愛知のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 愛知のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

愛知のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

愛知 ホテル・宿泊施設情報

愛知県は東海地方に属する県のひとつであり、2010年に実施された国勢調査によると、人口は約741万人です。東三河地方、西三河地方、尾張地方という3つの地域に区分され、同じ県内でも、それぞれの地域が異なった歴史や風土を持っていることが特徴です。県庁所在地である名古屋市は商業地区として発展しており、鉄道、バス、高速道路、空港などさまざまな交通網が敷かれ、市内を移動する人たちの足として機能しています。また、自動車関連企業が多数所在する地域であり、産業が活発であることもモータリゼーションが発達したことの一因です。
名古屋市を中心に観光スポットが多くあり、栄や大須など商業施設が建ち並ぶ市街地、名古屋港ガーデンふ頭にある名古屋港水族館、県を象徴する金鯱を有し日本三名城に数えられる名古屋城などが代表的なものとして挙げられます。市内にはグルメスポットも点在し、味噌かつやきし麺、ういろうなどは全国的な知名度があります。これらに付随して旅館やホテルなどが林立しており、街を一望できるような高層ビル上部に客室を有するホテルも存在します。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 愛知県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 南知多温泉郷

      伊勢湾と三河湾の間に突き出した知多半島の南端に位置する南知多町。内海、山海、豊浜の3温泉があり南知多温泉郷と総称されている。中部地方随一の内海海水浴場、数多くの海浜が広がる。名古屋からも一時間程のアクセスでリゾート地として人気が高い。

    • 湯谷温泉

      湯暦1300年。鳳来寺を開山した利修仙人により発見され、その源泉・鳳液泉は昔から万病に効くと言われている。泉温も52度と県下でも有数の名湯。湯谷を中心に宇連川の上・下流約5キロが鳳来峡と呼ばれ、JR飯田線随一の景勝地としても名高い。川沿いにはしっとりとした旅館が建ち並び、美しい鳳来峡との調和が見事。

    • 西浦温泉

      西浦温泉

      西浦半島先端に位置し、360度の海のパノラマが楽しめる風光明媚な温泉街。その美しさから万葉歌人にこよなく愛され、多くの歌が読まれているほど。温泉街には、その歌を集めた遊歩道も整備されている。

    愛知県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 愛知県 おすすめの観光スポット

    • 名古屋城

      名古屋城

      4.0

      徳川家康が外様大名を動員して築城。慶長15年(1610)着工、同19年に完成した。本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成る規模雄大な城で、ことに金鯱をのせた壮大華麗な天守閣はひろく天下に知られた。元和2年(1616)家康の九男義直が入城。以来、徳川御三家筆頭、尾張藩六十一万九千石の牙城となる。昭和20年、米軍の空襲で天守閣以下ほとんどの建物を焼かれたが、昭和34年、再建されたほか、西北・西南・東南の各隅櫓と表二ノ門がもとの建物で現存。本丸を囲む石垣や空堀・外堀などは原形を伝え、二ノ丸庭園も一部だけ残っている。◎徳川家康(1542-1616)岡崎城主松平広忠の子。織田信長・豊臣秀吉亡きあと、関ケ原の戦いで勝利を収め、征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開いて、徳川三百年の基礎を築いた。◎徳川義直(1600-50)家康の九男。尾州藩の祖。よく家康の遺訓を守って藩政を固め、学問を奨励し、藩風の基礎を作った、わが国で初の聖堂を建て、その廟所も儒教式である。◎徳川宗春(1696-1764)尾州藩第七代藩主。『温知政要』を著して施政方針を示し、遊芸を奨励し、名古屋を大いに繁栄させたが、財政難を招き、幕府から蟄居を命じられた。◎徳川慶勝(1824-83)尾州藩の支藩高須藩主の二男。尾州藩一四・一七代(最後)の藩主。親藩の藩主でありながら、終始、勤皇の立場をとった。

    • 天王川公園の藤

      天王川公園の藤

      4.3

      天王祭で名高い公園は、花と緑で一杯。九尺フジを始めとする12種114本の藤棚が5,034平方mの広さで迫る。棚の下には疎水も流れ情緒満点。

    • 名古屋港水族館

      名古屋港水族館

      4.3

      展示生物540種、36,000点。黒潮大水槽、水中トンネル、海ガメ、ペンギンなどが人気。巨大スクリーンのオーシャンシアターもある。

    愛知県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 愛知県 おすすめのイベント情報

    • 鶴舞公園花まつり

      鶴舞公園花まつり

      2019年03月22日〜2019年06月09日(予定)(開催場所:愛知県 名古屋市 鶴舞公園)

      鶴舞公園は「日本さくら名所100選」に選定されており、例年3月下旬からソメイヨシノなど約750本の桜が咲き誇ります。見頃にあわせてライトアップが行われ、夜桜も楽しめます。桜が咲き終わった後はツツジ、バラ、ハナショウブなどさまざまな花が咲き、6月9日まで「花まつり」が催されます。

    • 大須観音の骨董市

      2019年01月18日〜2019年12月28日(予定)(開催場所:愛知県 名古屋市 大須観音)

      大須観音の恒例行事として、毎月18日と28日の縁日に骨董市が開かれます。行事免許を持った骨董商らが一堂に集まり、日本をはじめアジア各地から収集した希少価値の高い年代物、作家の一点もの、アクセサリーやおもちゃなどの骨董が境内に並びます。掘り出し物をさがす多くの人出で賑わいます。

    • 豊川市民まつり「おいでん祭」

      豊川市民まつり「おいでん祭」

      2019年05月25日〜2019年05月26日(予定)(開催場所:愛知県 愛知県豊川市 野球場、体育館 ほか)

      豊川市の春のメインイベントで知られる「おいでん祭」が開催されます。約2000人が参加する「よさこいinおいでん祭」や「市民“おどら舞”コンテスト」が催されるほか、フリーマーケットもあります。毎年盛大に行われ、数多くの来場者が訪れます。

    愛知県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

愛知県のグルメには味噌が欠かせません。味噌煮込みうどん、味噌おでん、味噌カツなど、さまざまな料理の味付けに使われています。八丁味噌といわれ、大豆のみで製造している赤い色の味噌です。岡崎市が発祥の地とされており、江戸に出荷されていた記録もあります。
おにぎりの具にエビの天ぷらを用いた天むすや、おひつにごはんとウナギのかば焼きが盛られ、薬味を入れたりお茶づけにしたりと多彩な食べ方ができるひつまぶしなども愛知県のご当地グルメです。
また、小倉トーストは名古屋の喫茶店の名物。これは、トーストにマーガリンと粒あんを塗ったメニューです。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル