長崎のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 長崎のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

長崎のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

長崎 ホテル・宿泊施設情報

長崎県は、九州の西端部に位置します。佐賀県と隣接している部分以外は周囲を海に囲まれており、海岸線の長さは北海道に次ぐ国内2位です。古くは対馬国、肥前国、壱岐国に分かれていた県であり、1550年にポルトガル船が来航し、フランシスコ・ザビエルによってキリスト教の布教が開始されました。これをきっかけとして長崎は南蛮貿易の中心地となり、17世紀には鎖国下においても日本の数少ない貿易港として機能していました。県庁所在地の長崎市には坂が多く、住宅が斜面に建設されている場合もあります。
長崎県は観光地として発展しており、平和公園の一角にある長崎原爆資料館、鎖国の間も海外に開かれ、窓口となっていた出島、洋風建築を集めたグラバー園、夜景スポットとして知られる稲佐山など、観光客で賑わう場所が複数あります。他にも貿易や戦争など、長崎が歩んできた歴史を反映させた施設や場所が見られ、周辺にはホテルなどの宿泊施設があります。また、歴史の中で独自の食文化が発展していったため、長崎ちゃんぽんやカステラ、トルコライスなどさまざまなグルメも存在します。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 長崎県 人気の温泉・露天風呂

    • 雲仙温泉

      島原半島中央にそびえる雲仙岳一帯は、日本初の国立公園に指定された温泉保養地。硫黄のにおいと水蒸気に包まれた大小30からなる雲仙地獄はキリシタン殉教の舞台になった所でも知られており、哀しい歴史と悲話が今に残る。 平成2年に噴火した「平成新山」を近くに眺め、春はミヤマキリシマを楽しむことができる。

    • 小浜温泉

      雲仙岳の西麓、橘湾の海岸一帯に湧き、野母半島を望む温泉で、特に落日の景観のよさは絶品。高い温泉温度と豊富な湯量が自慢で、至るところで蒸気が立ち上る。泉質は食塩泉で、 リュウマチ、神経痛、痛風などに効くとされる。海岸沿いに30軒の旅館・ホテルが建ち並び、新鮮な海の幸が味わえる。

    • 平戸の温泉

      1977年、朱塗りの平戸大橋が架かり九州本土の松浦郡と直接結びついた平戸市。かつて南蛮貿易の中心地として栄え、当時の商館跡などの異国情緒溢れる史跡が多く残り、キリシタンも多い。平戸温泉、千里ヶ浜温泉、平戸たびら温泉、田の浦温泉などの温泉が地元の人や観光客に親しまれている。

    長崎県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 長崎県 人気の観光スポット

    • 平成22年2月2日 小浜に日本一長い105m足湯!

      日本一長い105m足湯ほっとふっと105

      4.1

      日本一「105mの足湯」平成22年2月2日に誕生!! 熱量日本一の小浜温泉は,源泉温度105度。 その「105」に因んで,『105mの足湯』ができました。 名前は「ほっとふっと105」。なんだか覚えやすい名前です♪ 4月からの利用時間は10:00〜19:00。 普通の足湯の他、ウォーキング足湯、ペット湯と様々な足湯がありますので、ぜひお楽しみください。 モクモクと立ち上る湯煙をダイナミックに感じられる湯棚や、小浜といえば橘湾、そこから獲れる新鮮で旬な海の幸や地元野菜を自分で蒸して食べれる湯釜も、足湯の横にございます。 足湯は楽しんでいただける仕掛けがいっぱいなのでぜひお越しください!

    • 九十九島は、佐世保港の外側から北へ25kmにわたり大小208の島々が点在する海域のことで、島の密度は日本一といわれています。

      九十九島パールシーリゾート

      4.2

      九十九島の玄関口にある海のリゾートパーク。 人懐っこいイルカに会える九十九島水族館海きららや、九十九島を巡る遊覧船やヨットセーリング、シーカヤックで楽しむ海の散歩など、九十九島ならではの体験が楽しめる。 海きららの特別展や九十九島かき食うカキ祭り(11・2月)など季節のイベントもあり!

    • サンスパおおむら 天然温泉大村ゆの華

      3.7

      大村初の天然温泉。「宝庫原の湯」と「箕島の湯」の二つの露天風呂や、歩行湯、つぼ湯、シェイプアップバス、塩サウナ、アウフグース(蒸気とハーブのサウナ)、個室の家族風呂とからなります。その他にも施設内には、お食事処や癒し工房(マッサージ)もあり、入浴後もゆったりと過ごすことが出来ます。

    長崎県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 長崎県 人気のイベント情報

    • 九十九島かき食うカキ祭り・冬の陣

      2017年02月04日〜2017年02月26日(予定)(開催場所:長崎県 長崎県佐世保市 九十九島パールシーリゾート 大芝生広場)

      カキのシーズンが深まる2月に、新鮮な九十九島かきをセルフバーベキューで堪能できる「九十九島かき食うカキ祭り・冬の陣」が、九十九島パールシーリゾートで開催されます。長崎県産の水産加工品やドリンクなどの販売もあります。一部大型テントが設置され、雨の日でも楽しめます。

    • 島原城下ひなめぐり

      2017年02月01日〜2017年03月05日(予定)(開催場所:長崎県 長崎県島原市 島原城、武家屋敷、森岳商店街、アーケード街 ほか)

      島原の各家庭やお店の軒下に、ひな人形や古い歴史をもつ人形が展示され、その数は100か所以上、約3000体におよびます。平面的な作りが特徴の「しまばらの押し絵雛展」では、島原の昔懐かしく親しみ深いお雛様を見ることができます。島原城からアーケード商店街まで練り歩く「人間ひな行列」や、期間限定で桃カステラの販売のほか、「ひな御膳」などの提供もあります。

    • (c)ハウステンボス/J−17565

      ハウステンボス 光の王国

      4.8

      2016年10月29日〜2017年05月07日(予定)(開催場所:長崎県 長崎県佐世保市 ハウステンボス)

      世界最大級を誇る1300万球のイルミネーションが輝く、ハウステンボス「光の王国」が開催されます。ハウステンボスのイルミネーションは、全国イルミネーションランキング4年連続1位を受賞しています。2016年は世界最大となる全長13m高さ6.5mの「光のドラゴンロボット」が登場するほか、日本一となる高さ66mから流れ落ちる「光の滝」、光の海へとダイブする「光のバンジージャンプ」、水中イルミネーション「光と噴水の運河」などが行われ、街全体が光に包まれます。胡蝶蘭など、この季節にしか出会えない花々も見逃せません。※点灯時間は日没から閉園まで、日によって異なります。

    長崎県 人気のイベント情報ガイドを見る

長崎県は、佐賀県と隣接している以外は、その周囲が海である地域のため漁業が盛んに行われています。また、江戸時代にこの地で出島を築いて貿易をしていたことから今でも貿易が盛んな地域として知られており、各所に外国人向けのレストランや居留地があります。特に、佐世保市はもともと海軍基地があり、その地にいたアメリカ人から伝えられたとされる佐世保バーガーは、地元の人気グルメとなっています。
また、長崎県を代表する料理として皿うどんとちゃんぽんがあります。鳥ガラと豚骨をベースとしたスープに海と山の幸をふんだんに用い、ラードで調理したものを麺と絡めるという独特な麺料理は、観光客にも人気があり多くのお店が県内に開店しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル