宿・ホテル予約TOP > ご当地グルメ特集 > ご当地グルメ特集/氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣

【ご当地グルメ】温泉に入るトマト????/ご当地グルメ特集

掲載期間:2009年10月1日~2009年11月1日

宿直送の情報満載!日本全国!人気のご当地グルメ特集

ご当地グルメTOPへ 富山/ご当地グルメへ

このブログを書いている宿

氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣

海辺の高台に建つ老舗。全てのお部屋から富山湾が眺められる!運がよければ海越しの立山も見ることができる

貸切風呂無料のプランも!評判の海幸料理、海一望の客室と露天温泉

【ご当地グルメ】温泉に入るトマト????

【ご当地グルメ】温泉に入るトマト????

今年の5月の氷見の里山・・・・

女将の車が向った先は・・・・

植えたてのトマトのハウス。

まだまだ苗も若くて・・これから!という感じ。
実は7年越しの女将の願いがいよいよ形になるのであります。

そして、ふた月後の7月の頭・・トマトの収穫も始まりました。
完熟なので、皮が裂けるほどパンパンです。

このトマトは、「あいこ」という名のフルーツトマト。

ロケット型、プラム型と呼ばれる細長い形が特徴です。
もともと、糖度も高く、リコピンも他のミニトマトに比べて4倍
というデータもあるほどのスグレモノなのですが
・・・黄色のあいこは、さらに甘いのです。

実は・・・・

赤い「あいこ」にも黄色い「あいこ」にも、
氷見温泉郷のしょっぱい温泉水をかけて栽培してもらっています。

ただ今、栽培の際の温泉水の濃度をいろいろ変えて実験中。
トマトは、塩分の多い土地で栽培すると、塩分のせいでトマトが
水を吸い上げにくくなり、その分、うまみがぎゅーーーーっと
つまったおいしいものができます。
塩田の跡地や干拓地などのトマトがおいしいのは、そのせいです。

氷見温泉郷の温泉は、海のそばのせいか塩分を含んだ温泉。
ならば、その温泉水でトマトを育てたら、きっとおいしいトマトが育つはず
・・・だから、どなたか、うちの温泉水でトマト育てて〜といい続けていたのです。

今年、ようやく、ふたつの営農組合が栽培に着手してくれて、
ようやく女将の念願がかなったというわけ。

この実験がうまく行ったら、今度は女将んちの温泉だけでなく、
氷見のいろんなしょっぱい温泉を使ってトマトを育て、
民宿さんやレストランなどで氷見名物の「温泉水をかけて育てたトマト」
の料理の輪が拡がって・・・と。女将の頭の中はムンムンになっているのです。

ハウスの中のトマトの糖度は約9度。
まだ、温泉水をかけて育てた科学的なデータは、出ていませんが、
もともと甘〜い「あいこ」です。(と、いいつつも、あちこちの
『あいこ』を買って食べては、ますます自信満々になっている女将です)

最得カップルプラン【貸切温泉1回無料】海側8畳和室

更新 : 2009/07/19 0:00

このページのTOPへ