宿・ホテル予約TOP > 大分のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

大分のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

大分 ホテル・宿泊施設情報

大分県は、九州東部に位置する県です。鎌倉時代から室町時代に大友氏が守護となっていた豊後国に当たる土地であるため、大友宗麟像が大分駅前に置かれています。大分県は温泉の源泉数が日本で一番多い県であり、観光産業、食文化や医療、美容などの幅広いカテゴリーにおいて利用されています。県庁所在地である大分市には、石油化学工業や製鉄業を中心とする複合的工業地帯の大分臨海工業地帯があります。この工業地帯は太平洋ベルトに属しており、県内の第二次産業を担っています。また、温泉からの恩恵として、地熱発電所が複数建設され、県の自然エネルギー自給率を高めることに貢献しています。
観光の目玉となっている温泉のなかでも、とくに別府湾に面している別府温泉や、県の中央部の由布院温泉は知名度が高く、大分県の重要な観光資源です。温泉地周辺には温泉施設の充実したホテルや旅館が建ち並び、別府温泉の周りには温泉付きのマンションも建設されています。その他の観光地としては、八幡宮の総本山である宇佐神宮や、黒田孝高が建設した中津城などがあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 大分県 人気の温泉・露天風呂

    • 湯布院

      豊後富士と呼ばれる美しい由布岳の山麓に広がり、全国2位の湯量を誇る人気温泉地。秋から冬にかけて朝霧に包まれる風景は幻想的である。個性的な美術館、お洒落なショップやレストランが散在し、女性の憧れの地である。四季折々の自然の風景が旅の心を和ませる。

    • 別府温泉郷

      豊富な湧出量を誇る日本有数の温泉地。別府温泉をはじめ、浜脇、観海寺、堀田、明礬、鉄輪、柴石、亀川の8つの温泉地からなる「別府八湯」は、それぞれ泉質が異なりいろんな温泉を楽しむことができる。近郊には阿蘇くじゅう国立公園が広がりミヤマキリシマの名所鶴見岳や志高湖など自然の見どころも多い。

    • 長湯温泉

      国内では数少ない炭酸泉で知られ、芹川沿いに湧く温泉。湧出量と二酸化炭素の含有量、温度から、日本一の炭酸泉と称される。ドイツの温泉療養都市と友好を結び、飲泉中心のヨーロッパの温泉地のように、飲泉場がいくつも設けてある。歴史は古く、与謝野晶子や作家の田山花袋も訪れたという。

    大分県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 大分県 人気の観光スポット

    • 原尻の滝

      原尻の滝

      4.3

      緒方川にかかる瀑布で幅120m、高さ20m様子から「東洋のナイアガラ」の別名がある。滝ができたのは今から約9万年前。熊本県阿蘇山の大噴火で発生した溶岩が滝周辺で堆積したことから始まる。堆積した溶岩は、多角形の柱がいくつも縦につなぎ合わされた形で、その柱の隙間に水が入り込み、水流や水圧で圧倒された柱のつなぎ面が滝になっている。

    • 金鱗湖

      金鱗湖

      3.7

      温泉の湧く湖で岳本の池ともいう。湯布院のシンボルとなっている観光スポット。湖底から温泉が湧いているといわれ、水温が高いため寒い時期には湖面から霧が立ち上る幻想的な光景を見ることができる。春の新緑、秋の紅葉、冬の霧と四季折々で姿を変える風景は散策には最適です。

    • 青の洞門

      青の洞門

      4.0

      菊池寛の「恩讐の彼方に」で有名。山国川本流に沿う樋田とのあいだは、競秀峰(きょうしゅうほう)の断崖がつらなり、鎖渡の難所といわれていた。享保のころ当地へきた僧禅海が、この危険な棧道を見て衝撃をうけ、仏者として大誓願をおこし洞門開削工事に取り掛かり、寛延3年(1750年)を中心に約30年の歳月をかけて完成したもので、削道の長さは約344m、うち隧道部分の延長が約144mである。但し、現在の洞門は、当時からは大きく変化しており、明治40年には、ほぼ現在の洞門に近い形状で大改修が行われた。旧道は、明り採り窓や、洞門の一部を残すのみであるが当時のノミの跡が残っている。

    大分県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 大分県 人気のイベント情報

    • 撮影:石川直樹/(c)国東半島芸術祭実行委員会

      国東半島芸術祭 石川直樹写真展

      2014年10月04日〜2014年11月30日(予定)(開催場所:大分県 大分県国東市 国見ふるさと展示館(旧有永邸))

      「国東半島芸術祭」のひとつとして、2012年から国東半島を撮り続けてきた石川直樹さんの写真展が、国見ふるさと展示館(旧有永邸)で開催されます。美しく雄大な景観や、脈々と受け継がれてきた伝統文化、日々の営みを石川さん独自の視点で捉え、国東半島の別の姿を浮かび上がらせます。古民家レストラン「国東食彩ZECCO」では、石川さんが半島の各所で、女性の髪の毛をテーマに撮影した新作を紹介するサテライト展「HAIR」が同時開催されます。

    • 禅海ふるさとまつり2014

      2014年11月30日〜2014年11月30日(予定)(開催場所:大分県 大分県中津市 レストハウス洞門-Luxe Garden 駐車場内特設会場)

      2014年の「禅海ふるさとまつり」は、これまでの良さを残しながら、新たな企画が増え、充実した内容で開催されます。ステージでは、耶馬渓ばやし・ZENKAI太鼓「和」など、さまざまな地域の団体が出演するほか、ゆるキャラが大集合し、じゃんけん大会などが行われます。子供広場には、ミニSLやふわふわ遊具が登場します。ブース展示(豪雨災害復興状況、黒田官兵衛)や地域団体による露店、フリーマーケットの出店をはじめ、家具が手作りできる人気の木工教室、オリジナル缶バッジ作成体験など、各種体験イベントも行われます。

    • きもの感謝祭in小京都きつき

      2014年01月18日〜2014年12月20日(予定)(開催場所:大分県 大分県杵築市 和楽庵)

      “きつき和服応援宣言!”を実施している杵築で、毎月第3土曜に「きもの感謝祭in小京都きつき」が開催されます。和服(浴衣や甚平も可能)で訪れる人を対象に、公共観光施設の入館料が無料となったり、飲食代の割引サービスなどの特典が受けられるほか、プロカメラマンの撮影による写真のプレゼントなどがあります。

    大分県 人気のイベント情報ガイドを見る

大分県には、日豊海岸というリアス式海岸があり、漁業が行われています。そのため海産物を使用した郷土料理が多数あります。代表的なものに「あたま料理」があります。骨・鱗以外を全て調理する料理で、江戸時代から食されています。現在でも正月などの祝い事の際食卓に上ります。その他にも、赤茶色の海藻を豆腐のように加工した「イギス」があります。また川魚を使用した料理もあり、塩焼きにした鮎と一緒にご飯を炊く「鮎めし」は、保存食である鮎の燻製を美味しく食べられる方法として、古くから親しまれています。水産の他には、椎茸の栽培が盛んで、干し椎茸の「どんこ」は全国的に知られています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル