宿・ホテル予約TOP > 特集一覧 > ファミリー・家族旅行歓迎♪子どもと泊まる宿選び

ファミリー・家族旅行歓迎♪子どもと泊まる宿選び

ファミリー歓迎♪子どもと泊まる宿選び お子様連れ・ファミリー歓迎の宿を集めました。お部屋でお食事のできるプランや、貸切風呂付プランなどお子様連れでも気兼ねなく楽しめるサービスが充実!

さっそく掲載中の宿を探す

※検索結果には該当プラン以外も含まれますので、プラン詳細をご確認の上ご予約ください。

子連れウェルカムな宿はこんなに快適!

お子様・家族に嬉しい気配りが充実!

宿選びにとにかく迷ってしまうという場合には、「お子様歓迎」を掲げている宿が何といっても安心。
部屋、食事、風呂、備品やアメニティに至るまで、 パパママへのサポート態勢もばっちりです!

ファミリールーム 貸切風呂・風呂つき客室 部屋食・個室食
※サービスの一例です。提供しているサービスは宿によって異なります。

水あそびデビューしよう♪ Let's play with water!

おさえておきたい!4つのポイント

  • 1.計画しよう♪

    ぴったりなのはどこ?事前リサーチがキモ!

    水場へのおでかけは荷物が多い分、場所選びが大切。交通手段や子どもの成長段階などに合わせて、「少しアッサリかな?」くらいの計画が、ちょうどよいことが多いもの。

  • 2.準備をしよう♪

    持ち物はもちろん、気持ちと体の慣れも重要。

    場所見知り、人見知り、という言葉があるように子どもの気持ちは繊細。水着と浮き輪でお風呂場で遊んだり、スーパー銭湯で大勢の人に慣らしたり…。事前準備をぬかりなく!

  • 3.さあ、出発しよう!

    時間の余裕は、気持ちのゆとりに。

    準備は前日まで、当日は身支度のみで出発できる状態にするのがマスト。多少出発時間がズレてしまっても慌てないゆとりを持った計画を立てよう。排泄も済ませて出発できると理想的。

  • 4.遊んだあとは…!

    子どものペース優先で。あわよくば寄り道も◎。

    屋内・屋外問わず水遊びは思った以上に体力を消耗するもの。欲を出さずに直行直帰の心構えで行こう。でも何かの時のために、スポットリサーチはしておくのができるママのおでかけ術♪

先輩ママに聞きました!水あそびおススメアイテム

  • 虫取りグッズは重宝します。
    虫取り網はなかなか代用品がないので、買って損はなし。水場以外の虫取りにも、もちろん大活躍します。100円ショップでも売っていて、コスパ大です。

    3歳・5歳二児のパパ Tさん

  • 洗濯ロープは何かと便利。
    濡れた物や軽い荷物を吊るしたり、ちょっとした目隠しにしたり…。使わなくても邪魔になりません。針金ハンガーとジップロックも常備しています。

    3歳・6歳・8歳のママ Hさん

  • ライフジャケットで安全を守る。
    浮き輪だと、スポッと落ちてしまうこともあるので、簡単なライフジャケットを装着しています。水慣れしていない子どもも安心感があるみたいですよ。

    1歳・5歳・6歳のママ Kさん

  • ウォーターシューズで安心!
    高温になった砂浜でも、ゴツゴツした岩場の川遊びでも、足を守ってくれる靴があれば気にせず遊べます。小さい子はかかとがしっかりある方が脱げづらく◎。

    2歳・6歳のママ Mさん

プール・ビーチ・じゃぶじゃぶ池&川遊びの情報は、「じゃらん家族旅行2018」の別冊付録でも紹介中♪

  • 関東・東北版
    「水あそび大作戦」

  • 関西・東海・中国・四国版
    「みずあそびブック」

Pick Up! 水あそびに便利な宿・ホテル

  • 「関東・東北」の水あそびに便利な宿・ホテルを見る
  • 「関西・東海・中国・四国」の水あそびに便利な宿・ホテルを見る
  • 「九州」の水あそびに便利な宿・ホテルを見る

遊んで学ぶおやこで夏体験♪

都会の喧騒を離れ、雄大な自然に触れられるのも旅行の醍醐味。
自然体験を通じて、自然の美しさや怖さやはかなさに触れ、命の大切さを知り「生きる力」を育てよう。
また文化・科学体験では、社会に貢献する科学技術の数々を目の当たりに。未来への希望が広がるかも。
手作り体験もおすすめのテーマ。自分で手作りした作品を自由研究で提出してみよう。
作品に材料リストや作り方を添えれば、お友達や先生にも説明しやすくなるよ。

  • 自然体験

  • 文化・科学

  • 自由研究にぴったり

このページのTOPへ

表示 : スマートフォン版 | PC版