じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ北海道喜ばれる!函館のお土産おすすめ14選!スイーツから定番和菓子まで

喜ばれる!函館のお土産おすすめ14選!スイーツから定番和菓子まで

2019.04.19

北海道新幹線の開通で、アクセスが良くなった北海道・函館。函館には、定番の銘菓や話題のスイーツなどバラエティ豊かなお土産がそろっています。そこで今回は、函館を訪れたら買って帰りたいおすすめのお土産を紹介します。お土産選びに迷ったら、参考にしてください!

記事配信:じゃらんニュース

アンジェリック・ヴォヤージュ「ショコラ・ヴォヤージュ」

笑顔がこぼれるクリーミーな生クリームとコクのあるチョコレートの味わい

ショコラ・ヴォヤージュ12個入 1,500円(税込)
ショコラ・ヴォヤージュ12個入 1,500円(税込)

地元で話題の洋菓子店「アンジェリック・ヴォヤージュ」のベストセラー商品が「ショコラ・ヴォヤージュ」。函館のお土産ランキングでは必ず上位につける評判のスイーツです。

北海道産の生クリームを上質なガナッシュで包んだ生トリュフで、1粒1粒心を込めてお店で手作りされています。
ふわっとした生クリームの甘さとしっとりなめらかなチョコレート、そしてココアパウダーのほろ苦さが口のなかで混ざり合い、思わず顔がほころびます。
贈る喜び、いただく嬉しさを感じさせるスイーツです。

おすすめ商品なだけに、早い時間に完売することも。予約不可なので、買いそびれないように。
冷凍した状態で販売されていて、30日間冷凍保存できます。

アンジェリック・ヴォヤージュ
住所/北海道函館市弥生町3-11
営業時間/10:00~19:00(商品がなくなり次第閉店)
定休日/月曜
アクセス/市電「大町」電停より徒歩3分
駐車場/なし
「アンジェリック・ヴォヤージュ」の詳細はこちら

函館洋菓子 スナッフルス「チーズオムレット」

函館お土産ランキングで上位の座を保ちつづけている代表的なスイーツ

チーズオムレット(4個入)778円(税込)。

函館の洋菓子店「函館洋菓子 スナッフルス」が2000年に創り上げた自信作「チーズオムレット」。同店の売上ナンバーワンの商品で、函館のお土産ランキングで必ず上位にはいる定番スイーツです。

ふわっとしたスフレタイプで、口に入れると、半熟オムレツのようにとろーりとろけるチーズケーキ。
おいしさへのこだわりは、北海道産の原材料を使用しているのと、冷凍は一切せずに毎日焼き立てを提供していること。

第1号店の駅前店は、2階に20席の広いカフェスペースを併設。太陽の日差しがたっぷり入る明るい店内で、ゆったり過ごすもおすすめです。

函館洋菓子 スナッフルス
取扱い店舗/金森洋物館店、湯浜店、丸井今井店、函館エキナカ店、高丘店 他
「函館洋菓子 スナッフルス」の詳細はこちら

キングベーク「函館ラスク」

10種類以上の味が楽しめるキューブ型の一口ラスク

函館ラスクは50~80gで432~540円(税込)、4個入ボックス(左)は別売100円(税込)
函館ラスクは50~80gで432~540円(税込)、4個入ボックス(左)は別売100円(税込)

1929(昭和4)年創業の函館の老舗ベーカリー「キングベーク」の「函館ラスク」は、食べやすい一口サイズのキューブ型ラスク。キュートなパッケージも魅力です。

発売当初はフランスパンで作っていましたが、同店自慢の食パンに変え、ひとつひとつ丁寧に手切りして仕上げます。
原材料の小麦とバターは100%北海道産。サクサク軽い食感ながら、素材のおいしさが口のなかに広がります。

フレーバーはなんと10種類以上。味噌・バター・ストロベリーチョコレート・ガーリック・明太子・赤肉メロン・コーヒー・抹茶・ホワイトチョコレート・チョコレートに加えて、オレンジとチーズの2つの味も仲間入り。

JR函館店では試食できるので、お気に入りの味を見つけられるはず。

キングベーク
取扱い店舗/本店、JR函館駅店、キングベークナチュラル シエスタ店・駅前ビル店
「キングベーク」の詳細はこちら

トラピスト修道院「トラピストクッキー」

発酵バターを生地に練りこみ焼き上げた80年以上の歴史をもつクッキー

トラピストクッキー小箱(3枚包×12個)の直営売店価格は684円、標準小売価格は734円(いずれも税込)
トラピストクッキー小箱(3枚包×12個)の直営売店価格は684円、標準小売価格は734円(いずれも税込)

