかけて飲むことで、日本酒の本当のおいしさがわかります。

知って親しむ、大人のたしなみ。
「フレンチと日本酒」のペアリングを愉しんでみませんか。

関連する周辺観光情報

 
宿泊のご予約はこちらから
料金・宿泊プラン一覧
お電話でご予約される場合は、宿泊プランをお選びください。
ページの先頭に戻る↑
 
[ペンション]竹田城 城下町 ホテル EN(えん) じゃらんnet