宿・ホテル予約TOP > 宮城のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

宮城のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

宮城 ホテル・宿泊施設情報

宮城県は東北地方の太平洋側に位置する県です。東北新幹線、東北本線をはじめとした鉄道が発達しており、交通アクセスは良好です。また空の玄関口として仙台空港があります。国際線もあり、海外からの観光客も訪れるため、空港を構える仙台市には、多国籍な料理を扱うホテルが複数存在しています。「ササニシキ」「ヒトメボレ」に代表されるように、稲作が盛んに行われている他、特定第3種漁港を複数有しており、海産物も豊富です。またナシやイチゴなどの果物、高級和牛として知られる仙台牛なども生産しているため、県は食材王国みやぎを謳っています。
宮城県の有名な観光スポットに、日本三景の一つである「松島」があります。松の緑が鮮やかな島々が、松島湾に約260も浮かんでいます。また松島では、伊達正宗ら歴代藩主が建築した建造物も楽しめます。その他に、動物との触れ合いを楽しめる「蔵王ハートランド」、春には桜が美しい景勝地の「日和山公園」、深さが100メートルある迫力満点の渓谷「鳴子峡」などの、自然豊かな土地柄を活かした観光地があります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 宮城県 人気の温泉・露天風呂

    • 秋保温泉

      杜の都仙台の奥座敷と称される秋保温泉の歴史は古く、今から約1500年前と伝えられ、第29代欽明天皇の病がこの湯により全快され「名取の御湯」の称号を賜る。以来、日本三御湯として全国にその名を知られ、藩政時代には伊達家の入浴場もおかれる。後には豊かな自然環境と共に庶民の憩いの温泉として広く慕われている。

    • 鳴子温泉郷

      日本国内にある11種の泉質のうち9種がここにあり、源泉数は370本以上ある。鳴子、東鳴子、川渡、中山平、鬼首の5つで構成されている温泉郷で全てのエリアを網羅した湯巡りチケットもある。昔から東北の湯治場としても有名で温泉の効能や泉質の良さには定評有り。春は新緑、秋は紅葉、冬はスキーも楽しめる。

    • 遠刈田温泉

      開湯400年の歴史ある温泉。昔から足腰の病に効くと言われ、現在の源泉数は83本、豊富な湯は旅館、ホテル、ペンション等、様々に楽しめる。蔵王山麓の豊かな自然に恵まれ、お釜やドライブが楽しいエコーラインも近い。(お釜=蔵王のシンボル。五色岳の火口湖(カルデラ湖)のこと。)

    宮城県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 宮城県 人気の観光スポット

    • 伊達政宗の騎馬像が仙台市を今も見守る

      青葉城址

      3.8

      伊達政宗が築城した仙台城は、市内を一望できる青葉山の一角にあったという。現在はその姿を残してはいないが、青々と茂る樹木や大きな石垣などに城の面影が残る。地元の人もよく来るビューポイントで夜景もきれいだ。天気のいい日はぜひ立ち寄りたい。初めて訪ねる人は敷地内の青葉城資料展示館がおすすめ。

    • 田束山のつつじ園

      山つつじの群生地がある。田束山頂一帯に赤く色づく「山つつじ」と太平洋を一望する眺望。

    • 春の「彩のひろば」大花壇では、チューリップが咲き誇ります。

      国営みちのく杜の湖畔公園

      4.3

      東北唯一の国営公園です。蔵王山麓の裾野、釜房湖畔に位置し、南東北の主要都市である仙台市、山形市、福島市を20〜50km圏内におく、豊かな水と緑に囲まれた公園です。東北地方の風土と文化に触れ合うことができるみちのく杜の湖畔公園では、東北6県を代表する古民家を集めた「ふるさと村」がオススメです。また、平成20年5月31日に新規エリア北地区「風の草原」がオープンしました。「多目的コート」や「ドッグラン」で楽しむことができます。

    宮城県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 宮城県 人気のイベント情報

    • (c)河北新報社

      ツール・ド・東北2015

      2015年09月13日〜2015年09月13日(予定)(開催場所:宮城県 宮城県石巻市 石巻専修大学(スタート&ゴール))

      東日本大震災の沿岸被災地を自転車で駆ける「ツール・ド・東北」が、第3回目を迎え開催されます。前回までの石巻専修大学がスタート&ゴールとなる60km、100km、170km、211kmの4コースに加え、気仙沼市をスタートし、海沿いの道を南下して石巻専修大学を目指す95kmのコースが新設されます。リアス式海岸を体感できる勾配をはじめ、女川湾、雄勝湾の景観、岩井崎の三陸復興国立公園や北上川の絶景など、各コースとも東北ならではの魅力あるコース設定となっています。

    • 南くりこま高原 一迫ゆり園祭り

      2015年06月19日〜2015年07月26日(予定)(開催場所:宮城県 宮城県栗原市 南くりこま高原 一迫ゆり園)

      小高い丘の起伏をそのまま生かした約3万平方mの敷地に、約200品種15万球のユリを栽培する一迫ゆり園で、開花にあわせて「ゆり園祭り」が開催されます。例年6月中旬から7月下旬の見頃には、スカシユリやオリエンタル系ユリなど、色とりどりの花が咲き誇り、ユリの花や地場産品の販売なども行われ、多くの行楽客で賑わいます。全国から200人の会員登録があった「ゆり園復興球根オーナー」による園でも、美しい花々が楽しめます。

    • 川内ホタルのページェント

      2015年07月03日〜2015年07月05日(予定)(開催場所:宮城県 宮城県大郷町 川内沢田沢)

      ゲンジボタルの生息地として地元に愛され、その生態が守られている川内沢田沢地区で、例年6月下旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメホタルの3種類が飛び交う様子が見られます。最盛期には、イルミネーションのようにホタルが乱舞します。期間中は出店コーナーが設けられるほか、コンサートが開催されます。

    宮城県 人気のイベント情報ガイドを見る

宮城県は米作りに適した気候が特徴の地域であり、平野部では稲作が行われています。また、寒暖両海流が合流している太平洋の沿岸では魚介類の水揚げも盛んであり、それらが食文化に反映されています。ずんだもちや雑煮をはじめとしたもち料理、海の幸を用いた鍋料理などが代表的です。
また、宮城県は仙台牛の肥育地としても知られます。焼き肉やステーキなど、さまざまなジャンルの料理に使用され、飲食店で提供されています。仙台牛を用いた牛タンは「仙台牛タン」の名称で知られ、県の名物として弁当や定食、お土産としても売り出されています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル