1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  ミヤマキリシマを追い求め、雲仙/霧島/くじゅうの国立公園へ。

ぼりさんの長崎県〜鹿児島県の旅行記

ミヤマキリシマを追い求め、雲仙/霧島/くじゅうの国立公園へ。

  • 一人
  • 1人
  • 温泉
  • 史跡・歴史
  • 自然
  • グルメ
  • ハイキング・登山
  • アクティビティ
  • 格安旅行
  • その他

長崎は雲仙、鹿児島は霧島、大分はくじゅうと、一気に、初ミヤマキリシマを堪能。 SUNQパスを利用し、夜行バスで宿泊費を削り、広範囲にと欲張りました。 ミヤマキリシマは、九州に自生する、小ぶりな花びらが特徴のつつじの一種。 火山地帯での生息が有名です。 群生地のような一帯があったり、山麓から山頂にかけ、時期をずらしながら楽しめる場所もあります。 全ての場所で、ベストタイミングに合わせるのは難しいですが、数日ずらせば、また違った光景にも巡り会えるでしょう。 紅葉の時期にも転用できますね。

グルメツウ ぼりさん 男性 / 50代

1日目2017年5月23日(火)
07:00-08:00

西鉄天神高速バスターミナル

この旅の起点。にしてつストアレガネット天神で朝食と、間食のおやつを購入し、準備万端。リニューアルされてから、とても過ごしやすい空間になっています。

09:00-10:00

諫早ターミナル

路線バスの乗り換えで、よく利用させてもらっています。一部の高速バスとの乗り換えも可能です。一旦ここでトイレ休憩。雲仙方面行に乗り換えです。

11:00-12:00

池の原のミヤマキリシマ群落

雲仙市

「池の原のミヤマキリシマ群落」を   >

雲仙ゴルフ場あたりから、仁田峠への登山口までに広がる、ミヤマキリシマの群生地。 見頃過ぎとのアナウンスがあったが、陽のあたり具合で、多少ずれているものもあり、十分楽しめました。緩やかな登りが続きます。

12:00-13:00

仁田峠展望台

雲仙市

「仁田峠展望台」を   >

急な登りのコンクリート石段の先に現れた大きな駐車場。ここを囲むように、さらに、妙見岳の斜面を覆うミヤマキリシマ。車で容易に訪れることができる場所ですが、この光景を見れれば、1時間かけて、登ってきたかいがありました

13:00-14:00

宝原

雲仙市

「宝原」を   >

ミヤマキリシマの見頃は、池の原園地と同じ時期に迎えるようで、見頃過ぎではあったが、こちらでも、十分に楽しめました。仁田峠の人込みを避け、のんびり過ごす地元民らしき人がちらほらいました。

13:00-15:00

雲仙温泉 青雲荘

雲仙市

「雲仙温泉 青雲荘」を   >

硫黄泉特有の、香り、白濁。温泉と言えばのイメージを持っている方には、たまらないと思います。衣服に匂いが移ることを気にせず、楽しんでください。湯温は少し高めです。

14:00-15:00

雲仙地獄

雲仙市

「雲仙地獄」を   >

ゴールデンウィークの前後に見頃を迎えるとのこと。何の跡形もないと思いきや、入り口付近に、数輪が。地獄→池の原・宝原→仁田峠→山頂と1か月以上に渡って楽しめるので、毎週末訪れてもいいですね。

16:00-17:00

島原城

島原市

「島原城」を   >

天守に登らなくとも、お堀、お城、雲仙のスリーショットはいつ見ても豪華です。雪、桜、緑、紅葉と、1年を通して風景の楽しめるすばらしいスポットです。

17:00-18:00

島原港

高速バス1本で、楽に福岡まで戻れるのだが、同じ道を戻るのも味気なく、バス用のSUNQパスでありながら、フェリーにも使えるので、熊本経由で戻ります。

19:00-20:00

熊本ラーメン黒亭 下通店

熊本駅で降りて黒亭へとも考えたが、今回はパス。熊本交通センターから、食事処を物色中にまさかの黒亭。1か月ほど前にオープンしたばかりのようだ。場所柄、こっちが定番になると思います。

19:00-20:00

熊本市役所 14階展望フロア

熊本城や熊本市内を一望できる貴重なスポット。現在でも、震災がらみの申請受け付けのエリアが引き続き設けられていて、影響の奥深さがうかがえます。

20:00-21:00

熊本城

熊本市中央区

「熊本城」を   >

飯田丸の倒壊防止工事はニュースで見たことはあるが、本丸にもカバーがかかり、解体作業にかかっているようだ。復旧過程をこれからも見守っていきたいです。

22:00-23:00

天神高速バスターミナル

通行区間では、熊本〜福岡間の大部分を、また戻ることになるが、夜行便を利用するには仕方なく、1日目の一息をここでつきます。

2日目2017年5月24日(水)
06:00-07:00

鹿児島中央駅

鹿児島市

「鹿児島中央駅」を   >

鹿児島空港では、6時台に路線バスの乗り継ぎができなく、3時間以上の猶予があるため、一旦ここへ降り立ちました。

07:00-08:00

西田温泉

鹿児島では、公衆浴場で当たり前のように温泉が味わえ、朝早くからやっています。特徴として、熱湯、ぬる湯で浴槽が分かれ、サウナ、水風呂が併設されているところがほとんどです。うらやましい限りです。

08:00-09:00

鹿児島空港

いくら鹿児島市中心部でも、朝早くでは時間を潰すのにも限りがあり、早々と切り上げ空港で路線バスを待つことにした。HPで詳しく触れていないが、「SORA STAGE」なる航空展示室は、先入観なく興味をそそるスポットです。展望デッキから、飛行機の発着越しに見る霧島連山は素晴らしい光景です。

11:00-12:00

えびの高原

えびの市

「えびの高原」を   >

高千穂河原が見頃の知らせから、ある程度期待はしていたが、こんなに遅れているとは。残念の一言です。ここの存在が、ミヤマキリシマへの関心につながったので、是非とも、再チャレンジしたいです。

11:00-13:00

池巡り自然探勝路

えびの市

「池巡り自然探勝路」を   >

お勧めはしないが、普段着の観光客でも、少し無理をすれば訪れられるスポット。 硫黄山火口周辺警報に伴い不動池には立ち寄れません。白鳥山山頂近くでは、ミヤマキリシマがところどころ見頃を迎えており、ここよりも高度の低いつつじヶ丘の状態を見た後の、思いもよらぬ光景に感動しました。

13:00-16:00

高千穂河原

霧島市

「高千穂河原」を   >

見頃の事前情報を受けての訪問でしたが、小雨の中の鑑賞となりました。雲の動きが早い中、ミヤマキリシマ越しの御鉢/高千穂峰が拝め、貴重な体験となりました。

16:00-17:00

前田温泉 カジロが湯

鹿児島空港までの路線バスに、あと1便余裕があったので、霧島温泉で立ち寄り湯。 単純温泉の表記ではありますが、硫化水素の匂い、白濁の、霧島らしい温泉が、360円で味わえます。

17:00-18:00

丸尾滝

霧島市

「丸尾滝」を   >

霧島のバス移動では、丸尾で乗り換えることがよくあります。待ち時間に30分もあれば、気軽に訪れることができるのが丸尾滝。水量、規模もなかなかのもので、見逃すのはもったいないです。

20:00-21:00

清美軒

鹿児島市

「清美軒」を   >

豚骨、豚トロと似通ったフレーズを見かける中、焼豚の単品をメニューにしている、老舗らしき中華料理店。焼豚ラーメンを頼んでみる。塩味もあるそうだが、デフォルトは醤油のようだ。黒豚かどうかは知らないが、焼豚は自信のある一品のようだ。チャーハンが有名とのことだが、また訪れたい店でした。

22:00-23:00

鹿児島中央駅

鹿児島市

「鹿児島中央駅」を   >

夜行バスまでの時間つぶし。西田温泉とは別の浴場も検討したが、霧島温泉の余韻を消したくなく、バスターミナルでの飲酒で時間を潰しました。

3日目2017年5月25日(木)
06:00-07:00

大分駅

夜行バス到着後の、別府までの移動。JRが当たり前の中、6時台に路線バスはなく、2時間待ちもばかばかしいので、ここだけJRで別料金。

07:00-08:00

海門寺温泉

別府市

「海門寺温泉」を   >

浴場に仕切りのない脱衣場。別府では当たり前の光景だが、季節によっては不快さが後に残る。ここは、完全に仕切られていて、シャワーも使える貴重な存在です。

10:00-11:00

牧ノ戸峠

九重町(玖珠郡)

「牧ノ戸峠」を   >

久住山、中岳、扇ヶ鼻を目指すなら、定番の登山口だが、ミヤマキリシマの開花状況はいい便りが聞けず。開花情報が見られた、逆側の黒岩山、泉水山を目指すことに。

11:00-14:00

ミヤマキリシマ

九重町(玖珠郡)

「ミヤマキリシマ」を   >

登り途中に所々にわずかに咲く状況。また、黒岩山越えてからの泉水山までの咲き具合は予想を超えていて、期待していなかった分、余計に感動を覚えました。誰一人とすれ違うこともなく、贅沢な時間でした。

14:00-16:00

山恵の湯

長者原とは違う、指山を外した三俣山を背景に、4種の温泉を露天で味わえる、800円でも安いと思わせる、1時間以上の滞在は必至の入浴施設です。

15:00-16:00

長者原ドライブスティみやま

九重町(玖珠郡)

スープ、具ともに熱々のちゃんぽん。麺は細いほうかな。登山と温泉の後だったことは抜きにしても、おいしい一品でした。

20:00-21:00

天神高速バスターミナル

あっという間の3日間。計30時間以上もバスに揺られた計算になったが、終わってみるとあっけなかった。また、ひそかにに計画を練っています。

ミヤマキリシマを追い求め、雲仙/霧島/くじゅうの国立公園へ。

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!38

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

ぼりさんの他の旅行記

    • 一人
    • 1人

    有効期限の迫った、高速バスの回数券を利用して、別府へ日帰り旅をしてきました。 すっきりしない天候な...

    488 4 0
  • 福岡発、思い立ったら唐津へ。

    2017/7/12(水) 〜 2017/7/13(木)
    • 一人
    • 1人

    1泊2日のルートは決めた。あとは直前まで、天気と宿の空室をにらめっこ。梅雨明けまじか、夕陽が拝め...

    2107 4 0
    • 一人
    • 1人

    740円の、地下鉄全線一日乗車券を利用して、夕方の飛行機まで。 地下鉄で回れる範囲で観光してみました...

    1678 5 0
  • 日本一早い桜まつり

    2017/1/27(金) 〜 2017/1/30(月)
    • 一人
    • 1人

    一月の飛行機代が安い時期に、沖縄の楽しみ方として、日本一早い桜を観賞できること知り、今年で2回目...

    898 6 0
(C) Recruit Co., Ltd.