close

端午の節句とは?由来やお祝い・食べ物など初節句や五月人形を飾る時期も

2021.01.27

端午の節句とは、5月5日のこどもの日。菖蒲の節句とも呼ばれています。

兜や五月人形を飾り、鯉のぼりをあげ、ちまきや柏餅を食べてお祝いする日です。
そんな風習や食べ物には、どんな意味や由来があり、いつごろ始まったのでしょうか。

この記事では、そんな端午の節句のいろいろや、男の子が生まれたときの初節句のことまで解説します。

※この記事は2020年12月1日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
記事配信:じゃらんニュース

端午の節句とは?

端午の節句

端午の節句とは、男の子のすこやかな成長と健康を願って、お祝いをする日です。

●Q.「端午」って何?
端午とは、「最初の午(うま)の日」といった意味。
「端」には、最初や、始めという意味があります。

中国の古い暦では、十二支の寅(とら)から1月が始まります。午の月は5月。午の月の最初の午の日は、5と5が重なる日です。

●Q.節句って何?
節句とは、季節の節目のこと。神様にお供えをしていたことから、「節供」とも書きます。

5月5日がなぜ季節の節目なの?というと、陰陽道に関係があります。

古代中国の陰陽道では、1・3・5・7・9という奇数を、「陽」と考えていました。
奇数が重なる日は、逆に「強い陰をなす日」として恐れられ、身を清めて、お供えをする日だったのだとか。

そんな節句の日は、1年に5回あり、五節句と呼んでいます。

・1月1日(元旦) ※のちに1月7日(人日)に変化
・3月3日(上巳)
・5月5日(端午)
・7月7日(七夕)
・9月9日(重陽)

Q.なぜ男の子の節句?
では、なぜ端午の節句だけが、男の子の節句といわれるのでしょう?

端午の節句

江戸時代まで下ると、日本において五節句は「吉祥の日」という受け取り方に変化しました。幕府公式の祝日でもあり、賑やかなお祭りの雰囲気があったそうです。
ちなみに、明治5年まで祝日でした。

そんな江戸時代、公家の「ひな人形遊び」が武士や庶民の間でも流行し、上巳の節句(3月3日)と結びついて、雅やかな「女の子のお祭り」になっていきました。ひな人形もどんどん発達していったようです。

それに対し、端午の節句は「菖蒲の節句=尚武(しょうぶ)の節句」とされ、「男の子のお祭り」と意識されるようになりました。特に武士の間で盛んに祝われたようです。

旧暦では、ひな祭りは4月ごろで、桜や桃の季節です。対して端午の節句は6月ごろ。梅雨入り前の暑い季節で、以下のような風習とも結びつきました。

・厄払いの菖蒲(しょうぶ)を、勇壮な剣に見立てる
・しまってある鎧兜(よろいかぶと)を縁側などに飾り、虫干しする

この時期に武具や甲冑(かっちゅう)を蔵から出し、虫干しする習慣が、五月人形を飾る風習の原型のひとつでもあるようです。

Q.菖蒲はどこから?

菖蒲

端午の節句に、菖蒲を薬草にする習慣は、古代中国にはすでにありました。
屋根につるして魔除けにしたり、刻んでお酒に混ぜて、飲んだりしていたのだとか。

それらが日本に伝わり、室町時代にはすでに菖蒲湯(しょうぶゆ)、菖蒲酒(あやめざけ)、菖蒲刀(あやめがたな)など、厄払いや薬草として用いる習慣が根付いていたそうです。

これから来る、暑い夏を乗り切るための生活の知恵だったのでしょうね。

端午の節句はいつ?

こどもの日

上述のように、端午の節句は、5と5が重なる日であることから始まりました。ですので、5月5日です。

5月5日といえば、現代の日本では「こどもの日」でもあります。国民の祝日ですね。

祝日法によると、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」。男女の区別はなく、お母さんにも感謝する日です。お母さんに限らず、お父さんに感謝してもいいですね。

明治6年に「五節句」が祝日でなくなってから、戦後までずっと、5月に連休はありませんでした。

1948(昭和23)年の祝日法制定時に、「こどもの日」をいつにするか検討するとき、かつて端午の節句だったこの日が推薦されたのだそうです。

端午の節句のお祝いは何をする?

五月人形を飾る

男の子の力強くたくましい成長を願って、五月人形を飾ります。

3月20日の春分の日ごろから4月中旬に飾り始めるのが良いとされています。端午の節句が過ぎたら、5月中旬までの、湿気の少ない日に片付けるといいでしょう。

五月人形には、以下のような種類があります。

・鎧飾り(よろいかざり):甲冑、弓矢、太刀などのセット

鎧飾り

・兜飾り(かぶとかざり):頭にかぶる兜だけのもの

兜飾り

・武者人形:武者姿をしたかわいい子どもの人形。金太郎タイプなどもあり

武者人形

予算や収納場所に合わせて選ぶといいでしょう。
飾るときは、直射日光の当たらない場所がいいそうです。床の間があればベスト。

鯉のぼりを揚げる

鯉のぼり

「鯉のぼり(鯉幟)」と呼ばれる所以は、男の子が生まれると、幟(のぼり)や旗指物(はたさしもの)を掲げてお祝いしていたのが始まりなのだとか。

最初は吹き流しだけだったのが、「滝を登り切った鯉は竜になる」という故事にちなんで、鯉が描かれるようになりました。

五月人形と同じく、春分の日~4月中旬あたりから、5月中旬ぐらいまで揚げることが多いようです。遅くとも梅雨入り前には片付けるのが良いようです。

例年、各地で観光のための鯉のぼりが掲げられています。
群馬県館林市の「こいのぼりの里まつり」は、2005年に5283匹を揚げ、世界記録に認定されているほど。

こいのぼりの里まつり

各地の鯉のぼり祭りの中でも長い歴史を持つのが、高知県・四万十川。1973年から地元の有志たちが始め、今も四万十川各所で色とりどりの鯉が掲げられています。

鯉のぼり

菖蒲湯(しょうぶゆ)に入る

菖蒲湯

沸かしたお風呂に菖蒲を浮かべれば、菖蒲湯のできあがり。
菖蒲にはアサロンやオイゲノールといった精油成分が含まれていて、暑い夏も健康に過ごせるといわれています。

写真のようにそのまま入れてもいいですし、小さく刻んでから、ネットなどに入れて浮かべる方法もあります。

初節句のお祝いをする

男の子が生まれてから、初めて迎える5月5日が「初節句」。子どものすこやかな成長を願い、無病息災を祈って家族・親族でお祝いします。

お祝い膳の内容などに、特に決まりはないようですが、ちまきや柏餅、ブリやタイなど縁起物のお魚を食べるのが一般的。

「初めての節句」といっても、赤ちゃんがまだ生まれたばかりの場合は、無理をする必要はありません。生後1カ月目のお宮参り、100日目のお食い初めが済んでから、次に巡ってくる節句を初節句とするケースが多いようです。

端午の節句は何を食べる?

柏餅(かしわもち)

柏餅

上新粉(うるち米の粉)を使ったあん餅を、大きなカシワの葉っぱで包んだ柏餅。カシワの香りがおいしさを増してくれます。

カシワは、新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄」につながるとされる縁起のいい植物。ちなみに、桜餅と違って、葉っぱは食べない方がいいそうです。

ちまき

ちまき

甘味を付けた餅を、ササの葉で包み、蒸し上げたお菓子がちまき。
もとはチガヤ(茅)という植物の葉で巻いていたため、茅巻き(ちまき)と呼ばれるのだとか。

お餅には、あんが入らないものが一般的。お餅も、モッチリして歯応えのある上新粉のこともあれば、ふんわりした葛(くず)を使ったものもあります。

柏餅とちまきには、地域ごとにさまざまなバリエーションがあります。それは下でご紹介します!

タケノコ

タケノコ

端午の節句は、ちょうどタケノコのシーズン。4月からGWにかけてが旬です。
土佐煮や、タケノコご飯など、おいしい食べ方がいっぱい。春巻きに入れても良い歯応えです。

端午の節句にタケノコを食べるのは、竹にあやかって、まっすぐすくすくと育ってほしい…という願いが込められているのだとか。

端午の節句のお菓子

端午の節句のお菓子には、地域ごとに個性ゆたかな餅菓子があります。

サルトリイバラの柏餅【東海地方以西】

サルトリイバラの柏餅

ブナ科のカシワが育ちにくい地方では、柏餅には伝統的に他の植物の葉っぱが使われてきました。

そもそも「カシワ」とは「炊(かしぐ)葉」という意味で、料理を包むことができればなんでも良かったのだとか。

東海地方以西で主流派だったのが、サルトリイバラやサンキライ。カシワより小さめの葉です。光沢があってお餅にくっつきにくく、よい香りがあります。

朴葉巻(ほおばまき)【長野県・岐阜県】

朴葉巻

長野県から岐阜県の山間部で、古くからお皿代わりに使われてきたのが朴(ほお)の木の葉。抗菌作用もあるそうです。

その朴の葉でお餅を巻いて蒸し上げたのが朴葉巻。パッと見、ちまきに似ていますが、包むのはあん餅なので柏餅の仲間かも。

採りたての朴の木の若葉だけを使います。枝にくっついたままで数個作るのが特徴的。野趣あふれる良い香りがします。

べこ餅【北海道、青森県】

べこ餅

北海道と青森県下北地方で、端午の節句といえば「べこ餅」。黒砂糖を混ぜたお餅と、白い砂糖を混ぜたお餅を使い、葉っぱの形の木型に入れて蒸し上げます。

白と黒の模様が、牛(べこ)に似ているからとも、米粉から作るため「べいこ餅」と呼ばれていたからともいわれています。

現在では、草餅を使った緑色と白のものや、あんこを練り込んで花の形に成形したものなど、さまざまなバリエーションがあります。

笹巻(ささまき)【山形県】

笹巻

ちまきのお餅をササで巻くのは、保存性を高めるためなのだとか。現在でもちまきの原型のような「笹巻」と呼ばれる食品があります。

山形県庄内地方のものは、白いお餅と、灰汁(あく)で煮てねっとりとした食感になった、黄色いお餅の笹巻があります。

きな粉や黒蜜を付けて食べれば、もちもちの歯応えと、独特の香りが口いっぱいに広がります。

あくまき【宮崎県、熊本県、鹿児島県】

あくまき

鹿児島県、宮崎県、熊本県南部でちまきといえば、この「あくまき」。

一晩灰汁に漬け込んでおいたもち米を、同じく灰汁に漬けた竹の皮で包み、さらに灰汁で数時間煮込んで作ります。アルカリ性が強くなることで保存性が高まり、ねっとり感も出るのだとか。

飴色になった餅は、ほのかにえぐみがあり、それもおいしさの一要素。きな粉や黒蜜で食べるとクセになる味わいです。

端午の節句のいろいろ、いかがでしたでしょうか。
いろんな柏餅やちまきも、食べ比べてみたいものですね!

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

ミキティ山田  ミキティ山田

旬な話題を求めて、いろいろな場所を取材・撮影する調査員。分厚い牛乳瓶メガネに隠したキュートな眼差しでネタをゲッチュー。得意技は自転車をかついで階段を登ること。ただしメガネのせいでよく転びます。