新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページエリア無し【体験レポ】初のひとりカラオケ専門店は僕の中のアーティスト魂に火をつけた

【体験レポ】初のひとりカラオケ専門店は僕の中のアーティスト魂に火をつけた

2018.07.23


ゲームセンターでも一人カラオケが楽しめる!?

Hey

続いてやってきたのは、秋葉原にあるゲームセンター「Hey」。こちらで紹介するのは、ゲーム会社「タイトー」が運営する一人カラオケです。

Hey

噂によると、こちらの大型ゲームが立ち並ぶフロアにあるとのことですが…

Hey

なかなか見つけにくいですが、発見できましたか? 奥にひっそりとありました。

Hey

その名も「ちょいKARA」。2012年に稼働が開始された、一人カラオケ専用のカラオケボックスです。

Hey

今回は、タイトーで広報を務める佐藤さんにお話を伺ってみました。余談ですが、佐藤さんが着ているジャケットには、今年で40周年を迎えるスペースインベーダーのワンポイントが。

佐藤さん「『ちょいKARA』はゲームを行う感覚でカラオケを楽しんでもらうために設置しました。『ちょいKARA』狙いのお客様はもちろん、ゲームや友達を待っている間にも使われています。また、秋葉原という土地柄、外国人の方や仕事帰りの方にも重宝されていますね」

Hey

早速、中を覗いてみると、カラオケの機材が備え付けられています。

Hey

もちろん、除菌済みのマイクも完備しています。

Hey

そんな、ちょいKARAの定員は3名。一応、1グループ3曲までとなっているそうですが、外で待っているお客さんがいない場合は続けて歌うことができるそうです。

Hey

佐藤さん「使い方はゲーム機と同じで、1曲100円で歌う事ができます。カラオケ店のようにドリンク代もかからないので、気軽にご利用できると思いますよ」

なんとも明朗会計!

Hey

ちなみに代金はICカードでも利用可能となっていました。

Hey

試しに歌ってみたところ、防音がしっかりとしているのに加えて周りに音ゲーや大きなゲーム機が並んでいるため、音漏れを気にせずに気持ち良く歌う事ができました。

というわけで、無事にヒトカラデビューをすることができました。数人で盛り上がるカラオケも楽しいですが、人前では歌えない曲を思いっきり歌ったり、こっそりと歌を練習しておきたい時には、この上ない環境が整っていました。

最初は恥ずかしかったですが、一度、歌ってしまえば何も気にしなくなります。また練習しに行きたいと思います。

■ワンカラ 新宿大ガード店
[住所]東京都新宿区西新宿7丁目1-1 新宿カレイドビル 4F
[営業時間]24時間営業
「ワンカラ 新宿大ガード店」の詳細はこちら
■ Hey
[住所]東京都千代田区外神田1-10-5 廣瀬ビル
[営業時間]10時~23時45分
「Hey」の詳細はこちら

※この記事は2018年7月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

小野洋平(やじろべえ)  小野洋平(やじろべえ)

編集プロダクション「やじろべえ」所属。最後に食べたいものを聞かれたら「旅館の朝食」と答えています。https://onobenriya.com/

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
エリア無し