函館市隣りの北斗市に津軽海峡を見おろす小高い丘に建つトラピスト修道院。
ここで明治時代から製造されているトラピストバターを使ったクッキーが、「トラピストクッキー」です。

フランス人修道士と日本人修道士たちによる長年の研究の末に完成したトラピスト発酵バターは、まろやかでコクのある風味が特徴。
そのバターを使って焼き上げたトラピストクッキーは、1936年の誕生以来、地元はもちろん、全国的にも有名です。お洒落なクッキー小箱も魅力のひとつ。

小判型の薄めのクッキーは、サクッとした歯ざわり。口のなかでやさしく溶け、バター風味が口いっぱいに広がります。

トラピスト修道院
取扱い店舗/修道院敷地内直売店、海鮮市場本店、函館山ロープウェイ、キヨスク四季彩館JR函館駅売店、函館空港ビルディング売店 他
「トラピスト修道院」の詳細はこちら

五島軒「ポルポローネ」

老舗洋食レストランの一番おすすめ焼き菓子

ポルポローネ 1箱16粒入り 756円(税込)
ポルポローネ 1箱16粒入り 756円(税込)

明治12年創業の「五島軒」は、地元ではもちろん、この地を訪れる著名人や観光客も通う老舗洋食レストラン。
メニューのなかでは、函館ならではのアレンジを加えて開発されたカレーが特に有名です。

西洋料理のお店ですが、お菓子も数多く提供しています。
なかでもおすすめなのが、乳製品とクルミ、たっぷりのアーモンドを使って焼いたポルポローネ。

ヨーロッパの修道院に古くから伝わる幸せな日を祝うお菓子で、口の中でホロホロと崩れる食感の一口サイズのクッキーです。
上品な甘さで、パッケージも愛らしく、プレゼントにぴったり。

五島軒
取扱い店舗/五島軒本店、十字街店、ヨーカドー函館店、イオン上磯店
「五島軒」の詳細はこちら

スイーツギャラリー北じま「箱館塩かすてら」

北海道産の小麦と卵を使用したあっさり味のしっとりカステラ

小箱194円、3個入734円、1本木箱入1,404円(すべて税込)
小箱194円、3個入734円、1本木箱入1,404円(すべて税込)

新幹線駅のある木古内町を代表する「スイーツギャラリー北じま」の看板商品「箱館塩かすてら」。函館は幕末に世界に開かれた港町。長崎の名物がカステラであることから、函館にちなんだカステラを、との発想で2008年に生まれたのがこのスイーツです。

北海道の大自然に囲まれて植物主体の飼料で育てられた赤鶏の卵「草原の朝」と、北海道産の小麦を使用して、ふんわり軽く焼き上げてあります。
従来のカステラより控えめの甘さであっさりした味わい。ミネラルをバランスよく含む天日干しの結晶塩「福塩」を加えることで、素材そのものの美味しさを引き立てています。

スイーツギャラリー北じま
取扱い店舗/函館山ロープウェイ、函館ラビスタ、北海道キヨスク 四季彩館函館JR店、五稜郭タワー、函館空港売店 他
「スイーツギャラリー北じま」の詳細はこちら

五勝手屋本舗「五勝手屋羊羹」

赤いレトロな筒型パッケージがかわいい老舗和菓子屋の羊羹

五勝手屋「丸缶羊羹」 1本270円(税込)
五勝手屋「丸缶羊羹」 1本270円(税込)

函館から車で約1時間半、江差町にある「五勝手屋本舗」は、江戸時代からつづく老舗和菓子店。
レトロ調の赤いパッケージの看板商品「丸缶羊羹」は、函館のお土産ランキングに必ずランクインする銘菓です。

北海道産の金時豆を主原料にした、琥珀色のしっとり照りのある羊羹で、飽きのこない控えめの甘さです。
筒型の羊羹は1938(昭和13)年の発売で、糸がついた現在の容器になったのは昭和30年代のこと。

丸缶羊羹の食べ方はユニーク。筒の下から羊羹を押し出し、付属の糸で好みの厚さに切りながら食べます。
いつでもどこでも手を汚さず食べることができ、お土産に喜ばれそう。

五勝手屋本舗
取扱い店舗/JR函館駅、函館丸井今井、函館市内の土産屋
「五勝手屋本舗」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
北海道
この記事に関連するキーワード
お土産
函館
スイーツ