新潟のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 新潟のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

新潟のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

新潟 ホテル・宿泊施設情報

新潟県は、本州の北陸地方、甲信越地方に属する日本海に面した県です。山形県、福島県、群馬県、長野県、富山県と隣接しています。気候は、冬は豪雪地帯のため非常に多くの雪が降り積もりますが、それ以外の時期は高温多湿。お米の生産に向いている環境であることが、盛んに稲作が行われるようになった要因のひとつです。
新潟県には、国に指定されている名勝地が多くあります。中でも、日本海沖に位置する佐渡島は、佐渡金山や蓮華峰寺弘法堂をはじめとした多くの場所が文化財や史跡となっています。そのため、本土からの観光客も多く訪れる場所でもあり、観光客向けにホテルや旅館などの宿泊施設も営業しています。また、日本でも有数の豪雪地帯であるとともに、雪の性質が水分を含んで重いため、スキーやスノーボードのゲレンデを有するスキー場が多い地域です。スキー場施設の周辺には複数のホテルや旅館など宿泊施設があることから、ウィンタースポーツを目的に訪れる利用客もいます。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 新潟県 人気の温泉・露天風呂

    • 越後湯沢温泉

      開湯800年の歴史をもつ越後湯沢温泉は、川端康成の小説「雪国」の舞台としても知られている。新幹線、車(高速道路)ともにアクセスがよく、冬のスキー・スノーボード以外にも、トレッキング・郷土料理・地酒など、一年を通して楽しめる。また気軽に入れる外湯も充実している。

    • 赤倉温泉

      岡倉天心や与謝野晶子など数多くの文化人に愛された景観美が自慢。大正から明治時代にかけて開発されたリゾート地として現在も幅広い年齢層に人気。妙高高原最大の温泉地として冬はスキー&スノボ、春・夏・秋は妙高山へのトレッキングやゴルフ、テニス等のスポーツが楽しめる。

    • 月岡温泉

      美人を作る温泉として知られる月岡温泉。美肌効果のある硫化水素泉で街はほのかに硫黄の香に包まれている。温泉街には大小24軒の旅館が立ち並ぶ。料理には新潟の山海の旬の幸がふんだんに使われ、目と舌を喜ばせてくれる。辺り一面を染める「田んぼに沈む夕陽」は最も新潟らしい風景の一つだ。

    新潟県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 新潟県 人気の観光スポット

    • 日本海の鮮魚をまるごとつめこんだ新鮮市場

      日本海鮮魚センター新井道の駅店

      4.0

      水揚げされたばかりのズワイガニ、タラバガニ、毛ガニをはじめ、鯛やブリなど新鮮な日本海の旬の魚介類を揃えた鮮魚センター。作りたてが自慢の鮨コーナーもあり魅力たっぷり。さらに3枚おろしなどの調理加工の無料サービスや全国宅配も実施。上信越道新井サービスエリアに直結しているのでとても便利だ。

    • 十日町雪まつり

      4.3

      5万人規模の都市では世界一の豪雪地として知られる十日町市は、雪まつり発祥の地。街中いたるところに雪像が並び、雪像コンクール、雪上茶席、お祭り広場など多くのイベントが行われる。なかでも土曜の夜、雪の舞台で華麗に繰り広げられる光と音のファンタジー「雪上カーニバル」は最大の呼びもの。

    • 道元禅師猛虎調伏の図

      西福寺・開山堂「石川雲蝶の彫刻」

      4.6

      赤城山西福寺は室町時代後期(天文年間)に開かれました。現在の本堂は1802年に再建。本堂の左手に連立された開山堂は、江戸時代末期の1857年に二十三世蟠谷大龍(ばんこくだいりゅう)大和尚によって建てられ、開山堂の向拝、堂内には、幕末の名匠石川雲蝶の彫刻、絵画、漆喰細工など数々が施されています。 巨大な彫刻の他に、本堂の大縁(廊下)の床には、雲蝶の施した埋め木が多数残り、名匠の遊び心をうかがい知ることも出来ます。 ●ご予約、ご質問は、下記西福寺開山堂の電話・FAX・メールで受付けています。 ●当寺は自由拝観となっており、専属のガイドは常駐しておりません。ビデオと音声の案内がございますのでご利用ください。尚、専属ガイドをご希望の方は魚沼市観光協会(025-792-7300)または中島すい子(090-1550-8287)にお問い合わせください。

    新潟県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 新潟県 人気のイベント情報

    • 弥彦公園の桜

      2017年04月01日〜2017年04月30日(予定)(開催場所:新潟県 新潟県弥彦村 弥彦公園)

      約4万坪の広さを誇る「弥彦公園」には、ソメイヨシノ、ヤエザクラなど、約1000本が植栽されており、例年4月になると見頃を迎えます。さまざまな品種が植えられているため、長い期間お花見が楽しめます。彌彦神社の桜苑でも約50種類の桜が順に開花します。

    • 上越の朝市 四・九の市

      2017年01月04日〜2017年12月29日(予定)(開催場所:新潟県 新潟県上越市 大町4丁目・5丁目)

      大町小学校をはさんで「二・七の市」と隣接し、4と9のつく日に開催される「四・九の市」は、大正9年(1920年)8月、当時の新須賀町から須賀町にかけて(現在の仲町2丁目付近)、町内の有志の発案で始まりました。現在では、雁木の街並みとして知られる大町4丁目、5丁目で開催されています。雁木は各家の軒先を出して歩道にした雪国独特の街づくりで、道行く人の歩行を楽にという温かな思いやりから生まれたものです。雁木の道沿いには、新鮮な野菜や果物を扱う店を中心にずらりと露店が並びます。

    • 上越の朝市 三・八の市

      2017年01月03日〜2017年12月28日(予定)(開催場所:新潟県 新潟県上越市 中央2丁目・3丁目)

      直江津の朝市は、当時新橋区と呼ばれていた地域の青年会により始められました。明治44年(1911年)に5と9のつく日に行われていましたが、翌年から3と8のつく日に開催となりました。現在の開催場所である通りは高田の市と比べると雁木がなく、道幅も広いぶん開放感があり、海に続くこの通り自体が「三・八通り」と呼ばれ、市民から親しまれています。野菜をどっさりとならべた八百屋、珍しい海産物の加工品を扱う乾物屋などがたくさん軒を連ねます。

    新潟県 人気のイベント情報ガイドを見る

新潟県は日本有数の米どころとして知られているように、農業が盛んな地域となっています。また、お米や野菜をメインにしたものが郷土料理となっています。けんさ焼きと呼ばれるしょうがみそをご飯につけて焼き上げた、新潟で古くから親しまれている料理や、日本海で獲れるカレイやブリなどの魚を使った海鮮料理があります。
また、魚沼地方はお米だけではなく、蕎麦も知られています。小千谷市を中心に作られているへぎそばは緑がかった色をした麺が特徴です。本来、織物を作る時に使用される布海苔を蕎麦粉の繋ぎにしており、薬味には刻みネギやからしを用います。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル