香川のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 香川のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

香川のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

香川 ホテル・宿泊施設情報

香川県は四国の北東に位置し、かつて讃岐国と呼ばれていた県です。多島海である瀬戸内海に面しており、小豆島や塩飽諸島など、約110の島を有しています。瀬戸内海式気候の影響で雨量が少ないため、塩の生産に適しており、塩田の盛んな地域とされていました。離島を抱えていることから水産業が重要な産業となっています。また、番の州臨海工業団地が瀬戸内工業地域の一部を担っているため、食品、造船、石油などを扱う企業が複数見られ、第二次産業も発展しています。
海上交通の守り神を祭り「こんぴらさん」と呼ばれる金刀比羅宮、国の特別名勝に指定されている文化財庭園の栗林公園、対岸の岡山県倉敷市との間にかけられた瀬戸大橋などが観光地として知られています。また、香川県の代表的な特産品としては讃岐うどんがあります。コシの強い麺が特徴であり、地域名を冠するブランドとして県を挙げて全面的に推し出しています。県庁所在地である高松を中心にホテルや旅館などの宿泊施設が展開されています。琴平町は温泉地でもあるため、温泉施設を所有している旅館なども見られ、観光スポットのひとつとなっています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 香川県 おすすめの温泉・露天風呂

    • こんぴら温泉郷

      こんぴら温泉郷

      江戸時代に栄えた門前町こんぴら温泉郷には、由緒ある温泉旅館が立ち並ぶ。1368の石段を上るこんぴらさんへの参拝にも便利。こんぴらさんのお膝元に湧く温泉には心身ともに清められる心地よさがあります。うどん屋発祥の地でもあり、近郊にはユニークなうどん店が多い。アクセスは高松市内から車で約1時間。

    • 高松市とその周辺の温泉

      四国の海の玄関口である高松市。高松市内と瀬戸内海を見渡せる高松花樹海温泉「海と昴の湯」。市内から車で約1時間の塩江温泉郷。石材と漁業が盛んな庵治町にも温泉が湧く。城下町の面影を残した市内は交通の便も良く、流行のうどん店めぐりにも最適。

    • 小豆島の温泉

      小豆島の温泉

      瀬戸内に浮かぶ小豆島。大阪からは高速艇で約2時間半。岡山、高松からも船でアクセスできる。立ち寄り湯もあり島内湯めぐりも可能。日本でのオリーブ発祥の地としても有名で、オリーブを原料とした食用油やクレンジングオイル、ハンドクリームなどの土産物も充実している。

    香川県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 香川県 おすすめの観光スポット

    • 栗林公園

      栗林公園

      4.3

      桜、菖蒲、萩、梅と四季折々の花の名所が点在する。大名庭園で三大名園にも劣らないと言われている。特に、紫雲山を借景にした広大な回遊式日本庭園で日本式の南庭と開放的な明治洋風の北庭に分かれている。6つの池と13の築山があり、黒マツを中心に草木も豊か。四方正面の珍しい茶室掬月亭や、南湖に架かる偃月橋からの眺めは絶品。

    • 父母ヶ浜

      父母ヶ浜

      3.8

      瀬戸内の天空の鏡「父母ヶ浜」 最近、南米ボリビアのウユニ塩湖のような写真が撮れると話題の香川県三豊市の父母ヶ浜(ちちぶがはま)

    • 金刀比羅宮

      4.3

      象頭山にあり祭神は大物主命と崇徳上皇をあわせ祀る,海の守護神として崇敬を集め参詣者が多い。建物は何度か改築、増築、改修、再建を繰り返して現在の形状になっている。古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれている海の神様。参道の石段は本宮まで785段、奥社までの合計は1368段にも及ぶ。広い境内には由緒ある御社や御堂が点在し、宝物館や書院には第一級の美術品や文化財が陳列する。参道両脇には土産物や讃岐名物のうどん店、周辺も旧金毘羅大芝居(金丸座)や高灯籠など見どころが多い。

    香川県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 香川県 おすすめのイベント情報

    • 瀬戸内国際芸術祭2019・春 直島

      瀬戸内国際芸術祭2019・春 直島

      2019年04月26日〜2019年05月26日(予定)(開催場所:香川県 香川県直島町 直島)

      ベネッセハウス ミュージアム、家プロジェクト、地中美術館により、現代アートの聖地として一躍有名になった直島を舞台に「瀬戸内国際芸術祭・春」が開催されます。作品は宮ノ浦、本村、ベネッセハウス周辺の3か所に分かれ、宮浦港と本村港の2港から大きな移動はバスを使い、小さな移動は徒歩で巡ります。美術館や屋外作品も多くあり、瀬戸内海の美しい風景とともに作品鑑賞が楽しめます。

    • 瀬戸内国際芸術祭2019・春 女木島

      瀬戸内国際芸術祭2019・春 女木島

      5.0

      2019年04月26日〜2019年05月26日(予定)(開催場所:香川県 高松市 女木島)

      冬の強風に備える石垣“オオテ”に守られた女木島で、「瀬戸内国際芸術祭・春」が開催されます。作品は港周辺の女木島中心部と、鷲ヶ峰山頂にある鬼ヶ島大洞窟のほか、港と反対側にある西浦にも展示されます。集落を見下ろす段々畑には杉浦康益作品が設置されており、山頂にある鬼ヶ島大洞窟から、港へ戻る下り坂で立ち寄るのもおすすめです。愛知県立芸術大学の活動拠点「MEGI HOUSE」では、開放的な雰囲気のなか、美術・音楽の両学部による展覧会やコンサートなどが展開されます。※島内車両乗入れ禁止

    • 瀬戸内国際芸術祭2019・春 高松港

      瀬戸内国際芸術祭2019・春 高松港

      5.0

      2019年04月26日〜2019年05月26日(予定)(開催場所:香川県 高松市 高松港周辺)

      「瀬戸内国際芸術祭」を展開する島々への玄関口となる高松港周辺で、「瀬戸内国際芸術祭・春」が開催されます。港に建つ8mのカラフルな柱、高速バス待合所に溶け込む彫刻、空港ロビーのインスタレーション作品など、港から陸路、空路へ向けて、新たな未来へとさらに作品は展開されます。

    香川県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

香川県は、別名うどん県と呼ばれるほど、さぬきうどんが名産として知られています。多数のうどん店が林立するばかりか、駅の立ち食いうどんも絶品であるといわれています。雨の少ない気候が小麦の生産に適していること、近海で出汁の材料となるいりこが獲れること、瀬戸内海から天然の良質な塩が獲れることなど、おいしいうどんが生まれる条件が揃っているのです。また、鶏の骨付きもも肉をオーブンで焼き上げた骨付き鶏、鯛やサワラ、チヌなどの高級魚がおいしく食べられる地でもあります。一般的なカツオのイメージとは違う、胴体の丸いマナガツオは、刺身の他に照り焼きや味噌漬でも美味です。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル